« April 2011 | Main | July 2011 »

2011.06.18

CASIO 2747*JA 腕時計を買ってみた。

備忘録みたいなものです。

 持っている時計は、グレースファブリオの安い自動巻のアナログ(もらい物)と、G-SHOCKのMT-Gのゴツいタフソーラー電波。双方ともメタルバンドです。購買理由は単純に軽くて長持ちしそうなコストパフォーマンスに優れた実用時計が欲しいというものでした。そうそう、バンドは黒で・・・。

 本機の特徴。

 ・アナログ&デジタル時計
 ・LEDライト(照明)
 ・テレメモ(名前8文字&電話番号16桁を30件記憶可能)
 ・ワールドタイム
 ・アラーム3本(スヌーズ一本)・時報
 ・タイマー(24時間までの減算計測)
 ・ストップウォッチ

 C163


 文字盤は黒ですが、正確にはかなり黒い茶色です。文字盤周囲に時刻を表す数字が書かれていますが、そうでなくとも指針がしっかり認識できます。サッと時刻を確認したい場合にはこの視認性は重要ですね。とてもよいと思います。

 デジタル部分は左下のモードボタンで切り替えます。CASIOは全てこういう感じですから迷うことはありません。赤く表示されているので分かりやすいと思います。写真では上に秒、下に時刻が24時間表示になっています。これを12時間表示に切り替えもできますし、日付けと曜日にも変更が可能です。私の場合は、今日の今を確認する場合が多いので、時刻をアナログ指針で、カレンダーをデジタルで見るように通常の表示をしています。

 時計に対してどう向き合うかでずいぶん変わりますが、価格対性能比においてはかなり優秀だと思っています。クォーツで10年電池、バックライトを備えてのこの視認性で実売2000円弱なのですから文句はありません。また軽量なので苦になりませんし。5気圧防水機能により付けっぱなしでOKです。

 トップはガラスではなく、プラスティック製のようなので使っていると傷が付きやすそうな感じはあります。ただ、それで見にくくなるとは思えないので問題視していません。この価格ですから、どう価格帯で数本買ったりして楽しむのもありかなとも思えてきてしまいます。

 秒針は無いのでじっと見ていると30秒ごとに長針が動くのがわかります。ちょっと不思議な感覚ですね。秒針がないことで問題になるようなことはありませんでした。カシオ製であることとこの機能と価格なら、信頼性においても世界屈指ですし大満足です。

いい買い物をしました。

2011.06.07

モチベーションは上がりません。
いつも通りです。

たまに構えるとテンションの上昇と共に室内撮りです。

C160

Canon PowerShot S90 最近は滅多に出動しないSLIKの三段。




C161

Canon PowerShot S90

こんな角度からながめるのも久しぶり。
ボケ量と高ISO、それにこれはレンズだけれどシャッタースピードに不満が出てきた。


C162
Nikon D80  でRAW現像
レンズ: VR 18-200mm F/3.5-5.6G
焦点距離: 95mm
フォーカスモード: AF-A
AFエリアモード: シングル
手ブレ補正: ON
AF微調節:
露出
絞り値: F/5.3
シャッタースピード: 1/80秒
露出モード: プログラムオート
露出補正: -0.7段
露出調節:
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: ISO 800
ホワイトバランス: 色温度(4800K), 0
カラー設定: モードⅢa (sRGB)

久しぶりだったな。Capture NXは相変わらず重すぎ。2代目も出ているようだけれども、こんなに重くては使う気にはなれません。

やっぱりAPS-Cだけあって違いを見せてくれてホットしています。






« April 2011 | Main | July 2011 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ