« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.27

福井県花菖蒲園から東尋坊へ

花菖蒲園で車に乗ったまさにその瞬間、結構な雨となりました。
そのままお昼の時間だったということもあり、結局お土産やに併設されているよくある高いお店で食べました。
どこで、どんどん土産屋のドギツイ勧誘を無視しながら登っていきます。

Ua41
雨は結構降ってました。でも、雄島はしっかりと見えています。それは救いだったかな。風がなかった、雨はそこそこ降っていたけれど。



Ua42


想像していたよりは断崖絶壁ではないなと言うのが第一の感想。歩かせるのは危険極まりないので、抱っこしていく。帰りはボクだ。滑りやすそうなのは下だけで、それ以外は見た目よりはよかった。下には遊覧船が待っている。

遊覧船は雄島の裏手に向かいUターンする。




Ua43
雨なので見にくいなと思っていたら、こうしてかけてくれる。1回かけるとしばらくの間はくっきり視界が確保される。ちなみにこの時の客は僕等三人と、あと夫婦?二人の5人。貸切だった。




Ua44
ほぼ全景か。東尋坊とは違い逆向きの構造をしている。柱状節理なのはそうなんだろうが、上からしたに向かって細くなるというか、とにかく逆だった。人は住んでおらず、遊歩道が一周するかたちである。




Ua45
島の反対側に段々と向かってきた。形状も規模も波の侵食で変わる様子がよく分かる。




Ua46
ほぼ真後ろ。灯台が見え、島の感じも分かる。正面からとは違ってなだらかに見える。





Ua47
大湊神社右に鳥居が見えるが、向こう側から海を覗くようにある。ここが一番よく東尋坊と逆向きなのがよく分かる場所だ。




Ua48
東尋坊へと向かう途中。まったく違う地層がよく分かる。平行して堆積する様子で年代なども詳しく見ることが出きるそう。




Ua49
徐々に景色が変化し始め、中央付近の洞穴のあたりから地質学的には柱状節理が始まる。詰まりはここから東尋坊ということになるらしい。




Ua50
綺麗なこの大きさの規模は世界で3ヶ所しかないんだとか。




Ua51
一番メインとなる場所だろう。遊覧船はこの中に一旦は入り、また出てくる。近づいたときはさすがに迫力があった。アナウンスには、「この岩はとても固くほぼ落ちてくることはありません。たまに落ちてくるのは人間様・・・。」

小学生のころ、一番テキトーなころ、実家の方にある断崖絶壁で柵を越えて草につかまって、ふざけて友達と宙ぶらりんになりました。草を握って登りましたが、あのときほんの少し根っこのあたりの土が浮きました。あのとき落ちたら、死んでいたのかもしれません。

時折、そういう、悲観的になって死にたいとか、そういうのではなく、ほんとにしぬかな?みたいな、こう、気持ち悪い衝動にかられるときがあります。だから、僕もこういうてっぺんに登るともしかしたらそんな気持ちになるんじゃないかと思ってしまいとても恐ろしいです。どれだけ怖いかというと、いま書いていて冷や汗がでているくらいです。

この頭脳構造を何とかしたいなぁ。二度と嫌な記憶です。バカな事するんですよね、子供のころは。






Ua52
中に入ってmovieとりましたが、僕がはしゃいでいるので止めました。

この後お土産買ったりして、本当はもう一ヶ所も考えていましたが、お子の都合もあるしということで、宿に向かうこととしました。

2010.06.20

ボクは、おとうさんだったよ。

二人が夕方帰ってきて、何かをくれた。

Ua39

花束を模してある。おいおい、鳥肌ものだよ。




Ua40

名前は消してあるけれど、オレンジが彼女本人らしい。
じんときた。

自分の父親にはグリーティングカードを送って、
特別なことはないが来月いくからねと。
それで父の日は終わりだった。



でもそうか、
ああ、ボクは、おとうさんだったよ。

福井県へ2日目 まずは花菖蒲園へ

妹家族にお礼と再会を誓って、いざ福井へ!
最初の目的地は、北潟湖の花菖蒲園です。

Ua32

人が移っていないですが、そこそこいました。駐車場からてくてく歩きます。左が北潟湖になります。D80



Ua33

今年間近で見た紫陽花になります。D80




Ua34

やっぱり綺麗な花ですね。かたつむりはいませんでした。
D80




Ua35

その週末までということ(今日?)で、結構見頃でした。これから咲くつぼみもそこそこありましたね。平日ならばもっと人が多いことでしょう。





Ua36

じっと座っていろいろ観察していました。





Ua37

移動中は雨が降ったりもしましたが、この時は見ている間だけやんでくれました。






Ua38

いやぁ、相方様が選んでくれた旅の立ち寄りスポットでしたが、こんなに素晴らしいとは。





このあと、お子も僕達もお腹がペコペコ。車に乗り込んだときにちょうど雨が・・・。いきなり本降りになり、見学のときには運良くはれておりました。

ラムダッシュの音

通常運転時と超音波モードです。

カメラ位置が近いので大きめの音量には注意してください。

2度目が超音波モードです。

音量自体は大きいと思うのですが、少し離れると聞こえにくいとかで、思っているよりも気にならないらしいです。むしろ使用している自分が一番うるさく感じます。

Flight of the Amazon Queen なかなか暇つぶしによい

 Ubuntuのソフトウェアセンターを覗いたらおもしろそうなものを見つけた。
それがFlight of the Amazon Queen。1995年にAmiga版がでて、その後にはDOS版がでていたみたい。インディージョーンズシリーズみたいな、ルーカスアーツからでてたクリックタイプの奴に似てる。

Ua30
グラフィックも綺麗だ。

Ua31 スパナを持ってるものがuse。これをクリックして何かをクリックすると、

"use ****(なにか)"となって、

そのあとに対象をクリックすると、
例えば

"use bat on window"といった具合になる。

ま、これが分かるまで最初の部屋からでられなかったけどw
意外とおもしろいし!
英語は分かんないけれど、オブリよりも短くてわかりやすい。

あと、驚きなのは台詞をバンバン音声で喋るんだね。
暇潰しにはもってこい。パズル要素もあっていい感じだ。

2010.06.18

初めての旅行 -1日目は家族に会いに-

 初めてというのは、旅行に行くことを目的として、初めてプランを組み手配を自分たちでしたという意味です。結婚式兼新婚旅行NewZealand、妹結婚式Canada旅行は含みません。僕たちが出会って結婚し、今に至るまで実は旅行に行っていなかったというわけだったりもします。

 いったこと、通ったことのある道を盛り上げるために、toyota嫌いにもかかわらずプリウス1.5をレンタルしていきました。そして偶然にも借りたときの走行距離は、

C99
なんと45000kmちょっきり!計算というほどのものでもありませんが、実にわかりやすいです。乗り心地はCOROLLA・・・。2系統の動力が切り替わるので走っていてもよく分かります。これを気持ち悪いっていう人もいるだろうなとは思うんですが、相方様に新鮮味を味わっていただく&旅行気分を満喫するためのチョイスです^^。



 行き先は北陸です。そして、一日目の目的は妹家族に会いに行くことでした。

C94

天気予報はあいにく梅雨入りのタイミング。前々からわかっていたのは全行程3日間のうち、偶然にも全て雨らしいということ。それも結構降るとかなんとか。しかし、普段の行いがいいのか、雨はあまり降らなかった!




C95
金沢彦三町周辺を散歩しました。以前ここを訪れたときは、水害復旧のための工事で水はこのようにはありません。工事が終わってとても穏やかできれいな川の姿を初めて見ることができました。




C97
途中にはこんな、ちょっと怖い看板もありました。




C96
おばあちゃんが夕涼みをしているこの川沿いを、ゆっくり歩きます。静かでとてもいいみちです。




C98_2
この日は7時過ぎにKさんが帰ってきました。それまではお留守番。二人は仲良しのようです。子供達が寝静まってからも、久しぶりということもあって、夜遅くまでたのしく語り合いました。やっぱり会いに来てよかったなぁと。

2010.06.08

練習1と2です。(前回から変更しました。)

朝の6時に目が覚めて、Pythonに慣れるために練習です。

問1 ユーザーから続けて数字の入力を受け付け、合計が100に近付くまでその数字 を足し続けるプログラムを書きなさい。



これ。この前USBブートの時はすぐにできて、ああ、賢くなってきた何て思っていたが、残念無念。今日はなんかうまくできなかった。なぜ?w バカ?w

惜しげもなく、恥ずかしくもなく、受け入れていきますよ。これが、第一歩だから。



#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

A = input("Please input Number A.(1.99)")
print "Number is ", A
add = 0

while A+add < 101:
    print "Not enough... More to go!"
    print "Now is,,,",A
    add = input("Please input Number A.(1.99)")
    A = A+add

print "OK! It's enough!"

****2010.6.8 20:19追記****以下のソース追記



#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

print "入力した数字を100を越えるまで足しつづけるプログラムです。"   
A = input("1~100までの好きな数字を入力してください。> ")
print "入力された数字は ", A
add = 0

while A+add < 101:
    print "Not enough... More to go!"
    print "現在の数は ",A
    add = input("1~100までの好きな数字を入力してください。> ")
    A = A+add

print "現在の数値は ", A
print "OK! It's enough!"
print "プログラムを終了します。"

ここまで追記。*******************************************
日本語のメッセージにしたことでわかりやすくなったみたい。

あ!こっちはなんかダメだ!おかしい!結果が87ナノにOKでちゃった!また見よう。。。。

2010.6.9(7:30)*******************************************

add = 0
A =A+add

while A+add < 100:
   print "Not enough... More to go!"

今回は色々数字を変えても大丈夫だった。やっぱり最初に書いとかないとおかしな結果になるっぽい。でも、どうして途中でおかしくなったんだろ。
*****************************************

一応、これで目的は達成できました。
最初 while A < 100にしてたら、当たり前に加算されず。
addを最初に宣言せずにA+addにしたらnot decidedって言われるしということで、最初を0にしました。
あと、気がつかなかったのが、A=A+addで、Aがどんどん書き換えられていくんだ、これに気がつくまでどうしようかと。

こういうのもっと方法があるんだろうな。綺麗にかくとか。ということで、最初の記録。





22:45追記**********************************************

問2  ユーザーから6個の 数字を受け付け合計を表示するプログラムを書きなさい。

こっちは見ながらだけど、なんとかできました。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

print "入力した数字6個を加算した結果を表示します。"
B = 0
for number in range(1,7):
    print "あと", 7 - number, "回の入力ができます。"
    A = input("Input the number > ")
    B = B+A
   
print "6回の入力のすべての和は", B, "です。"


これもそうだったけれど、初期値みたいなのを最初に宣言しないとダメみたい。たとえば、for文インデントで下げられた部分がすべて影響下にあるから、B=0をその中に入れると当たり前に毎回0になるってことだよね。なんとなく、かんかくでわかってきたぞ。これのほうが短くてかっちょいいね。

 

2010.06.06

コーミソースのデカタンク!

うちは揚げ物をあまりしないです。
面倒だというのとか、油の処理とか、いろいろあります。
でも今日は久しぶりにコロッケでした。

で、これ。

Ua29

800mlタンク!
めちゃくちゃうまいぞ、ゴルァ(゜Д゜)!

Windowのエフェクト。CompizConfigにて。

機能などは他にも色々設定できる。
それぞれの時間、オープン時、最大化時といったように個別に設定可能。
他にも燃えていったり、夢のようになったり、折りたたまれてしまったりとおもしろい。
邪魔になったら消せばいい。

あと、端末が半透明なのがちょっとかっこいいね。

本当はデスクトップを動画で記録するつもりが、ソフトの設定なのか重すぎて話にならなかった。 なので、デジカメで手持ちです^^;

2010.06.03

備忘録 Ubuntu10.04 EclipseにPyDevを当ててPythonのIDEを構築

手順はネットを参考にしたが、自分用のを作る。同じような感じのをネットで見つけた。
自分用の覚書。

"EclipseにPyDevプラグインを導入し、PythonのI環境を整えるまで"

インストールしたEclipseにPyDevのプラグインを当てる。
Pythonは10.04には最初から2.6が入っている。
PyDevもEclipseから当てることが可能。


Ua16 上のタブHelp内にあるInstall New Softwareを。



Ua17 Addからローカルにはないので(PyDevを引っ張ってきていないから)アドレス指定する。

# http://pydev.org/updates

するとPyDevが読み込まれるので、選択する。






Ua18 インストールを開始する。
途中再起動がEclipseのみ行われる。Yesで再起動。





Ua19 Licenseについてacceptして終了。





プラグインのインストールが終了して、使用環境の設定をしてやるらしい。
Ua20 InterpreterはPythonのを使用するという設定。Newで開いて、インストールされているディレクトリを指定する。Browseできるから簡単で驚いた!10.04に最初からインストールされているのは2.6で場所は/usr/bin/に入ってる。探したらすぐに見つかった。

その後何やらPATHをうんたらかんたらと言われたが、前もデフォだったので、今回もデフォルトにした。その後がこんな感じ。
Ua21 これでOKをクリックすると終了となる。






さて、New-Projectで新規プロジェクトを立ち上げる。
Ua22
もちろんPyDev Project。





Ua23
名前は何でもいい。プロジェクト名をかく。






Ua24 そしてやっとこさ、ファイルを新規作成。






Ua25
とりあえずこんなな前にした。拡張子.pyでPythonのファイルを表している。







Ua27
スクリプトを書いてを実行する。Runを選ぶ前に、何で実行するかを選択できる。わからないからこれにした。







Ua28


でもって、こんな具合になる。

次回というか、まっさらな状態ですべて最初からやっても、結局Eclipseのインストールから起動までにかかっている。

が、基本的手順はこれでよさそうなので、次はこれを参考にする。

2010.06.01

備忘録 EclipseをUbuntu10.04にインストール

 今回は前回と比べてすんなりいけたけれど、またしてもよく分からない内に起動してしまう。前に僕が悩んだ記事を参考にした(http://layla.way-nifty.com/central/2010/04/post-a851.html)。javaのバージョンが上がっているぐらいで、特にこれといって変わった部分はなかったはずなのに・・・。

 理屈は分かっていたつもりだったので、これが出てきても焦らなかった。
Ua13

 最終的にできてきたJRE6-ナントカっていうフォルダの名前を、jreに変えてしまってそのままeclipseディレクトリ直下でOK。起動してみる・・・、ん!しない!

なんで?

というか、パスは通っているので、エラーは吐かない。というか、わからない。一瞬起動したような雰囲気をだして下のタスクバーにちらっと見えたかと思うとすぐに何事もないようになってしまう。




これにはまいった。原因がわからないからなぁ。
ということで、まずやり直し。eclipseを消してしまって、違うバージョンにしてみた。java開発環境バージョンみたいなやつ。でもそこまでは一緒で、ディレクトリも同じにした。

次にjavaを疑ってみる。

FireFoxでsunのjava確認ページを見る。インストールしてあると見られるらしい、がエラー?インストールしてあるはずなので、なぜエラーか分からない。

Ua14 このスクリーンショットを見ても分かるように、インストールしたのだよん。


でもって、FireFox上でプラグインを入れますか?ときかれたので、ハイにしたらそこではちゃんと確認が撮れた。

さて、さっきフォルダごと消し去ってやったので再度jre入れようかと思うが、書庫ファイルを開けないとかいわれてしまい、頭が混乱。パスを確認しようとeclipseのプログラムを起動してみたら・・・。


動いた!

なんで?

とにもかくにも、たぶんjavaの問題なんだろうね。問題というか、置き場所?インストール状況?FireFoxでの操作で可能になったかどうかもわかりませんな。
しかし、当初の目的は達成できたということか。

明日は起きていられたら、Python入れてみようと思う。
ググらなきゃいかんなぁ。。。


起動の証。
Ua15

本来は、なぜにダメなのか、どうして起動できたのか?そういうのをわかっていなくちゃならないんだろうなと思う。そこんとこ、痛感してる。だからこそ、一応の起動なんていうめでたいことも、実はちょっぴり凹んでしまう。。。

« May 2010 | Main | July 2010 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ