« July 2009 | Main | September 2009 »

2009.08.30

ONE NOTE を仮導入するLaylack

  さて、スタパ齋藤氏はご存じだと思うけれど、彼のBlogであるスタパブログでおもしろい記事を見つけた。おもしろい?そう、おもしろいんだな、これが!

  ここで紹介しているMicrosoft Office OneNote 2007のことなんだけれど、ここで紹介されているのを鵜呑みにすれば、すこぶる僕が使いたいシチュエーションにマッチング、そんな予感がてんこ盛りなのだ!

  もう一ついうと、STAPA VISION の#30に偶然にもそのことがでているので、興味があったら見てもらうと、動画なのでより分かりやすいと思う。

  まあここでよく考えるとわかるのだけれど、彼のようなテクニカルライターという職業ならいざ知らず、僕のような、ただの趣味人肉耐労働者に、一体どんな幸福をもたらしてくれるというのだろうか?と、そんな風に自分でも考えてしまうし、みんなそうだと思う。

  彼も試用版をインストールして試していることだし、んだばLaylackだって同じようにやってみようか!そんなわけで、巨人マイクロソフトに行って、お願いだから使わせてくださいとクリックしてみたってわけだ。<Office2007を試す>

  さて、無事指示に従ってDLしたら早速インストール。関係ないけれども、このインストールという作業はパソコン好きの人たちにとっては、悦にいる瞬間だと思うのだけれどどうだろう?僕は少なくともそうである側の人間だな。うん。そんなに大きくないファイルだけれども、そう、短時間で終わってしまうインストール作業、この時間がドキドキを倍加させてくれる。

  で、使い方はスタパビジョンの方を見た程度なので、いわゆるぶっつけ本番だ。今までOffice関連製品を使ったことはないけれど、ヘタしたらOffice なんて要らないんじゃないっていうフレーズを信用して使ってみる。

  お題にもある使い方をやってみる。

A625

  このOneNote、何でも貼り付けることができるメモソフト、という認識がもっともお似合いだと感じる。それこそ基本的に何でもだ。画像、テキスト、動画、ファイルとなんでもメモできてしまうところが素晴らしい。

  試しにCX-1の価格調査というか、自分が調べるためのメモを書いてみた。パッと見てわかるとおり、browserからのコピーしたものが、切り貼りされた感じになっている。そこに手書きしたようにメモが走り書きしてある。この切り貼りだけれど、なんと非常に高性能で参照先のURLまで付帯する。もしかすると、この辺りは設定でいろいろ変更できる可能性はあるが、デフォルトではそんな具合になっているのである。

  もっとも驚いたのが、全てオブジェクトとして管理されているため、ドラッグで自由に移動できる。つまり独立した手書きの矢印も任意に移動可能だからすごい。

上に挙げた方法を使うと、ナントPDFの一部を参照したりといった夢のような使い方が可能なのだ。InternetExplorerには、"OneNoteに送る"ボタンが追加され、Webページをそのまま貼り付けることも容易になっている。

  ま、「こんな感じで迷ってるんだけど、お前はどう思う?」みたいなメールを友人に送るとする(友達がいないLaylackは送る人がいないわけだけど、な!)。NoteOneをもっていない人に送るときには便利な、html化して保存が可能なのだ!驚いた?

とりあえず使用期間が60日あるので、今日から数えてちょうど10月末日まで。精一杯?普通に使用してみて、日常の足としての使い勝手をじっくり見極めたいと思う。ちなみに実売価格は1万円前後のようだから、Laylackにとって高いか安いか。ムフフのフである。

*本文中と関係ないです。
  mi84taさん、だし醤油ですが商品名でしたね、僕は一般的な名称としてとらえていました。これです、買っていません、もらい物を更にもらってきました!きっと高そうなので、なくなったら安いだし入り醤油を買うんだろうなと思っております。

A624

と思って、たったいま調べましたら、660円でした。なんだ、また買えばいいかも・・・。
とんだ落ちでどうもすいません。

2009.08.29

ここのところのハンズフリー

携帯電話のカテゴリーに入れるかどうかはさておいて、
ここのところの多忙さと激務に日々バタンキュー(死語←これも死語?)でありましたので、
遅くなったのですが今日発表です。


え?何ヲ?


以前紹介したハンズフリーのやつがなくなりました。いや、なくなったと思っておりました。
で、まぁ結果的に出てきたのですが、すごいところから出てきました。

↓↓↓


会社の洗濯機。
しっかりと洗剤を絡めながら出てきました。
完走させてチャレンジしてみましたが、当たり前に無理でした。


そこで、こいつを・・・。
知人とおそろいで買いました。

A623
930SH

バッファローコクヨサプライの製品ページ

快適指数は非常に高いですが、前々から危惧していたことが今回ハッキリしました。
僕の右耳の形状は変!イヤープラグも合わなく抜け落ちてしまいます。
耳かけようのフックならOKですが、車に乗っているとなかなか聞こえずらいです。
左耳ならOKなんですが。

さて、あと電気屋さんでRICHOのCX-1とPanaのZX7を見てきました。

CX-1は9月11日に発売開始となるCX-2の詳細も気になるところですが、現状の質感や感じを見るためにいってみました(RICHOのデジカメページ、パーソナル製品一覧)。はっきりとした違いは、望遠が7.1倍から10.4倍へ高倍率化したこと。グリップ部のデザインと高倍率化による寸法の変更。あとは詳細の変更になる。

細かな使い方は、正直わからないけれど少しだけさわった印象。

真図をもってして最近のデジカメに比べると大きいなという感じ。そう、大きいなと思うほどのインパクトがあった。厚み、高さ、幅と全てにおいて大きめだなという印象。ただし構えてみるとそんなに違和感はない、むしろしっくりくるくらいだった。

構えたとき右手の親指にグリップがあって、そこをうまく使うとホールドは保てるのだけれども、カメラ正面の手がかかる部分がフラットなためかややすべりやすいかなと感じた。この辺はどうやらCX-2では改善されているらしいので実物を触りたい気もした。高倍率ズームには惹かれもするが、個人的に価格が高いのであえてCX-1。液晶やそういった部分は十二分にきれいなので、まだまだ色あせない気もした。


かたやPanaのTZ7はきみまろズームの最新版である。12倍ズームに手ぶれ補正、ハイビジョン動画撮影機能など目白押しだな機種。秋の新作では手ぶれ補正がゆっくりとした動作にも対応するようで、次のバージョンアップである来年初頭にはこの機種もおそらくそれを積んでくるだろう。

マニュアルがない、それがCX-1との決定的な差。写真に対するアプローチが異なるのだ。持った感覚は両方ともそれなり。もしもどちらかを買えばきっと褒めることになるけれど、冷静な今は双方安っぽい。あと、ダイヤル操作がやや煩雑で家電的なのが気になる。基本オートでというのはわかるが、そのオートにシーンを組み合わせた感じの複数のオートがあり、結果的に現代の写るんですになっているようなものだ。

ま、好みはRICHOの方かなぁ。もっとさわりたいけれど、店員が寄ってくるのでまたの機会にします。

2009.08.25

志摩市大王町船越探訪 5 終わり

船越地区の町歩きもこれにて終了です。

路地を歩きます。
A619

このような路地が多いのですが、遠目に先が見えなかったり、行き止まりに見えたりととてもおもしろいです。

A620

廃屋もありました。あえてコントラストを上げ周囲を焼き込んであります。
波切地区もそうでしたが、入りくんだ場所の空き家が多かったような気もしました。

A621

ここにもあった海抜5mの表示。少し高めに表示されています。
湾曲がちょっと目立ちますが、このころはこんなものです。
今のコンデジは35mm付近ならだいぶ押さえ込まれていますね。

ここで路地を歩く動画を撮りました。
Wizardry風です(←オイw)
なるべく一定速度でなおかつ歩行効果(手ぶれがないだけですが)ありで臨場感抜群!
なるべく息を止めながら歩きました。
声を発していないため、おばさんとの挨拶は見えていませんが会釈しています。
道の規模の小ささが分かると思います。

こんな感じですね。

そして最初に通った虚空蔵堂の前にまた出てきました。
さっきは左に行っていなかったので、行くと少しだけ高いところにでました。

町並みを見渡すことができます。最初の方が前浜のほうで東に当たります。
最後は山を向いていますが、おおよそ西の港側の風景になります。

A622

あの階段を上ると通りに出ます。
その向こうは海です。

大体こんな感じですか。もと来た場所に戻ってきました。
この辺りの地域に国府という場所がありますが、そこと同じくこの船越地区にも隠居制度というものがあります。

隠居制度とは長男が結婚して、お嫁さんが家に入った際に家督が長男に完全に移り、
長男の親夫婦(両親)は母屋から出て敷地内の別邸に移り住むことです。
この場合は国府地区でのはなしですが、同じ敷地に住む別の家になるわけですね。
別名:嫁の天国とも呼ばれます。

戸主制度の廃止とともに法律上は隠居制度は廃止されましたが、慣習として残っているところも多いようです。

同じ隠居制度でも船越地区は国府と違い、敷地内に暮らすのではなくて完全に外に出ることになります。この辺りの女性(同地区から同地区へ嫁ぐ場合)は嫌がる人が増えているそうです。
まぁわからないでもありませんね。
反対によそからきた人にとっては、意外と良いふうにとられているとか。



いろいろな知恵によって出てきた制度でしょうが、僕個人的には不思議な感じがしました。
一緒でなければいけないとも、でていかなければいけないとも思わないので。
貫徹されているわけではないようですが、聞けばまだまだしっかりと残っているそうです。

船越地区探訪、とても楽しむことができました。

                               了

MDT243WG-SBが修理から帰ってきました!

モニターが戻ってきて、さくっと設置も終了して快適快適!
久しぶりなので、でかいでかい!

A618
930SH

デスクトップが不規則ですが、これは今から整理整頓します。
あとtwitterを登録してみました。
ですが、イマイチ使い方がわからないですので、とりあえずかけるだけつぶやくかと。
今からデスクトップ片付けします。

修理ですが、染みみたいなものができてしまいまして、無償修理でちゃんと無事直ってきました。
修理方法はパーツ交換ですって。
液晶パネルの交換ということで、簡単に言えば新品になって戻ってきました!
迅速、丁寧、設置にきてくださった方も素晴らしい方で、気分がよかったです。

ブラウン管モニターに比べれば修理自体は少なくなってきているとのことでした。
ブラウン管の場合は放電管不良や阻止の不良とかもあるので、例えばコンデンサーの交換などといった
内部のパーツ交換が多かったそうですが、
液晶になってからはそういう種類の修理はほとんどなく、液晶本体の場合が多いらしいです。
それでも以前に比べれば故障率は低いとのことでした。

よかったよかった。

2009.08.24

志摩市大王町船越探訪 4

宮山から下りてきて、子供の声がする方へ歩きます。
するとそこは保育園になっていました。
園庭の奥に何やら史跡?が見えましたが、さすがに入っていくわけにはいかないのであきらめます。

道沿いを歩くと神社がありました。

A612

右に少し折れ曲がり社殿がありますが、スズメバチが邪魔をして怖かったので入りませんでした。ちょうど右側が園庭になります。奥が宮山、!!あぁ、なるほど宮山とはそういうことかと合点がいきます。



左に目を向けるとA613

野菜直売。100円です。そしてこの船越地区以外の人も知っている人が案外多かったのに驚きました。名古屋にもこういう場所はいくつか見たことがありますが、どこもいい雰囲気には違いないものです。


A614

味のある道が広がります。蜘蛛の巣状態というと失礼ですが、どこが道でどこが私道なのか迷うほどと書きました。まさにそうで、自転車のすれ違いができないとても細い道ですが、これは特別ではなく普通の道になります。すれ違うときには譲り合いの心が真価を発揮するのです。 普通であることの特別さがこの道です。

A615

マンホール愛好家としては捨て置くことのできないものでした。
真珠貝で有名なアコヤガイです。波とパールネックレスが豪勢ですが、その蓋はやっぱり下水道になっています。


A616_2

おや!?と思い立ち止まりました。そう、ここは海抜5mですの表示です。
振り返ったり辺りを見渡すと、実は至る所にあったようです。
ここは先ほどとは違って幾分高いみたいですが、そんなに上がってきた記憶はありませんでした。

実はこのあといったん海に出ました。最初の場所の方です。海から見渡すと、遠くに大王崎波切灯台が見えました。それを撮ろうとと浜辺にいったのですが、若干名家族で泳いでおられる方がいらっしゃいました。
男性だけや子供とかならアレデスが、その子供の母親とおぼしき若い方も水着で遊ばれていたので、ここは誤解を受ける可能性もありますので辞めておきました。
だって、被写体(灯台方向)との間にどうしても入ってしまいますcoldsweats01

まあイイヤと、戻って歩いていない道を行きます。


A617 

おお!This way or That way・・・    俳優が言いそうな。
こういうのはそそります。そしてここも青かと!!!
以前大野町にいったとき、似たような場所をとっています。ここも青だった。

右へ歩いていきます。
比較的広い道でした。といっても、車は入れません。

2009.08.21

Nikon D80 VR-18-200 暗所のAF

ふすまを開けて、無人の部屋の洗濯物でチャレンジ。
画像は見た目に近くなるように、モニタで確認しながら明るさを調整しました。
ピンは全て精度が最も高い中央部。

露出補正は全て-2.3

A609

バスタオルの青い模様にあわせてあります。
一瞬迷いましたが白い部分じゃなければいける感じ。


A610

ただその場でズーミングしてみました。
するとさっきよりもすこし迷いが多かった気がします。
一瞬外して合唱するまでは一応服することになるので、1~2秒程度は待ちました。


A611

バスタオルを挟む緑の洗濯ばさみです。
迷いが大きかった気がしますが、2~3秒程度でした。


意外と悪くないなと思いましたが、外で撮影していたときになかなか合わないことも多かったので、色んなシチュエーションでやってみた方がいいかもしれません。
あと、レンズでも変わるでしょうし、一概に判定できないです。

そんなに悪いとは思わない。

が感想です。でも時たまホントに合わないときがあるんですよね。
あと、補助光OFFにしていますが、ONならもっと早いんでしょう。


志摩市大王町船越探訪 3

久しぶりなので、まだまだ続きます。続けます。

さて、昨日の最後のところをまっすぐ歩いてきますと、突き当たります。山にfuji

左を向けば

A602
IXY DIGITAL50

難癖つければいくらでもありますが、ハッキリ言ってCanonは破綻がないなぁと思います。Nikonも頑張って欲しいなぁ・・・。あ、使ったことナイカ、COOLPIX。


そして右を向けば
A603
IXY 50

色合いは上のが好きですが、見た目の風景はこっちの方が好きです。
ちょっと白っぽいか。

そんでもって前はというと・・・。

A604
IXY 50

えっと~、いったらあかんのかな?いやいや、そんな感じではないですが、高い場所が付近にないため高潮とかの避難場所になっているようでした。きれいに手入れされた感じはありませんで、普段はみんなは立ち寄らないような雰囲気でした。階段のまん中付近に見える赤いやつ↓


A605

ね、こういうのがあるということは、ひくーいってことでスン。


A606
IXY 50

登ってみてなにげに撮ってみる。オートなので勝手に発光した。それでもぶれていたのでシャープかけてあります。チックショウ~雰囲気デネーじゃねーかってことで発行禁止にしてみます。




A607
IXY 50

これでもシャープかけました、もう一回かけてみたら出始めの携帯電話の写真みたいだったので、あきらめました。これよりは実際くらい感じ。もっと奥に行こうと思ったのですが、何もあるようには見えませんし、なによりスズメバチの集団が・・・!!

ふと気がつけば、僕の服装は黒の頭に黒の服、黒い短パンと絶好の的になってましたのでダッシュで待避!!!
眼下に子供の遊ぶ運動場?見たいのがみえましたが、安全地帯まで戻っておさめた景色がこれだけ。


A608
IXY 50

あれだけ引っ張っておいてこれだけではと思い、階段を下る前に切れ目から撮ってみました。意外とみえますやん!
下に見えているのは、一番最初の写真の場所です。

おりてから、そっちの方に歩いていきました。

2009.08.20

志摩市大王町船越探訪 2

さて、前回最後掲載した写真の場所を通りすぎてから振り返こういう風景に出会います。

A597
IXY 50

ちょうどこの釣り船・イカダ・エサとある建物の裏にバス停があるような具合です。画像中央部やや上側の塀と電柱が、全開催後の写真のバックに当たります。

そして書いてあったように、歩道ではない蓋?の正体はこれでした。海から続く水路があるために、このように蓋されているわけです。
ここは完全に海水で、背後は道を挟んで海になります。
家が乗っかってる感じで、とてもおもしろいですね。

肝心の漁港の写真を取り忘れました・・・crying、まさかまさかです。自分では撮っていた気でしたが、調べてみてもありません。あったと思ったのは次の動画でした。
このときはNikon NewFM2とIXY DIGITAL50での出陣ということで、あえてD80をもっていきませんで。そう、機動性重視ですね♪
これはこれで楽しかったです。

A598
IXY 50

てくてく港沿いを歩きます。午後の暑い時間帯ということもあり、日は西からへと変わります。
例によってこれは東側・・・、所々こういう感じの場所があるわけです。
魚が普通にいました。

港の端まで歩いてきました。
動画も撮ってみました。滅多に使わない機能ですが、たまには雰囲気でるでしょう!
なんと港がとってありました!つまりこの写真の背中方向になりますね。

*mi84taさんのところを参考にさせていただきました、ありがとうございます。

ちょっとだけですが。
バス停のところから港へでて、そこから港沿いを南に向かって歩きました。その角での映像です。港を見渡してみました。今のは手ぶれ補正とかついてるんでしょうね~。

しばらく南へ行き、細い方へと導かれ、また歩き出します。

A599

他の場所よりも細い水路です。そして右角にはこんなお家がありました。

A600

アブナイ(の鏡文字)に危、危い(送りがなは "な" が要ります^^)。
実は壁の一ヶ所ではなく、周囲ぐるっとこういった感じでちょっとだけ特異な感じを受けました。

A601

水路の先は湿地帯になっていました。魚が沢山泳いでいて静な雰囲気です。
奥に小高い山が見えます。こんなのは記憶になかったのですが、現実にあったのでしょう、子供の頃の記憶というのは実に曖昧ですね。

それと同時に新しい発見で、少々ドキドキします。
暑い日中、てくてくとそちらへ足は向かっていきます。

2009.08.19

志摩市大王町船越探訪 1

お盆の休日最終日の16日。
晩ご飯を食べてからETC割引1000円を使って名古屋にきました。
早めに家を出ようと思っていたのですが、突如疲れて晩ご飯のあと寝ました。
どうして疲れたかといいますと・・・、

思い立ったが吉日といいますが、16日午後!居ても立ってもいられず町歩きにいってきました。炎天下で帽子が似合わないLaylackは辛かった。。。そう、熱気にあてられましてダウンしました。
結果からいいますと、通常より1時間半くらい余計にかかり、日付は代わって0時半到着です。

さて!志摩市大王町船越地区です。
"船越(ふなこし)"の地名は日本全国に複数見受けられますが、どれも独特の地形からその名が付けられています。
独特の地形とは?海から海への短い距離に集落が形成されていて、船を対岸へ運ぶのが容易なことからその名が付いています。

ではその海から海への短い、船を越していける地形とは一体どんな感じなのでしょうか?
GoogleMapを張ってみます。


ビッグな地図で見てみまっす!

距離感が何となく分かると思います。ちなみに歩いた道のりは軽く一週した感じ。
通りから入りあがわ医院を通って港へ。そこからまた南川を進みまたまた海へ。
中道通ってあがわ医院の前に。逆戻りってイメージです。学校の方へは行きませんでした。

A591

いったい車をどこへ停めていいものか。普段は考えないことが、問題として直面します。ということでガラガラの小公園へ置きました。他府県ナンバーも1台ですが駐まっていました。やはりお盆ということもあるのでしょう。
ここは海水浴場てきな一面ももっています。ほとんどが石ころですが、岩場やこういう方が僕はなれていて泳ぐ気になります。砂浜は気持ち悪くて苦手です。


さて、細い路地を探します。
A592

悟空「オラァ、ワクワクしてきただぁ!」ってきっといいますね。
僕もワクワクです、と同時に自分が手を広げるよりも狭い道に、ここはもしかして行き止まりでは?とか、人の家へ続くだけの私道じゃ?なんて思いながら進んでいくのです。
ま、それがこういう町の醍醐味であります。

A593

ここは何か行事をやっておられました。お盆だからでしょうか?
地図を見れば虚空蔵堂(こくうぞうどう)とあります。

虚空蔵とは真言密教の空海に由来するはず、ということで調べてみましたら、茨城の村松山虚空蔵、福島の円蔵寺 柳津虚空蔵、そして伊勢の朝熊山にある金剛證寺の虚空蔵が日本三大虚空蔵とのことでした。

これに関係あるかもしれませんね。爪切り不動尊も空海ですし、なんだかワクワクしました。
僕は明らかに怪しい人間(^^;)だったかもしれないので、中には入りませんでした。そういえばそうですね、なにか歌を歌われていたような気がしました。

A594

メインストリートに出てきて。ここ、このあがわ医院さん、この辺りでは非常に有名です。
医者は人のための医療を・・・。まぁそんな堅苦しいものではなく、とても人気のある素晴らしいおもしろい先生で有名です。休診は基本的に日曜のみ。ここの張り紙にはこんな事が書いてあります。

"病気は建物やキカイがみるものではなく、医者の眼と耳で見るものでしょう"

何でも歌を出されたとかで、なにやらポスターも貼ってあります。弱い人の味方っていうのが浸透している先生らしいです。お会いしたことはありません。



A595

そのメインストリートを西へ歩いていきます。日差しは強く刺すようにアツイです。
帽子が似合わないので、どうしようかと思ってますが。。。かぶった方が結果的にはよかったなぁ。ここをバスがぶぶぶーんと走ります。

左の一段上がっている歩道のような場所は歩道ではありません。
一番わかりやすくいうとすっごく丈夫な蓋のような感じでした。

全部です。金属のところは何かの時にあけられるようになっています。
鼻をすませばwすこぶる臭いです。


A596

三重交通船越バス停。バス2台はすれ違えません。軽自動車なら大丈夫な感じ。
そんな船越ももうすぐ西にある内海が見えてきます。

2009.08.18

5月のプレゼント

今日から仕事開始です。出勤までの時間に短い話しをちょっとだけ。

5月母の誕生日があるのですが、そのとき贈ったプレゼントがこれです。


A586
IXY DIGITAL50

解凍くん(みたいな名前)です。置いておくと熱伝導性のよい板によって、通常時間の数倍で解凍できますよというものです。

A587
IXY DIGITAL50

使用している状態がこんな感じ。設置面積を増やせばそれだけ早く解凍できます。
実家に帰ったとき、まずやってみたかったのが解凍作業。
この鯖と鮭を焼いたお昼御飯は僕が作ったのですが、解凍が一番の楽しみでした。
早い早い!!
予想以上で、他の準備をしている間に接地面はふやけていきます。

A588
D80

夏前に購入したといっていた冷凍庫。結構な大きさです。普段から欲しい欲しいと思っていたようで、母は大のお気に入りでした。

A589
D80

冷凍専用庫なので機能はいたってシンプルです。
奥に見えるメモは、何を入れて老いたかの簡易メモ。


A590
IXY DIGITAL50

内容量はこんな感じ。普段使いには必要十分で、沢山もらったものも一気に入れておけるので便利だとか。

さて、昨日まで休みでしたがタイミングできになかなかPCさわれませんでした。
今日はさわれればいいんですが・・・。さて一日目。セミの鳴き声とともにがんばってみよう。


2009.08.16

必ず立ち寄る 登茂山公園(ともやまこうえん)

実家に帰ったときは必ず立ち寄るようにしている、日課じゃないけれどそんないつものことになっているのが、登茂山公園へふらっと行ってみること。

いつも広場をさっと歩いて、奥野展望の良いところへいくだけですが、必ず立ち寄るんです。

20080815b

これ、前にきたときは確かありませんでした、Nice idea!
劣化して朽ちていくものをいろんな場所で見かけますが、これはなかなかいいんじゃないかと思いました。

広場の遠景はこちら。

20080815a

あんな方向に大きな山あったっけなぁ…なんて話をしながら、家族三人夕方の散歩を楽しみました。

今日が一応の満喫できる最後の一日。明日は一応晩ご飯を食べてから名古屋に向かいますが、最終日ですから気持ちが寂しいです。
昨日今日と晩ご飯から寝るまで、わいわいがやがやとインターナショナルな会話をたっぷり満喫しました。カナダの家の相場とか、海外での習慣とか。あとは、彼の身近な有名人とか・・・でしょうか。なにかのネタに紹介しましょうか?困ったらきっと書くかもしれませんが、そのときは楽しい話題にお付き合い下さい。

明日妹夫婦は、朝食の後旅立ちます。夕方には僕たちが。台風一過ではないですが、とっても寂しくなることでしょう。僕、違う国にも住んでみたいんですが、いろいろ考えると(現実的な話はおいといて)口に出すのも悪い気がしてきます。

ともあれ、一週間の間は今までにない最高の休暇(休暇についても別の機会に俎上に^^;)でした。買ってきた花火もできずじまいでしたが、まぁそれは良し。みんなが楽しく無事過ごせたことに、幸せを感じました。




ま、明日もできる限り楽しませて頂きますよ。

2009.08.14

高級松阪牛をいただく昨日の夕食

数年前にとある場所で焼き肉を食べたとき、生まれて初めてと思うくらいおいしいお肉を食べたことがあります。
口の中でとろけて、かといえばあっさりしていて、臭みが一切なかったのを覚えています。
その時食べた枚数は3枚。そんなことを覚えているほどおいしかったということです。

昨日は焼き肉でした。
20080814a
930sh

焼き肉要としてはあまりに大きいお肉。通常のステーキ用のお肉半分くらいの大きさでしょうか?何枚食べたかわかりません・・・。数年前なの日以来、少々高い程度のお肉では口に合わなくなってしまった私ことLaylack。焼き肉は食べませんし、牛肉の臭みに悩む日々でした。ちょっと大げさですけれども、そんな事実でした。

数年ぶりに牛肉をしっかり食べた感じで大満足。久しぶりでした。買ってくれた父親には感謝ですね。

今日は買い物なんかに出かける予定でしたが、お子の睡眠がすっごくながくて明日に延期。今日はゆっくりすることにします。

2009.08.13

爪切不動尊

実家の近くに爪切り不動尊というところがあります。
そこは安産祈願でも有名なので、相方様の知人が赤ちゃんを宿しているということでその安産祈願に行ってきました。

交通量が少なく快走路。バイクだったら気持ちよさそうですが、距離が短すぎます。車だと楽ですがこれも短いですね。すぐです。ちょっと直線ばっかりですが、ゆっくりと流しながら真珠の養殖イカダなんかを眺めながらってのがよさそうですね。

20080813a

新しい道路ができていて、というかこの写っている場所は前からありますが、御座港まで直通になっていました。これはびっくり。青空がきれい。

20080813b

最初は知らずに御座港まで来てしまいました。地図で確認しながら、わき道を入るとありました。看板がバイパスから見えないので、標識があればいいなと思います。
事前に情報収集していれば金比羅さんに登ってもいいかなぁなんて思います。ハイキング程度ならいけるかな。

20080813c

左を向くとこんな感じです。赤い鳥居はお稲荷様、見にくいですが手すりの方へきます。

20080813d

ちょっと木陰もでてきた見た目は結構涼しげ。近所にこんな楽しげな場所があろうとは。
ただ今回の目的は違いますから。

20080813e

もう一段下がります。ひっそりしていて木陰があって涼しい。
雰囲気は抜群です。社務所?が門のようになっています。

20080813f

おいてあるライターで火をつけます。優しそうなここの人でしょう男性がいらっしゃいました。ここには絶対秘仏があり、なぜそう呼ばれるかは以下にあります。

※~中略~ 開祖空海弘法大師 ~  満願の日にただ一人、無人の山には入いられて大地から生えている自然石に自らの爪をもって不動明王の御像を刻まれ「吾、真言密教の神髄をこの不動明王に托せり、一心に称名する者はその苦難を救われん、仏性の尊厳を永遠に伝えんため、堅く秘仏とす開扉することなかれ」と誓われた。
それから、爪切り不動尊と称して絶対秘仏とされている。又弘法大師はこの爪切り不動尊建立の後、千葉県成田市にある成田不動尊を建立されたといわれている。

                                 奥志摩・御座 爪切り不動尊 参詣のしおり より抜粋

20080813g

振り向くとこんな感じ。大きなところではありません。意外ときれいに写っているIXYですが、最近のを使ってみたいなぁなんていう欲求も出てくる仕上がりです^^;


20080813h

無事、知人の為に訪れるこができました。

20080813i

膝が痛かったので、弘法大師の祠はあきらめました。なんでもなでると治る石があるとか最初に見ていけばよかった・・・。
そのほかにも、室町時代に作られた”梵字石”、薬師如来を祀る”薬師堂”、”霊符堂”がある。

20080813j

無事ゲット。頼んだら出してくれました。なんか引き出しみたいな場所から出してくれましたが、もの凄くしっとりしていました^^; これ人によっては嫌かもしれませんが、それだけ祈りが込められているという風に思うことにしました。

爪切り不動尊でGoogle検索するとより詳しい情報は得られます。

2008.8.14 改訂

2009.08.12

実家の生き物

庭が小さいながらもあります。そこには熊や狸はいませんが、昆虫たちはたくさんいます。苦手ですが。

20080812a

体長8mmくらいのバッタだと思います。ぱっと身は土や石にしか見えません。飛び跳ねて初めて気がつきました。

20080812b

こっちは7-8cm位かな、大きなバッタでした。実は手前の花を撮っていて初めて気がつきました。緑一色のバッタとは違ってちょっと苦手です。緑一色でも苦手ですが、こっちはもっとなんていうかグロテスクに見えます。仮面ライダー一号みたいにかっこよさもありますが、遠目で確認させて頂きます…。

20080812c

あまり見たことがない蜘蛛、1cmくらいかな。家の中の小さな蜘蛛とか虫を食べる巣を張らない蜘蛛がこの辺は多いのですが、ここ数年は見ていません。アレは僕無理です、大きさはソフトボールくらいありますし彼らはそれに加えて俊敏です。しかし、守ってくれているからおばあちゃんには殺すなと小さい頃からいわれていました。ぞくっとするんですよね、昔寝ていたら天井から顔に降ってきたので、その記憶が今もはっきり残っています。。。

20080812e

蜘蛛は脱皮をします。その抜け殻です。写っているこの種類の蜘蛛は100匹程度庭にいそうです。蜂もたまに捕らえられるので、これが我が家のsaftynetなんでしょうか?たぶん違うな・・・

20080812f

蜘蛛は強い部類に入りますが、油断大敵火事親父。蟻には勝てません。別におそわれたわけではないでしょうが、せっせと蟻が食料を運んでいるようです。小さな生態系ですね。

20080812d

朝顔の葉の裏にいた、よく見かける色素の薄い彼。畑とかでも見かけますね。

20080812g

その横の葉っぱにあった謎の卵。何が出てくるんだろうか・・・。このほか何やらが羽化したばかりのものもありましたが、ちょっと気持ち悪かったのでやめました。というか携帯で撮りました。機会があればまた。。。

20080812h

楽しいですが蚊とか虫とか、そういうのが一番大敵ですね。
午前中じゃなければ暑さにやられちゃいます。
今日の夕方妹たちがやってきます。楽しみです。

2009.08.11

一日目の実家 (^^)/

朝ゆっくり目に起きて、和食を食べました。
そのあと庭に出ました。

20080811a

風が吹いたらぶんぶん回り、飛び立つ勢いですairplane

20080811b

いつの間にか虫嫌い。それでもある程度離れてみるのは嫌いではなかったり。
行列が至る所にありました。大きなアリもいっぱいいましたclover

20080811c

庭をくまなく探したわけではないけれど、そんなにたくさんの抜け殻があったような気がしませんでした。

20080811d

マクロとかで撮るとかっこいいんだろうなぁなんて重いながら、それでも素敵な網を張っていました。これ以上は近寄れませんが・・・。

今日は最高の天気でした。
夜は満点の星空が。周囲の照明でぞくっとするほどのものは見ることができませんでしたが、家からある程度は見ることができました。

三脚を忘れてきましたので、カメラバッグに半分沈めながら長秒露光。北斗七星がくっきり見えました。

20080811e

ただ、結構蚊に刺されました・・・。

もうすぐ選挙です

この時期は来たる自分の誕生日と、平和・戦争関連のニュース、お墓参りというイメージなのですが、今回はそれに加えて大きな選挙ということでもあります。

新聞にとある元首相が新人議員と大接戦している記事がありました。それはさておき、こういうニュースは紹介の時、もっといえば良くあるテレビ番組もそうですね、その人を紹介するのに”元 何々”とか使うことがありますが、個人的にはどうもしっくりきません。たとえばクリントン元大統領ならば、しかと納得できるのです。一緒じゃないかともおもいますが、そこには日本の肩書き思考の嫌な部分がより強調されて見えることが、偏屈な僕の思考には鮮明に見えるわけです。

失言は一国の主たるもの十二分に気をつけねばなりません。とはいってもそこは人、少々はあることでしょう。witに充ち満ちた機転の利くトークでもできればいいのですが、官僚の当たり障りのない言葉で書かれた自分たちの身が一番大事なことが見え見えな記事を読むだけ。そこに辟易しているわけです。不利に働くような肩書きは残念ながらテロップには表示されません。元scandalとか収賄起こして起訴され有罪になった人とかですと元犯罪者でしょうか。言葉は重要ですし重きを置かなければなりませんが、揚げ足取りに躍起になるような討論は本質から大きく脱線しているのは誰の目から見ても明らか。

やはり重要である部分もありますが、そうでない部分もあるのです。

それと同様に記事には大物という言葉があります。記事は何の問題もありません、そうではなく大物という言葉に引っかかりを感じます。無能であっても影響力を持つ人はたくさんいます。大物なのかどうかは別として、人としての器はおちょこ並です。芸能界でも良くそのような表現が使われますね、たとえば大物演歌歌手とか大御所とかといった具合ですか。一定の層だけに影響を持つ、見えぬ力で他を律する・・・、いや制するですか。そんな人が有名年末歌謡ショーのトリだったりしちゃいます。文句を言えない雰囲気や気を遣いすぎる空気はテレビ越しにも伝わります。大御所だろうと大物だろうと、それぞれの土俵の上では間違いなくそうでしょうし認めるところです。が、一歩外に出ればただの人。その辺はき違えるから利権夜国家ができあがってるようなきも。

国政選挙は国のことを考えた人を選ぶべき、県は県、地方は地方のことを考える議員を選出すべきです。県の工事は県直轄が基本、ならば県議は訴えるべきで国会議員は国の運営の特化できれば一番いいはずです。が、システムとして現状の日本国は、他の国もですが難しいことと思います。4年おきにやってきてパフォーマンスを繰り広げる、4年に一度だけ腰の低い”センセー”が当選してしまうという現実。その選挙区の国民もいってみれば既得権益の確保に動いたり勉強不足だったりで責任は大いにあることでしょう。

利益は大切ですし欲がなくなっては社会が成り立たない部分もあります。人類もそろそろいいところまでやってきたのですから、もう一段階上のステップにあがらなくてはとも思います。考えることは大切です、その末に選んだ結果ならば納得の甲斐もありますが、何にもなく後で後悔してもしておけばという積年の後悔になることでしょう。払っていない人に将来年金は支払う必要はありません。システムとして支えない人は支えてもらえないでかまわないとも思います。それなりの個々の事由は当たり前に懸案事項ではありますが、必ず解決できるはずです。いい車をローンで買いながら給食費の滞納者もしかり、財産差し押さえはやむなしです。その子供は守らなくてはいけません。教育しなくてはいけませんがモンスターな両親を守る必要はありません。そういう人が増えているのは最近よく耳にします。若い会社員もおおいとか。彼らは教育を受けていないのではなく、その前の人としての段階が欠落していると。環境もそうですが、その親も駄目と。真っ当で弱いものも努力しているならば守ってあげるべきでしょう。不真面目で横暴なものはへ不利益な制裁でいいと思います。努力すれば普通の権利を再び得ることができるならばいいと。

選挙はたくさんのことを考えることのできるいいチャンスです。
そう思います。
どうでもいいとか関係ないというなら、それも有りだと思います。そこは個々の考え方です。ただ、できることなら将来政治から受けられるメリットもまた受益できないならば、より納得しやすいかもしれません。
以前よりは断片的にではあるにせよ、様々な媒体で簡単に情報が手にはいるようになりました。テレビ番組もそうですが、そこは取捨選択する自分の考えが必要になります。
選挙はそのきっかけをくれるチャンスでもあります。
ほんとうにそう思います。

選民思想な部分あるかもしれませんね、ちょっと言い過ぎな意見?正直者が馬鹿を見る世の中です。自分がその世界を捨てて違う世界にいくか、活きていくなら自分で知恵をつけなければ将来が苦しくなっていくことでしょう。いくつになっても勉強ですね。楽しいからいいか。つらつらと変なこと書いちゃったなぁ・・・。

最初の夕食

最初の夕食
おはようございます、実家は昨日の夜半から雨がたくさん降りました。

今は上がりましたが、地面は濡れていて庭はさながら熱帯雨林のようにムッとした熱気がやってきます。

ところが不思議なことに、より北にあるはずの名古屋にくらべれば、はっきりと涼しいといえるくらい違うんです。

そんな実家での最初のご飯は豪勢でしたよ。ミズナスに自家製味噌をつけて、厚いポークステーキ、ゴーヤの佃煮、ポテトサラダ。

最高!

減らしていた量を大幅に越え、今朝も胃が痛いです。

そこだけは
最悪…か。

2009.08.09

きれいな夕焼けでした

昨日土曜日、1午前十時くらいから四時くらいまでですが、まさに生命の危機というほどの暑さを感じました。
ちょっとまずかったです、水分補給や塩分も考えて摂取していたのですが、
時折の立ちくらみで焦るほどでした。

昨日は気分転換にとX02HTにsimを差し替えて、仕事のお供に連れて行きました。
色んな設定も忘れてしまい、特に問題になるようなこともなかったですが新鮮でした。

夕焼け空をうつしたので、今日の朝はこれでスタート。

A585
X02HT

横長フォーマットなのがいいです、がQVGAでしか撮らないのでちいちゃいかな。。。

今日でお盆前最後の仕事です。
今週は疲れましたが、しょうがないです。
もう一踏ん張りですな。


2009.08.07

疲れが貯まっています。

お金は貯まっていません。
久しぶりにX02HT出動させようかな~。
気分転換に。。。

A584

何もない部屋の片隅に魅力を感じる。。。
ヤバイなコリャ。。。

2009.08.04

久しぶりにアルバムを


Nikonのオンラインアルバムにあげてある写真です。
久しぶりに公開。
これぐらいしか、やっぱりお見せできるのはないようで。。。

ギャラリー

そういえば、最近アバターやら写真のやつとか、色んな機能がココログにも増えてきました。
さわってみたくはありますが、面倒なんです。あい。
というわけで、ある程度の間は見られる予定ですので、どうぞ。

*TUYUAKE*

今日東海地方に梅雨明けの情報がもたらされました。
昨日までの天気とは違って、挿すような日差しに目がクラッとすることも。

A583
930SH

流れのない川、堀川沿いの歩道。
木陰も十分にその役目を果たしているのか、暑さしのぎの鳥たちが何羽か見ることができました。
明日も暑くなりそうです。

« July 2009 | Main | September 2009 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ