« April 2014 | Main | August 2014 »

2014.06.15

休みの日を後悔しない一つの約束事を実践してみました

*2014年6月17日写真を貼り忘れたので追加しました。

休みの日に「結局、休みにならなかった・・・」や「結局やりたいことが何も出来なかった、また明日から仕事か」ということはありませんか。私はかなりの確率で、そんな休日を過ごしています。

それは、休日を休みに使うのかどうかを自分自身が曖昧なままに、だらだらと時間を過ごしてしまうからです。

20140102_093942


今日は朝起きたときに一つの約束事を決めて実践して見た結果、これを書いている今(2014/06/15 22:07)感じている、休みを終えようとしている時点でとても『良い休日を過ごせた』と思えました。記録と検証、自分自身が読み返すためにも久しぶりにBlogに書いておきます。

 

第1回目にして初めてな実験的なお話ですが、久しぶりに充実した気分を味わえることが出来たのは事実です。これが正しければ、後悔する休日の過ごし方を格段に減らせるかも知れません。

 

 

 

一つの約束事、それは朝決めた事を守ること

 

これだけです。やりたいことならば、必ずやりたいことを一つだけ。本を読みたいなら、時間や第二章を読み終えるなど具体的な方がいいかと思います。大切なことは、達成が簡単なことです。普段本を読まない人にとって、4時間の読書をするというのは難しいです。1時間だけ本を読むなど、ハードルを下げて置く方がいい気がしています。

 

私の場合は『なんにもしない』でした。いつもは、あれもこれも、普段やりたかったことをできなかったと後悔した休日を過ごしていました。身体は休まれども気持ちがリフレッシュできない休日です。ああ、また明日から仕事なのかと陰鬱にもなります。そんな休みが嫌いでした。

 

今回の成功事例に至るまでには、実は毎回何かしら設定を試していたりしていました。ところが、結果はよろしくない。目標が高すぎたのです。反対に、ならば好きなことを適当にやってみるのはどうか。家族がなにかしているのに、独り好き勝手やっていて自己嫌悪です。難しい。

 

そこではじめて、なにもしないという風変わりな目標を掲げて一日を過ごしみました。今日は独りだったというベースがあるということを踏まえても、初めて良い休日だったと思えたのです。

 

 

 

『なにもしない』は『なにをしてもいい』という実は能動的な願望

 

休みとはなにをするのか?休むことです。身体を休めて、疲れた精神を休めて、リフレッシュすることです。いつも休みに感じている後悔とは、休日という限られた時間に行えるタスクがこなせなかったことによる反省や自責の現れです。やがてストレスに変わり、からだにもよくありません。休まってはいないのです。

 

普段する時間のない趣味、やらなければならないことを休日にすること、それ自体は合理的で有効な方法だと言えます。ただし、実現可能で未達にならないことが条件になります。特に中途半端に終わってしまった場合などは、終えることが出来なかったという部分のみが大きく心に作用します。

 

『なにもしない』というのは、全ての行動を制限する意味ではありません。それじゃあ、リフレッシュになりませんしね。私の場合は、確実に終えることが出来ない未修の予定や、到達が困難な目標の設定を事前に回避するための秘密の呪文だと考えました。してもいいし、途中でやめてもいい。一見すると道筋から遠ざかり何をしていいかわからない設定のようですが、人は無意識に普段のリズムに則った一定のレールからは外れません。

朝起きて、朝刊を読んでもいいし、読みかけでやめてもいい。気が向けば読書もいいだろうし、そういう気分にならなければ昼寝をしたっていい。寝てしまったと後悔もせず、ああ寝たなと目を覚ますのです。つまりは、『なにをしてもいい』という事でもあるのかなと。

 

休日が来るたびに、家族といれば大きなイベントがなくとも個人の時間は皆制限されます。週に一度しかない休みでも、結構疲れたりする人は多いと思います。お金はないながらも、幸せな家庭環境を今のところ築けているとは自分では感じていますが、やっぱり疲れちゃうというのは本当のところです。

 

 

 

 

『なにもしない』という大切なことしてみる

 

言葉でいえば『達成可能な目標の設定』なのでしょう。上記で説明したとおりです。ただ、それは次の段階のような気がしています。私は休日の時間の使い方には、ある程度悩んでいました。それを開放するのが第一です。リフレッシュしたい。それだけです。時間の使い方も下手なれば、手を出すことも中途半端です。そこに、『なにもしない』という一種の暗示をかけることで、不思議に普段よりたくさんの事が出来ました。

 

結果的にいつも出来ない部分の掃除をして気持ちがいいですし、妻に頼まれていた事もおおよそ完了しました。100%でなくともいいのです、そう決めたのですから。いつもなら、また今度となっていたことでしょう。でも、ほとんど終わりました。眠かった夕方に少し昼寝もして、この時間に眠くてああもう無理だと中途半端に寝ざるを得ないなんていう、最悪な終わり方にもなっていません。

 

小さな目標は、その都度、その瞬間でもいいのかなと思えるようになりました。心持ちの変化でしょうが、これがいい風に作用している気がします。きっとそんな気がしているのです。

 

 

 

まとめ

 

朝、決める。とても、簡単な事を決める。これをする。あとは、好きにする。休日なのだから、なにをしなくともいいのです。そこで、あえて『なにもしない』をすると決めてみました。身体を休めることも仕事とかいいますが、仕事じゃなくて、休みましょうってことなのです。この年になって、やっとドアが開きかけたようです。何もしなくてもいいということ。

 

ほとんどの人は、関係ないことでしょう。何を当たり前だと思うのかな。私にとっては、何十年も悩んできました。なんてことないことですが、毎回いろんな事を考えて、つきあわせて、実感として得られないと納得できない愉快でない性格が遠回りをさせています。これが、正解かどうかは断言できません。ただ、これほどに『良い休日』を過ごしたのは、ほとんどなかったのです。リストアップできるタスクではなくて、心の部分です。

 

自分で確かめるためにも、多少の変化を付けながら、しばらくは『なにもしない』を実践していこうと思います。

« April 2014 | Main | August 2014 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ