« August 2012 | Main | October 2012 »

2012.09.30

台風でやってくるので、自宅で何をしようか。

本来ならば今日の日曜日は、中津川のほうに花を見に行く予定だったんです。ただどうも今日は台風のようで、今はまだ降り始めていませんが、どうも強くなってきそうなのでやめておきました。

金曜日に義理の母がカラーボックスをいくつか買ってきてくれたようで、散逸していた子供のおもちゃなどがきれいに整頓をされていました。部屋の雰囲気も少し変わったようで、プチ模様替えでしょうかね。

お金営業時間が余った分ですが、自分のパソコンの位置を変えようかなと考えています。今は襖によって部屋が4つに区切られているんですが、そうですねえ位置関係でいえばL字型です。入る文字を書くように言いますと、洋室、ダイニングキッチン、リビング、和室の順番になります。

今はリビングにー安いパソコンデスクと一緒に置いているんですが、これを最初にいった洋室の奥に置こうかなと考えているところです。

そうですね、これから僕がやることとしては、掃除機がけをして洋室の場所をどうやって確保するかでしょうか。実際に移動までは難しいかな。
自分が勝手に動かしていいものかどうか判断できないものもたくさんあるので、模様替えではなくてこの部屋をいかに把握するかかなと。

台風がやってくると言うことで、出かけるわけにもいきませんし。今日は自宅でゆっくりといろいろなことやってみたいと思います。

このあとでコーヒーを1杯飲んでからですね。

2012.09.28

ナカバヤシのドライボックス 懐深い27リッター!

はみ出ます。



普段使っていたドライボックスもカメラ屋さんで買ったものだったのですが、入りきらなくなりました。これではしょうが無い。おもちゃを入れる箱を用意しなくてはいけません。

そこで立派な防湿庫も一度考えましたが、とっても高価な上に置く場所がありません。どれどれと物色していたら良いものがありました。

これ。

Db00002


これが27Lの容量を誇る巨大な安いドライボックスです。なんと湿度計がパイルダーオンしています!


大きさが伝わるとよいのですが、わかりますでしょうか。


Db00001



うっすら見えるのは乾燥剤です、ついてきました。ラッキー!といってもどこにでもある乾燥剤を入れておけば良いので。前のモノより機密性は高くなさそうなのです、なんでかといいますと閉めるときにきつく感じないから。

でもこの程度で十分のようで、湿度計はしばらくすると低くなっていきました。雨が降りまくっていたときに開けて試してみたら湿度がマキシマムになったので、十分効いていると考えて良いようです。


Db00004


だいたいですが、これくらいの湿度を維持しています。雨が降ろうと開けなければこれくらいですね。BESTです。


Db00003


これプラス今撮影しているD5100とレンズ1本は余裕で収まることになりました。上に空間ができるので、小さな棚をもうけてみるのも良いかもしれませんが、そこまでは面倒なのです。収まるだけで十二分にOKOKです。

これで困っていた収納が一つうまくいきました。

いえーい。

2012.09.25

昔は夢のようだった口述筆記について

話した言葉が文字になる。

iPhone 4Sで初めてSiriが使えるようになって、音声認識というものが一般に広く知れ渡るようになりました。ちなみにこの文章も全てMountain Lionに搭載された新しい機能である音声認識を使って口述筆記しています。

音声認識ソフト昔から結構ありましたが、価格は非常に高価なものです。有名なソフトとしてはAmi Voiceとドラゴンスピーチがあります。

Ami Voiceのほうは何年かに1度アップグレードしているようで、価格はUSBのヘッドセットが付属した標準モデルで2万6,040円と高価ですが、ここ数年の間ではこれ以外に選択肢がない状態でした。<公式ホームページのリンク

一方のドラゴンスピーチのほうはなんと7年ぶりの最新モデルが登場するとのことです。こちらもマイクの付いたモデルが2万4,255円とほぼ同じ位の価格でやはり高いようです。<http://www.dragonspeech.jp

残念なことに、 Macには対応せずWindows版だけのようです。これはすこし残念ですね。

ちなみにWindows上でも購入しようと思うのなら、最新モデルがあるドラゴンスピーチのほうにしようとは思っています。音声認識率として99%を謳うのですから、一昔のようなちょっとサポートになるかな程度のものではないのでしょう。ここは素直に期待したいところだと思っています。

標準価格が非常に高価ですが、アマゾンなどの通販サイトで利用することである程度の割引きがあることでしょう。

iPhone 4S で一気に有名になったSiriですが、残念ながらiPhone 4には搭載されていません。僕はiPhone 4ユーザーなのです。しかしながら、音声認識でメールや文書作成をしたいという願望は持っています。そこで今無料で使える2つの音声認識アプリケーションを使っています。奇しくもそれは先に挙げた2つのソフト会社のアプリケーションだったりするのですよ。

1つはAmi Voiceのエンジンを利用した「音声認識Mail」です。こちらのソフトは音声を認識しつつ文書を作成する上で、編集することを前提にしたつくりになっています。非常に使いやすいです。

一方ドラゴンディクテーションのほうは、編集する際にはワンステップ必要なイメージを持ちます。

双方とも変換効率が非常に高いと感じますが、
音声認識である程度の長さの文章をばっちりと決めるのはやや難しい感じです。つまりそこには編集という作業が必ず携わることになります。その時のワンステップの手間がそのまま手軽さに直結しているような気もします。

また入力時のことですが、「音声認識Mail」は話しているそのそばからサーバーに送られて変換されていく様が視覚的にわかるにようになっています。ドラゴンディクテーションのほうは、音声入力が終了してボタンをタップするまでどのように変化されたかどうかを見られません。これはわかりやすさでの大きな違いであると大きな違いです。

これらを普段iPhone 4で使っているときに、OS XのMountain Lionが発売されましたそしてインストールすると、様々な新機能の中に音声認識がありました。これがいろんな意味で凄いものでした。

OSレベルで直接つけられたこの音声認識機能は、 iPhoneなどに搭載されているSiriとは違い、純粋な音声認識機能としてのみ働きます。機能の呼び出しや操作をはできません。iPhone版のドラゴンディクテーションのように、音声入力を完了させるまで反映結果がわかりません。

不満な部分としては、英語版ではどうやら簡単にできるようですが今のところ空白を音声で入力するのかどうやってやるかがわかりません。改行や: 、 「 」などはあるのですが、他のいろんな記号の呼称を知らなければ使いこなす事はやや難しいです。

ストップウォッチで計測しましたが、音声認識が対応する待ち受け時間は大体30秒程度です。つまり、この30秒間にある程度のまとまった文章を声に出して話さなければならないということになります。

ただし途中で止まった場合でも、また早口で複数の文章をしゃべったとしても、それはほぼ正確に認識してくれるようです。

それから昔の音声認識ソフトを使った人なら感じる部分ですが、音声認識の精度は非常に高いと感じます。単語で区切ったり、ゆっくりとロボットのようにしゃべるような事は逆にマイナスの要因です。気持ち明瞭に、イメージとしてはアナウンサーのようにはっきりと人と喋るような感じで普通に流れるように話すことで、驚くほど正確にテキスト化してくれます。

ですから、マックに関して言えば僕はこの音声認識を積極的に使っていこうと思いますし、これで今のところ文句はないのかなと。細やかな、例えばスペースの入力方法などが簡単に分かれば、あるいは新たに搭載されるようなことがあればそれは歓迎することです。

ちょっと長くなりましたがもう少し。

では最初に挙げたような高額な有料のソフトは果たして意味があるのだろうかという話です。

大いにあります。それも非常に有効なものだと僕は考えます。

手間という点でも金額という点でも、 OSに直結されたMountain Lionにある音声認識の力にはかないません。インストールできるかどうかは別としても、 Mountain Lion自体の価格はわずか1,700円です。だとしたら、それらのソフトの利点は一体何なのでしょうか。

1つはオフラインで使用できるということです。 iPhoneに搭載されているSiriもMac OS X 10に搭載された音声認識機能も、サーバーに送ってその結果をかえしているにすぎません。ある意味日本語でいえば、日本全国のユーザーの結果を常にサーバーが計算しているので常に成長しているともいえましょう。ただしそれもネットワークから外れた使用環境においては、全くの無力となるわけです。

インストールされたソフトの場合はこれが当てはまりません。単体で使用が可能なわけです。以前と違ってエンロールと呼ばれる自分の声を学習させる事前準備のようなものも無くなったようですし、有料ソフトとしての音声認識の精度も負けないくらい高くなっていると考えていいでしょう。 ドラゴンスピーチの99%がコマーシャルとしての数値だとしても、それだけ自信を持っていると考えられるでしょう。

入力環境としてのキーボードの存在価値はまだまだ揺るぎません。僕なんてrealforce 101というキーボードに2万円弱もお金をかけています。このキーボードはそれだけ価値がありますし、入力をしやすいものですだからこそ高いと思っています。

ただそのインプットデバイスとして音声入力が加わるということです。それだけ使えるものになったと思うのです。

手軽に何かをするときにはMacBookを使っています。13インチのmid10モデルなので強力なマシンではありません。画面の解像度も高くないのです。あくまでも手軽にそこそこのことができるというマシンです。しかし、音声認識の機能が搭載されたことでこれで文章書くことも格段に増えました。マシン自体の価値が僕の中で上がりました

Windowsでもこのように文章を作成できたらとは、やはり希望的観測を持ってしまいます。せっかく一太郎も持っていることですし、もっともっと活用したいと。ちょっと高価なのですがもちろんドラゴンスピーチを買いたいと思っています。ちょっと話しただけでこれだけの文章が簡単に作成できるのですから、こちらとしては気楽ですしね。

さて、またまた脈絡もなくこんなことをつぶやいてしまいましたが、やはり冷静になると昔に比べたら今は夢のようです。

こうして話してきた言葉がテキスト化されて、多少の誤変換などはもちろん直していますが、あっという間に文章が作成されていきます。これって単純に楽だし凄いことなんですよ。だからこそ長くなってしまいますが・・・。

口述筆記というのは未来だと思ってたのになぁ・・・。夢のような環境が身近になってワクワクしているところですよ。

最後に詠太で読ませたら、あまりにも不自然な部分がいくつかありました。他のソフトですがそういう連携ができるのも魅力の一つかも知れませんね。

2012.09.24

普段使うものにはお金を惜しまずに

Medium_2295584401

けちった分、自分が損をします。

長期利用するもの、普段使っているもの、なじんで本領を発揮する物にお金をけちらない方が良いでしょう。確実に得をする投資だからです。ある一定時期に双方ともなくなりますものの、そこまでの過程を楽にしてくれたり、使っている心持ちがよかったりします。お金に換算できにくいメリットの享受がそこには確かにあるのです。

その価値という点で最もわかりやすいのは趣味でしょう。たとえば僕はカメラが好きですが、レンズが何十万円するのには理由も意味も理解しているために、その価格には納得しています。だから「これなら安い」なんてことを言えるわけです。ところがカメラにこれっぽっちも興味が無い人にとっては、どぶに捨てるのと同然の値段に感じると思うのです。

僕は時計が好きです。機械式も好きですし、本を見て良いなと思うことももちろんあります。モデル名まで知りませんがタグホイヤーの何とか、ブライトリングの何とかをかっこいいなと思うことはあるのです。ただし、同じメーカーといえども全く興味がないものだってあります。ロレックスだろうとオメガだろうとカシオだろうとです。そこははっきりと無価値です。それが好みです。ブランドを否定する気は全くありませんが、2000円で機能が長期間保証されているというのもまた、価値なのです。

閑話休題、普段使うもののことです。

Raing00006


例にこの雨合羽を出します。これはバイク用のレインウェアです。少しだけ高価な部類ですか。7~8000円位しました。

Raing00002_2

上下が違いますが、下は破れてしまったので3000円くらいのものの上下セットの内下だけを使っています。上の方はたぶん2004年から使ってますからもう8年ですか、あらためて考えるとずいぶん長く使ってるんですね。

それでこの下の方は見ての通り一枚のぺらぺらで、ものすごく蒸れますし風でけっこう暴れます。ところが、上の方は生地も全くの別物で通気性にも優れています。一言でいって快適度が全く違うのです。ついでに8年たった今でもいろいろと痛んではいますものの、浸水してきたことは一度もありません。ここが重要なのです。

Raing00004

3倍以上の価格差ですが、雨の日に着る毎に痛感しています。上半身は快適だけれど、下半身は不快・・・。

Raing00005_2

これでもまだ使ってますよ。


収納時には背中の部分から反転させることによってとてもコンパクトになります。安い方は奇麗にたたんで付属の巾着に入れる感じでしたが、着たくないので上とその袋は知人にあげました。それほどイヤでした。


Raing00001

レインウェアなんていうものは数百円から手に入ります。しかし、安いものと二輪用とでは快適性と機能性さが、それこそ天と地ほどのにあるのです。雨の日には乗らない人や、やむを得ず乗るときに濡れなければ良いという人もいるでしょう。僕のは余りに危険だと思われる猛烈な台風と大雪の時以外は、特別な用事が無い限り二輪で動きます。それだけバイクやスクーターという二輪が好きなのです。相撲取りのまわしと一緒で、無くてはならないものなのですよ。

使ってわかる優れた道具は、使っている間の気分も違います。目的を達することを楽にしてくれます。嗜好品に含まれる高級品ではありません。また、高ければ良いというわけでもありません。自分に合った本物の道具には、多少高くても使いましょう。それが自分にとっても良いものであるはずですから。

photo credit: nickwheeleroz via photo pin cc

2012.09.23

秋の匂いがしてきたね

一人暮らしの有意義な時間は二日間。そして、リビングとダイニング、それといつも寝ている和室はとてもきれいになりました。

特に今回は食堂の家具などを移動してほんの少し模様替えもやってみました。周りのスペースを殺さずに、使い勝手も変化させずに出来る限り広く快適にしてみました。僕の見た感じでは、結構うまくいったんじゃないかなと思ってます。

普段食品などを置いている棚があるんですが、物をとるときに手間をかけることのないように配慮しました。おかげで見栄えも使い勝手も上々のようです。正しくは僕の感想なので、彼女たちが帰ってきてどういうふうな感想をもつかまでは保証できませんが、多分大丈夫でしょう。

よく言う断捨離がありますが、自分のものはまぁいいとしても他の人ものに手をつけるのはちょっと怖いです。明らかに捨てるだろうと思われるものや、整理整頓くらいならばまぁいいとは思うんですが、帰ってくるまではゴミの整理をしておこうと思ってます。それだけでもきっとすっきり見えると思いますからね。

今日はgenron etc #3も読み終えたことですし、自分もリラックスできていい傾向です。雨も止んでで秋の涼しさが感じられます、乾いた気持ちの良い風が家の中を吹き抜けていきます。本当に気持ちがいいですよ。

4時になったようですし、残り時間は静かに1人でコーヒーを飲んでゴミの整理をしようかな。

一太郎の書式設定(標準)を記憶させるかんたんな方法

毎回好きなフォントに変更するのではなく、標準状態を好みのフォントやサイズに変更する方法です。

Medium_2145968772

一太郎でフォント設定を変更している人は多いと思います。僕の使っている『一太郎 承』では今までと同様に、標準では左上にフォントとサイズのプルダウンメニューが表示されています。ここをその都度変更することは簡単ですが、デフォルトを変更するほうが僕には都合が良いのです。



2012092201

メニューから【書式】ー【文書スタイル】を開きます。


2012092203_5


そしてフォントタブより自分の標準設定にしたいフォントとサイズを選んだら、一番下の【記憶】を選びます。ここで【OK】だけを押すとその文章の書式設定のみの変更になり、【記憶】を押すことで次回新規作成時などでのデフォルト状態を変更することができます。

簡単で一太郎ユーザーはおそらく当たり前のように使っているのでしょうが、僕には目から鱗状態でありました。これで新規作成時にいきなり書き始めることができるのでとても楽になりましたよ。

photo credit: visualpanic via photo pin cc

2012.09.22

iOS6に上げたらメッセージが自分宛にも届くってやつ

どうも多発しているみたいです。

追記は赤字で書きます2012/11/22追記

僕はiPhone4でiOS6に上げました。妻のケータイ(docomoなんですが・・・)にMMSでメッセージを送ると返信が僕のアドレスが添えられたグループMMSになって戻ってくるというものです。

対策としてリンクが張られているのは、http://www.appbank.net/2012/09/21/iphone-news/481428.php が多いのですが元通りにはなりませんでした。



そういえばと気になって、ソフトバンクを使っている他の人にメールを送ってもらい確認をとってみたのですがどうも他のキャリアのときだけみたいな気がします。まあ致命的な何かではないのですが、返信を気軽にできないという意味では不便さは感じます。そのうちには、きっと判明することでしょう。

僕個人の事案になります、なぜなら手順は間違っていなかったのにグループメール扱いになっていたからです。

僕の場合はアドレスの間違いでした。


絶対これに違いないと信じ切っていたアドレスそのものが間違いでした。判明した理由はMy Softbankのページでメールアドレスの確認をしたからです。そこで打ち直した結果問題なく元通りになりました。思い込んでいたのでなかなか気がつきませんでした。もしやと思われた方は一度確認してみることをお勧めします。


二者択一からの第三の選択肢は『やめる』

眠いのでMacの音声認識でざざっと書きました。


僕はどうしても眠たい時、可能ならば眠るようにしています。
眠たいんだけどあれもやりたいこれもやりたい、「でもその時間はもうない」「明日は早い」なんてことは結構多いと思います。あれこれ考えた揚げ句、結局何もせぬままストレスだけがたまって翌日迎えてしまったと。


眠たいまま、または体がそれに対して十分に活力がないとき、目標となることをやろうとしても非効率で完遂することができない可能性が高くなります。例えば無理にそれをやったとしても、思うような結果にいたらないことが多くなってしまうということです。だからこそ、その時点での優先度を的確に考えて目的を達成するための行動とることにしています。それが僕の場合は『やめること』です。


やるべき事、期日が迫っていること、どうしても急に入ってしまったやむをえない場合というものはあると思います。そういう例外に対処できるようにするためにも、それまでの間の普段をいかに大切にコントロールするかということが重要なのだと考えています。
冒頭で眠りたい時には眠るという一つの例をあげました。僕は最近出来る限り就寝時間を早めています。それも意識的に。 11時に寝るというのは僕の中ではとても遅い時間になってしまいました。もちろんどうでもいい時もあるので、 12時まで起きていたりすることもあります。それもあくまで例外であって、普段の基本的な就寝時間は出来る限り早くを目標にしています。

なぜか。

早く起きることで自分のやりたい自由な時間を作りだし、自分のやれる事を自分の頭が冴えている状態であるためです。こういう風に言うと、仕事の事だとか難しい資料作成したい方を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、決してそういうことではありません。それは趣味の時間であってもいいし、遊びのことだっていいんです。大事なのは集中して物事にあたれることです。


大まかなベクトルというものは、絶え間なく維持していく必要があります。ここでやめると言うのは、そのベクトルを維持するために周囲にある小さなその他のベクトルを一時的にストップするといういです。それからもうひとつ、やめることにもやることにも何においても優先順位をつけるということが大切だと思います。優先順位を付けにくい場合には、思いついた一番短い時間で完了可能なものをさっさと済ませてしまうことです。選択肢を少なくすることで、『やめる』を素早く行うこともできると考えています。


僕はゆっくり起きてインターネットで何かを見ていて、そして適当に食べてこの時間なりました。今日はこれでいい予定です(笑)。ですが、風呂の掃除やら家の掃除洗濯なども実はやらなければなりません。ただ眠たいから今は動きたくないのです。効率よく動いてさっさと終わらせるためには今やるべきではないんですよ、だから今それをやめてちょっと昼寝をするのです。

やめるっていうのもまた1つの行動なんですと自分に言い聞かせて・・・昼寝します。

2012.09.19

ヘルメットの雨対策 シールドの撥水剤

ここ数日の雨はけっこう降りました。いや、最近のゲリラ豪雨といってもいいこの現象はちょっと地球温暖化やら他のことも考えてしまうほどに深刻な話です。

スクーターで通勤しているので、雨の日だろうと少々の雪が降ろうと、台風であろうとスクーターです。荷物があるとき、やむを得ない用事があるとき以外は二輪通勤です。

普段はテレオス3という安いヘルメットを使ってまして、そのシールドはミラータイプですが撥水してくれていて困ったことがありませんでした。最近気分転換にともう一つ持っていたSHOEIのX-9というヘルメットを使っているのですが、今回の雨でかなり怖い思いをしました。

見えない・・・。薄いスモークシールドですがそういう意味ではなく、雨が飛ばずに手でぬぐってもにじみが酷くてまともに見えないのです。これは危険と思い、二輪通勤担ってから長い年月がたちましたが、今回初めて撥水剤を買ってみました。



71

お店にあったものの中で大きさがこれくらいのもので、一番安いものを選んできました。使い方はスプレーして塗り伸ばし、拭くだけ。

結果ですが、驚きです。本当に簡単で、ものすごく弾きます!
こんなに量は要らない気もするので、けっこう持つのではないかと思います。
これはいいですよ、おすすめです。

2012.09.16

D5100がやってきました~。(7月後半に・・・)

遅くなりました。遅すぎますね。
D5100がやってきたんです、もうもちろん使っています。
誕生日プレゼントです、妻がくれました。ただ、誕生日はお盆なんですね、でも実家に帰るのでそのとき使えないと。それで早めに買ってくれることになったのです。



D51fr00010

到着したのはこれです。中身の全てです。




D51fr00011

角度を変えてみました。

D5100 18-55 VR Kit (標準レンズと本体のセットモデル)
液晶保護フィルム
標準レンズ用プロテクター
メモリーカード


まずはメモリーカードです。

D51fr00012

amazon basicの32GBものですが、これがとっても安いんです。現在使っている段階での不具合を感じたことはありません。一応クラス10ですよ。




D51fr00013

32GBが2千円弱で購入できるなんて思ってもみませんでしたね。量です、「」。



D51d00011

こっちはプロテクターです。前玉を守るだけなのでおまじないみたいなものですね。




D51d00008

Nikonのモデルは通常カバーがついてくるのですが、D5100はバリアングル液晶なのでむき出しで使うことになります。D80の使用していた感じから察するにガシガシ使うことは容易に予測できたので、これは必須アイテムとなりました。





D51fr00018

真ん中に持ってきて・・・





D51fr00019

ぱかっと!保証書やらなにやらですな。




D51fr00020

D80も18-135のキットレンズでしたので、こうして箱が複数に分かれております。次はボディー単体で買いたいですね。




D51fr00021

小物類はこんな感じで、ストラップ、USBケーブル、バッテリー、充電器、アイキャップ、AV端子が入ってます。もう既に良い香りです。




D51fr00022

で、レンズは安っぽい箱に入ってます。18-200とかはかなりゴージャスな箱だったので、こんなもんなんでしょうね。




D51fr00023

はい、意外と評価の高い標準レンズです。下の後ろ玉を保護するキャップがすんごくペラいです。コストでしょうね。実際単体で買うとレンズにしては安いですが何万円もします。




D51fr00024

AF-S NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6G VRです。標準ズームの手ぶれ補正機能付きです。さすがニッコールだけ合って鏡胴は安っぽくない。ゴムローレットは手触りがよいです。




D51fr00025

このレンズは画角からきっとVR のActiveモードの切り替えは要らないって事なのでしょう。VR機能のon/offとフォーカスの切り替えスイッチのみです。

標準レンズははじめて買う人が最も最初に出会うであろうレンズです。メーカーとしてはこのレンズからステップアップしてもらわなくてはなりません、なので戦略上の必然ですが、ユーザーにとっては安価ながら光学性能が値段以上に優れているという利点があります。侮るなかれです。





D51fr00026

バッテリー自体が小さく、充電器もコンパクト。D80のころは、ここからコードが接続しました。これはそういった部分がなく本体の背面にコンセント端子があって使い勝手が良いです。





D51fr00027

そしてパカッと・・・。





D51fr00032

背面の電池のふたを開けてみたところです。D80のころはなかった脱落防止の爪がありました。これはうれしい装備です。





D51fr00028

ちいちゃい~!そして中級機やD80とかと比べても安っぽさはあります。でもかわいい。だからいいの。





D51fr00029

2軸ヒンジのためにこうして後ろ向きにできます。ただ僕の使い方ですとほぼ向き状態を標準としてますね、液晶画面がこっち向いてる状態です。鞄とかどこかにしまうときにこの状態にするくらいです。ガシガシ使います。




D51fr00031

各種ボタンは押しやすいと感じました。方向キーもOK ボタンも問題なし。今までと違い液晶機構の問題で左側にあったボタンが全て右や上に移動した事による操作感の違いは最初戸惑いましたが、使うことで解消されます。慣れですね。

握った感触は僕には少し小さいです。女性の方がしっくりくるかもという大きさです。それでも気になるほどでもないです、敢えて言えば程度のものです。






D51fr00030

軍艦部分は極めてシンプルです、といっても液晶がないのが寂しいです。情報は背面液晶に表示されるのが最近は当たり前のようで、見慣れない表示には苦労しました。これは設定でNIkon機の右肩液晶のように変更可能でした。

前面ダイヤルはなく戸惑いましたが、これも別の方法があるので何とかなります。録画ボタンですぐに撮影可能な動画モードは素晴らしいです。一つの動画あたり最長20分まで撮影可能です。Lvレバーを引っ張る動作が、ライブビューのトグルスイッチになります。




D51fr00033

保護フィルムです、結構奇麗に貼ることができました。





D51fr00034

ね。完璧です、PERFECT。




D51fr00035

タムのレンズを装着したところです。ボディーが小さいので迫力がかなり出ますね。




D51fr00036

ライブビューでこっち向きにするとこんな感じです。自分撮りをする勇気はありませんが、こんな感じで動画や写真もおもしろくできそうです。



バリアングル液晶は好みではないのですが、ちょっと思うところもあって今回は誕生日プレゼントですが買ってもらいました。細かい話はまた今度書いてみたいと思います。もう使って数ヶ月たっているので冷静に書けると思いますしね。

それでは、アデュー・・・


2012.09.13

なんとなくなんとなく。

今お昼を食べてます。なかなか順調に仕事が進んで、ほっと一息つける場所を見つけたのでお弁当食べてます。

こういう時に限ってポメラを忘れるんです。だから今は音声認識を使ってこれを書いています。

別にポメラだからとか音声認識だからとかそういうことは実は関係なくて、気軽にいろんなことがメモできることが重要なのかなと思ってます。

せっかくD5100を買ったよと報告したいところなんですが、写真はデスクトップPCの中にありますし家庭の都合上なかなかうまく編集するまとまった時間を確保できません。

だからっていうわけじゃないですけど、せっかくこういう話し言葉の延長上でかける音声認識だからこその近況報告をメモっておこうかなと思いまして。


9月に入って一段落するかと思いきや、まだまだ猛暑日といってもいいほどの残暑が続いてます。おかげで毎日汗だくです、シャワーが気持ちいい感じですね。今日の午後からはエアコンが付いている場所での仕事なので、ちょっと良くできるんじゃないかなあ。

そういえば昨日はappleからiphone5の発表がありましたね。僕は12月まで契約が続いているのでそれまで買うことができませんがちょっと早く触ってみたい気もします。

僕がiphoneを12月まで変えられない理由はその契約なんです、その契約といっても割引が続くという意味です。僕の場合は 32 GBモデルを一括で支払ったので、すぐに変えてしまうと割引が無くなってしまって結構な損をしちゃうんです。と。まあこういう感じの理由で僕はiphone5を買うのはちょっと待っておかなければならないですね。


そうそう、今はこれを書いているのはドラゴンディクテーションという音声認識を使ってメモをとっているんですが、これとは別にAmivoiceっていうソフトもiphoneに入れてあります。双方認識率は高いし、変換精度も大変優れていると思います。すらすらと喋ることができるような人は、頭の中で順序よく文章組み立てて話すことができる人ならば、こういうソフトで一発でokなんじゃないかなって思います。
ただ僕みたいに頭の回転というか文章の組み立てをうまくできない人は、ある程度頭の中でこういう文章を喋るということを決定してからじゃないとこういうソフトうまく使いこなせません。

それから音声認識ソフトの欠点?じゃないかもしれませんが、特徴としては人前ではちょっと問題があることもでてくるでしょう。その辺がクリアにできれば本当に使い易いなあって思ってます。

音声認識で思い出しましたが、イヤホンマイクなどを使ったほうがいいかなと思います。僕は軽自動車の中で話すことが多いのですが、エンジン音やエアコンの音でしっかりと認識してくれません。これが近接マイクがあればそれだと可能なんじゃないかなっていうふうにぼくは今思っているところなんです。

えーっと、だんだん脈絡がなくなってきたことに今焦り始めています。さて、これからどうしましょうね。こういう構成力がないのもまぁ僕のイマイチなところなんですが、いいんです(いや、よくない)。今の何となくのこの気分を、メモとして残せるかどうかの練習でもあるのですから。

というわけで、本当に脈絡のない文章になってしまいましたが、午後からも仕事がんばりますか。

2012.09.03

J!NS PCというメガネをかって試してみようと。

最近やたらと広告がネット上でも割り込んできて非常に不愉快だったのが、このJ!NS PCというメガネの広告でした。ただ、気にはしていたんですね、もっとずっと前から・・・。

・デスクトップパソコンをやり始めると眠くなる。
・DSで遊び始めると・・・。
・MacBookを・・・。
・iPhoneでも・・・。


結局は疲れてるんです、疲れ目です。でも、それでも使いたいのですよ。なのでOAグラスは何でも良いから欲しかったのです。すぐに眠くならないためにも。そのタイミングで目障りなほど多かったあの広告ですが、近所に店があったので行ってきました。とにかく何でもいいので「安くてつかれてにくいんだろ?そうだろう?」という条件さえ満たしてくれていれば。


僕の条件は安いこと、家で付けるからクリアレンズでなくてよいこと、それと度なしです。骨折時のギブスと同じであこがれはありますので、いずれ外でも疲れるような度なしのクリアレンズも一つ欲しいです。こちらはより高くてもOKです。




さて買ってきましたJ!NS PCの一番安いやつ。


Jin00008

思いっきり目立つ袋でした。






Jin00007

度なしの一番安いものは4000位です。3980だったかな。度なしなのでこんなパッケージに入ってまして、それをこの片側が透明な派手な袋に入れてくれます。







Jin00005

パッケージはいいんじゃないですかね。すぐに捨てますが、安っぽいPCサプライよりも見栄え重視な外箱です。店頭では全てのサンプルがあるので、みなさん延々かけまくっていました。僕もそうしてみました。







Jin00006

左右にはwebサイトでもおなじみの文言がたくさん書いてあります。






Jin00003

これ、ああ、3990円ですかそうですか。ダークブラウンという日本語で言うところの焦げ茶色のものです。青が好きでしたが、これが一番しっくりきました。





Jin00002

色が入っているタイプです。こっちだと何とかっていう光を50%カットしてくれ、クリアタイプだと30%のカット率だということです。んなことはどうでもよくて、家で使っていて楽かどうかです。なので色つきにしておきました。




使用感など。


種類によって様々ですが選んだこれは軽かったです。あと、痛くないのが良いそうで、裸眼で両目とも1.5以上あるためメガネとは無縁な僕でもかけ続けていても痛くなりませんでした。合ってるのかな?

見え方の変化は色変化以外ほとんどありません。ちょっと黄色くなる程度です。ただし、写真を見るときはこの色つきは要注意です、色合いが全く違ってしまうのでクリアタイプの方が良いでしょうね。

使って目の疲れに関してどうかですが、ギラギラ感がなくなったってのは確かにあります。あと、眠くなるまでの時間が延びました(笑)。ってことは効いてる??
目の中というか奥というか、そのへんの重さが出てくるのが薄らいだのは事実かな。それがこの色の効果なのかもしれませんし、50%カットによるものなのかはわからないですが、楽にはなりました。良いんじゃないかなこの価格ならって思えます。良い商売してるな。


ちなみにパッケージ底部の四角い箱の中身は、めがねふき兼用の巾着が入ってます。これはいいですよ。よかったもん。

公式サイト http://www.jins-jp.com/




それとは別にちょっと間を開けてからですが、普段でも使えるようなだてメガネが欲しかったので、クリアタイプのやつで少しは普通の値段のものを買ってみます。まあ先の話です。

4000円でっていうのが売れてるんだろうなと思います。僕にとっては起きていられる時間が増えたので効果有りと判断しているところですな。

2012.09.02

カレンダーアプリをStaccalにした理由

iPhoneで使っていたカレンダーアプリをCalengooからStaccalに変更した理由は、使い勝手のよいシンプルなUIが秀逸だからです。

 

それまで使っていたCalengooはとても高機能でカスタマイズの幅も深く、フォントや罫線の色や太さまでも変更できます。個別にカスタマイズが可能、変更できる範囲もBasicからAllまで範囲分けがしてあります。Allにいたってはできないところがないほどに細かく、多すぎると形容してもいいカスタマイズ項目数に驚くでしょう。アプリケーション単体でGoogle Calendarと同期する使い勝手の良さも素晴らしいと思います。

ちいさな不満点は、
・日本語入力は可能だがベースが英語であること
・月表示などで縦画面だと一日の予定がわかりにくいこと

などがありました。


これらの不満点は英語がネイティブなら設定画面を細かくさわるのにも注力する必要がありませんし、横画面にすれば見えたり日別表示にすれば解決するわけです。ただし、それがやや不便に感じることや、僕は画面の向きをいつもはロックしていることも付け加えておきます。そうはいってもCalengooはとても良いアプリだと思いますし、困っていたわけではありません。良いアプリだという評価は今になっても変わってはいません。

新しく導入したカレンダーアプリのStaccal、最大の利点はシンプルさと使い勝手のバランスです。 StaccalでできるようなことはCalengooで大体が可能です。日別表示でのドラッグでは、予定の移動や月をまたぐスムーズなスクロールの月別カレンダー、フォント、文字の大きさ、太さ、罫線の色や太さ、バックの色や週末だけの色を好みの色にするなど、バランスよく駆使すると見た目も劇的に変化します。そのような柔軟なカスタマイズはStaccalには搭載されていません。ですがそれを言い換えましょう。全ての操作体系がシンプルであるのです。


StaccalのUIはとても美しいと思います。シンプルで使いやすく余計なものはありません。多少のカスタマイズは可能なので、表示や動作をさらに自分好みに変化させることもできます。たとえば僕は週表示が見難く感じるので削除して使っています。
同期はiPhoneに搭載されている標準アプリ【カレンダー】と行うことになります。Google Calendarと同期したい場合は、
【設定】【メール/連絡先/カレンダー】【アカウント】部分のGmailにチェックがあり、その中のカレンダーがONになっていればあとは勝手に同期されるのでとても簡単です。


月表示

Staccal00001_2

非常に見やすいです。これと連続した月表示との違いは、隣接する月とシ−ムレスにスクロールするかどうかです。こちらは見慣れたカレンダーそのもので、連続した月表示の方は【今日Today】が先頭に来ます。

標準で4つまでの予定がはっきりと確認できる大きさで、横表示にすると予定は1マスに三件まで表示されます。表示り替えボタンは画面右側に移動します。

縦横どちらの表示も予定数が三件以上になったとき、枠の右下に見えていない予定が何件あるかを表す数字が表れます。黒い三角の部分に数字が見えます。

そのようなときはピンチアウト(どのカレンダー表示でも共通)することで枠を拡大できるので非常に見やすいです。膨大な予定を抱えている人は日別の予定を見れば良いということになります。




週表示

僕はこの表示方法は見慣れていません。Calengooにもありましたが、あまりうまく使いこなせ真線でした。Staccalでは項目自体を削除できるので週別表示を消してそれ以外で使っています。これでは評価になりませんが、そういう使い方をできるためにより自分にとっての"シンプル”を追求できる部分もあります。


日表示

Staccal00002_2

一日の予定を把握するときに便利です。月別表示で表示しきれないほど多くの予定を書き込んでいるとき、この日表示にすることで時間が重なる予定なども見ることができます。チュートリアルにも出てくる押しっぱなしによるドラッグ操作も、予定時間の伸縮を含めて最もやりやすい画面です。開くとすぐに現在時刻がはっきりとした線で表れるので、当日この後の予定を把握しやすいと感じます。


連続した月別の表示
Staccal00003

スムーズにスクロールができる月別表示といったらいいでしょうか。これは公式にも素敵な動画がありますし、月をまたぐ予定の確認には特に優れています。表示した時点での今日が先頭に表れます。


リスト表示

Staccal00004
わかりやすく向こう四日間が大きく表示されます。直近の予定を確認するのは向いていると思います。






Staccal00005

設定はカテゴリー分けもわかりやすく、設定項目自体も多くはありません。迷うことなく直感でわかると思います。細かすぎることがないので良い部分だと思います。






Staccal00006

各カレンダービューは簡単ですがカスタマイズできる範囲が意外と多いのが特徴です。カレンダーの表示設定では『週表示カレンダーを消す』事もできます。





Staccal00009

簡易入力モードだけでももちろんかまいません。しかし、その下には詳細設定が可能なボタンがあるので直ぐさま細かく予定を作成できます。ここではデフォルト設定を指定します。自分のよく使うものに設定して使い勝手がグンとアップ。






Staccal00008


背景も指定できます。手帳でいうところの紙の部分ではなく、手帳のカバー部分に相当する部分です。






Staccal00007

色の変更です。好きな色にすれば良いでしょう。今のところ初期設定で使っています。




予定を作成したいところでダブルタップ。ちょっとした事の書き込みも簡易です。なので今まで面倒に感じていた予定の書き込み行為が楽に感じるようになりました。付随してアプリを見るタイミングが増えて活用できているような気さえします。
シンプルであることは重要です。早く簡単に少ない手順で行うことができれば効率的であるからです。あれをやろう、どこどこに行こう、返却期限、約束の日時と思いついたときに開いてダブルタップで予定作成できてしまう。その簡単さが、Staccalを選ぶことにした最大の理由です。

いいですよこれ、オススメします。


http://itunes.apple.com/jp/app/staccal-11zhong-leireiautono/id546282165?mt=8

« August 2012 | Main | October 2012 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ