« ここのところのハンズフリー | Main | DVD作成 »

2009.08.30

ONE NOTE を仮導入するLaylack

  さて、スタパ齋藤氏はご存じだと思うけれど、彼のBlogであるスタパブログでおもしろい記事を見つけた。おもしろい?そう、おもしろいんだな、これが!

  ここで紹介しているMicrosoft Office OneNote 2007のことなんだけれど、ここで紹介されているのを鵜呑みにすれば、すこぶる僕が使いたいシチュエーションにマッチング、そんな予感がてんこ盛りなのだ!

  もう一ついうと、STAPA VISION の#30に偶然にもそのことがでているので、興味があったら見てもらうと、動画なのでより分かりやすいと思う。

  まあここでよく考えるとわかるのだけれど、彼のようなテクニカルライターという職業ならいざ知らず、僕のような、ただの趣味人肉耐労働者に、一体どんな幸福をもたらしてくれるというのだろうか?と、そんな風に自分でも考えてしまうし、みんなそうだと思う。

  彼も試用版をインストールして試していることだし、んだばLaylackだって同じようにやってみようか!そんなわけで、巨人マイクロソフトに行って、お願いだから使わせてくださいとクリックしてみたってわけだ。<Office2007を試す>

  さて、無事指示に従ってDLしたら早速インストール。関係ないけれども、このインストールという作業はパソコン好きの人たちにとっては、悦にいる瞬間だと思うのだけれどどうだろう?僕は少なくともそうである側の人間だな。うん。そんなに大きくないファイルだけれども、そう、短時間で終わってしまうインストール作業、この時間がドキドキを倍加させてくれる。

  で、使い方はスタパビジョンの方を見た程度なので、いわゆるぶっつけ本番だ。今までOffice関連製品を使ったことはないけれど、ヘタしたらOffice なんて要らないんじゃないっていうフレーズを信用して使ってみる。

  お題にもある使い方をやってみる。

A625

  このOneNote、何でも貼り付けることができるメモソフト、という認識がもっともお似合いだと感じる。それこそ基本的に何でもだ。画像、テキスト、動画、ファイルとなんでもメモできてしまうところが素晴らしい。

  試しにCX-1の価格調査というか、自分が調べるためのメモを書いてみた。パッと見てわかるとおり、browserからのコピーしたものが、切り貼りされた感じになっている。そこに手書きしたようにメモが走り書きしてある。この切り貼りだけれど、なんと非常に高性能で参照先のURLまで付帯する。もしかすると、この辺りは設定でいろいろ変更できる可能性はあるが、デフォルトではそんな具合になっているのである。

  もっとも驚いたのが、全てオブジェクトとして管理されているため、ドラッグで自由に移動できる。つまり独立した手書きの矢印も任意に移動可能だからすごい。

上に挙げた方法を使うと、ナントPDFの一部を参照したりといった夢のような使い方が可能なのだ。InternetExplorerには、"OneNoteに送る"ボタンが追加され、Webページをそのまま貼り付けることも容易になっている。

  ま、「こんな感じで迷ってるんだけど、お前はどう思う?」みたいなメールを友人に送るとする(友達がいないLaylackは送る人がいないわけだけど、な!)。NoteOneをもっていない人に送るときには便利な、html化して保存が可能なのだ!驚いた?

とりあえず使用期間が60日あるので、今日から数えてちょうど10月末日まで。精一杯?普通に使用してみて、日常の足としての使い勝手をじっくり見極めたいと思う。ちなみに実売価格は1万円前後のようだから、Laylackにとって高いか安いか。ムフフのフである。

*本文中と関係ないです。
  mi84taさん、だし醤油ですが商品名でしたね、僕は一般的な名称としてとらえていました。これです、買っていません、もらい物を更にもらってきました!きっと高そうなので、なくなったら安いだし入り醤油を買うんだろうなと思っております。

A624

と思って、たったいま調べましたら、660円でした。なんだ、また買えばいいかも・・・。
とんだ落ちでどうもすいません。

« ここのところのハンズフリー | Main | DVD作成 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ