« August 2013 | Main | November 2013 »

2013.09.13

新しいのが出るちょっと前、Kindle Paperwhiteを買いました(笑)

題名の通りです、お盆前に買いました。


一月も経たないうちに、新型のPaperwhiteが出ました。
Kindle Fireのアナウンスはあったのです、だからもしかしてとは思っていたのですが、それなりにショックはありました。



最初に結論からいきます。


べつに自分のでもよかったとホッとしている。

です。


Kindlewp001
*青空文庫なので本文を撮影しました。




大きな違いは以下です。

・より白いスクリーン、より濃い文字
・ぱらぱらとページをめくる感覚(章ごとなどのプレビュー機能実装)
・CPUが25%高速になりページめくりなどが機敏に
・辞書とWikipedia連動
・2GBから4GBへ内蔵メモリが増加
・2000円高い

あとは、キャンペーンとして11月30日まで1980円分の書籍が買える権利がついてくるくらいでしょうか。


一般的な本でも4GBだと4千冊入りますが、半分でも2千冊です。端末に入れてなくてもクラウドに書籍データは残っています。購入した本はいつでもダウンロード可能で気にはなりません。強いていえば25%高速になったということ。これも敢えてであって、最初はイマイチと思っていた反転する挙動も慣れてしまいました。

バッテリーの保ちは皆さんがいっているように素晴らしいです。公称データは置いておいても、普通に使っていて2週間は確実に持ちます。暗いところなので使うライトも最大24のうちぼくが使うのはせいぜい4くらいまでです。夜目が利くというのもありますが、オフにしても薄明かりで見えるのでいいです。





目が疲れないe-ink

これは液晶とは比べものになりませんよ、断言します。
iPhoneにも読んだページを連携できるKindleアプリがありますが、時間が経つにつれてPaperwhiteの読みやすさが秀でていることがわかります。大きさもあるのかも知れませんが、やはり目が疲れません。紙の書籍に近くて、文庫本を読んでいる感覚に近いと感じています。

一方、この方式を採用しているデメリットもあります。ページ送りなどの画面リフレッシュ時における【反転】のような現象です。

最初はこれが一番気になりました。高速でもないし、ふわっと変わるこの感覚。ぼくの場合は買ってしまったわけですし・・・・・・、と、実はこれも使い続けているうちに慣れました。今では気になっていません。本当ですよ(笑)。

ぼくとして一番気になっているのは、ライトパネルのムラです。Kindle Paperwhiteはバックライト方式ではなくて、一番上のにあるクリアパネルの内面に光を反射させて上から照らしている格好になります、それによってより自然で読みやすくなっていることにもなっていますが、構造上横から入射光が来るためにその部分との輝度差が見えてしまいます。これは全て同じだと思いますが、左下横からですね。これが気になります。読み進めているうちに気にならなくなりますが、ぼく自身が気にしているので気になってしまうのです、損してますこの性格。
これはネットで検索してもほとんど気にされている方はいないので、重箱の隅のような問題なのですね。

その程度の【気になる部分】があるだけで、満足度が思っていたよりも良かったなというところが真実です。




3Gモデルもあるけれど

3Gモデルの通信料はAmazonが負担するので、無料で通信が可能です。価格は5千円ほど高く設定されています。出先でのダウンロードにも不安はないでしょう。これは使い方や人によって違います。出先で頻繁に読める人は書籍の入れ替えも多いでしょうし、購入する本の数も違います。読むのも早くて買うのも多い人、そんな人は3Gかなと。見やすいとはいいませんが、Kindle Storeで検索もその場で出来ます。ただし、その閲覧性はタブレットやiPhone、パソコンに比べて著しく低いですよ。しかしながら、そこに価値を見いだせるなら3Gにすべきでしょう。

Kindle Paperwhite WiFi版を持っていますが、AmazonのKindle storeは閲覧できますし、購入もできます。ただし、上記の通り描画スピードやが低いため使い勝手は良くありません。これは3G版でも同じです。
僕がWiFi版を購入した理由は、出先で読むのはいつも本の途中であること。読み終えたと言って休憩時間に読むので、ブラウジングして購入するなどというような事は時間的にも簡単にはできません。いちど試しましたが、万が一の場合はiPhone 5を使ってテザリングで対応しました。頻度から言えば問題ありませんでした。

Kindle Paperwhite WiFi版を持っていますが、もちろんこちらにもAmazonのKindle storeは閲覧できますしー購入もできます。ただし、その描画スピードやCPU性能のために使い勝手は良くありません。これは3G版でも同じです。僕がWiFi版を購入した理由は、出先で読むのはいつも本の途中であること。読み終えたと言って休憩時間に読むので、ブラウジングして購入するなどというような事は時間的にも簡単にはできません。いちど試しましたが、万が一の場合はiPhone 5を使ってテザリングで対応しました。頻度から言えば問題ありませんでした。

 

使い始めてどんな具合か。

e-inkの優しさが素晴らしいです。全く目が疲れません。これはおおむね、ネットの評判通りだと感じています。それと同時に、電池の持ちも全く問題ありません。 2週間以上は楽々バッテリーは残っています。それ以外ですと、設定で変更可能な文字の大きさ、フォントの種類は3種類から、文字の密集具合などを変更できますが、デフォルトで使っています。それが僕には合っているようです。

最初は何を買おうかなと思っていましたが、青空文庫がたくさんありますのでそれらを無料なので読んでみました。こういうときに初めて読むことができる本、ありがたいです。

現在ではキャンペーン中のようで、 Amazonプライムの会員になるとひと月に1冊、対象の本の中から無料で読むことができます。やや高めな本もも安めの本でも冊というくくりなので、 Amazonプライムに入っていてKindleを持っている人に限りますが、お勧めのサービスです。

注意事項としては iPhoneのKindleアプリや同じアカウントのPCからはこの特典は受けることができないこと。無料で1冊を手に入れるには、 Kindleの端末から操作を行う必要があります。普段本を選別するときは、 PCやiPhoneから探しているのですが、この時だけはKindle Paperwhite本体から操作しなければならないため、その操作性の悪さからちょっとだけ嫌ですね。ですから、あらかじめiPhoneやPCなどで本を決めておいてから、検索で一括選択という方法をとっています。参考にして下さい。Kindlewp002
左がUSB端子、真ん中がLED、右がボタンになっています。

設定で変更はできますが、数分経過するとスクリーンが切り替わってスリープ状態になります。この右のボタンを押すことによって、スリープからの復帰・即時スリープといった動作が可能です。動作としてはこれだけなので、操作方法は簡単です。



紙の書籍との住み分け

どちらが好きかと言われれば、従来の紙で作ってある本の方が僕は好きです。ものによってはKindleでいいかなというときもあります。手軽さ、利便性そういうものの電子書籍はやはり強い。しかし、家でパラパラとめくるような行為はできません、感覚としてはまだまだ及びません。この辺を頑なに考えるのではなく、柔軟にあの本だったら電子書籍の方が読みやすいかなとか、そういうことを考えればより楽しい読書の時間を過ごすことができるのではないかなと思ってます。あと、価格も本によっては同じですが、大体が少し安いですし、 Amazonでは日替わりや月替わりのセールもやっています。これらを利用することでうまく好きな本を手軽に読むことができるのではないかなと。

とはいうものの、僕が買ってから1ヶ月もたたないうちに新しいKindle Paperwhiteが出てしまいました。やっぱり、ちょっとはショックですね。どうしょうもないですが、迷っている人は買っていいと思いますよ。 Kindle fireなどのタブレットはまた別のものだと思ってますので、ここでは対象にしません。本を読みたいだけなら、本当におすすめします。

Amazonプライムの会員ならば、そういうサービスもうまく組み合わせることで、 Kindleライフが充実するのじゃないかなと。そんなことをグダグダ書きまして Kindle Paperwhiteを買いましたという報告を終わります。お勧めですよ。



でも、ちょっぴり、ちょっぴりショックだったかもな(笑)。

2013.09.11

8月に読んだまとめ

ちょっと抜けている部分がありますが、Kindle Paperwhiteを買っているので無料のものが多いです。

2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1128ページ
ナイス数:4ナイス

羅生門羅生門感想
読む毎に新しい発見がある。善悪、価値観、理性、正義の定義。また、時間を置いて再読します。
読了日:8月26日 著者:芥川竜之介
風立ちぬ風立ちぬ感想
美しく、はかなく、それでいてやさしい言葉であふれている。心が見えるような文章に涼やかなる風を感じる。素敵な本です。
読了日:8月25日 著者:堀辰雄
日本2.0 思想地図β vol.3日本2.0 思想地図β vol.3
読了日:8月17日 著者:東浩紀,村上隆,津田大介,高橋源一郎,梅原猛,椹木野衣,常岡浩介,志倉千代丸,福嶋麻衣子,市川真人,楠正憲,境真良,白田秀彰,西田亮介,藤村龍至,千葉雅也,伊藤剛,新津保建秀
ドグラ・マグラドグラ・マグラ
読了日:8月14日 著者:夢野久作

読書メーター









9月はどうかなあ。

2013.09.08

パソコン環境の現状報告。

こんにちは、MacBookで書いています。
パソコンが調子悪くて悪くてと連日Twitterでは連呼し、定期的といってもいいくらいの頻度でブログにも吐露しておりました。
現状までと今後をさくっと知りたくもないでしょうが、ここは一つ勝手ながらお知らせします。




平気で元気な彼ら

えっと、まず初めに快適に動いている問題のないマシンからいきましょうか。今これを書いているMacBookは問題ありません。Shutdownからの復帰は時間がかかるようになってきたものの、基本的にはスリープで使用するので問題ありません。このMacBookは2.4GHz Intel Core 2 Duoモデルで標準では2GB、公式には4GBまでですが8GBまで増設して使っています。そちらの過去の記事はこちら(http://layla.way-nifty.com/central/2011/12/macbook-13-inch.html)。
このMacBookはフリーズを一度しか経験していませんが、主な使い方はネット、メール、簡単なテキスト作成(Blog更新等)と軽量な作業しかさせていません。あとは、iPhoneの母艦としても使っています。Windows7に比べるとiTunesは非常に高速軽量ですし、Apple関連については親和性の高さがあるので恩恵を受けているわけですね。普段の写真はこちらには取り込まず、iPhoneからだけを管理しています。あとは、音楽ですね。一度、写真編集を試みましたが使いにくいし、細かな作業はトラックパッドは向いていない気がしました。
MacBookのバックアップは定期的に空いたHDDにTime Machineをつかっています。外部接続として玄人志向の【玄立】を介して行っています。頻度は思い出した程度です。
あとは、LinuxのUbuntuも動かしています。これは以前使用したデスクトップをつかっているので、ある意味完全に廃材利用ですね。心臓はCore 2 DuoのE8400で、ビデオカードはGT250を使ってます。最近のUbuntuモデルは描画がやや重い気がしますね。ターミナルで動かす知識は皆無で、使うときはネットで参照しながら使う程度です。ただ、マックが使えずWindows7がぐずったときは凝ったこと以外はこなしてくれるので助かってます。普段は使いません。




陰気で損気な彼ら

Windowsさんです。MicrosoftのOSさんです。

XPであちゃーになって7に変えました。AMDの6コアはそのときのフラッグシップ。初めてのトップモデルです。で、これらは最高なんですね。もちろん、7はアホだと思っていますが、機能として困ることは少なかったです、というか少ないといってもいいかなと。Mac非対応のものはたくさんありますし、総合的に見て汎用性が効くのは今でもWindowsサービスだと思います。

ぼくの環境における致命的な箇所、それはHDDです。これがいかれてしまって、散々な目に遭ってきました。裏切らず今回も調子が悪かったんですね、ずーっとね。ついでに身体の調子も年末から5月中旬までイマイチでした。今では何とか復活ですが、パソコンは復活してくれません。未だに調子が悪いです。
今までは全てシステムドライブがでした。駄目になったというのが正解でしょうか。ブルースクリーンが頻発し、チェックディスクもパスしない日々が続きます。手を変え品を変えというように、何とか古いHDDを引っ張り出してきて使用したりもしていました。これまでの間に2度ほどHDDは購入したはずです。



ちょっと話がずれ気味になりますが、春先体調が復活したら一気にということでアウトドアな事をやり始めました。ソロでのキャンプとかいろいろですね。動画も撮ってYouTubeにアップロードしたりし始めて、YouTube関連でお友達も増えましたし楽しくやってます。そこからぼくのキチガイTwitterをフォローしてくれる方もいらっしゃって、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

それでまあ、そこで撮影したりした動画もこれを機会に家族で使う死ということで導入したビデオカメラなんかを使ったモノですから、マシンパワーのある今のメインマシンは最高のパートナーなんですね、編集とかでは特に。最初のうちはなんとか出来ました。ですが、途中からブルースクリーンが頻発するようになりました。幸い映像と写真データは取り込み完了後直ぐに、物理的に別のデータドライブに入れていましたので難を逃れることが出来ました。数回の再インストールも気兼ねなく出来ました。それでも、不安要素は取り除かれたわけではなかったのです。




青い悪魔の襲来

6月に初めてキャンプに行き、二度目のキャンプに7月中旬にいきました。帰ってきてすぐブルースクリーン。再インストールをするも嫌になりかけてますね、この頃は。あと、エアコンがない部屋で生活環境の都合上開け放つことも出来ず、気温が33度だともちろんそれ以上に室温が跳ね上がります。ファンの音も大きくなりますし、編集どころではありません。お盆明けにデータを取り込むまで、なるべくこの部屋でなにかをするということはありませんでした。

そして、九月です。またしてもブルースクリーン!手慣れたモノで、データは全て残っているし、最近はメールをMacで見ています。ビデオ編集ソフトと環境構築に必要最低限なものしか入れていませんでした。再インストールをします。そしたらなんと、データドライブが見つからない・・・・・・、まさか!です。


ハイブリッドディスクはイマイチ不安定なので様子見のため二軍へ、生きてた500Gの古いHDDにシステムを入れてます。データドライブはBIOSで見え、デバイスマネージャーでも見えます。しかし、アクセスできない。そこで、以前あったようにコンピュータの管理から見てみようと思いました。きっとオフラインになっているんだと考えてました。

ディスクの管理から記憶域を見てみますと、ない!あるはずの物理ドライブが存在しない。これはまずいと。何度かいろいろ試みましたが、存在しないことになってる。ドライバー云々ではなく、ディスクの管理から見えないというのが非常にまずいですよと。脂汗がでました、冷や汗も出ました。

玄立を介してマックブックで読み込みを試みます。今まで問題があったドライブも読み込み可能でした、玄立は壊れてません。次に該当データディスクを入れてみます。マウントしませんw。間欠泉のように汗が吹き出ました。それが昨日の早朝4時以降の出来事です。現在進行中のお話ですよこれは(笑)。


調べるとHDDの故障の可能性が大ということで、解決方法を計ります。自力と業者の手を借りる二択。故障の種類としてはいくつかあります。
1.ソフトウェア的な簡単な手順を踏んでいないための読み込みエラー。これではありません。
2.機械的故障ではないが論理的エラー。ソフトで解決することが出来ますが、使い方と経験から考えられにくい。
3.物理故障、ヘッドやその他の機器が故障。音が異常なアクセスの仕方からしても、これがくさい。


3だと目星を付けて調べます。ヘッドのずれとかだと、希に振動で復帰する可能性もある。ですが、物理故障ならラボを持つ専門の業者さんに頼むことで100%ではないかもしれませんが、大切なファイルを救出することが可能だそうです。そして、調べました。そうしますと、これが高い。想像を絶するほど高いのですね。やってくれていることや施設の維持管理を考えると、妥当なんですが。これはそのデータの重要性で安いかどうかが変わってくるでしょうね。


ぼくは考えました。


入っているデータをざっと上げていきますとこんな感じです。Oblivionデータ、Wizardry #6データ、年賀状宛名等のデータ、過去の写真データ、映像データ、以前のパソコンの中身とこんな感じです。定期的にとったThunderbirdのprofileやお気に入り、ダウンロードで購入したソフトデータも含まれます。

ここでどうしてもというのは写真です、それと映像かな。ゲームはマスターディスクはあるし、WizardryにいたってはGOGがある。面倒だけど宛名は入れ直せば戻るんですが、写真はもどらないのです。

光学メディアに入れていましたが、途中から途切れています。もっというと、下の子の記録がまるで飛ぶことになるのです。それはイヤです。そんなこんなで、高額ですが頼もうかと思って調べていたのですね、どこに出そうかとか。

高額な出費は抑えたかった。キャンプ道具一式、家族用野外飯道具一式、バイク用品、ビデオカメラ、今後はMacプロにソフトと自分の貯金があとわずかになる予定なのにこれはまずいとなりますが、代替えできないなとも思ってますしね。HDDをばしばし叩いて頼むわーっという気持ちで昨日の夜に悪あがきしたらなんと!!




見えないなにかが見えた!

認識していないものの、ディスクの管理に異形式となって見えました、痕跡だけがあるのです!これはMacでつないだときにアクセスされて可変することでなるんですね。急いで元の形にインポートしてみるとなんとディスク認識!復活!異音もしません!思わず叫びました。直ぐに玄立にMacタイムマシン用を接続してフォーマット。同じ1TBなのでデータを丸ごとコピーさせてます。

今後の事を考えてHDDを2TBがやすかったので、直ぐにその場で2つ昨日買いました。プライムに入っておいたので今日届く予定です。Amazonの利用頻度を考えつつ、Kindleも購入して月一冊無料でもらえる事も増えたのでいいかなと判断しました。

HDDは同じものを二つです。容量は多めですが、価格が安いことが一番の理由です。一台は直ぐさま同じようにデータをコピーして、データ用ドライブとして今後使います。もう一台はこれまた玄立にてシステムをクローン機能で複製してシステムドライブとして使います。パーティションは分けるか考えてませんが、容量を考えるとこれまた多いのでここにもデータを丸ごとコピーしておこうと考えています。

すったもんだとありましたが、昨日の夜に奇跡が起こったくらいうれしいのですよ。怪しげなHDDは処分を考えますが、危機的状況に使える可能性があるので企みます。あとは、暇を見て選んだ写真を光学メディアに焼くことと、実際に印刷することにします。エプソンのプリンターはイマイチなこと感じてるので,キタムラに出すかも知れないですけれどもね。

なんやかんやとありましたが、早く普通に使えるように戻りたいところです。



まとめ的ななにか

大事にしたければ何かある前提でやっとけ。

« August 2013 | Main | November 2013 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ