« 充電器が戻ってきて | Main | フクロウさんに会いに行こう! »

2010.01.21

動画のcapture

Youtubeとかでよく見るCaptureした動画。テレビ画面だったり、デスクトップだったり、ゲーム画面だったり。ちょっと気にになって、僕もチャレンジしてみた。

captureツールはFrapsが手軽でいいのだけれど、フリー版だと現行Ver.は30秒までの制限がかかる。それ以降は分割されることになるみたいだ。

  ま、連結後統合すればいいんだけれど、面倒だから、Dxtoryという試用版を使った。試用版の制限は、ソフト終了時にDxtoryの公式HPが開くのと、あとはたぶんロゴが大きく上にはいるくらい。

  これで解像度も変更できるし、録音もバッチリ。デバイスも指定すればマイクからも簡単にできる(しないけど)。個人的に手違いとかいろいろあって、解像度変更とかにはXmedia Recodeを用いた。これは日本語化もできるので、わかりやすい。使い方もさわればすぐわかる直感的インターフェースなので問題ない。

 さて、動画をアップしてみた。

 動画はTES4 Oblivionのクエスト "The Killing Feild"の終盤部分。見たくない人は見ないでください。
多少MODが入れてあります。その中には日本語化もされています。メニューの表示が細かい部分とかは、オリジナルとは異なっています。

音声も完璧に拾ってくれていて、ちょっとおもしろくなった。
最初のタイトルは、あとで編集してみました。それ以外はキャプチャ下だけです。
解像度を下げて、画質も半分以下に下げた状態。

nifty動画にアップしたので、結局は意味がなかったけれど、ATI converterも試してみた。どこにソフトがあるか探しまくって、不具合を感じていなかったCatalyst を9.12 (今現在英語版しかない)にradeon HD 5770のドライバーをあげたのに、結局最初から付いていたみたいでした。

で、それを使ってaviとかにオリジナルをエンコードしたりしてみたのですが、異常に早いもんですね。かといって、GPUの不可が滅茶苦茶酷くなるってわけでもなかったので、使い勝手はいいなと思いました。全開で動いてくれてもおもしろそうですが、とりあえずエンコードの早さには満足です。

これはまた検証してみたいですね。

« 充電器が戻ってきて | Main | フクロウさんに会いに行こう! »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

お晩です★

記事に関係ない話ですが、本国ではCM690の新verが発売されているようですね。
値段が二種あって、機能や構造が異なるようです。

YouTubeとかで見たけど、ベイが4段、そして天板にアクセススイッチ類があって、そこから各ケーブルが延びているようです。
僕的にはベイは5段欲しいし、更に天板を外すことが多いので、そこからケーブルが延びている構造もちょいと不便のような気が‥。

からくり庵さん、こんばんは!

今日はちょっと寒いですね、昼寝3時間しました。
さて、アメリカのサイトを見てきました。
ちょっとなんですね、買ったばかりなので、新型は悔しいです。
BASICじゃに方がいいんでしょうが、全て国内版でいうところのPUREみたいに内部が黒なんでしょうかね?
僕はスターウォーズが好きなので、ちょっとそれチックに見えて嫌いじゃないです。
ただ、からくり庵さんの指摘の通り、天板外すのがちょっと億劫になっていきそうです。

ちなみに、三重県出身で名古屋在住です。ヘヘヘ。

The comments to this entry are closed.

« 充電器が戻ってきて | Main | フクロウさんに会いに行こう! »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ