« 覆い焼きと焼き込みザンス | Main | 備忘録 EclipseをUbuntu10.04にインストール »

2010.05.30

Panasonic ラムダッシュ ES-LA54-A

 今日商品が届きました。

Ua9
箱が傷だらけだけど、そんなのどうでもいい。

 いつだったか忘れましたが、シェーバーが欲しいと行っていたことがありました。そんなに昔じゃないんですが、結局その時は4枚刃のT字カミソリを買いました。そのカミソリも結局替刃は必要なわけでして、ケチった結果ヒリヒリ地獄を味わう毎日でした。

 替刃の値段は1200円~という値付けがなされているので、切れ味を維持していくという一番大事な部分を重要視すると案外コストがかかるものということが分かりました。新品はたしかにすさまじい切れ味ですが、気がつけば一週間程でかなり性能ダウンを感じます。いやいや、それでもまだ十二分に使えますので、ちょっとヒリヒリ感が我慢できないなというくらいまでは使うことが多いんです。そうすると結局ダメだこりゃな判定をしてしまうわけですが、ある程度で交換をしても結局一月で二回は交換しなくてはなりません。あと、シェービングクリームも安物はダメだというのも分かりました。

 そこで我慢できなくなった僕はまたしても電動シェーバーに興味を持ちました。一番高級機を目指すのです。いつも通り。

 ブラウン、フィリップス、パナソニックがメジャー3メーカーのようで、知人のおすすめもあってラムダッシュにしようと思いました。しかし、この髭剃りってやつは思いのほか価格の幅があることに驚きます。家電量販店では未だ最上級機は4万4千円弱の値がつけられています。冗談じゃない、さすがにそんなお金は出せません。そこで他のもみていきます。4枚刃以外にも3枚刃や2枚刃といろんなものがありますが、そんなところでケチって「ああ、もっといいのにしておけばよかった」という後悔だけはしたくはありません。ここは最上級機に絞っての選定です。

ラムダッシュ4枚刃の現行機は4機種

LA94 全部入りで、ハードケースがつく。黒。液晶パネル
LA84 全部入りで色がシルバーになり、ハードケースがない。
LA74 上記2機種の表示部分が5段階残量表示になる。色が白。
LA54 2色展開で青か赤。上位三機種につく全自動洗浄乾燥充電器が省かれ色以外は74と同じ。
LA12は構造も違うから前のモデルかな。

青が大好きなので、LA54にしてネットで買いました。正直なところ、家電量販店での価格は1万数千円も高かったのでやってられません。

Panaのページ(http://panasonic.jp/lamdash/products/#/edge_4/

Ua10
これが中身すべて。



ポーチがついてました。あと、メンテナンスようのオイルもついてたんだね。

 電気屋さんでは触ったけれども、やっぱり実物を目にすると大きいなと思います。やっぱり青にしてよかった、格好良いです。こういうものに格好良さを求めるのも変ですが、数千円ものとはやっぱり違うんだなと実感しました。ちなみに持っていた僕の電動シェーバーはたまたまこれです。コンビニで買ったものだったかな(http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20091217_336285.html)。値段なりに考えれば充分いいものでしたし、小さいのでどこかに持っていくのには便利でした。ただ、剃り味とかそういうものとは無縁で、とりあえず汚らしい感じにはならないという目的達成のための最低限のツールといった具合でした。

Ua11
後ろ側にはすべり止めがついていて、グリップしやすいような形状でまとめられています。トリミングようの歯もあり、ロック機構と一体に。裏面に見える3つの丸は、上位機から省略された洗浄乾燥機との接点部分。


Ua12
まだ保護シールを外していない状態のまま、撮影してしまったみたいだ。電源ボタン、ロック機構があるだけ。電源部分を2秒間長押しすると、20秒間の超音波振動モードとなり洗浄時に使用するようになっている。ちなみにそのモードではもちろんシェービングはできない。



 これを書いている4時間ほど前に、到着して一度試しに剃ってみました。電池は60%の表示があり、充分使えました。あえていつも剃る朝に剃らず、残しておいた甲斐があったというものです。

 スイッチONで思いのほか高い音がなり驚きました。やや音が大きいかなとも思います。肌に当てていきますが、普通に意識せずに使ってみます。

「お、痛くない。」

 広い面積だからなのか、スムーズにあたっていくのは分かります。あと、このヘッド部分がかなり柔軟に動いてくれるために、軽く押しあてるだけで十分にジョリジョリと音が聞こえます。耳の下の顎の凹んだ部分、顎の下の難しい場所を難なくクリアします。そして、その大きさ故に危惧していた鼻の下部分もまったく問題なくそれていきます。これはビックリ。

 何より一番驚いたのは終了までのスピードかな。あまり何度も往復させる必要がないためかもしれません、あっさり剃り終わってしまいます。一応初めてということで念入りに確かめたのもありますが、それでも安物ではこうはいきません。

 ヒゲ質に関して、僕は濃い方ではありません。ですが、色々見ていくうちに特別薄い方でもないことが分かりました。やや薄いに当てはまるかもしれません。肌質は自分では強いと思っていましたが、これもどうも弱い方に当てはまりそうです。

 剃り終わった後ですが、非常になめらかな指触りでツルツルになりました。これには驚き!4時間立った今でも敢えて探らなければ、ジョリジョリ感はありません。これは以前T字カミソリでも無理でした。ここまで剃るには新品でも、かなり押し付けなければなりませんでしたので、結果的にヒリヒリしてしまうため、そこまでできなかったということもあります。

 替刃は外刃が1年に1回、内歯は2年に1回が推奨のようです。両方で7千円くらいですが、使用頻度によるでしょう。
 しかし、もっと早く買っていればよかったといってもいいかな。全自動でないので、毎日ではなくとも掃除はしてあげなくてはいけませんが、それも楽しむ心の余裕をもっていきたいと思います。

« 覆い焼きと焼き込みザンス | Main | 備忘録 EclipseをUbuntu10.04にインストール »

PowerShot S90」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

髭剃り、毎日使うものですから、いいものがいいですね。

私も刃を交換しながら亡き父が購入したものを使い続けています。もう9年目になります。

ぞうさん、こんばんは。

 9年ですか!普通ですとそこは新しいものがいいですよとなりますが、亡くなったお父様の形見でもありますものね。
そこに面影を残しているんですね、ちょっとよい話を聞かせていただきました。

 あまりによいものだったので、父にプレゼントしようかとも考えています。ただ安くないので、家庭と相談の上考えてみようと思っています。

こんにちは。
>これもどうも弱い方に当てはまりそうです。
自分はひげが濃いけど、肌が弱いのでカミソリ負けします。
だからかなり長い間、カミソリで剃ったことないです。
理容店でも、あまり上手でない人が剃ると後でヒリヒリします。

替え刃の外内刃両方って、結構な値段しますよね。
自分のは何千円かで本体が買えるので、外内刃合計で3・4000円すると、本体を買い換えようか迷う時があります。

こんばんは、mi84taさん。

するともしかしたら僕よりもデリケートな肌かもしれませんね。
シェービングようの泡とかジェルとか売っていますが、ちょっと高めの奴だとヒリヒリは少なかったです。ジェルは合いませんでした。
理髪店、言えてますね、この前に髪切ったのですが、ひどいもんでした^^;

僕が買った値段は16000円少々でした。代引き込みで17000円いかなかった十もいますが、たかが髭剃りにそんな金と思っていました。ですが、今はもっと早く買っていればと思うほどいいものでした。

確かに高いですが、もしよければいかがでしょうかとcoldsweats01
時間短縮、何より深剃り、何より肌に優しい!
と、個人的な感想と付け加えつつおすすめしておきます。

こんにちは。
いろいろあって、自分もラムダッシュ(型遅れで低グレード)に買い換えました。(^^ゞ

お!mi84taさん!(*゚▽゚)ノ 買われましたか!

どうでした?
前に持っていたものと比較して、楽になったでしょうか?
一応は薦めた手前、「買ってよかった」という風に感じておられたらいいのですが。
僕はずいぶんなれましたが、やっぱり軽く剃っても深剃りされている気がします。
さっき洗面所を掃除したとき、一緒に掃除もしてきました( ̄▽ ̄)

The comments to this entry are closed.

« 覆い焼きと焼き込みザンス | Main | 備忘録 EclipseをUbuntu10.04にインストール »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ