« なんとか撮ったけれど・・・ | Main | 新たな力を手に入れたわけで・・・ »

2009.06.21

僕のパソコンをアップグレードしました!

  昨日も休みだったので、珍しく連休でした。そして相方様の実家にいっていたのですが、途中で買い物に一人で出かけ・・・、部分的アップグレードのPCパーツを購入してきました。

実は新規にくみ上げるといっていたのは、先送りにすることにしました。
Core i7 920のディスコン。intelの話しではリンフィールドも上のクラスはCore i7を名乗ることになるといってたし、時期OSの変わり目や今の環境と使用目的を考えて延命措置に走りました。

運良く行くことを願って、現行との入れ替えは以下の三つにしました。

*1*     CPU
*2*     マザーボード
*3*     メモリー

幸い自作パーツそのままを使用することで有名な、マウスコンピューターのBTOモデルを使っていたために色んな部分が通常規格から漏れることはないはずです。
そんなこんなで、安定と価格で深く考慮して購入したってわけです。
♪じゃじゃーん♪↓

A533

はい、そこのあなた!「ぴ、ぴごきゅぅぅ~!」とかいわないで・・・。
マザーボードはASUSのP5Q SE。P5Qに比べてRAIDに非対応だったり、
CrossFireXに非対応だったりするわけですが、もともとサブにしようとたくらんでいたくらいだから問題ないです。
P43とかでもよかったのですが、お店に行っていろいろ考えているうちにASUSがいいなと、安めで・・・といろいろ悩んだあげくこれに決まったので問題はないですね。

購入してから気がついたのは、親切丁寧な日本語マニュアルが付属していること。
これは驚きでした。といっても英語マニュアルでも困るものでもないので、楽したなというくらいですか。ちなみにこれはスタンダードモデルになりますので、あんな機能やこんな機能は付いてませんが買ったCPUにはBIOSアップデートしなくても対応してますし、僕には十分な代物です。

メモリーは見てのとおりUMAXのDDR2 800の1GB*2。
ベタですがぶっちゃけ2GBで困らないのでこれにしました。
32bitOSのうんたらかんたらは置いといて4GB でもいいですが、単純に金額の問題だったり。

食器を片付けて机の上を拭いて、早速ピカンとひかるマザーボードの箱を開けてみました。

A534

「おおぉぅ!前のよりちっちゃいなぁ~!」
ATXですがちょい幅が小さめです。ということは入れるの楽そう。
それからメモリーとかってずれて配置されてるの知りませんでした。今はこんなものなんですかね。

ボードの他に入っているものはというと、SATAケーブル*2、ペリフェラル4ピンをSATAタイプに変える二股変換ケーブル、IDEケーブル*2(ASUSの印刷がされている黒いのです)、ドライバーディスク(シール入り)、バックパネル、日本語マニュアル、Q-Connectorというらくらく下駄です。

コネクター類、実はほぼ流用したので(外すのが面倒くさいという話しもありますがw)、使ったのはパネルと白い方のQ-Connectorだけです。

A535

これがQ-Connector。白い方のみ使用しました。
一本ずつ挿していくのは当然みなさんそうですがやれるにしても面倒。
これに一旦挿してから、まとめてぐさっとやることができるというものですね。
ちなみにうつっている白い方の下側、PLEDの+-ですが離れていまして、
強引に曲げながら入れてやりました、ハハハ!!

A536

忘れていましたが、IEEE1394も省略されているんですね。
いまこれをblogの編集で画像貼り付けしたときに初めて気がつきました。
使ってないので要りません。というかeSATAとかもないですが、
そういうようなものは来るべきいつかの次期自作機の時でしょうIEEE1394はいらないですが。

ざっくり見ても黄色のS/P DIF(同軸)のがありますが、使わないし僕には必要十分ですね。
USBが6ポート、マウスとキーボード、オーディオ6PINにLANポート。必要最低限あります。
legacyポートはあって欲しいものです。マウスはUSBですが僕のRealforceはPS/2ポート。
Intelは脱Legacyだそうで、X58には乗ってないらしいです。オイオイ~。

それでは眺めてみますか。

A538

かなりかっこよいですね。なんといってもBlueがいい感じ。
GIGAのブルーよりも買ってしまったからですが、綺麗に見えるから不思議。
買った手前褒めなければなりません。
ヒートシンクが未来の研究所チックでいいですね。
あと、袋から出したときの匂いがたまらなかったです。

A537 

はい、現行LGA775です。
僕のもっていた旧LGA775はCore 2 Duoはのりません。これはどんと来いです。
前のはBTOだったので残念ながら装着作業ができなかったので、
実質Pen3 800MHz以来のceremonyにはいささか緊張してしまいました。

知らなかったのが、CPU側にはPINがないんですね。いやぁ、随分遠ざかっていたなぁ。。。

A539

CPUは思い切りましたね。45nmモデルのE0ステッピング(SLB9J)のE8400です。
オーバークロックなんてしません^^;なにせ、まえのCPUから見れば豪速ですので、アイ。
E8500との価格差は僅かですが、手持ちの金額と今までからのパワーアップ度を考えるとE8400でなぁーんにも問題ありません。

こういう箱を触るのも本当に久しぶりで、やっぱりクンクンしてしまいます。
箱の模様は宇宙人の言葉っぽいと高橋 敏也のパーツパラダイスでいっていた気がします。
アレはCore i7でしたが。

A540

BOX品です。なので、リテールファンが付属しています。
プッシュピン方式ですので、マザーボードがきしむ音を堪能できます。
定格での使用ということで、リテールでOKです。

A541

ちょーっと、この画像では見にくいですが、SLB9Jと刻印があります。
が、何度も言いますが定格でいくんでゴワス。

A542

初めてで緊張しますね、挿すのではなく置くだけなんですね。
知らなかったのでコレでいいのか蓋を閉めるのが怖かったです。

A543

閉めます!閉めました!
不思議にlatchをしたときに全体が薄いブルーに見えました。きれい!

A544

メモリーを挿しまして、クーラー装着!

このクーラーもの凄く薄型なのでビックリでした。
なんといっても前の子爆熱PrescottことPentium4 640のクーラーはドデカい。
もちろん今の後付クーラーと比べてはいけませんが、なにせ大きかったのです。

だって、あちらはこんな感じですから。

A545

ヒートシンクの大きさが全然違いますね。
そしてさらばMSIの915P Neo Platinum~!今までありがとう!

主要なものは全部はずし、そのままそっくり付け替えました。
コネクタも問題なく、電源も動いてくれたので流用です。
当然最初は起動しませんでしたが、BIOSでBoot Storagedeviceの設定をしてあげてOK。
フロッピーはないのでその辺をDisableにして終了。

無事起動後、OSのリアクティべーションが必要なのでネットか電話でといわれる。
イーサネットドライバーを入れてやって無事終了~。

あとはちょこちょこドライバー入れてやって、前のMSIのゴミをUninstall。
少々はいいでしょう。

というわけで、無事なんのトラブルもなく、実にあっけなく簡単にアップグレードが終了です!!

やっほー!

A546

ちっちゃくなったマザーなので取り回しも楽になりました!
前の9500GTを装着して、下にUSB*2をつけて、フロントパネルにUSB*2で終了!

一応完成ということでお写真撮っときました!

価格は当初よりも3000円程度オーバーしましたが、いい買い物できたからよしとしなければなりません。
使用した感じとかはまた後日お伝えします。

いやぁ、久しぶりによかったです。

« なんとか撮ったけれど・・・ | Main | 新たな力を手に入れたわけで・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ