« スペイシー100君の点検。備忘録 | Main | オイルとエレメントを交換しました。 »

2010.04.19

ハルウララならしで一回りのスペイシー100君

 夕方電話がありまして、車両を引き取りに伺いました。

 交換部品は箇条書きに。

・スプリングクラッチ
・ウェイトセットクラッチ
・ラバークラッチダンパー
・ドリブン フェイスセット
・オイルシール
・Oリング
・Oリング ピニオンキャップ
・エアクリーナー
・タイヤダンロップ D306 前後2本

とそれにかかる工賃です。タイヤはネットで買うと半分くらいで買えそうですが、それは次回にしようと思います。

 写真にもありますが10700㎞少々との交換になったのは、初期装備のチェンシンタイヤです。固くて極端に耐摩耗製にふられたタイヤのようで、グリップ能力が低くてややすべる感覚があります。雨天時には急速に摩擦抵抗が少なくなるのはどんなタイヤでも当たり前で、マンホールやホワイトペイントされた部分は当たり前に滑りやすくなるのですが、それ以前に普通のアスファルトでもかなりグリップしない感覚があります。

 持たせて走る人ですと20000㎞も持つそうですが、僕の走り方では10000㎞と相成りました(汗)。スポーツバイクでレースを行っているわけではありません、スペイシー100君でのトコトコツーリングです。攻めたりしません、怖いです。端っこがスポンジ状になるほど走っていませんが、それでも後ろから見てもらったらしっかりサイドまで使っているようなので、そこそこしっかり使えたのかもしれません。

 チェンシン製タイヤでツーリングも含めて乗った感想は、最初のグリップしない、すべる感覚以外にもそれなりに楽しめる部分もありました。無ければ無いなりに探りながらバンクさせていきますので、少しは感覚性を高めることもできたかもしれませんしね。と、かなりポジティブに受けとらえています。

 さて、4月19日月曜日。会社が暇で有給休暇の順番が回ってきました。昼間は時間がありますので、タイヤのならしを兼ねて午前中から昼過ぎにかけてちょっとだけ一回りしてきました。

 まずは、タイヤ交換してきた九時の走行距離の写真と、前後のタイヤ写真です。

C18
S90

C19
S90 フロント

C20
S90 リア

 新品交換して数㎞しか走っていません。全くの新品ですね。タイヤパターンも随分違います。やや肉厚な感じに見えますんで、3年越しにやっと交換したなという感じがします。
油もしっかりのっていて、滑りやすい状態です。皮むきというとスクーターごときで大それた表現ですが、本来の性能が発揮できるまで様子を見ながらの運転が必要ですね。こけたくないので( ̄▽ ̄)

 そして次の日である今日ガスを入れに行きまして、その場の走行距離は10771㎞。猿投グリーンロードから足助の方へ向かって走り出しました。

 足助に到着、広いところに駐車してみます。有料で300円でしたが、せっかく停めたので香嵐渓を一回りしてみました。

C21
S90
撮影モード プログラムAE
Tv (シャッター速度) 1/320
Av (絞り数値) 4.0
測光方式 評価測光
露出補正 -2/3
ISO感度 80(オート)

 新緑がやさしく出迎えてくれます。午前中の澄んだ光が身体を包み込んで、せせらぎも耳に嬉しいですね。

C22
撮影モード プログラムAE
Tv (シャッター速度) 1/400
Av (絞り数値) 4.0
測光方式 評価測光
露出補正 0
ISO感度 80(オート)

 すれ違う人は数名しかおらず、もみじ狩りで有名な香嵐渓も静かに佇んでいることに新鮮さを覚えた次第です。

C25
クリックで拡大されます。

ソメイヨシノは散ってしまいましたが、山桜は満開を迎えています。周りの山を見ると、ちらほらと桃色に染まった木々を見つけることができました。

C26
クリックで拡大します。

矢作川には沢山の鯉のぼりもありました。
天気もよくて、風も少し強めでしたから、それはもう元気に泳いでいました。

C27
クリックで拡大します。

のどかなおいしい空気を沢山いただきました。

というわけで、近所をちょいと一回りというには少々走りましたが、いつもよりはかなり少ないですね。

C28
これで計算すると、143km走ったことになります。そう考えると、実家へいくよりも遠くに行った距離になりますが(゚ー゚;

 コース的には、猿投グリーンロード→終点力石→153で足助経由で稲武→257に移動して矢作ダム経由で帰ってきました。

 タイヤですが乗り味は激変しました。怖いくらいです。慣れとは恐ろしいもので、チェンシンタイヤが言わば標準として走っていたので、グリップの仕方やバンクの仕方、直進性や振動などこうも違うのかと思いました。

ダンロップ D306

 直進性は高いです。が、意外にチェンシンタイヤも高かったように感じます。むしろ基本はまっすぐ走るけれど、曲がるときは意識的にバンクさせないと曲がっていかない感じでした。そんなに意識はしていませんでしたが、D306 に比べれば明らかにそういう風に感じるということです。

ということは反対に。D306 の直進性はイメージ的には全体的に直線主義なチェンシン先生に比べれば、当たり前にまっすぐ走っているときはしっかり直進するという、ちょっと不思議な感想になります。ある角度からさらに曲がろうとすると、自分でバンクさせる前にバイクが自然に傾きはじめる感じです。それが以前と比べると急な変化に感じるので、慣れるまでちょっとおっかなびっくりでした。

 旋回時は直進時のごつごつ感が突然消えて、ゴムの感触が急にきます。そのごつごつ感が無くなると同時にいきなり旋回しはじめます。前よりも急に角度が付いてハンドルもセルフステアが強くなって一気に旋回が始まる感じです。新品タイヤですら圧倒的に違う掴む感触を初めて感じました。正直まだ慣れていないので、バンクが怖く感じます。しかしながら、よくよくスピードメーターを見ながら走っていると、バリオスでビビりながら曲がっていたカーブも所々スペイシー100君のほうが早いなんていうヘタレ具合を発揮しておりました。

Cocolog_oekaki_2010_04_19_23_01
なんとなくこんな感じの印象を持っています。

C29
ま、フロントですから、当たり前な感じですね。

C30
髭もなんとか短くなってきたのがよく分かりますね。
トコトコスクーターなので、端っこまでなんていうことはビビりでなかなかできません。

ただ、途中で何度か確認しながら走っていたのですが、それまではたまにサイド端まで接地している程度だったのが、矢作ダムを通過したあとは結構横を使用した感じでしたので、必然的に R がキツいために低速ながらも寝かしているのかもしれないですね。

 都合143km走りましたが、タイヤ買えるとココまで違うんだなというのが一番楽しかったですね。久しぶりに一人でトコトコ行ったので、少し大きなバイクに乗りたいなとまた思ってしまいます。

 明日は午後(もしくは夕方)から雨の予報なので、雨天の感じも楽しみです。サイドは置いておいても、直進時はOKOKなのでどんな地面のつかみ方をするのかワクワクです。 

« スペイシー100君の点検。備忘録 | Main | オイルとエレメントを交換しました。 »

PowerShot S90」カテゴリの記事

バイク関係」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

うわぁ。
景色のいいところに行かれましたね〜。
いいストレス解消ですね!!!
スペイシーくんがまた景色にぴったりマッチして。。。
今の時期気持ちいいでしょうね〜。天気がよければ。。。
明日はこちらはまた寒くなるようです。
寒暖の差が激しいので、風邪など引かれませんように。。。

wachiさん、こんばんは。

毎度毎度の近場のコースなので、ツーリングというとちょっと短くて中途半端ですが、数ヶ月ぶりだったこともあって気持ちよく走ることができました。
明日は結構な雨が降る予定です。wachiさんも、気をつけてくださいね^^。

おはようございます。

新緑が眩しい季節到来。安全運転でツーリングを楽しんでください。

こんにちは☆

おぉ、スクーターですか!
知り合いも乗ってるけど、結構な値段しますよね。

僕は若い頃に限定解除受けて、一時期ドゥカティに乗っていたけど、こういったバイクは乗るもんじゃないですね。
何たって前傾姿勢は手首に体重がかかり、長距離は地獄でしたよ w

でも今となっては、もう二輪の運転感覚は忘れてしるだろうなぁ。

ぞうさん、こんばんは。

この季節は空気もおいしくなってきます。花粉症もほとんど消えてきて、ウキウキルンルンです。
ぜひぜひ安全運転でいきたいものです^^
ありがとうございます。

からくり庵さん、どうもです。

ドゥカティですか!すごいですね、L型ツインの典型マシンですから鼓動感はすごそうです。僕は免許は大型も持ってるんですが、お金を持っていないのですcrying
やっぱり興味はあって、ロードバイクなら600ccのレプリカか、VFR見たいなツーリングもの。輸入車ならMVアグスタ(ドゥカをベースにしたやつです)とかbimotaとか、モトグッチとかかっちょいいのに乗ってみたいです。

で、今乗りたいのは軽量オフ250ccクラスに乗ってみたいです。林道とか未舗装路を走ってみたいんです。スクーターは通勤用。あとはオフで運転技術を磨きたいです。ああ、乗りたい乗りたいと。今から良い季節ですね。

のんびりいくのもいいです^^

こんばんは★

L型ツインの振動は良かったですよ。
それと機構名を忘れてしまったけど、チェーンではなくシャフトでカムを動かす音がメカニカルで良かったなぁ。
初めてbimotaを見たのが27年位い前になるけど、近未来的な形してましたね。

僕にとってK.ローバーツが神様みたいな感じだったけど、F.スペンサー以降バイクに乗らなくなり、そこからバイク界のことが疎くなり、最近になって要約2ストが無くなったと知りました w

こんばんは!!

キングケニー!フレディー!カリスマですね、彼らは。
数年前にCB400SFにフレディースペンサーモデルが出たくらいですし。
僕はドゥーハン世代ですが、前のGT500のMotoGPとかもパンパンした音は聞こえなくなりました。

The comments to this entry are closed.

« スペイシー100君の点検。備忘録 | Main | オイルとエレメントを交換しました。 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ