« あけましておめでとうございます。 | Main | 湯上がり »

2011.01.05

記憶の中の景色は虹色である。

 こんばんは。別に偉い人の言葉を引用したわけではありません。

 さっき思いついた言葉です。


 Th_img_0196

 記憶の中のあの風景はセピア色じゃあないんですよ。
 色あせるのは物理的に本物の写真の色が退色していくだけ。

 写真の景色は色あせないし、
 それを見ることで思い起こす記憶の色はあの時のそれと寸分違わぬはずです。


 苦い思い出だったり、甘酸っぱい記憶だったり。
 烈火のごとく怒りに充ち満ちた場所だったり、
 初めて告白したあの場所だったり。


 人それぞれの思い出の場所は、記憶の中で、それぞれの色に輝いているんだと思います。

« あけましておめでとうございます。 | Main | 湯上がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

写真は、帰省された時のふるさとの港でしょうか?

私もそういう場所を大切にしたいと思います。

 ぞうさん、こんばんは。

そうです。
ジオタグ(Geotag:位置情報)付きの写真にしても良いのですが、
なにせ狭い田舎ですのであっという間に個人が特定されてしまします。
最初のスタンスで公開していれば、顔も名前もどうでも良いのです。
ですが、ここまできてしまうとアレなので。

私の叔父は、去年のお正月近辺のBlog記事を偶然Googleで検索して巡ってきたらしく、
いろいろ見ているうちに見慣れた風景にわたしのBlog だとわかったとこのお正月に教えてくれました。

どこに住んでいても、大切な場所はあると思います。
ほっとする瞬間。
何がではありませんが、代え難いものを持ち得た人生に感謝する毎日です、
これからも。

The comments to this entry are closed.

« あけましておめでとうございます。 | Main | 湯上がり »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ