« メニーコア時代へいくんかな | Main | フィルムの性質がよくわかる »

2009.05.25

忘れていたフィルムの現像・・・

忘れてました、イコウイコウと思ってずっと忘れてました。
その数5本・・・・うち白黒はすこし先に上がる予定です。

で、お金の都合もあって今回はプリントのみ。ちょっと選んで好みのやつをスキャンしてみました。
ずっと昔にでてきました写真。そのとき撮ったのだと思います。

A515
Nikon NewFM2
Ai AF Nikkor 35mm F2D
SUPERIA Venus 400


フィルムならではのやわらかさ、暖かみ。そういうのがこれでもかと出ていて、好感が持てました。
よく考えたら、NewFM2購入してから初めての現像。
いや、1回現像したら失敗してたのですね、覚えてます。
今回はドキドキでした。

デジタルと銀塩ではメリット・デメリットがおもしろいほど違う。
デジタルのこれでもかというガチガチさもメリットであってデメリット。
フィルムのもつ味とかそういうのも、細かいところはわからないけど感触もすこしは。

いやぁ、お金がかかるのがアレですが、普通にスキャンしても僕はプロでないから上等ですね。
やっぱり写真はおもしろいです。
 

« メニーコア時代へいくんかな | Main | フィルムの性質がよくわかる »

写真」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

我が家にも一眼レフのフィルムカメラありますが、最近はお休み中です。

デジタルの手軽さに慣れてしまうとなかなか登場の機会がないのですが、ケースバイケースで使ってみるのも面白いですね。

一眼のメリットを出す意味では、花の撮影に使おうかな?

いい写真☆
みかんのカメラは全部…デジタルだから、色が濃いです(笑)
花とか撮るときはやっぱりフィルムの方が柔らかいです。
でも、撮ったその場で確認出来ないのが難点(笑)

ハッとするようなお写真です。
一瞬見とれました。
一輪挿しと言ってしまえば、それだけですが、
花瓶のフォルムの滑らかさや水の質感、光の差し具合、木のぬくもりまで伝わってきます。
手を伸ばしたら、触れることができそうなほど。
こういうところが、一眼レフのいいところなのですね。

私はデジタルカメラを使うようになってから、一眼レフには指を触れていません。
シャッター音がよかったのですが、フィルムの整理が面倒ということと、
失敗作も現像しなければならない点が最大の難点となり、
メインカメラがデジタルカメラになりました。
撮り溜めた画像の整理がしやすく、現像もしなくなったので、快適です。
何よりも、デジタル画像として、様々なところにアレンジできるのが今は楽しく、
しばらくはデジタル画像で日々を記録していこうと思います。
私には、一眼レフの良さを最大限に引き出すような写真は写せませんから。
もっと勉強してからですね。

懐かしさを感じるような写真ですね。。。
ガラスの感触、木のぬくもりなどを感じることが出来ます。
さ~すがLaylackさん!!!
ぽっと撮った写真でも、あったかい感じがすごい好きです!!!
センスを感じます~。

ぞうさん、こんばんは。

ケースバイケース、そうですね^^
お金がかかっているということと、失敗したくないという思いからでしょうか、
一枚一枚にかける時間が長くなります。
気軽にスナップしたフィルムもありましたが、いいのはいいですがやっぱりお金が・・・。
花はなかなかいいのではないでしょうか、撮っている中に何枚かありましたが、僕もそう思いました。

みかんさん、ありがとうです。

えっと、デジタルでも設定しだいでずいぶん変わりますよ。
いろいろいじってみるとおもしろいです。
手始めにはピクチャースタイルを変更してみるといいかもしれませんね!
是非チャレンジしてみてください。

ぴろろさん、こんばんは。

いやぁ、うれしいです。ありがとうございます。
デジタルは整理に関して労力が何十分の1ですし、
場所はとらないし、本当に手軽になりました。
アレンジは最初抵抗がありましたが、作品として考えると今はアリアリですね。
いじるというと言い方悪いですが、楽しんでますし^^
今度いじったのもいろいろ載せてみます。

普段のもちょっといじったりはしてます。ふふふ。

wachiさん、僕にセンスあるかなぁ~^^;

ありがとうです。でも、フィルムだしって気張った気配はなんとか消えてますね。
よかったよかった。
あらためて、フィルムもいいなって思いました。
写真たのしいです。
現実逃避できますしね^^

こんにちは。
フィルムカメラはバカチョンカメラしか使ってなかったけど、あの頃はただの記念写真で、色合いはカメラ屋さんの現像任せでした。
デジカメの当初も(3・4年前まで)も、オートホワイトバランスのみで色合いを気にせず、露出補正も滅多にしなかったです。
最近は、露出補正はほぼ当たり前で、ホワイトバランスも結構チェックしつつ撮ってます。
コンデジは白飛びが多いから、デジイチはフィルムカメラなら、白飛びが少なくなるだろうなぁと思うことが時々あります。

mi84taさん、こんばんは。

僕は昔親のを借りてとったことありましたが、
それでも友達集まるからっていう記念撮影だけです。
補正そのものを知りませんでしたし、考えたこともなかったです。
プリントにいまはこだわっていませんが、白飛びとかの粘り図よさはあらためて感心することが多いです。
フィルムもまたおもしろいなと思いました。
でも、お金と利便性でアレですけれども^^;

The comments to this entry are closed.

« メニーコア時代へいくんかな | Main | フィルムの性質がよくわかる »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ