« September 2010 | Main | November 2010 »

2010.10.05

SUBARU レガシィ ツーリングワゴンのことをあれやこれやと

 初めて私が出会ったのは、もちろん初代レガシィワゴンであって、ということでレオーネの次の車という印象しかありませんでした。ただその次のレガシィワゴン、つまりは2台目に当たるBD/BG型は初めて欲しいと思ったレガシィワゴンでもありました。

 知らなかったのだけれども、内装はオリビエ・ブーレイ氏が担当したそうです。ブーレイ氏といえば、三菱の悪しきブーレイ顔としての方が有名かもしれません。グランディスを筆頭に、ランサーエヴォリューションの他にもいろいろな車種が独特のエクステリアデザインとなっていったのは、リコール騒ぎと同時に低迷していった時代と符合します。しかし、そんな2台目のインテリアは個人的には結構かっこいいなと思っていました。ポジションランプがある時点で、普通の国産車にはない何かを感じていました。

 若かったということもあります。欲しかったグレードは上級スポーツグレードであるGT-Bでした。ビルシュタイン社製の足回りをもった高級スポーツワゴンでもありました。当時の私はこいつのマニュアルに憧れたものでした。実際は2ステージツインターボという最先端の技術をひっさげた割には、息継ぎ等も指摘された過激なセッティングだったのです。そうしたある意味尖った部分にも憧れを抱いていたのかもしれませんね。余談ですが、偶然にも会社の若い子が(GTだったかな)この型のレガシィワゴンに乗っていました。彼は今 Fitに乗っていますが、許すなら好きな車に乗りたいなと話しておりました。

 やがてモデル末期となったBD/BG型は次なる3代目とフルモデルチェンジをしていくことになります。


 3代目 SUBARU レガシィワゴン BE/BH型

 端的に言ってしまえば、「コレが欲しい」と一気に気持ちが変化するほどのモデルチェンジでした。この頃の好みは、やや大人しくなったとはいえ、トップグレードへの憧れは持ち続けておりました。もちろん色は白が好きなのも同じです。

 アウトバックがランカスターとして発売開始になり、セダンはB4の名前が与えられたのも確かこの頃です。ヘッドライトが2階建てデザインになり厚みがましました。それと同時にリアのガーニッシュにも同様のテイストが盛り込まれ、全体的に2代目に比べると肉厚な印象を持つエクステリアを与えられています。剛性感の塊のようなデザインはインテリアも同様で、私はとても大好きになりました。憧れが一世代いきなり変わるほどですもの。もっともインテリアに関しては好みが分かれるようで、同僚も好き嫌いが分かれておりました。

 積載性は2代目と比べると随分アップしたように感じました。ハンドルの隙間から見えるメーターの視認性は高くて、とても高級感があります。運転席に伝わる適度な音も、水平対向エンジンらしい心地よいものでした。STiなどのモデルでなくても、不快でないレベルでの音量を確保しているので、うるさく感じさせることなくその気にさせる、調度いい味付けがされていました。

 運転した印象は、ボディー剛性感の大幅アップを一番感じるところです。グレードを問わず、シャシー性能がすばらしいということに尽きます。もちろん足回りの良さというのは、言うに及ばずでしょう。これは、モデルチェンジしましたが2代目のスズキ スイフトにもいえる部分だと思います。スイフトは1.3LのATと1.6のスイフトスポーツしか乗っていませんが、1.3でもオーバークオリティーなシャシー性能の驚きを隠せませんでした。車に興味がない人でも、少し運転すれば気がつくだろうという位ですね。この印象はレガシィにも当てはまると思います。

 このボディという部分。そのオーバークオリティーな部分。不必要という意味合いではなくて、ユーザー的にはラッキーな、おいしい部分です。実際の現場の人には怒られるかもしれませんが、あくまで私の印象としてですと断っておきます。

 全車種ではないです、ですがたとえばトヨタやホンダは、もっともっと制作段階というか設計段階でシビアに作られている感じがしています。10年はしっかりしているが、そのあとは急にやれてくるといったイメージです。あくまでそんな感じととらえてもらいたいのですが、難しいでしょう。ギリギリのコストで、必要なギリギリの部材で、許容範囲内のボディ剛性なりクオリティーを確保するという点で最も優れているような気がするのです。

これが、たとえばレガシィだったりスイフトだったりの場合、追い求める要求を十二分に満たして価格を後で決めたような、必要以上の剛性だったり質だったりをもった製品しか作れないということです。実際そんなことはないのかもしれませんが、そんな風にしか思えないほど質が高いと感じます。安いギリギリ(かといってそれは製品として十分ではある)でいいものを低コストで作ることができなかった。しかし、それはかなりの品質をある程度まで抑えられた価格で買えるという利点でもあるわけです。私はそんな印象を持っているんです。これは、今のトヨタスバルではありえないでしょうね。実際、パーツやインテリアを見れば凝ったことをやれない事情を垣間見ることもできます。

 そして、4台目 BL/BP型 レガシィワゴン誕生。

 このモデルチェンジは大きな意味合いを果たすことになったと思っています。生産年数は6年と通常よりもサイクルが長くなったこの型は、 35mmの全幅拡大によって3ナンバー化して大きくなりました。どでかいという表現は当てはまらないのですが、たしかに少し大きくなったなぁという感想を持つ感じでしょうか。

 このモデルでは軽量化も大変進みまして、この大きさの割にグレードによっては1,300kg台と凄まじい技術や魂を感じます。あの軽量で環境重視のプリウスも実は1,300kg台スタートでありますから、いかにレガシィが軽量に作られているかがわかるかと思います。その軽やかさはエクステリアデザインにも現れていて、シルエットは謹厳実直から気韻生動へと変化したといいましょうか。その機械としての精密さ頑強さ精密性を生かしたエクステリアデザインから、やや大人しく上品系に振ったようなという風に見受けられます。

 インテリアの変貌具合はさらに顕著でありまして、今でこそ気に入っている上質感も最初に見たときは抵抗感を抱いてしまいました。やや弱い個性にがっかりしたというのが正直なところかもしれません。見慣れるに従ってそれはよりよい自分自身の好みへと変わっていきましたが、とにかく最初見たときは「ええ!こんなに上品系にかわってしまったのか!」と周りにも話していたほどです。

 今はとても好きなそのデザインは、吸い付くようなしっとり感が目に見えるのが特徴です。標準のオーディオもマッチングはすばらしいですし、使いやすさも両立された地味ながら特筆すべき点かもしれません。些細なことですが、オーディオ上のディスプレイに映し出されているフォントも独特で、これも他の車種にはなかなか見ることができない部分の一つに挙げられるのではと感じました。現行に至っては北米優先のために大型化も激しいもので、都市部では問題ないかもしれませんが田舎では邪魔になってしまします。インテリアに至ってはもはや別物で、好きな人は受け入れることもできましょうが、トヨタ臭がちりばめられた箱の中という感じはもはやレガシィではない気もします。私は他の名前で出せばいいのにとも思いました。

 機構的には電制スロットルに等長等爆エキマニ、シングルターボに戻った新システムは低速トルクを補うことにも成功しています。もっともその為に、あの独特のデロデロドロドロ音はしなくなってしまいました。

 私は次に乗る車をレガシィツーリングワゴンにしたいと思っています。今乗っている軽自動車からの乗り換え理由は置いておいて、レガシィに乗りたい理由は、そのデザインと機能性、そしてすばらしい足回りを与えられている国産車だからです。それはもちろん、乗りたいのは今でいう前型の後期モデル、SI-DRIVEがついたものなのですが、早い話がお金がありません。もともとFITやColtを格安で考えていた位ですから、そこからいえばずいぶん豪華になったというものです。

 排気量は税金面も考えれば低い方がいいのです。つまりは2Lモデルですね。そこで考えたのですが、ボディーからして、自分自身が走るシチュエーションで不満に思っていたような場所で、NAだとどうなのかということ。踏めば問題ないのですが、もたつき感は当然あります。悪い部分とまでは全くいえない部分です。普通に町中を走っているときに、過不足を感じることはないと思っています。それでも山道を走りに行ったとき、好きな曲がりくねった高低差のある道、そんなときには過給があった方がいいかなとも思っています。2.5LのNAか2.0Lのターボか。うーん、ターボかなぁ、好みはということになるわけなのです。そこを突き詰めるというか、本音を言うと接地面積の多い18インチのメリットをようやく感じる部分かもしれません。いや、18インチというよりもワイドタイヤという意味ですね。しかし、それ以外のデメリットが大きすぎるので、チョイスは17インチにしたいと思っています。

 ボディー色はブルー系。目の覚めるような青が好きですが、あっさり目のグリーンやブルーも好きです。ちょっと賢そうに見えるし、あまり乗っていないのもポイントですか。紺色、シルバー、黒、パールホワイトは多すぎます。もっとも、その分中古相場は弾数がある分安いものをチョイスできることもあります。色にこだわると、なかなか安くはいかないというのはどうやら本当のことのようですね。あまり出ていない色というのは、それだけ好きな人が買っているので手放さない胃のも理由の一つのような気もします。

 外観でいえば、やはり後期型であるD型以降はかっこいいなと思います。かっこいいというか、高級感が増したという方がわかりやすいでしょうか。でも、先ほど書きましたように高いのです。すごく高い。ちょっと話が変わってくるのでここはC型までになりそうですね。

 中に目を向けてみると、そうですね、せっかく贅沢をするのですからということで、マッキントッシュのオーディオがついているモデルが希望です。見た目の高級感が一番の理由だったりしますが、憧れてしまいます。それに純正ナビでかまわないので、ついていると助かります。テレビは見ませんので、そこはどうでもいい部分です。年に数回、ナビがあれば助かるなと思うことがあるので、現在地と検索がかけられることができれば贅沢は言いません。

 2.0LGT(ターボ)になると、メーター周りも少しゴージャスになります。こういうのもユーザーとしては重要な部分です。私はいろいろな車に乗る機会があるので、もちろんこれら欲しいモノも乗りました。中でもシート形状がすばらしい。厚みも含めて現状ベストバイな車種の一つだと思っています。

 今後大事になってくる荷室スペースもステーションワゴンならば問題ありません。最近流行のミニバンは重心の高さやロールが不愉快なので選択肢にはなり得ないことから、なかなかのチョイスだと自分では思っています。さてさてどうなることやら。

 どんなものにせよ、こうして考えている時間。これが、とても楽しいことには違いないですけれどね。

2010.10.03

今更感なトヨタ プリウスの感想とかグダグダと


プリウスに乗って所感。

まず、少々は乗ったことがあったという前置きをしておいての感想だけれど、簡潔な結果として長距離も山道も最初の印象と予想通りということだった。思い描いていた予想を寸分違わず裏切られることなく、だいたいこんな風だろうなぁというまんまだったということだ。あと、基本的にトヨタは嫌い。大嫌い。でもトヨタはすごいというのは十二分に認めてる、感情と本質は一緒にはしてません。

真図を持ってレンタルしたのは、現行の1.8Lモデルではない2代目に当たる1.5Lのモデル。
形が嫌いというのもあったけれど、ただでかくなって中身は変わらずに車内は閉塞感が出るようなインテリアには乗りたくなかったから。実際の寸法は広い、広さも感じるように作ってあることは確かだけれど、ウォークスルーができないセンターコンソールがあったりと改悪も多々見受けられる。素材の質感もプラスティックを高級に見せましたよ的な部分が、押し出されすぎていて不快を感じてしまう。そう言うからにはもちろん現行車も乗っているのでそうのたまうわけだ。先進的であろうとなかろうと、現行車は嫌いということに他ならない、つまり選択理由にならないから二台目をレンタルしたという話だったりする。

誰もが感想を述べる一番先頭に来るのは、きっと燃費だろうと思う。実際のところ僕が感じた部分も一番はそこだ。結果からいうと、奇跡的にも石川福井と回ってちょうど600kmを走行し、給油は23Lと驚異的。これはやっぱり驚かざるを得ないなと。なんといっても不安になるほど燃料が減らないのだからたいしたものだ。

自分の軽自動車と比べるのはかわいそうだが、やはり加速が楽である。1.5Lにモーターが加わるので、どうかな、体感的には1.8L位のパワー感を感じた。テンロクじゃなくテンハチクラス。2Lとはいいすぎな感じのイメージを持ってもらえるとわかりやすい。不愉快でない加速感だけれど、猛烈なパワーというわけでもなく、必要十分だという具合。あれだけ伸びれば日本の高速道路の登りでも大丈夫なんじゃないかな。恵那山とか中央道の登りがどうかは気になるけれど、おおかた満足できそうな感じ。

乗り味、これはもうThis is トヨタ車。最近は堅めの傾向があるも、大衆車はそうじゃない。あれはそうだなぁ、カローラって感じが一番言い得て妙だと思ってる。柔らかくってロールがちょっとばかり大きめ。なので、山道を気持ちよく走ろうとすると、車の方がちょっとまってねとたしなめてくる。乗っていたのはどういうグレードが知らないけれど、タイヤがひどかった。あんなモノかな。

車内は静かで、エンジンが止まらなくても基本的には静粛性が高い。もちろん僕のekと比べては失礼か。よくいうエンジンがかかってるか止まっているか、切り替わりがわからないなんていう人もいるようだけれど、そんなことはなくて振動はしっかり来るし、アクセルからの振動やステアリングインフォメーションからもしっかり伝わってくる。ちなみに仕事柄いろいろ乗っているので、このプリウスに限ったことでもない。マニュアルに慣れている人がオートマに久しぶりに乗ると「滑ってまっせー」な感覚に違和感を覚えると思うが、プリウスの動力を切り替える瞬間はもうちょっと上をいく気持ち悪さを持っている。確かに自然だし、よくあんなに調教したなって心底感動できる設定だけれど、機械的に直結したツインクラッチタイプの車(エボとかかVWとか)が感覚的にガチリと機械と一体感があるとすると、プリウスのような2動力切り替えタイプはいささかふわふわしたイメージだ。これが嫌いな人はつらいんだろうなと思ったな。CVTの最後のトルク抜けが嫌な人は、けっこうこのプリウスの動力切り替わりの瞬間は気になると思っているんだけれどそれに近いかもしれないかな。あとはそうですな、燃費がいいので、かっ飛ばし気味になるのは理解ができる気もする。何せ踏んでも燃費は異常にいいのだから、それほど気にしなくてもっていう心理が働くのではないかと思う。

車内は十分広い。ゴルフなんてやらないのでバッグの積み方の表示は嫌な感じ。作りはヴィッツ並であって、あれはメカを買うんだなというのがよくわかる。見えないところのコストダウンはものすごいから。現行も高級感(あくまでも”感”)は上がったけれど、よく見ると上手に安っぽい。これってすごい技術なんだろうな。極めて安っぽいけれど、だいたいの人はそうは感じない、むしろ高級に感じてもらえるようにうまく安く作ってある。アルファードやヴェルファイアなどの高い車でもいえるが、トヨタはこういうのがうまいと思う。実は安っぽい、しかし 【高級感を感じる人が多い見た目】には作ってる。ぱっと見て高そうに見えるといったような、そういう技術に長けてるんだと。


最近はガラス面積が極端に減ってきているんだけれど、コレも例に漏れずそうらしい。クラッシャブルゾーンをとるためかなんなのかしらないが、ドアの厚みが大きくてキャビンを守るようにすべてが張り出している。結果的にそれは踏ん張りがきくように車幅が広くなり、当然ボディ自身が肥大化して車重が増すわけだ。そこにがんばって軽量化をするわけで、だったらボディサイズなんとか考えればいいのにと。まぁ、マーケティングがあるわけで一概にそうは言い切れないけれど、矛盾も当然現場サイドは感じているだろうから大変かもな。

窓の大きさは先ほどあげたラージミニバンにもいえるし、プリウスもそう。なので、とうぜん視界はよくない。一昔前の車に乗ると、視界の圧倒的広さに驚いてしまうくらいだから。高さを持たないので、つまりはガラスが結構寝ているので、当然フロントの見切りは悪くなる。それに伴ってダッシュボードの高さは上がり、すべてが悪循環に。いいことは乗員安全性を高めていることかな。実際、前をぶつける確率は結構上がっていると思う。なにせ、視界を補うカメラを装備しましたなんていう、本末転倒な落ちだからしかたない。今の車は補助装置がないと見切りが基本的に悪い=死角も多いから運転はしにくくなる。ラージミニバンはハイエースといった箱タイプと同じで横の見切りはいい、あたりまえだけれどね。ただ、前後は最悪で、やっぱり本来車っていうのはカメラなんてなしに運転できるのが前提であるべきだよね。この二台目プリウスはその点、ぎりぎりかなと。いいとは思わないけれど、まぁこれならいいんじゃね?的な意味合いで。最近乗った中で一番、窓がだめだこりゃなのはLexus GSだ。BenzのCLS級にうんこだった。GSのインテリアも特に質感高いということもなく、完全に旧世代だった。そこいくとISはC-classやBMW 3seriesと同じ量販を狙う車種だけあって、意外に上手にまとめたなっていう感じがあったから。

運転すると本当につまんない乗り味で、山道を飛ばすという意味ではなく気持ちよく走ろうとしても、そうは応えてくれない。アクセル踏めばカスだってリミッターが聞くまで走れるわけで、走りの楽しさはやっぱりトヨタ車。つまらない。こうもつまらない車を量産するトヨタってともおもうが、単なる乗用車を作るという意味ではそれもまた大事なことなんだろう。そう、つまらないというか、乗り味が僕にはあわないという言い方がもっとも適しているのかな。

トヨタ車は壊れないなんていうけれど、一昔はそうだった。その当時も国産車は輸入車に比べて壊れにくいのが特徴の一つだったけれども、それももはや国内に至っては横並びになってきている。作り方というか、部品のくみ上げにおける思想は会社によって違うけれども、普通の人が普通に使う分にはどれも同じといっても暴論とまで行かないだろうと思う。マツダのブランドイメージは低めではあるけれど、マツダ車がトヨタ車に劣っていると全体を見ていうのは少し違うのではないかなとも思う。


ずいぶん年は離れているものの、知人がプリウスを購入した。売れ筋のツーリングセレクションだとかで、色は黒だったな。膨張色でないのでそれなりに離れてみるとしまった感じになるのだけれども、近くに行くとコレがでかい。運転させてもらったけれど、印象は変わらずやっぱりいらないなぁと。新しい時代を切り開いた寵児ではあるかもしれないけれど、自動車としての走る、止まる、曲がるといった部分は旧態依然としていて特筆すべき点はない。

結局走ることが好きな僕なんかの場合には、あれは選択肢にはなり得ないんだなぁ。

2010.10.02

PILOT Dr.GRIP ブルー

 HDG-70R-ML5なんだけれど、発売開始と同時に買ったものだから、かれこれ19年前になるんだ。
コレを田舎の文房具屋で新製品として売られたとき、買ったらきっと賢くなるんだと思い込んで速購入決断というのを思い出します。

 結局今のこの人生を見ると、高学歴ではなくなってしまったのであるわけですな。ただ、それをPILOTのせいになんかしません。私が勉強しなかったのですからしょうがないですね。

 売りにしているGRIPが汚れていて、洗ってみたのだけれどさすがにダメ。
それでもキレイになったDr.GRIPは買った当時のままです。
振り子式の部分もスムーズです。


 高校の時、ちょっとした潔癖症みたいな感じになりました。
完全な潔癖症とは違うんです。ぬるぬるが嫌だという一点。誇りはさらさらorざらざらなのでOKでした。プラスティック、金属がダメでした。触れなかった。同じように塗装面もダメでした。

 鉛筆も然り、ざらついたグリップのついていない高そうなシャープペンシルもだめでしたね。Dr.GIPは手の脂をゴムの部分が吸収し始めるので、ある程度使用したら石けんで洗う毎日でしたね。あの頃は変だったなぁ・・・。

 基本的には今もぬるぬるは好きじゃないのですが、ほぼ常人と同じだろ自負できるくらいにはなっているだろうと思っています。


 せっかくだから、キレイに掃除をしてあげました。

Th_img_1848
ゴムの色は元には戻りませんでした、やっぱり。


 トウメイブルーというのがあったようですが、今思えばあっちにしておけばよかったなぁと思います。名残惜しい。

いや、そんなこというのは、この彼に失礼かもしれないですね。

« September 2010 | Main | November 2010 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ