« January 2013 | Main | March 2013 »

2013.02.25

まとまった文章を書きたいとは思っているものの、いざ机に向かうと何も思い浮かばない自分に気付いています。メモを取るようにしているものの、そのメモを見返す癖がついていないていうのもあるんでしょうね。

1月23日から体調不良で、 24日には39度5分の熱が出ました。人間健康な時は全く考えてはいないものの、風がされるときに「あれをやっとけばよかった」なんてことを思い始めたりするものです。今回これでよくわかりました。この数日後に書き始めていたんですが、結局はタイミングを逃していましたので今日アップロードしています。


さて、evernoteを見ていると結構いろんなメモを残しているみたいでした。自分のことなのに残しているみたいという書き方は変かもしれませんが、意外と細かいことを一言一言のノーととして残しているようです。せっかくこういう時間ができたのですから、 その中の一つを考えてみたいと思います。実際はこの後時間を浪費して「あっちゃ〜!」になったわけですがそれは置いておいて・・・。

さて、それが撮影意欲です僕はカメラが好きです。

メカ的な意味でとても好きです。もちろん写真自体も好きです。人に見せたいし、自分で見るのも好きです。ただし、人にみせる写真は大別されることになります。大きく顔が写っているかどうかということと、個人情報に関わる名前や住所や電話番号、そういったものが写っていないことが1つの条件になります。

ここで僕の半生を語ってもしょうがないのですが、とにかく出不精でした。僕と妻となる女性と付き合い始めて、これはまずいと、どこか楽しいところにきっと連れて行かなくてはならないのだと思うようにはなりました。出不精だった事は彼女はしています。なので、積極的にどこかへ連れて行こうとしてくれました。

ちょうどその時期と最初に買ったデジタル一眼レフの時期は、もしかしたらうまく合致したのかもしれないですね。実際には手ぶればかりなんですが、そしてコースもめちゃくちゃだし今見たら恥ずかしいんですが、それでもその時はあらゆるものが被写体でしたし楽しかったです。

しかし、その写真の撮影欲もときには少なくなります。撮影欲を写欲と呼んだりしますが、不定期ではあるものの時々写欲の衰える時期がやってきます。そんな時は深く考えないようにします。逆に悩んでしまうことになりかねないからです。楽しくなるための趣味としての写真なので、それが楽しくなくなってしまえば趣味ではありませんし、嫌ですよね。

結婚して、子どもたちが来てくれて、賑やかになって、暇というものが少なくなりました。とても良い部分と、好き勝手にする時間がなくなったと言うよくない部分がどうしてもあります。写真も積極的にとろうとカメラを持ち出すときは、旅行、お出かけ、その程度です。お出かけといっても場所を決めてどこそこに遊びに行くという明確な場合のみです。それ以外は持ち歩くようなことありません。あとはお盆とお正月の長期休暇でしょうか、この時には実家に帰るので必ず持っていきます。

ああ、iPhoneで済ませちゃうことが多いんですが、最近は画質もいいから。iPhoneではかなりの枚数を撮影しています。自分が思ってたよりは少なくありません。 MacBookに同期するときには結構な枚数になっていることに驚きます。もちろん、くだらないものばかりですが。


では、普段は何をとっているかというと、おうちです。家の中です、部屋だったり家具だったり食器だったり、ゴミ箱だったり。つまり日常そのもの撮影しているんです。見たままです。一喜一憂せず、感じたまま、ただシャッターを切っています。年賀状作るとき、たまにファイルの整理をしようとしているとき、やっぱり一眼レフとかで撮った写真、すごくきれいなんですよね。これはもう本当にハッとするくらいきれいなんです。その時に自分が父親だなって再確認できるんです。

上の子も下の子も僕には当たり前にとびきりかわいくて、全部思い出が蘇ってくるんですよね。映像だと映像そのものがすべて100%なんですが、写真だとそこにその時の空気とかそういうものまで頭が勝手に再生するんです。ジーンとくるとてもたくさんあるんですよ、こう見えて。そういうときに、残しておかなきゃなとはいつも感じるです。

今のところはですが、バックアップを取ってあるしプリントすれば写真になる。残るでしょう?仮に僕がいなくても。まだまだ先であって欲しいけど。だからたまに僕もフレームの中に入ったりはします。枚数は少ないですけどね。僕の写真もたまにはないと枚数が少なすぎるから。記憶に残してもらわないと。

こういうのも写欲と言うのなら、それはあるのかもしれないです。ただ、風景とか山とか川とか、いろんな今まで撮りたかったようなものが極端に少ないし、撮影に行こうかなってパワーが少ないかな。よく言われている写欲っていうときっとこっちになるんだと思いますが、それなら減衰傾向でしょうか。
現状はこんなところです。嫌いではありませんので楽しんでいます。大丈夫です。
そうそう、ココログから移行している途中ですが新しいモノは見られる状態になってから公開します。見返すようなものは残して、見返す必要がないものは移行しません。それまでは、ココログにて更新していきたいと思います。
ひとつずつ確認しながら移行しているので、かなり先になりそうです。まとまった時間もとれないのでしかたないですね。
脈絡もなく。

最近失敗しているので夕方に予約アップロードテストもかねて。

2013.02.08

病院にて。

とてもきれいな病院は、気分がいいし施設の性格上としてきれいである程良いとは思います。

でも、人以外の『親しみ』を施設に求めた場合は少し話が違ってくることでしょう。

「緊張して落ち着かない」

病院をコミュニケーションの場として活用できる人がいますが、僕はどうも違うらしく苦手です。

可能ならば来たくないのは皆同じでしょうが、恐ろしくきれいでオシャレな内装はやや怖さが増幅されます。


じゃあ少し汚くていいの?というと、そうではありません。ベタベタして埃がいっぱいの床はいやです。

無味乾燥っていうのかな、そうであるべきなのかもしれないし、それごまた不安にするんですな。

そんな事を今日は感じました。


帰宅したらいつもの雰囲気で、ホッとしました。1日潰れちまったけれど、早くこんな気分から解放されたいものです。

« January 2013 | Main | March 2013 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ