« November 2011 | Main | January 2012 »

2011.12.31

今年をTwitterとともに振り返ってちょっと考えてみる。


Facebook等のSNSは触れているが、今回は言及しない。
玉石混淆という四文字熟語を真っ先に思い出す。SNSがコンピューターにそう詳しくもなかった人たちが、一斉にメディアの影響によってなだれ込むように門を叩いた一年だったと思う。Twitterが以前よりも注目されていたのは事実だけれども、3.11の大震災でさらに取り上げられていった気がした。Timelineにはデマと緊急が混じり合い、比較的安全な地域にまでも瞬時に蔓延していった。3.11関連で速報的に広まったのは次のtweet。

《友達からの情報より、コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るので外出の際は傘かカッパなどを持ち歩き、身体が雨に接触しないようにして下さい。》

公式・非公式RTを問わず1週間を過ぎても継続的にTimelineに流れた。千葉だったと思うが、僕が受け取った爆発の第一報はTimeline。このデマを最初に受け取ったとき、真っに怪しいと感じたのでソースを疑う。リンクがなかったものがほとんどだったし信用度がとても低かった。非公式RTの場合だと発生元が削除したところで尾ひれが付いて蔓延していく。そのtweetは改変されながら一ヶ月も経過したのにもかかわらず相変わらず広がっている様は病原菌そのもの。spamっていうよりもたちの悪い印象である大量というイメージをもつUBE(Unsolicited Bulk Email)とかの方が似合っているかもしれない。このtweetの場合は【拡散希望】なんていう接頭語が怪しく思えた。【拡散希望】が悪いっていうわけではなく、そのTweetを発しているアカウントのtweetを少しさかのぼるとある程度の予測が立てられる。そこら辺は杓子定規に脊髄反射をするとつまらないネットの使い方になってしまう。

大きく広がったデマだと、周波数帯の違う電力網における交換効率を超えた夢の電力助けて節電tweet。笑えます。笑っている場合ではないが、笑えてしまう。小さなものだと輸血がたりない、骨髄バンクに等星の数ほどに。blogのエントリーだったりtwitterだったりFacebookだったりと形態はいろいろだが、本人がまじめだったりすると文体は丁寧なんだが、反対者には《こいつはわからないバカ》っていうディレクトリに勝手に入れるやっかいな人が多い。それもまた普段のくだらないTweetをさかのぼるとある程度は予測が可能だ。

How toではないけれども、知っておいた方がいいことはある。頭の隅にとどめておくだけでずいぶん違うことはある。そのアカウントのTweetの傾向って補正して6割で判断してみればいいのだと考えている。全く毒づかない人は、僕にとってはおもしろみのないアカウントだ。きれい事ばかり言っているイメージをどうしても持ってしまう。先入観とはそんなものだ。反対に僕のように、やたらいやなことがあったりしたときに「なにあいつ?バカなの?死ぬの?」っていうくらいお馬鹿なノータリンTweetをしていれば、話半分6割補正のフィルタリングをするとざっくりしたカテゴライズもできるといった具合。

3.11以降メディアにおいてもTwitter連動ものが非常に多くなっていて、今ではTweetボタンはほぼ標準化されて他のSNSを網羅しているかによってもアクセス数が変化するらしい。あとは、スマートフォンの異常な普及スピードだ。アーリーアダプターに開闢され開墾された新規サービスという新興住宅地に、ガラケークラスタが流入してくる一年だった。スマートフォンを【電話機能を持つコンピューター】ではなく【ケータイの超絶進化形】だと認識している層だともおおむね言い換えてもいいだろう。つまりはそんな集合だ。
売る側としては客を育てていくべきという思想を僕は持っているが、イメージとして金になりさえすればよいという風土のためか最も大事とされる集団でもある。彼らは防水が付いていないことに苛立ち、高速なCPUが電力を消費することを意識すらしないにもかかわらず超高性能を望み、大画面大容量で電池の持ちのいい小型端末を望む層だw。裏を返せばそれが無いものを対案無く叩く。ただし、最もお金を落としてくれるという優れたスキルは持っている優秀なカモでもある。この辺は経済流動の原理から作られた「売れている」「流行の」といったタレントなどの商品とともに、それらと併売する女性中心とした様々なサービスと実は何ら変わりないのかもしれない。必要不可欠な存在なのだから。問題視すべき最も重要なのは、「すまほってえ〜、ついったーつかいやすいしぃ〜、いろいろできるからいいよね」という部分である。

UIが優れているというのは、使いやすさだったりデザインだったりと求められる上で厳密には変わってくる。FacebookやそのほかのSNSよりも爆発的普及をしたのは単純明快なルールにあると思っている。基本的なルールはテキストボックスに140文字まで。これだけ。あとはreplyやReTweetくらいなものでまかなえてしまう。使う側としてはバリアフリーに近いシステムだ。使い始めて潜在的なリテラシーの度合いで最初の選別がある。それだけの側とより深く調べて使いこなしに進む側とにわかれる。インターネットが浸透して爆発的に普及した。Twitterも裾野の広がり方は凄まじいと感じている。だが、実際に常日頃から使っている人っていうのは案外多くない。これは体感的なものでそんなに外れてはいないと思う。アカウントは作ってみたもののアクセスしていない人なんてすごく多いし、思い出したときに読んでみているだけな人や、「流行っているらしいね。」という人がほとんどで実際に頻繁に使用している人は国民全体から見たら決して多くない。これはインターネットだっても同じで、インターネットは使える状態にはあるけれどメールをたまにチェックしている程度。旅行に行く前に調べたりといった【調べ物】に使う外部辞書として運用している場合が多い。使っているし使えるけれど、あなたのいっていることは何が何だかわからないという人たち。彼らが最も多くの割合を占めているのが現実である。そんな彼らにとってUIは最重要項目だ。最重要項目でありながら意識しているわけではない、取っつきやすさと理解しやすさがあれば使ってくれる。ただそれだけのシンプルな話だ。選に漏れるものはUIが美しかろうが先進的であろうが関係ない。わかってもらえないUIなのだ。

その層がようやく各種メディアによって(3.11以降といういみではない)スマートフォンとTwitterが紐付けされた状態で提示される。二年の縛りから解き放たれた順番にガジェットを手に入れていく。とりあえず、とにもかくにも、まずはという接頭語を伴いつつTwitterという流れは自然だと思う。理解に苦しむ壁は取り払われ、導入は至って平坦な道を歩くがごとくである。玉石の石の部分が急激に増えていく。そしてうまく使うためにはその塊が玉なのか石なのかを見分ける術を会得していなければいけない。これはインターネットだろうとテレビなどのマスメディアだろうと同じなのだが、湯水のごとく流れ出て溢れかえっているTimelineからちょうどいいざるを使うのは案外難しい。量が違うのだ。その辺を大いに考えさせられた。

震災以後ではTwitterの果たしたというかSNSが果たした役割は非常に大きいものだった。既存の通信インフラが駄目な場所でもかろうじて繋がったケースもある。音声が駄目でも単文形式のデータが役に立った礼が数え切れないほどある事実。もちろん、3G回線が全く歯が立たずにまさに高級文鎮でしか無かった場所もたくさんある。つまりは、可能性が広がった点こそに注目する一年なのだと感じた。日本国内においてはTwitterがちょうどよい使いやすさだったのに加えて、回線インフラの安定性がいかに大事かということも思い知らされる。

Twitterは間違いなく一時代を築いたし、多大な影響と敷石を設置していった。それは流入してきたそれらの層が大量に流す勢いそのものなのだろう。始まりだと認識した上でその上を歩きつつ次の歩み先を決めるべきだなと。流れる情報も流す人間も玉石混淆なのだから。結局は人間そのもの。考えたことをどう流れに解き放って、そして流れにあるものをすくい上げて吸収していくか。つきあいの広がりはネット上とはいえ確実に広がった。そのつながりは本当にある意味大切な資産だと言い切ってしまっていいだろう。これだけでも玉は回収したのだとは思える。2012年は収束とはいわないものの、その動きは衰えていくはずだと予測している。広がる勢いがだ。ある意味ここからが本質がよく見えてくる部分なのだと思う。そういった意味でも新しい一年ではどう動いていくのかを注目していきたい。

本来ははしっかりと組み立てて上げるつもりだったのだが、時間切れで脈絡もない文章になってしまったことを残念に思います。ああこりゃ文才無いなって改めて感じました。落ちとか書きたかったけれど、今年中に上げて風呂も入りたいとか何とかなので、ええすいません。何が言いたいはっきりしないまま終わってしまったw。強引に閉めた感が凄まじい……。

てなわけで、今年一年間ありがとうございました。とともに、来年もまたよろしくお願いします。

2011.12.30

帰省中です。

2011/12/29の午後に名古屋から実家のある志摩市へ帰ってきました。渋滞のことが中日新聞の一面にも載っていました。ご覧になった方はいましたか?

その渋滞のまっただ中にいましたので、約小一時間の間四日市までゆっくりと車の中で過ごさせていただきましたよ。鈴鹿あたりからは混雑は収まりスムーズに走ることができました。燃費も渋滞に突入した割には16.7km/l位にまで伸びていたので、まあまあじゃないかな。

帰宅後はうちの中も外もいろいろと変わっていて驚いたり。玄関がきれいになっていたり、はみ出ていた垣根がきれいに駆られていて「庭ってこんなに広かったのか!」とビックリしたり。洗面台が新築みたいにかっこいい新品に変わっていたりとなかなか初日から楽しめました。

今日は歩きに行こうかなと思ったのですが、風が強すぎて断念。空気は澄んでいてとてもきれいなんですがね。ええ。
iPhotoの整理も結局現段階で手つかず。

さあて、どうしようか。

2011.12.20

シェーバー用のオイル ES-003P を買いました。

購入したのはこれです。

34


僕が購入したのはパナソニックのES 003Pという潤滑用のメンテナンスオイルです。そして僕が普段使っているシェーバーは以前書いたエントリーにもあるこれです。つまりこれは香り付けがされていない純正オイルです。

右の小さなものが付属品ですが、なんとまだ数回分残っています。何せ4枚刃の場合洗浄時にわずか4滴使用するだけなのです。まあケチって使っていたので、左の新品を使うに当たっては豪快にいくとは思います。結局のところ、一年での交換が推奨されている替え刃もまだ変えていませんし、二年に一回のものも来年5月で時期になるのですがまだ変えないでしょう(笑)。

明日の朝に右の小さいのを使い切ってしまおうかなって。こういう何でも無いことが、実は意外と楽しめたりするラッキーな性格に感謝です。

2011.12.11

やっとGoogle Mapアプリで渋滞情報が!

Google マップに交通状況の表示機能、モバイルにも対応(engadget日本語版より)

http://japanese.engadget.com/2011/12/09/google/

iPhone に標準搭載されているマップアプリで使用することができなかったこの機能。これで恩恵を受けることができるようになりましたね。たまに使用する時にこれが機能していればと思うこともしばしば。僕の場合は、ナビをどうしようかと思っていたタイミングでの実装に、やはり待ってみるかと気持ちがまた揺らぎます。

ちなみ日本エントリーと趣旨はずれてやや堅い話にはなりますが、こちらの記事も無関係とはいえませんねスマホがクルマを潰す時――日本は勝ち組か負け組か自動車産業激変期に第3の波「テレマティクス」が本格化(DAIAMOND online) http://diamond.jp/articles/-/15269 

なにはともあれ、うれしいアップデートですね!

MacBook (13-inch Mid 2010) メモリー交換。

MacBookのOSをLionにアップグレードしてから、重さが気になるようになりました。もっとも、それが原因でフリーズすること今までありませんでしたが、“サクサク作業する”というのにおいては程遠いものでした。

僕のモデルは最廉価グレードになりまして、搭載メモリーは2GBです。MacOSの最新版であるLionの機能として、仮想デスクトップを使いながらそれぞれにiTunes、Safari(タブは4~6個)、Mail、夜フクロウ(Twitterクライアント)を使用していました。ですからメモリー不足によるファイルスワップが頻繁に発生していたのは確認済みです。そういった理由から解決方法として最も有効なのがメモリーをアップグレードすることだと考えるに至ります。

--------------------------------------------------------------------------

手始めというか段取りとして、まずはメモリーの規格を確認します。自分の使っている素性を知っておかないとうまく動けませんからね。

僕の使っているMacBookは13-inch Mid 2010というものに該当します。公式HPによると

- DDR SO-DIMM (Double Data Rate Small Outline Dual Inline Memory Module) 方式
- 1 GB または 2 GB
- 204 ピン
- PC3-8500 DDR3 1066 MHz タイプの RAM

とのことです。

初めてのノートパソコンで、初めてのモジュールなので間違えないようにしっかり確認が必要ですね。最大4GBまでということなので、この時点では2GB*2の構成を考えていました。二枚セットというのはデュアルチャンネル構成のために二枚差しで使用することにより、パフォーマンスが期待できる仕様だからです。ただし、僕がいろいろ探し回っても数パーセント程度のパフォーマンスアップだとしか見つけられませんでしたがまあいいでしょう。

Amazonでクリスマスプレゼント購入のついでがあるので調べてみますと、なんと2枚セットが見当たらない。でも、4GB*2と一枚ずつというのはたくさんありました。あとは特筆すべきところがありまして、ものすごく安い。8GBが3千円程度、信じられない!なんたる安さ!あ、でも探していたのは4GBでしたね、ええっと……といった感じで探しておりました。見れば見るほどお買い得な8GB。Googleでいろいろ調べてみますと、先駆者が何人かいらっしゃいました。そう、僕と同じモデルに8GB投入組。結局は8GBを購入しましたが、その動機は要約すると以下の通り。

・モデルによっては8GBまで認識するメモリーコントローラーが搭載されている。
・サプライ側からアップルが供給を受けているパーツに変更があっても、モデル形式が変わらないなら同モデルで複数の事例が出るアナウンスをあえてしない。
・4GB*2枚構成で問題なく使えている報告が多数ある。

とまあ、実に他力本願ではありますが、自信が付いてきた&3千円なら失敗しても泣かないということで購入することに。

33

これがAmazonで購入したDDR3 8500 1066MhzのSO DIMMです。4GBを二枚セットもので4千円弱。ちなみに3年ほど前だと10万円以上です。

Appleには丁寧にも交換方法が画像入りでありますので、それを見ながらやってみました。

29

ひっくり返しまして、見えている8つの+ねじを外します。精密ドライバーがないと無理かな。たぶんどこの家でもあると思います。


30_4

金属に触れておいて静電気をにがしておきましょうと書いてあるので、いうとおりにしておいた方がいいですね。触っておきます。サワサワ……。ちなみにメモリーモジュールはHDDの上に見えている青い部分です。それでは交換しますか。



31

左右にレバーがあるので軽く押し広げ上に持ち上げるだけでこういう風に上がってきます。で、抜きます。したからもう一枚見えるので、同様の手順で抜きまして……。新しいものと差し替えるだけです。1分もかかるかどうかですw。

念のために慎重に作業をして、ふたを閉めて起動させてみます。

32

ばっちり!完璧に認識してくれました。5分ちょっとで完了ですね。


それで肝心の結果ですが、【超絶】でした。疑いようのない体感レベルです、鬼を見たことはありませんが鬼のような速さです。上に記したのと同様な状況で試してみましたが、引っかからない、CPUの本来の早さを満喫できる点で比べるまでもありません。待ち時間の少ない快適さではなくて、はっきりと速くなったことを体感できます。たとえば、Twitterでのリンクを踏んでからsafariが反応するまでの一瞬の切り替わり。そこからページを読み込んでから表示されるまでのスピードが全く違います。今までは何だったのかというほどに。

かつてWindowsで4GBの壁を知っていながらも2GB→4GBにアップグレードした際、「ああ引っかからなくなったすっげー快適!」というあの感覚とはちょっと違う。引っかからないことはもちろんなのですが、圧倒的に速さを意識できます。これは驚きましたからしつこく書いておきますw。

今回のアップグレードは投資対効果が非常に高く、自分でも驚くほどの体感レベルを享受できたのがとてもうれしいですね。ここまで安くパワーアップできるのならば、やってみる価値があります。これからのMacBookとのつきあいが、よりノンストレスになっていきますね。

2011.12.08

12月もあと2/3ですよ。

 今年はBlogの更新を自然に押さえるようになったのは、実生活に時間がとりにくくなっているということも大きいのですが、動機付けがなかなか思うようにいかずじまいというところです。

一日のうちでは、「ああ、こんなことを深く掘り下げたいなぁ」や「今度これについて書いてみよう!」なんてことは結構あったりします。それは仕事中のほんの数分の出来事に思いつくことだったり、お昼ご飯にじっくり考えふけっていたようだったりと様々です。ただ、それをすぐに忘れてしまうと。

手帳は持っていますが、持ち歩いていません。手帳の役割をしていませんね。365日一日一ページの【ほぼ日手帳】を使っていますが、日記として使用しています。その日合った大きな出来事以外には、とにかく書くことを目的にしている記録です。では何を使ったらいいのでしょう。思いつくところは一つあります。

iPhoneです。

iPhoneのアプリケーションでこのうち最も有用で簡単に使うことができそうなのはEvernote https://www.evernote.com/about/intl/jp/index.php だと思っています。というかそれ以外には思いつかないです。起動が速くすぐさまメモをとることができるという意味では簡単です。各種デバイスと簡単に動機ができるので、僕の場合ですとiPhone、Windows7、MacBookで瞬時に同じ内容を参照することができます。これに思いついたキーワードを書いておくだけでいいわけですね。

そこで仮にkeywordと名付けたノートブックにネタ帳のごとく順次書き置いていけばいいのですが、中身を見ると見事にないわけです(笑)。それはいったいなぜか、Evernoteに記すことを忘れてるんですよ……ね。

そりゃエントリーを書けないわけだw。


2011.12.04

トラックボールのM570を使い始めて二ヶ月

トラックボールのロジクール M570を使い始めて約2ヶ月が経過しました。
過去のエントリーはこちらです。
http://layla.way-nifty.com/central/2011/10/logicool-m570-0.html


ほぼ二ヶ月間使い続けていくつか新しくわかったことがあったので、
落ち着いたところで報告なんぞをしてみたいと思います。





1.ゴミがたまることによるボールの動き

軽快さを追い求めているとこれは致命的です。ですが、特段欠点としてあげることでもありません、さっと掃除するだけで済んでしまうことなのですから。ボールは裏側から押してやることで簡単に外せます。三点支持なのですが、そこに誇りなどが固まってたまっています。それを軽く指でこするだけでキレイになります。後はボールを戻すだけ。買ったときと同様の軽い転がりが復活です。

反対にいえば使用する時間とともに、徐々に重くなっているわけです。重さはある時点を境に感じ始めます。後は転がるときの音に変化が訪れます。掃除を完了したときにはその違いが歴然なので、これは「あれ?」と違和感を覚えたらさっと掃除することをおすすめします。トラックボールを使う上では当たり前ですね。






2.もう戻れない軽快さ。

使い勝手という部分では得手不得手・好みというものがあるので一概には言えません。ただ、合っている人ならばマウスに戻るのを躊躇してしまうほどに【馴染む】わけです。最初の一時間で、大きな変化に戸惑いつつも慣れることになります。そして、使うにつれてそれは手足の一部になります。おまけに腕を動かさなくていいこの環境は、凄まじいほどに負担が軽くなるのです。少なくとも手における疲れの感じにくさは大幅アップです。間違いありません。細かな挙動を親指一本で制御するのは、やはり慣れが必要かと思います。ただ、なれることができれば、この金額は十二分に回収することができるほどの魅力が詰まっていると思いますよ。

興味として、大きなボールのケンジントン製品を使ってみたい気もしますね。







この前高山へ旅行に行って写真をたくさん撮ったのですが、Windowsの調子がイマイチなのでいつ紹介できるかわかりません。不悪。

« November 2011 | Main | January 2012 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ