« 気持ちいい | Main | やさしい日の光の午前 »

2009.10.10

金沢の旅、これにておしまい

    CX-2が大活躍だったと同時に、こういうときにあのようなミス!なんていう、事例なサンプルも沢山得ることができたので、よしとしよう!なぁ~んていう、フレーズで締めくくると、まるでカメラのレビューみたいでイカンイカン、この前の続きです。

A775
入らなかったけど、いい雰囲気の飴屋さん。

  橋を渡って、住宅街?の川沿いを歩いていく。厳密には川沿いは工事中で歩けなかったので、一つ中のスジ。

A776
拡大します。寺が多いでしょうと、神社が多いでしょうと、それをただこう、みせたいのです!いってはいませんが。

  ちょっとした橋をもう一回渡ってきました。また反対側へ来たんですね。これからその川沿いを地図でいうと右に向かって歩いていきます。てくてく~♪


A777
振り返ったらこんな感じ。

  上のわたったという小さな橋は、遠くに見えているね。アレをわたって、こういう散歩道を歩きます。歩道なので、とっても感じがよくって歩きやすかった!妹によれば、たまに歩く散歩道なのだとか、いいね、こういうの!羨ましい!


A778
じゃぁということで、前を向く。というか、写真はちょっと川を眺めてる。

  風情があるでしょう。前日までの雨のせいか、水は濁っているけれど、これ綺麗ならかなりの景色だと思ったよ。雲が多いけれど、時間が午前中ということもあって、光に元気がみなぎっていた。そして、この辺りから急に時代を感じるような、統一感のある建物が並ぶようになる。旅館だったり、料亭だったり。高そうである、入れなさそうな雰囲気だった。


A779
これも拡大します。

A780

  この辺りで休憩していたら、とても上品なおばあちゃんが、話しかけてくれた。一通り話し終わったあと、二人のお子に「いじかんじぃぃぃ~♪」←みたいな感じの言葉(違うかもしれないですが、記憶だとこんな感じだった。)で、妹によればかわいいねぇ~っていう意味らしい。うーんと、全然わからなかったけど、雰囲気で何を話されているかはわかった。言葉って重要だけれど、全てじゃないんだな。清々しい!嬉しくて、楽しい!


A781
もう一回渡る。

  こういう橋がいろいろあって、なかなかに空気感を密にしてくれる。植物の配置も、建物の高さも、それぞれが重要な作用を及ぼして、総合力を上げている感じ。金沢すごいな!


A782
ちょっとだけ交通量が多くって、狭い道に入った。行き着く先は?


A783
ここ、ひがし茶屋街

  有名な観光スポットのようだった、みたまんま、おーすごーい!だ。平日にもかかわらず、ここはある程度の観光客が来ていた。

A784

  こういった町並みがしばらくある。両方はお見せだったり、お家だったりと、一見格子で見えないのだが、よく見るとお見せだったりするからおもしろい。

  一つのお見せで、個人的にコーヒー用の陶器のコップを買ったのだが、実は撮影していたら割ってしまった。あ、お家に帰ってからね。しばらく使っていて、さいこうじゃんか、これーってアフォみたいに喜んでいて、Blogでみせよう、写真とっとこうって窓際にもっていったら、急に風向きが変わってカーテンに押されて落ちて割れてしまった。変な場所でとってたからな~、残念だけど、いいものだった。

  ここで、Kさんとはお別れ、握手して別れる。お仕事の都合だ。僕らはこのあと御飯を食べた、日替わり定食を注文した。

A785
自由軒、たまたまだけど、今年で100年を迎えるみたいだった。

  ベビーカーを二つ折りたたみ、奥へ入れさせてもらって、座敷で食べさせていただいた。隣は見るからに異様な黒ずくめの男が6人。じろじろ見るのも変なので、なるべくキョロキョロしないようにしていたが、一人大きな体の人はたぶん俳優かなって思っていた。名前知らないけど、学校もののジャージ女が主役の最近映画になったやつに出ていた人らしい人。と、僕の想像から知人が判断したのがその人だが、そのドラマも興味なければ、映画もどうでもいいし、そんな俳優もしらんので、まぁイイヤと思っていた。迷惑をかけられてるわけでもないし、むしろこちらの子供を生酢買ってくれてたから。

  ただ、そんな人でも大人が5人も黒ずくめでつくのか、仰々しいなぁ、異常だぞ、今のこの空間って思っていた。真っ黒だかんね、そのテーブル。なんにも悪いことしてなくって、こっちをすごく気遣ってくれるけど、真っ黒だから。んでもって、妹は暴れる子供をだき、一度通路であやしていた。そのときはっきりみたらしい。

  オーラのスピリットなんとかの江原さんだと。それ知ってる、光ってるのが見えるとかいう人で、ニコニコしてる人だ。だからかしらないけれど、服装はすっごく黒くてなんだろってかんじだけど、いろいろ周りに気を遣っていた。

  行ってしまったあと、店の人が気づいた?って聞いてきた。ま、気がついたけど、俗っぽいから黙ってた。プライベートは尊重すべきだ。店の人は、ユーミンも来るよ、たまにねっていっていた。有名なんだな。ま、おいしかったもんな。ちなみに、Kさんに妹があとで電話したら、なんで教えてくれないんだ、僕がいたらいろいろしゃべるのにぃ~といっていたみたい。外国人という立場をフル活用する気でいたらしい、やるなぁw

A786
さて、ひがし茶屋街をあとにして、戻ってくる。この日帰って、次の日仕事だから。
写真は塗料屋さん。いい味してるなぁ。

A787
このマークを見て写真を撮る気になった。わかる人はわかる。

僕以外は、なんでいきなりそんなの撮るの?といっている。これはクスリ キリン堂と書いてあるけど、そんなのよりも、マークなのだ!僕にはときめくマークに似ていたから!

これ、ATARIにくりそつじゃねーかああ!

まぁ、それだけだけど。

A788
家に帰っても、二人は元気!仲良くなって、どこへでもついて行くお子。E君のこれ、いいなぁ、個人的にうらやましい。大人の僕もソウオモウ。

さて、これにておさらば。金沢を去って、また名古屋に行かねば生活が・・・。今回は米原経由で帰ることにする。

帰りに初めての景色をみたよ。

A789
微妙でしょう?日本海ですよ、日本海。

僕は生まれてはじめてみたから、高速道路上でも結構感動した。


A790
よくわからないけど、これも一瞬ビックリした。

A791
光のシャワーを浴びながら、混雑のない道路を行くのは気持ちがいい。行きの渋滞はなんだったんだと、ホントに思う。道中に予定がなければ、二度と通りたくないな、東海北陸道。


A792
楽ちんなのだけれど、念のためゆっくりと休憩を取る。お子はお菓子タイム!僕らは夕焼けを味わった!

A793
家に着いたら551キロだった。

正直なところ、北陸っていってもこんな距離しかないのかと思った。この前原付で一人でツーリングしたとき、往復だったけれど350km走っていたので、あんまり走った感がなかったかも。原付も、どうかな、お尻が痛くなければ500~600くらいなら疲れなさそう。車の方が帰って渋滞とかあったりで疲れたりするかな。燃費は15ちょっとだったね。


  さて、金沢もこれにて終わりです。長々とエラいスンマセンでした。

  金沢はいいところだったなぁ、ほんと、整備というか、人のこと考えられた街作りっていうのがとてもわかりやすかった。なにかにつけて、先進的なシミュレーションが行われていて、その後全国での実施ケースも多いことだし、それが可能な街があるっていうことだと、たった数日だけれど見えた部分もあったしね。

  便利にさえなればといっても、行政や推進派はいろいろと「いやこれは、恩恵が沢山ある」とか、「将来いいものだったといえると信じている」なんていうフレーズが横行する、通常の都会とは一線を画すもので、なかなか珍しいなと。まぁ、いろいろとはあるのだろうけれど、子供にしろ老人にしろ、ホントにいろんな部分が充実しているのに驚いた。

  規模は大きくても、住みやすさでは名古屋はだいぶ負けてるなぁ。こっちの率直な感想は、妹夫婦の住んでいるものの感想と一致していた。ま、都会が好きな人は名古屋の方がいいのだろうけど。

  しかし、またいってみたい金沢。というか、米原経由なら遠くないので、また是非行ってみ用と思う。

最高!金沢!

« 気持ちいい | Main | やさしい日の光の午前 »

RICOH CX-2」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ