« March 2014 | Main | June 2014 »

2014.04.17

笑’s ちび火君 がやってきました。

キャンプで使う焚き火台が欲しい。ネイチャーストーブ(ユニフレームの商品名でもいいので)が欲しい。一人でも使えるものが欲しい。そう思ってついに買いました。

笑’s  コンパクト焚き火グリル  ちび火君

 

今日、家に帰ると大量の荷物の内、一番待っていたものが目にとまりました。

 

小さい箱、しかし、重い。

 

 

テーブルの上に持ってきました。取り出した状態。収まりはいいです。このコンパクトさを買ったとも言えます。

 

 

上から『灰受け兼脚部』取り出します。取り出したのは土台の部分です。

 

 

順番に取り出していきます。次に出したのは、『扉付き全面板』です。

 

 

最後に『背面版』と『側面版』たちを出します。ここには『空気上昇仕切り版』と『五徳』、別売りの『ハイパーロストル』が収納してあります。右上が『火格子』です。

 

 

バラバラにすると、こんな感じ。それぞれ重みがしっかりとあり、ズシリッ!ときます。

 

 

組み立ては簡単で、一度で覚えられます。土台から上にくみ上げ、背面版、側面、前面と差し込むだけです。できあがると意外に大きいなと感じました。

また、持ち上げるときは、下を持たないと引き抜かれ分解することになります。

 

 

45度ずれた状態で少し隙間がある構造で、立ち消えしにくく空気の流れをよくするそうです。

 

 

かっこいいと感じるかは人それぞれかも知れません。が、面白いと思います。

 

 

脚にもあります。そして、誇らしげなメイドイン。いいですねえ。

 

 

やや重いこと、高価な点が気になりましたが、コンパクトさと組み上がったときの使い勝手を想像して買いました。近々ファミリーキャンプデビューを予定しています。そのときの初焚き火&調理ストーブとして使ってみます。ソロでいったときも、重さはネックですがしっかりとした焚き火台として使えます。

 

あと今思いついたのですが、内側にアルコールバーナーを入れても使えそうです。いろいろ試してみようと思います。火入れすれば直ぐにこの映り込みは消えていくでしょうが、それもまた楽しみであります。あとは、鉈がないので調達しないといけませんね。


使用したらどうだったかはレポートしたいと思います。

 

有限会社 昭和プレスさん(http://www.showapress.jp/what's_sho-s

商品があるページ (http://cart05.lolipop.jp/LA12741274/?mode=CATE&c_id=CA00100150909

2014.04.15

冒険倶楽部フォールディングナイフ布ケース付

キャンプ用に買ったのは刃渡りが600mmの小型ナイフです。

 

最初のナイフにオピネルも考えたのですが、どうせいつか買うのだろうしと思いこれにしました。

 

安い作りのシースが付属しています。奥に見えるのは単四のエネループです。小ささがわかると思います。ちなみにこのシースはベルト通しが裏側にありますが強度に不安があるため使っていません。あくまでもケースとして使っています。

 

 

折りたたまれた状態。拳の中に収まる感じです。

 

 

反対側。左上の爪の部分はブレードを出したときのロック機構です。

 

 

刃を出した状態。よく切れてグリップもいいので小さな作業は捗ります。反対に大きな作業にはやや小ぶりのため不得手です。

 

 

ブレードが収まる部分。機械的精度は値段から想像するよりも高く、かちっとした印象です。ただし、操作にかかる重さはそれなりにあります。

 

 

持つとこうなります。右手前のロック機構を押し込むことでブレードを格納できます。ロックが働いているときには折りたたまれることはありません。

 

 

良い点。

実売1,300円ほどと手ごろな価格で切れ味も良いので、小型ナイフを探しているならオススメできます。渋い色合いも飾り気のない質実を表していて個人的には気に入っています。

小さくて軽いため、荷物にならず忍ばせておけるので常時携帯してもよいです。

 

 

使って気になった点。

これは無い物ねだりになりますが、小さい故に料理にはもう少し大きめが良かったですね。グリップも小さいので、力をいれる木工細工などを使用としたときに手が直ぐに痛くなりました。ただし、これは小型軽量という部分の裏返しなので、総合的な評価は高いです。

 

 

常備する邪魔にならないナイフとしては、コストパフォーマンスに優れ良い商品です。

2014.04.06

桜をみに

寒かったのですが、途中から青空が広がりました。

よくある屋台が出ている場所や、焼き肉などで盛り上がっている場所は嫌いなのです。酒宴のような場所は、それを目的ならいいでしょう。

私は桜の花をみたいのです。静かに下でお弁当を広げて、音や色をしっとりと感じたいんです。

バーベキュー会場がありそこは盛り上がっていたようで、私たちがいる場所にほとんど人は来ませんでした。数名歩いておられた程度です。とても静かで、少し寒かったのですが、貸し切りでした。

久しぶりにD80を連れて行きました。こいつはやはり相棒のようです。よくわかってくれてる。ただ、故障しているのでしょう。たまに縦横判別が出来なくなったり、合焦音が止まったりします。それでも、感触がいいので、350枚ほど切っていました。

久しぶりなので、アップします。全てD80 VR18-200です。

Sakura001
焦点距離:46mm
絞り値: f/8
シャッタースピード: 1/160秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
ISO感度設定: オート (ISO 100)



Sakura002
焦点距離:170mm
絞り値: f/8
シャッタースピード: 1/1000秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
ISO感度設定: オート (ISO 100)



Sakura003
焦点距離:18mm
絞り値: f/4.5
シャッタースピード: 1/500秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
ISO感度設定: オート (ISO 100)



Sakura004
焦点距離:18mm
絞り値: f/8
シャッタースピード: 1/320秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
ISO感度設定: オート (ISO 100)



Sakura005
焦点距離:28mm
絞り値: f/8
シャッタースピード: 1/400秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: -0.3段
ISO感度設定: オート (ISO 100)




D4S欲しいですネ、機械が好きなもので。









« March 2014 | Main | June 2014 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ