« おひなまつり | Main | 2月25日に東山動植物園にいってきましたよ。 »

2010.03.04

CX3の作例を見て

 自分の好みというのは、これはもう他人にはどうしようもないことなので、しようがないのだけれど、一抹の不安を解消するためにCX3の作例を漁ってることにした。

 発売されてから一ヶ月もたっていないが、早速購入者のBlogやレビューも出てきている。購入報告のみの物は置いておいて、作例はやはり気にかかる。デジカメWatchの作例は、やっぱりなというものと、あと気になるのがなかったので保留。一般の作例を拾ってみると、やhらい系統は同じようだったみたい。

 極端に照明が特殊な環境、バー・照明のキツイ夜景・スポット光でのマクロとかはどうでもいい。一般的なスナップの描写が個人的には気になった。色合いは・・・、う~ん、僕には合わないなぁ。前も書いたけれど、GX系もGR系もやっぱりそういう感じで、こればっかりはもうそういう味付けなんだろうと。プロが好もうが、優れた画質だろうが、合わないんだからしょうがない。

 ただ、これがドンピシャときた被写体に対しては、それは素晴らしいときてる。でも、それ以外はやっぱだめ。端的に言ってしまうと、嫌いなんだな。これは、感性であって、好みであるので、茶色が嫌いで青が好きとかといった、もうそういう感じだからしょうがないなとあきらめもついたし、CX3を買わずにS90選んでおいて僕的には正解だったなと、そういう風に自分で安心できたのでよしとする。ちょっと高い授業料だったけれど。

A982
S90

 S90だって万能じゃないし、AUTOは誰が撮っても一般的にきれいに撮れてるなぁっていう画質。ちょっとウソっぽいし、明るすぎる。でも、きれいには撮れる。パッと誰かにとってもらうには、問題にはならないように写ってくれる。一方で、細かな設定もコンパクトの割にできてくれる。撮るシチュエーションからもっぱらPオートでの撮影ばかりだけれど、露出補正は常にさわるしWBもD80以上に頻繁に変更するようになった気がする。それだけ、さわってるんだなと。

 ま、そんな感じで、今日は久しぶりに起きていられたので、少し本を読んで寝ちゃうとするか。

« おひなまつり | Main | 2月25日に東山動植物園にいってきましたよ。 »

PowerShot S90」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
>ちょっとウソっぽいし、明るすぎる。
主観ですが、DIGIC1(PowerShotA70)は露出が適正に思えました。
DIGIC2(A710・S3IS)で少し明るいから、露出補正-1/3が必要な時が増えたなぁという気がしました。
DIGIC3(A570IS)になってから、常時に露出補正-1/3になり、それ以上のマイナス露出補正が増えました。
たぶん、キャノンの方針なんでしょうね。

>Pオートでの撮影ばかりだけれど、露出補正は常にさわるしWBもD80以上に頻繁に変更するようになった気がする
自分は常に露出補正は触ってます。WBもオートにすることは少なくて、太陽光か曇で撮ってます。物撮りはWBマニュアルです。
でもPAEで、絞り優先AEにすることは滅多にないですが。

mi84taさん、こんばんは。

D80は明るすぎるNikonの走りでしたから、それはもうマイナス補正前提です。
デフォで-0.7とかにしています。あとで見ると-1.7とかになってるときがあったりするくらいです。
それに比べれば、"より近い"きがしますが、AUTOは変更できないので撮りたいなっていうときはPモードです。

D80のときは、太陽光固定とか使ってましたが、S90はライブビュー液晶で撮影するので、
周辺市やとの色の違いに結構違和感を感じます。それでWBをこまめに変更しているんです。たぶんですが、そんな気がします。
なので、案外D80も結構こまめに変更すべきなのかもしれないですね。

あと、AEやMはあまり使うことがありません。絞りもそんなに聞いてこないし、等倍で見ればF4とかしゃきっとしてますが、被写界深度を考えたときの効果がそんなに大きくないことに起因しているかもしれません。

The comments to this entry are closed.

« おひなまつり | Main | 2月25日に東山動植物園にいってきましたよ。 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ