« 復旧しました→デザインがIE以外で崩れています。 | Main | SPACY100のマフラー錆取りと再塗装。 »

2011.10.10

Oblivion Windows7 移行の備忘録 設定等




OblivionをWindows 7 64bit版ProfessionalのPCへ移行します。(2011年10月12日修正版
)

PCのグレードアップはPentiumu3のプレス子

Core 2 Duo E8400 3.6Ghzで。

初のAMD Phenom II X6 1100T Black Edition」(3.3GHz)

という流れです。同様に3回目のOblivion引越しでもあります。
ですが、2回目は心機一転最初からやり直しでしたので、
あまり引越しという表現は当てはまりません。
しかし、今回は32bit→64bit。OSも変更ということでいろいろ調べることにしました。


まず、インストールはドライブ直下がいいらしいという情報があったので、
自分の場合はFドライブ直下にインストール。

インストール作業は何事も無くOK。
DLC系統もそのままOK。

セーブデータはフォルダーに上書きでいい。
インストール後に

C:\Users\【登録したユーザー名】\Documents\My Games\Oblivion

に自動的に作られるので、これに上書きする。
当然見プレイの時点ではここにsave という名前のフォルダーはない。

MODを入れていない状況のプレイデータは再現されます。



Oblivion Mod Manager(以下ObMM)のインストールバージョンである obmm 1_1_12_full installer を入れようとしたら、Oblivionと同じフォルダに入れろと怒られる。
"「Oblivion mod manager must be installed to Oblivions installation directory"

私の環境、はFドライブ直下に直接インストールしてあるため、obmm 1_1_12_full manualをダウンロードしてきて、中身のobmmフォルダ、IronMath.dll、IronPython.dll、OblivionModManager.exe全てをFドライブ直下のディレクトリに置く。

ちなみに".7"の拡張子はなにかソフトを入れないと最初の状態ではWindowsでは解凍できない。

ファイルを実行すると起動するはずだが、エラーを吐かれた。アクセス拒否。

んー、なんでだろ。

で、アクセス権を見てみる。


23_3

てか、もうフルなんですけどな、このScreenshotは。


ドライブ直下であるので、Fドライブそのもののアクセス権を再定義してみる。
ドライブのプロパティー→セキュリティー
ユーザープロファイルのコントロールをフルコントロールに変更。


これで自分の制御は弾かれない。

確認のために、もう一度起動してみる。
起動成功。

あとはMODを導入していくだけ。

7のディレクトリ構造のこれまでとの違いと、権限を考慮すればいいってことで。

« 復旧しました→デザインがIE以外で崩れています。 | Main | SPACY100のマフラー錆取りと再塗装。 »

ゲーム」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ