« お盆3枚 Nikkor VR 18-200 すべてRAW | Main | 今更ですが、Wizardry Bane of the CosmicForge 始めました。 »

2011.09.17

スペイシー100のオイル交換と雑感

 今回初めてオイル交換を自分ですることにしてみました。
やってみたいという好奇心による動機が第一位。
それくらいできるようになりたいというのが第二位。
自分の工具だけでやってみたいというところです。

 といっても必要な工具は17㎜のボックスのみ。
それなのに僕が購入したのは必要以上の工具だったりします。
これから応用がきくならいいなという希望的観測による購入でした。

今回初めて作業をするに当たって下調べした点は主に次の三つです。

1.必要になる工具は17 mmのボックス対応のみ。
メガネかコンビネーションレンチなどでも可能。
僕の場合は工具自体がほしかったのでエクステンションバーにラチェットハンドルを使ってみました。

Img_0528

2.作業手順。

3.オイル、廃油処理、ボロ切れなど

作業手順は



a) 平らな場所にスペイシーを持ってきます。センタースタンドを使っておくとよいです。

b) オイルの性質上、暖かい方が排出が容易です。エンジンを少し暖めておく方がいいでしょう。

c) 右側のドレンボルトを緩めてオイルを排出します。廃油受けを下に持ってくるなどして受け取ります。オイルが高温になっていますと、火傷をする場合があるので注意して行います。

Img_0535
強いトルクでしまっているわけではないので比較的簡単に外せます。

Img_0537
黒く汚れたオイルがササァーッと流れてきます。


d) 新しいガスケットをつけてドレンボルトを再度締め込みます。締め込みトルクは25 N・mとのことです。ガスケットは流用ができない訳ではないですが、なるべくその都度交換がよいようです。

e) 車体左側の同じ位置にある17㎜を外すと茶こしのようなストレーナーがありますので、ゴミが付着している場合はこれを掃除します。こちらも締め付けトルクがあります。20 N・mとのことです。
Img_0540



Img_0538




Img_0539
こちらは毎回でなくともよいようでした。せっかくなのできれいにしておきました。

f) オイルフィラーキャップを外し、その穴からオイルを注ぎ込みます。オイル量は規定が0.7リットルです。一気に入れるのではなく、少しずつ入れていきます。たまにレベルゲージを差し込み、格子模様にしっかり付くかどうかまで確認してあげればいいと思います。このとき、オイルフィラーキャップは締め付けず、差し込んだだけの状態で確認しますので注意が必要です。
Img_0543

g) 一度おいるフィラーキャップをしっかりと締め、エンジンを数分回してあげます。その後レベルゲージで確認します。このときちゃんとこうし部分に付いていればいいと思います。

 作業を行った感想ですが、これは自分でやって楽しいので「これからは自分でしましょう。」という気持ちになりました。価格は工賃がゼロであることは重要です。手間が増す分、新たな発見も大きいので得ることの方が大きいです。

 次回に向けて必要だと感じるものも多々ありました。

・漏斗を使ってオイルを入れたのですが、大きさなど含めてありもので済ませた為手間取ったこと。これにはフレキシブルに対応できるホース上のものを買うべきですね。

・規定量をしっかりはかるには、たとえばメスシリンダーまでいかないまでも計量カップのようなものは準備しておくべきかもしれません。レベルゲージで判別するので問題というほどではないのですが。

・手袋を用意。

・ボロ切れやウエスのようなものをある程度用意しておくこと。

・汚れたものを補織り込めるトレイや、大きめのプラスティック箱があるといいかもしれません。

・正確な安心感がほしいならトルクレンチがあるといいと思います。

次回はオイルも足りないので、購入と同時に用意も万端で行きたいところです。

 すべて完了してテスト走行もしっかり行いました。普段自分で乗っているので、今回はその違いも如実にわかります。1年半ぶりのオイル交換なので、とても軽く回るのがわかります。少しですが静かにもなりました。はっきりとわかる感覚としてこの二つ、いいですね。こういう体感部分はしばらくすれば薄れてしまいます。それでも気分的にすがすがしいので、これからもまた自分でやっていきたいなと思えるものでした。

今回は気分的に添加剤を入れました。効能は正直どうでもいいのです。気分に投資しました。
110917_11_10_27
容量はこの半分ほどで十分だったので、次回に残りを使うつもりです。




110917_11_10_10
廃油処理にはこれを使いました。便利なものですね。

今度は汚れていようがいまいが、早め早めの交換にしていきたいかなとも思っています。一種の楽しみですね。4Lのを買ってみようかと。

Img_0544

そうそう、マフラーが錆びているのは知っていましたが、要注意でした。メンテナンスすると、普段気がつかない部分もわかってくるので一石二鳥ですね。なれればすぐに終了してしまう作業ですが、最初は何事もうまくいかないものです。初チャレンジでしたが、うまくいったので大満足ですね!

« お盆3枚 Nikkor VR 18-200 すべてRAW | Main | 今更ですが、Wizardry Bane of the CosmicForge 始めました。 »

バイク関係」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ