« 車載温度計と御食い初め ★ポメラ★ | Main | この日差し!★ポメラ★ »

2012.07.17

キングジム pomera DM11G を買いました。

ポメラDM11Gジオン軍モデルが2012/07/08 夕方到着したようです。その時間はぐっすり寝ていましたので…。

Pomera0016
ドォォォーンッ!



Pomera0015
ザクが大々的にアピールしています。ジオン軍モデル!


Pomera0014
これがやたらと質の良い外箱なのです。

外箱は子供の頃よく見たバンダイのガンプラのような感じですが、それよりも数世代新しい奴みたいな。私が知ってるプラモデルの外箱は今もあるのかな、1/100モデルのだけど。
ポメラDM11Gについての特徴は既にいろんなところで書かれているし実際時間の経っているモデルなのですがやっぱり書きたいので書きます(笑)。

特別仕様モデルで機動戦士ガンダムとのコラボレーションです。3タイプありまして、シャアモデル、ランバ・ラルモデル、そして私が買ったジオン軍モデルです。勝手なイメージとしてはジオン軍兵士支給モデルですか。まあ、何を戦場でテキスト作成するんだろうって話ですが。

ジオン軍モデルを購入した皆さんおっしゃっているのが、パッと見て落ち着いた配色です。基本的に黒モデルといってもいいダークグリーンの外装がしっくりきます。シャアモデルは強烈なピンク(シャア専用の赤ですな)ですし、ランバ・ラル仕様は青好きの私もためらう鮮烈なブルーです。嫌いではないですが、閉じたときのヒート・ロッドがなければまだいいのですが派手です。それらに比べると地味に写ってしまいがちですが、外にでて使うときも安心して使うことができますよ、持ち歩くかどうかは別として(笑)。

ベースの初期型であるDM10に、DM20の機能を盛り込んだコストパフォーマンスに優れたのがこのDM11Gとなります。文字数制限がDM20と同等になり基本的な文章を書くのに気にする必要はなくなりました。長編小説なんかを書かれる方だとまた違ってくるんでしょうが、フォルダ管理もある程度はできるようになったようだし、そういう段階ならパソコンに移すでしょう。
そしてQRコード。これは個人的に欲しかった機能です。DM10のボディーに詰め込んだナイスな機能の一つですよ!
制限は全角で3200文字までは連結して送ることができます。それ以上長ければ、後述する付箋文を活用して選択QRコード作成で分割すればOKでしょう。そのような長文の場合はPCからの編集が欠かせないでしょうし。
あと読み込みは、キングジムの公式アプリがiPhone用に無料で出ているのでそれを使用すると驚くほど簡単に取り込み、それを活用することができます。このアプリはEvernoteやTwitterとも連携しているのでそういった使い方をするのにも便利ですね。

最上位機種のDM100ではバックライト、Bluetoothが搭載されていたりして外観もノートパソコンのように大幅に変更されました。このバックライトというのは羨ましい機能の一つといえばそうかもしれません。私のDM11Gのように光がなければ視認できないのは、バックライトを持たないものの宿命ともいえるでしょう。それでもね、多少の光で結構見えるんですよ、この液晶。3段階にテキストサイズが変更できるのですが、私は中くらいのサイズにしていますが、このサイズでもとってもみやすいんです。フォントなんでしょうかね、丸みのあるちょっとヒラギノゴシックみたいな見やすさです。暗闇のなかでテキストを打ちたい衝動に駆られたときはあきらめちゃえばいいと。それくらいいいです、かまいません。

それから通信機能がついていない点はいいのですが、Bluetoothも私にとってはいらないんです。あれがiPhoneの外付けキーボードにもなるよ的おもしろギミックとして話題をかっさらうのは理解できるんですが、携帯性としてポストリュウド(またはエレコム)としては厳しいと思うんです。大きさがボトルネック。実質軽くてかさばらないので鞄に入れたときには問題なしでしょうが、私の場合はそんな風な鞄を持ちません。一辺の長さが小さいほどいいんですよね、この辺はふだんの生活というか活動スタイルに大きく依存する部分かもしれないです。それもポメラを買う前にiPhone接続用に小さい外付けキーボードを買うかと迷ったくらいですから、体の良い言い訳に過ぎませんが(^^ゞ

辞書がついている部分が一番いいなあというか、買う前ですからこれはついていた方がいいんじゃないかなと思った点かもしれません。誤字脱字も含めてパソコンで点検してからが筋なんでしょうが、不安になる要素もあります。そこはiPhoneでチェックしようかということで納得するようにしています。

そんなことから絞り込まれたのはDM20。もうこれにしようかって時に、DM11Gを見つけまして気になったわけです。ガンダム世代ですしムチャクチャ好きですし。
いや実はそれよりも何よりもコストパフォーマンス…。液晶の大きさとフォルダー管理、キーバインドの変更以外なら十二分に対抗できるじゃないこれって、なんて思いまして。2012/07/09 の時点でもAmazonで80%オフくらい7000円ちょっとの値付け。いいんじゃないだろうかということに。

中をあけるときれいに包装してあるんですな、本体が。白い包みに入ってます。通常は本体のみですが、DM11Gの3タイプには専用のカバーがついてきます。ネットなどではぺらぺらで不安だという言葉が散見されてましたが、個人的には問題ないです。これに入れれば鞄の中に投げ込んでもいいです。道具は雑に扱うアメリカ人のYouTube動画みたいな感じが好きなのでそれに準拠です(笑)。

Pomera0013
内容物は、書類一式、カバー、本体、USBケーブル。

Pomera0012
ゴムバンドで止めてあるだけですが、ネットで言われてるほどぺらぺらには感じませんでした。私にとっては十二分に良いカバーです。


Pomera0011
ピンクの丸はモノアイでしょう。歴代のモビルスーツ・モビルアーマーの型番が記載されています。

中身を取り出すといい感じの外装が!これはいい、細かくジオン軍モデル名が列挙されてるのもまたよし!裏面はこれが予想と違ってマット素材でした。しっとりした感じです。F355世代フェラーリのセンターコンソールやフィアットにもよく使われてたあの手触りですな、サッと持ったときにしとっとしていて滑りにくいと感じます。悪くはないなこれ。


Pomera0007
裏面には上に電池室とロック、左がスライドするギミック、右にUSBとマイクロSDポートです。



Pomera0005
電池は単四アルカリを標準として20時間持つとのことです。テキストだけなので猛烈に持ちます。eneloopも対応していて、その場合は本体の設定で変更してあげることで電池残量表示を調整しているみたいです。それと、見えている電池室横のロックですが、OPEN状態になっていると起動後すぐにアラートが出て終了してしまいますのでロックしておくのを忘れないようにしましょう。



Pomera0006
マイクロSDカードスロットと、USBポート。USBはパソコンと接続することで外部ストレージとして認識するようです。まだそれは試していません。マイクロSDカードは昔のケータイから引っこ抜きまして1GBを挿入しました。テキストオンリーなので問題ないです。保存先をマイクロSDに指定しておくことを忘れずに。



さて。



そして「開く行為」の順番がやっと自分にも回ってきたんだな思いながら開けます。これかと注意書きを味わいながらパカッと開きます。これこれ!これがやりたかった。

Pomera0008
ギレン・ザビのお言葉です。左側がせり出してくるので、押さえていると機構上いけないようです。


パカッ、バイーン、カシュッ、パチン!

Pomera0003
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ・・・・・・・・・・



カシュは右側キーを支えるための足を出した音ですな。

Pomera0004
正対したときに右側キーボード下部を支える役割をしています。引っ張りすぎると簡単に外れるよ。


手を置いてみます。うーん、小さいかなと思いつつも打ってみます。「んーん…ちょっとちいちゃいか…(;・∀・)」。
で、打ち進めてみるとあら不思議。小ささの度合いも最小限度なので慣れるのも案外早いですよこれは。打ち損じはたまにはありますが、ブラインドタッチができる人ならそんなにミスタイプしないんじゃないかなという感想です。

Pomera0002
この大きさでこのキーピッチを確保している点が素晴らしい。電源ボタンは押しっぱなしなので間違えて押した場合にも反応はしません。

ここで私の多いミスタイプを挙げますと、backspaceを押したいときにはenterを押しちゃって確定しちゃうくらいですか。普段からdelキーはあまり使う癖がついていませんので、よく指摘されていたdelキーの位置や大きさについては問題ありません。あと、普段はPCの方だと101英語キーボードを使用しているために無変換や変換キーは押し間違えたりするかなとも思ったのですが、左手の親指でスペースを難なく押せるようでホッとしました。いまのところそのミスタイプはないです。

入力環境はATOK搭載しておりまして、ATOKユーザーとしては納得できる同じ使用感が得られております。私はMacBook、PCとATOK Passportという月額課金のATOKですのでそれぞれの辞書や環境は同期されています。さすがにそのような変換性能とはかなり違うのですが、連文節変換にもある程度の長さまで対応しているようですし問題なく使えると思いました。長すぎなければ大丈夫。普段よく使う言葉はその都度辞書に登録していけばいいのかなと。

ここら辺りでカウントしたら2890文字(*あとで手を加えているのでこれはポメラで作成時のカウントです)に達していましたので、そういえばと調べてみたらQRコードは3200文字まででした。だらだらと要点をまとめないような文章ですと、たとえばBlog記事原案なんかを送ってというのは文字数を気にした方がいいなあと感じましたですな。

Pomera0001
すぐになれて打ち始めることができるのは、素晴らしい事です。カーソル移動やその他のショートカットを覚えておくとなお良いでしょうね。


2012/07/09 12:40 わずかな時間ができましたので、ここいらでちょっとこれまで使った部分でわかったことを。

狭い車の車内で膝の上に置いて使っていますが、わざと強い打鍵さえしなければキーボード本体が折れ曲がるようなことはないですね。これはいい。

それからファイルを現段階で二つ作成していますが、あらかじめ開いているものを編集している限りは、メニューから[書式]、[カーソル位置保存設定]を開き[電源オフ時のカーソル位置]を選ぶことで閉じたときと同じ場所からスタートできます。

ただし、電源投入後に別のファイルを開いた場合は先頭にカーソルが戻ってきていますので、F1キーで付箋文を挿入しておく方がいいのかなとも思いました。ショートカットキーで最下段にカーソルをジャンプできるのかもしれませんがよくわかりません。

ネット接続機能を持たないメリット。

通信機能としてはUSB接続による有線によって外部ストレージとしてあつかわれることと、QRコードによる一応無線通信機能を持っています。ですからこれ単体によるネット接続のような機能は持ち合わせていないんですね。辞書なども持っていませんので、パソコンのようにテキスト編集しながら「あ、ちょっとこの文字あっていたっけ?」とか「web siteを参照してみよう」という連携ができません。いってみればスタンドアローンなわけです。

そういった部分は上でも書いたとおりiPhoneで調べるか、パソコンでたとえば校正や推敲する際に行えばいいと思っています。むしろちょっとYouTubeを見ちゃってリンクを巡りあっという間に数時間なんてことがなくなる方がありがたいと感じます。それだけ集中している時間を提供してくれるともいえるのかな。

これらの不便さや、何でマルチにこなす存在ではないんだろうとか、そういう通常不満に感じるのが一般的だと思われる部分を、どうしてこの仕様のまま製品化したかという部分に合致した人にとって、ある種の「神ガジェット」に
なってるんだと思うんですよね。それくらいにターゲットが明確な商品なんです。定価では非常に高価だと思いますし。


2012/07/17
記事アップロード直前ですが、ここまでいくつかのテキストファイルを作成しています。★ポメラ★と入っているものは全てポメラ上で作成し、QRコードでiPhoneに転送、ココログのアプリからアップロードしています。

思っていた不満点はほとんど感じられず、むしろ心地よいです。CTRL+Alt+←→で一気にジャンプできることと、F1キーで付箋、F2キーで日付、Alt+F5でQRコードが出るのでこれくらいでサクサク進みます。

豆球ほどの光ですと作業することには厳しいですが、普通の照明があれば角度の変更でかなり見やすくできる液晶も手伝って、テキスト作成に没頭できるのがとても気に入っています。買って良かった度数がかなり高いですよ。ポメラ!

« 車載温度計と御食い初め ★ポメラ★ | Main | この日差し!★ポメラ★ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ