« 最初の夕食 | Main | 一日目の実家 (^^)/ »

2009.08.11

もうすぐ選挙です

この時期は来たる自分の誕生日と、平和・戦争関連のニュース、お墓参りというイメージなのですが、今回はそれに加えて大きな選挙ということでもあります。

新聞にとある元首相が新人議員と大接戦している記事がありました。それはさておき、こういうニュースは紹介の時、もっといえば良くあるテレビ番組もそうですね、その人を紹介するのに”元 何々”とか使うことがありますが、個人的にはどうもしっくりきません。たとえばクリントン元大統領ならば、しかと納得できるのです。一緒じゃないかともおもいますが、そこには日本の肩書き思考の嫌な部分がより強調されて見えることが、偏屈な僕の思考には鮮明に見えるわけです。

失言は一国の主たるもの十二分に気をつけねばなりません。とはいってもそこは人、少々はあることでしょう。witに充ち満ちた機転の利くトークでもできればいいのですが、官僚の当たり障りのない言葉で書かれた自分たちの身が一番大事なことが見え見えな記事を読むだけ。そこに辟易しているわけです。不利に働くような肩書きは残念ながらテロップには表示されません。元scandalとか収賄起こして起訴され有罪になった人とかですと元犯罪者でしょうか。言葉は重要ですし重きを置かなければなりませんが、揚げ足取りに躍起になるような討論は本質から大きく脱線しているのは誰の目から見ても明らか。

やはり重要である部分もありますが、そうでない部分もあるのです。

それと同様に記事には大物という言葉があります。記事は何の問題もありません、そうではなく大物という言葉に引っかかりを感じます。無能であっても影響力を持つ人はたくさんいます。大物なのかどうかは別として、人としての器はおちょこ並です。芸能界でも良くそのような表現が使われますね、たとえば大物演歌歌手とか大御所とかといった具合ですか。一定の層だけに影響を持つ、見えぬ力で他を律する・・・、いや制するですか。そんな人が有名年末歌謡ショーのトリだったりしちゃいます。文句を言えない雰囲気や気を遣いすぎる空気はテレビ越しにも伝わります。大御所だろうと大物だろうと、それぞれの土俵の上では間違いなくそうでしょうし認めるところです。が、一歩外に出ればただの人。その辺はき違えるから利権夜国家ができあがってるようなきも。

国政選挙は国のことを考えた人を選ぶべき、県は県、地方は地方のことを考える議員を選出すべきです。県の工事は県直轄が基本、ならば県議は訴えるべきで国会議員は国の運営の特化できれば一番いいはずです。が、システムとして現状の日本国は、他の国もですが難しいことと思います。4年おきにやってきてパフォーマンスを繰り広げる、4年に一度だけ腰の低い”センセー”が当選してしまうという現実。その選挙区の国民もいってみれば既得権益の確保に動いたり勉強不足だったりで責任は大いにあることでしょう。

利益は大切ですし欲がなくなっては社会が成り立たない部分もあります。人類もそろそろいいところまでやってきたのですから、もう一段階上のステップにあがらなくてはとも思います。考えることは大切です、その末に選んだ結果ならば納得の甲斐もありますが、何にもなく後で後悔してもしておけばという積年の後悔になることでしょう。払っていない人に将来年金は支払う必要はありません。システムとして支えない人は支えてもらえないでかまわないとも思います。それなりの個々の事由は当たり前に懸案事項ではありますが、必ず解決できるはずです。いい車をローンで買いながら給食費の滞納者もしかり、財産差し押さえはやむなしです。その子供は守らなくてはいけません。教育しなくてはいけませんがモンスターな両親を守る必要はありません。そういう人が増えているのは最近よく耳にします。若い会社員もおおいとか。彼らは教育を受けていないのではなく、その前の人としての段階が欠落していると。環境もそうですが、その親も駄目と。真っ当で弱いものも努力しているならば守ってあげるべきでしょう。不真面目で横暴なものはへ不利益な制裁でいいと思います。努力すれば普通の権利を再び得ることができるならばいいと。

選挙はたくさんのことを考えることのできるいいチャンスです。
そう思います。
どうでもいいとか関係ないというなら、それも有りだと思います。そこは個々の考え方です。ただ、できることなら将来政治から受けられるメリットもまた受益できないならば、より納得しやすいかもしれません。
以前よりは断片的にではあるにせよ、様々な媒体で簡単に情報が手にはいるようになりました。テレビ番組もそうですが、そこは取捨選択する自分の考えが必要になります。
選挙はそのきっかけをくれるチャンスでもあります。
ほんとうにそう思います。

選民思想な部分あるかもしれませんね、ちょっと言い過ぎな意見?正直者が馬鹿を見る世の中です。自分がその世界を捨てて違う世界にいくか、活きていくなら自分で知恵をつけなければ将来が苦しくなっていくことでしょう。いくつになっても勉強ですね。楽しいからいいか。つらつらと変なこと書いちゃったなぁ・・・。

« 最初の夕食 | Main | 一日目の実家 (^^)/ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ