« December 2009 | Main | February 2010 »

2010.01.30

ATI Catalyst 10.1導入

ATIのドライバーが1月27日にやっと10.1がでた。

http://support.amd.com/us/gpudownload/Pages/index.aspx

XP環境でDirectX11がうんたらかんたらは置いておいて、10.1にしたことで自分の環境において2点変化があったので。


----Laylackの使用環境----

【CPU】 Intel Core 2 DUO E8400 (3.6GHzにオーバークロック)
【マザーボード】ASUS P5Q SE
【DVDドライブ】MATSHITA DVD-RAM
【HDD】1.WD160GB
2.WD160GB
3.WD1TB   合計三基
【ビデオカード】SAPPHIRE HD 5770 1G
【ケース】CM690
【ファン】付属ケースファン(後方、全面。側面は設置してあるだけでまわさず。)
天板前側14cmFAN、後側9cmFAN
【電源】650w
【OS】XP Pro32bit

1.起動してからOSが立ち上がり安定するまで(スタートアップ等が通ってアイドルになるまで)は、個人的な環境と太り太ったせいもあって遅いのは前からなのですが、9.12の時は一時的にブラックアウトすることが1回だったのが二回に変わった。ただ、それによって特別な弊害を感じることはない。

2.色合い?見た感じの綺麗さが圧倒的に変わった。調べてみたけれどXPでのそういったような変化はなさそうなのだけれど、なんだろう?

Catalystの10.2もしくは10.3では、劇的な変化があるそうなので来月以降に要注目か。ATI Catalyst MakerのTwitterで"10.1 is just a standard release to fix up some bugs, but 10.2 and 10.3 will indeed have some major new features"

関係ないけれど、BIOSとかのフォント?見え方というかそういうのもGeforceとは全然違うんでビックリした。

2010.01.29

父の工房

工房というと大げさだと、彼はいいます。
アトリエというと、ただの部屋だといいます。

A940
D80 18-135

伊勢型紙とか般若心経を彫って、飾ったりあげたりして、本人は無趣味だなんていうけれど、立派な趣味なんじゃないかなぁと、息子の僕は思うわけです。

2010.01.26

建物と山と

東山植物園から、名古屋駅方面を見た景色。
2年前の2月の写真。

A939
D80 VR18-200

周辺光量は少々低下するけれど、これはあえて多めにしてある。
今はたっているビルも、このときは建設中のようだ。
このビル群がなければ、向こうの山は見通せて、まったく別の場所のようだろうなぁ。

2010.01.24

フクロウさんに会いに行こう!

歯磨きをするとき、洗面所に行くわけだけれども、
そこに行くきっかけは洗いに行くのではなくて、フクロウさんに会いに行く!だったりする。

A938
D80 35mmF2D

これが楽しみなんだから、見てる僕らも楽しみだったりして。
いいなぁ。

2010.01.21

動画のcapture

Youtubeとかでよく見るCaptureした動画。テレビ画面だったり、デスクトップだったり、ゲーム画面だったり。ちょっと気にになって、僕もチャレンジしてみた。

captureツールはFrapsが手軽でいいのだけれど、フリー版だと現行Ver.は30秒までの制限がかかる。それ以降は分割されることになるみたいだ。

  ま、連結後統合すればいいんだけれど、面倒だから、Dxtoryという試用版を使った。試用版の制限は、ソフト終了時にDxtoryの公式HPが開くのと、あとはたぶんロゴが大きく上にはいるくらい。

  これで解像度も変更できるし、録音もバッチリ。デバイスも指定すればマイクからも簡単にできる(しないけど)。個人的に手違いとかいろいろあって、解像度変更とかにはXmedia Recodeを用いた。これは日本語化もできるので、わかりやすい。使い方もさわればすぐわかる直感的インターフェースなので問題ない。

 さて、動画をアップしてみた。

 動画はTES4 Oblivionのクエスト "The Killing Feild"の終盤部分。見たくない人は見ないでください。
多少MODが入れてあります。その中には日本語化もされています。メニューの表示が細かい部分とかは、オリジナルとは異なっています。

音声も完璧に拾ってくれていて、ちょっとおもしろくなった。
最初のタイトルは、あとで編集してみました。それ以外はキャプチャ下だけです。
解像度を下げて、画質も半分以下に下げた状態。

nifty動画にアップしたので、結局は意味がなかったけれど、ATI converterも試してみた。どこにソフトがあるか探しまくって、不具合を感じていなかったCatalyst を9.12 (今現在英語版しかない)にradeon HD 5770のドライバーをあげたのに、結局最初から付いていたみたいでした。

で、それを使ってaviとかにオリジナルをエンコードしたりしてみたのですが、異常に早いもんですね。かといって、GPUの不可が滅茶苦茶酷くなるってわけでもなかったので、使い勝手はいいなと思いました。全開で動いてくれてもおもしろそうですが、とりあえずエンコードの早さには満足です。

これはまた検証してみたいですね。

2010.01.19

充電器が戻ってきて

久しぶりにカシャッとやってみました。

 例のサンタクロースと写真を撮ろうin Kanazawaで、僕のカメラとか一式送ったんですね。
それで、お正月に持ってきてくれたのですが、充電器が無くってずっととれませんでした。今日妹が送ってくれて、久しぶりにさわりました。

 さすがF2.0。ISO800なら結構なスピードで切れます。お子もイイ感じ!

A937
D80   35mmF2D

手を引いて歩いてくれる、ちいちゃなモデルさん。

2010.01.18

あったかい日差し

今日は昨日までと比べて随分と暖かくなりました。

A936
CX-2で。D80 は例のクリスマス会で貸して、充電器だけまだ金沢だったりする。
だからCX-2に頑張ってもらってる。

このカーテン越しの柔らかい光で、Rody君もニッコリ笑ってるみたいだ。

明日からはもっともっと、暖かくなる見たいですね。

2010.01.17

今のところのHD 5770の温度

 えっと、明日は会社が暇で暇で大変らしく、有給とって休みやがれといわれたので連休なLaylackです、こんばんは。

 で、"SAPPHIRE HD 5770 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP"の近況温度報告です。なにせよく分からないので、僕の環境下でこんな感じという目安です。

----Laylackの使用環境----

【CPU】 Intel Core 2 DUO E8400 (3.6GHzにオーバークロック)
【マザーボード】ASUS P5Q SE
【DVDドライブ】MATSHITA DVD-RAM
【HDD】1.WD160GB
2.WD160GB
3.WD1TB   合計三基
【ビデオカード】SAPPHIRE HD 5770 1G
【ケース】CM690
【ファン】付属ケースファン(後方、全面。側面は設置してあるだけでまわさず。)
天板前側14cmFAN、後側9cmFAN
【電源】650w
【OS】XP Pro32bit
【室温】20~21度

16
アイドル状態。

 ケースのサイドパネルの開閉状態にかかわらず、最も低かった値がこれくらい。
天板部にファンを増設する前は36度くらいだったので、よかったのかなどうかな。

13
ベンチマークをある程度の時間(20分以上)走らせている状態。
一応、負荷をかけた状態になるかな。
GPU温度は66度。ファンは41%で、これ以上ファンが回ることはほぼ無かった。
ちなみに手動でファンを100%まで可変できるのだけれど、100%にするともの凄い勢いで温度が下がっていく。

Oblivion(これくらいしかやってないけれど)やっている程度じゃ、熱の問題はまったく問題なさそうです。

2010.01.15

とりあえず組み上がったPC君

 組み上がって、いろんな部分が見えてきて、自作は楽しいなと思う次第。

A931
気になってる、もちろん気になってる。
安いから黒ベゼルに買い換えたいところだけれど、動いている以上もったいない。
しばしの我慢。それよりは他の部分をさわっていきたいくらいだ。



A932
スイッチがかっちょいいですな。
実は買う前にいろいろ見ていたけれど、このスイッチ部分の画像がなくって、実際どうなっているかわからなかった。
HDDのアクセスランプは赤く光ってくれて、これまたかっちょいい。
ただし、普通に縦向きに起きたいのだが、お子がキラキラに突進してさわりまくるので、壁に向けている。



A933
160GB、160GB、1TB。
大きい青色に光るファンが全面に付いているけれど、
思ったよりもHDDに風がこない気がする。これは予想外だった。
綺麗だからいいけれど、全面メッシュと共振して結構エラい騒ぎですわ。
これ考えて何とかしよう!

これが楽しかったりする。



A935
線はぐちゃぐちゃだけど、勘弁してくだされ。
とりあえず、5770程度の長さだとCM690は余裕すぎる感じ。
手前に見える白ケーブルはUSB*2のPCIようパネルのやつ。
何かもったいないのでつけてる。線は邪魔だけど。



A934
とりあえずは現在の完成の姿。

ふるーいタイプのDVDドライブなので、ケーブルがすごいもの付いてる。
それはさておいて、初めてながら隠せるだけ隠してみた。
てか、もっとできるけど、今はちょっと無理かな。

電源のメインケーブルが太くて短かった(40cm)のために、ビデオカードを回り込んでるのがちょっと気に入らない。これはしょうがないので、気にしないことにする。その分というか、他のケーブルはカードとPCIのすぐ脇の隙間を通してみた。

ケーブルまとめる用の枠が付いていたので利用しながらタイラップでつなげて、とりあえずはよしとする。空間的にはそこそこ稼げているので、あとはいろいろ考えていく感じ。

この前かったファンがもったいないから、天板後側に排気でつけておいた。
左側面下側も最初から付いていたのをつけている。が、この側面の方がブーンと低周波がすごい。風切り音?静音ファンに変えるか何かしないとちょっとな、結構気になる。




これからやりたいのは、共振対策、低周波対策、ファンコンの導入、CPUクーラー(見た目だけ、だってアイドル35度だもの)・・・。こっからはお金がかかりにくいので楽しみだ。Win7は遠のくなぁ。。。

カメラにせよツーリングにせよ、本当にイイ趣味を持ったなぁ^^

2010.01.14

ビデオカード SAPPHIRE HD 5770

 今回は、これにてラストの商品。サッピレサッピレ!

 グラフィックカード、グラフィックボード、ビデオカード。僕はビデオカード派。買ったのはサファイアのリファレンスモデル、初期ののボックス型。

  "SAPPHIRE HD 5770 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP" が商品名かな。現在だと玉子ファンに置き換わっていて、実質ノーマルのrevision2って事でしょうが、僕のこれはいわばrev1ってことかな。ちなみに写真は全部CX-2。

A919
箱。誇らしい1GB GDDR5メモリー。今の時代ミドルクラスでもVRAM1GBあるんだな。すごいことだ。




A920
付属品は

ドライバCD
PCI-E用6Pinケーブル
変換コネクタ
CrossFIre用のブリッジコネクタ
マニュアル
ビデオカード                  となっている。

A921
あまり強くなさそうなEquipmentのお姉さんが写っている。たしかHD 5970は双子のドレッドヘアーだっけか。
玉子ファンの方が安いけれど、箱形が欲しかった。こういうのに憧れて購入した。
そんな人もいるって事です。

A924
CrossFIreの端子。ま、P5Q-SEなんていう廉価版を使っているので、当然できなかったりする。いいのだ、それでも。

A930
効率云々、静音云々はおいといて、このシロッコファンがよかったのさ!

A923
思い起こせば最初のはATIだったなぁ。その次がNVIDIAのTi4200だった。久しぶりのATIだ。
このモデル、完全外排気型ではなく、この横からもそこそこ排熱がでる。
5770は比較的低い排熱だと思っているが、エアフローの悪い窒息ケースだとGPU Tempは結構変わってくるかもしれないなぁ。

A922
背面。排気部分、DVI-I*2、HDMI、DPがある。当然2スロット仕様だ。

A925
非常に押さえられて低電力仕様なので、高性能にもかかわらず外部電源は6Pinが一つとなっている。
コネクタは右の穴の中に見えている。

A926
いやぁ、綺麗だ。VRAM君かっこいいぞ。

A927
SAMSUNG製。裏面の写真に写っている4個のチップは、ケース内のエアフローで冷却する。内部の4個はGPUクーラーで冷やされる。

A928
大きさ比較。驚くべきはリドテクの9500GTと同寸だった。
正確には電源が先っぽに伸びるから、ちょっと眺めのスペースがないとねって感じだ。
ただ、あまり大きくないものなんだなという印象を持ったよ。

A929
DirectXは11対応なのに、WinXPだったりするが、いいの。
それと、128bitのメモリバス幅がおそらく気になる部分だと思う。
足を引っ張る可能性があるなら、ここがボトルネックになるって寸法か。

あ、ちなみに寸法は219(W) x 111(H) x 38(D)m。
XPは2画面だが、Vista以降なら3画面に対応。端子は排他で2つまで。

flair重要flair

http://www.sapphiretech.jp/gpu-z-vapor-x-hd5770-stream-processor.html

VAPOR-X HD5770のものに限りますが、シェーダーの数の誤認識問題がある場合があります。ネットでは結構いわれてましたが、BIOSの書き換えで修正できるようです。アナウンスも正式にあるので、リンクを張っておきます。ロットなど、詳しくはリンク先を。

2010.01.12

電源 AQTIS AP-650GTX/P

 今日は日曜出勤の代休。だから一日ずれた二連休の最終日。雨が降って気温が下がってきて、明日は雪になるかもしれないとか。

さて!電源。
今回は余裕を持っての容量なのだが、金額は余裕がなかったので格安電源に。
プラグインであることと、安いことが優先事項。メインケーブルは短めの40cm、超大型でもないのでこれで良しとした。

A911
変換効率80%以上を謳っているが、80+認証取得しているわけではない。
それはSeasonicとか買いたいけれど欲しいの買ったら電源だけで全ての予算オーバーだもの。
だからといって、Enermaxなんて選ぶくらいなら慶安いくよというノリなので、これにしといた。



A912
プラグインだから、ケーブルはこういう感じだと書かれている。
使わないケーブルを挿す必要がないので、エアフローにも貢献するし、
見た目もゴチャゴチャしなくてイイ。設置も楽だろう。



A917
これが以前使っていた、もう随分になる350W電源。



A918
こっちが今回の電源。+12Vラインが590Wまで。
アンペアベースで書かれていないけれどこれくらいあれば問題ない。
というか、余裕があってイイ。



A914
こんな感じ。テカっている。
透明ファンが見えているが、昨日の記事の通り、CM960は底面吸気なのでこれは下側になる。
プラグインの説明が貼り付けてある。



A915
ファンの部分。
14cmの静音ファンということだけれど、実際は相当に静か。



A916
排気側。
上にファンが見えている。内部の状態が意外と見えるので、おもしろかった。
すぐ汚くなっていくんだろうけれどね。

2010.01.11

PCケース CoolerMaster CM690 GlobalEdition

 PCパーツをある程度新調しました。当初の予定とは変更になりましたが、
これは予定通りのもの。

Cooler Master CM690 (RC-690-KKN1-GP)です。

 型番のKKN1は世界共通モデルで、中が黒に塗られているPUREもKKN1になります。
今までのいわゆるCM690はKKN2で、5インチベイの最上段がI/Oパネルになっている日本仕様で、わたくしLaylackが買ったこのKKN1のモデルは天板に設置されています。

A908
箱もなかなかにかっちょいいです。見た目が一番気に入っています。

A909
真後ろです。今までのマウスコンピューターのものとは随分違います。
水冷用の穴もあってカッコイイ。電源は見たまま、下に設置するタイプのものです。
ここから見える部分ですと、背面に12cmファンが一機。写真では右になります左側側面パネルの下側のほうは、最初から12cmファンが一機ついています。

A910
底面です。左が電源の吸気口部分。右はフィルターが付いているファン設置可能スペースです。黒いゴムの足がついています。

また、できあがってから外観はお見せいたします。
いやぁ、楽しい。

2010.01.05

お正月の波切漁港

 三日の日、近くの神社へ行ってきました。いったのは波切神社です。志摩市にはいくつか神社がありますが、やはり参詣する人が多いのは伊勢神宮です。当たり前ですね、ちかいし。でも、混雑の度合いは半端ではないのです。

  結果、波切神社に行ったのですが、そのときに撮影した景色です。

A906_2
Windyでしたねこの日は。

で、関係ないですが関係もある話。

全国版のニュースでもやっていましたが、波切漁港の駐車スペース(通常漁港関係者が使うそうです)から、アクセルとブレーキを踏み間違えて軽自動車が落ちた事故がありました。<中日新聞外部リンク

  30分~1時間ほど前に、すぐ近くにいたんです。残念でなりません。漁港は↑の写真でいうと、右奥に位置しますが、乗り入れは自由で規制がない状態でした。岸壁に対して輪留めがあったかは忘れてましたが、釣り客や普通の地元民らしき人も沢山見かけます。漁港側としては、関係者以外基本的にお断りとの見解だとは思いますが、あってないような感じの印象です。

だからといって、漁港側に責があるとは思いませんが、こういうのは難しい問題ですね。そこら辺を突くメディアもいるかもしれないなと、そういう感想は持ちました。公園の遊具とか、柵がないから事故が起こった→施設管理者の責任・・・みたいなUS的なクレーマー論理はさすがにないでしょうが。

 AT(オートマチック・トランスミッション)が9割以上を占める今、こういう事故はどんどん増えてきています。誰でも(技量のないものでも、子供でも踏む力があれば)動かすことができるのがATです。認知症(一般にはこう表記しないと差別なんですね、今は。蔑視的な意味があるないにかかわらず、ボケてきてるとか痴呆症とかは使うだけでアウトの風潮です。ただ、田舎だと蔑称にはあたらないのですよね、そう採らないから。都会的な共通的発想はもう一つの差別を膿むんだなぁ。関係ないから書かないけど。)の人が高速逆走とかあって死亡事故を起こすのを最近よく耳にしますし、孫や奥さんを間違えて轢き殺すのも増えてきています。これって、私見ですが(Blogだからこう書くのは変か。)ATの弊害だと思っています。なにせ、MTはこうはいきませんからね。ま、無いことはないでしょうが、確率的に見れば動作に対するプロセスが多段階に至るために、その分事故率は当然下がるわけですしね。

 泣くに泣けないなぁと、ほんとそう思いました。マニュアルだったら、身体がRギアに変速した時点で違和感を感じますからね。機会のせいにしちゃいけないけれど、そういう部分を広く考え直してみると、ATって楽に動かすことができる代わりに、いろんな運転不適格者(咀嚼して読んでよね)でも動かせるしや間違いに対する許容度もとても低すぎるんだよね。今や肥大化して普通車でも2トンを越える巨体が、高速で動く殺人兵器でもあるわけで、その辺をちょっと考え直すといいかもなぁ。

 しかし、今回の事故は他山の石としなくてはならないと、心底そう思ったんです。皆さんも気をつけてください。

2010.01.02

TES4 Oblivion日本語化をしてから

 お昼のチャーハンをいただいて、効率的にカロリー摂取した今、時間ができたのでこの前日本語化したThe Elder Scroll 4 Oblivionについてちょっとだけ。

 日本語かに関しては、敷居がどうのこうのといろんなところで書かれていたが、思いの外簡単だった。本当はというか、本来はだけれど、英語版でとりあえず本筋だけおっていきたいと思っていた。僕は英語はからきし駄目なので、クエストログを見ながら単語を拾っていき、それをこなすだけ。たとえば、

  "Find The King of Amulet." なんていうキーワードを拾って、"find forest near this town" みたいな部分でおおよそ見たり、マーカーがマップについたら惜しげもなく使うなんていうことをしていました。最初は雰囲気が大事だろうっていって、fasttravel(一瞬で主要スポットへ場所移動)は使わずに自分の足で移動していたものですが、今では瞬間移動を使いこなす超能力者になっています。



 よくある世界観が素晴らしいという文句がありますが、見た目の世界観以外だとそれはテキストにこそ本質が隠されています。そのテキストが読めない=その世界観を味わえないということになるんですね、やっぱり。もっとも遊んでいない人にはわかり得ない部分はたくさんあるのですが、やっぱり人間くささを味わうことは僕の英語力ではきびしいものでした。

 TES4では有名なクエストの一つにバンパイアクエストがあります。Seridurが肝なクエストだけれど、これが一番神経を研ぎ澄ませて頑張って読んだクエストだったかな。とはいってもテキスト自動送りな部分は僕にはきつい。でも会話テンポを考えれば手動送りは不自然だし・・・。糞!である。

 何を思ったか、年末にふとそんなことを思って日本語化した。一応拡張パックも持っているので、それに対応するやつにしておいて、ほんの翻訳もできるバージョンにしたのだ。そうしたら、本を読むだけでも楽しい。あと自分は6割ぐらいは理解しているつもりだった会話も、残念ながら3割にも満たないことに気づかされた事実にがっくり。しかし、音声は英語なのでま、いいか。MODをキャンセルすればいいだけなので、次週にはカットすればいいだろうし。


 そんなこんなで、日本語で理解できるようになってから、周りの人間(ゲーム内の)との会話が楽しくてしょうがない。いまいち理解できなかった部分は「んなこといってたのか、おっさん!」であったりするので、おもしろさは倍増である。ただの店主との会話しかり、山賊との会話しかりだ。また、item名やキャラクター名などは英語のままだから違和感も少ない。Imperial Cityが帝都とかといった薄気味悪い翻訳はないのでなおいいのだ。

 独特の言い回しや比喩表現が秀逸で、小鳥に咀嚼して与える餌とはひと味もふた味も違う。ちょっとOriginalではないけれども、勘弁してもらって、今年TES4を味わい尽くしたい。家庭も大事だから、時間作るのが大変だけど(笑)。

朝の散歩

今日は昨日より風が弱い。

近くの公園に行ってきて、遊んできた。

201001021
ちょっと歩けるようになってきた。楽しいね。

201001022
空は気持ちの良い青空でした。

2010.01.01

お正月パーティー

 おじちゃんの家に行く、いつもの昼食パーティー。ただみんなの顔合わせだけれど、これが正月かなっていう感じ。

20100101
CX-2のミニチュアライズで撮影

201001011
僕は食べられない。そんしてるなぁ・・・

201001013
こっちは最高、大好き

201001012
来ていた子供6人の中で、一番おとなしかったな。僕似?

20100115
それでも、精一杯はしゃいでいた。かわいかったよ!夢中だったものね!

« December 2009 | Main | February 2010 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ