« GeForce 6600GT もうすぐ死にます | Main | スペイシー100で久しぶりにツーリング2 »

2009.05.04

LEADTEK WinFast PX9500 GT を買ってきました

昨日の6600GTがピンチでパンチなため、急遽買ってきました。
結局買ったのはこれ"LEADTEK WinFast PX9500 GT"の中古モデルです。
生まれて初めて自分の用事で大須に行きました。緊張しました。
最初はドスパラにもいってみましたが、やっぱり新品はもったいないので違うところで中古にしました。
ゲーム目的でないし。でも6600GTよりは上行きたいので、9500GTに落ち着きました。

ビデオカード(グラフィックボードともいいますが、どっち使いますみなさん?
略すならグラボの方をつかいますよね。英語圏だとだいたいビデオカードでした、関係ないですが^^;)
を単体で買うのは正直何年ぶりなことか。前にも書きましたが、Ti4200以来です。

A471

主要な部分だと

GDDR3の512MB
DirectX10
HDPC
DVI-I が2port

くらいですか。なんといっても現行ローエンドです。一応9400も在りますが、ローエンドエリアです。

A472
あー、久しぶりだこういうの。
中古ですがこれ製造日が2009年の2月です。きっと期待して買ったらナンダコレって売り飛ばしたんでしょう。
付属品も全て付いてます。

A473
付属品はこれだけ。TVoutへつなげるやつに、D-SUB15Pin変換コネクタ、マニュアルに、ディスク一枚。
マニュアルはこういう単品を買う人は既知の内容です。


A474
カードの長さは6600GTよりも長いです。
普通これで問題が生じるようなATXケースって少ないですが、
何を思ったか僕のHDDのSATAケーブルがぐにゃっと当たってました。まぁどうでもいいです。
HDDの取り付け穴をずらせば干渉しないんですが面倒ですのでこのまま。
6600GTは赤基盤、こっちは緑基盤。緑基盤って安っぽく見えますね。安いけど。

A470
ちなみに薄汚れたファンに固まる埃たちと、溶けてしまったファン。
すごいですね。汚いです。

A475
カッコイイかといわれれば「ぜんぜん!」と即答しますが、SilentFansinkと箱にも書いてあるのできっとこの形とかはいいのかもしれません。
事実6600GTよりも全然うるさくないです。

今はケース側面をあけっぱなしにしていて気がついたのですが、ケースファンが回ってません・・・。
手で勢いをつけてやると動き出すオソロシイ仕様です。しばらくは開け放っておこうかなとも思ってます。
あと、いっつもきになったファンの騒音は6600GTのおかしかったのもそうですが、
爆熱CPUことPrescottのPentium4 640のファンでした。最初からクーラーマスターのファンが付いてます。
静音には興味ないんで、どうでもイイですが、あーこれかと。

A476
これはモンスターハンターフロンティアのベンチマーク。
以前はハングアップ確実なこいつが完走しました。普通なことですが、僕には嬉しいです。
そこで、以前のデータがあるベンチマークを走らせて比較はしときました。


FFベンチ3    4433→4923
これはCPU依存なベンチですかね、あんまりでした。

3DMARK03   6485→15830
よく分かりませんが早く終わったですね。ズムーズで驚きでした。2倍強ですものね。

3DMARK05   2713→7551
驚異的に変わりました。体感が全然違いますね。あと表現もまったく変わっていました。
こういう風に見えているのが普通だったのかと思うほどでした。

ラストレムナント   640*480で平均フレームレートが4.78→46.87
紙芝居から動画に変わりました。音楽も普通に流れてるんですか、驚きました。
それではと1920*1200でやってみますと、まぁ遅いですが動きます。17.97でした。
これとモンスターハンターはXGAでさえ紙芝居の音楽途切れ途切れだったので、
パワーアップはものすごいです。

モンスターハンターフロンティア   同じくXGAで498→4923
上と同じく1920*1200では1537でした。


いろいろ見てきましたが、いくら現行のローエンドとはいってもさすがに
6600GTから比べれば恐ろしくレベルアップしたことに驚きでした。
リドテクの9500は糞だなんていわれますが、6600から見れば輝いてます^^
また補助電源も要らない上に電源容量が少ない僕にはいい選択だったと。

今度新たにパソコンを組むときはちょっといいやつ入れたいですが、
間が空けば空くほど進歩と性能の違いに驚きと喜びがあるかもしれませんね。
なにはともあれ、よかったです。

« GeForce 6600GT もうすぐ死にます | Main | スペイシー100で久しぶりにツーリング2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

まずは一段落ですね。ケースファン、回るべくして回らないのであれば交換時だと思います。早めの処置が無用なトラブルを防止します。

こんにちは。
>紙芝居から動画に変わりました
少し前に、壊れたのでノートPCを買い換えたら、エンコードの時間が短くなって感激しました。
動画をガンガン扱ったり、RAW現像する人は、性能がいいPCが必要不可欠ですね。
自分が撮っている動画サイズはミニマムなので、今のノートPCの性能でなんとか可能ですけど。

ぞうさん、どうもです。

そうですね、一段落です。
ケースファンは安いので一緒に見てくればいいのに、さすがの大須に飲まれてしまいました。
しまったなぁ、買っておけばよかったです。
見てみると、これはおそらく結構前から回っていなかったような気配が濃厚です。
今は側面をあけっぱなしにして常用しています。

mi84taさん、こんばんは。

こうやってさくっと取り出して撮影したいような場合、コンデジがいいなと思います。
それも小さめのやつですか。マウントを設置して動画も撮っているひとが多いので、
興味がないってわけではないですが、需要と供給からまだまだ先になりそうです。

そうですよね、エンコードってのがmi84taさんの場合重要ですよね。
オーサリングソフトとかで去年ムービーを相方様にプレゼントしたのですが、
16分程度の映像を作成してmpeg2にエンコードするのに数時間以上かかりました。
あれが、次の自作へのきっかけかもしれません^^;

こんにちは。
>16分程度の映像を作成してmpeg2にエンコードするのに数時間以上かかりました。
とてもきれいな大きなサイズの映像だったんでしょうね。
自分が撮る動画サイズは、320x240ピクセル・15fpsという、現在のデジカメではたぶん撮れないサイズです。
現在のデジカメの最小は320x240ピクセル・30fpsが多いかな?
15fpsで速い動きの物を撮ると動きがカクカクしますが、写真では伝わらないその場の雰囲気を残すには十分です。
動画サイトにUPできれば十分と考えているので、320x240ピクセルで我慢してます。
きれいに映像を残したいと思うなら、640x480ピクセル・30fpsが必要ですね。
動画を編集するのは面倒なのでやりたくないのですが、1度にある程度の時間を撮っていると不必要でカットしたい部分があるので、それをカットしてつなぐ程度のエンコードです。
動画サイトの他の人の映像で、文字を入れたり効果映像や効果音を入れた映像を見ると、すごいなぁと感心します。

mi84taさん、どうもです!

えっと、僕の作ったのは異常に高画質版です^^;
長くなりますがお付き合いください(  ̄^ ̄)>"
一点ものの感動させる系ですので、超高画質、長懲りまくりです。
最初はNZで式を挙げて、帰ったら知り合いだけでささやかに何かするかなんていってまして、
そこで僕からのプレゼント的な意味で結婚式用のビデオとして作っていました。
知人が友人の結婚式に作ってあげた作品を見て、プロみたいだなっていったら「ソフトで今はできるんだよ」
ってきいて、そのつかわなくなったソフトもらってきました。
テキストが入る、映像(すこしですが)、写真を組み合わせてそれぞれにエフェクトをかけまくっています。

ただ、途中でパーティーやらなくなったので、一周年にあわせて内容を変更していきました。
なので最初はそれぞれが生まれたころの写真、今に至るまで、結婚式、もう一年経ったね、これからもよろしくね!という流れです。
写真は基本的にはIXYやD80オリジナルのままのサイズを使用して(画像に書こうとかはしたりはしました)いて、
解像度を変更するのではなくて、見た目のサイズだけ変化させているのでそういう処理も重いのでしょう。
あと、公開とかしない前提なビデオですので、わざと映画風にしています。

映画で最初によくあるルーカスフィルムのTHX(ガラス玉が割れるみたいな映像と音です、ドルビーナンタラとか書いてありますが、映画風にしたかっただけなので本編には関係ありません)を使ったり、
部分的(タイトルコールみたいな場所や、ポイントポイントに)に使うBGMは以前やっていた
EverQuest2(ゲーム)のmp3ファイルを聞きまくって合うやつをその部分だけ切り取ってたりしてました。
曲もあてがってありますが、フルコーラスで小田和正のとビヨンセのを一曲ずつ使ってます。

それらを組み合わせると同時に、曲調や歌詞の内容(英語版は訳探したりです^^;)タイミングに合わせて
すっごく面倒ですがエフェクトや写真の出現タイミング、フェードイン・アウトとか動き方とか組み合わせたりしました。
で、やってる内容はナイショなので、結局何ヶ月もかかっちゃいましたが、途中から何かすごいぞみたいになってきて・・・。

作業時間も異常にかかりましたが、その分エンコードも無茶苦茶になってしまいました。
曲とか色んなソースはもってきたのをあわせてあるだけですが、そこらへんの結婚式で流れるビデオにはまったく負けません(・∀・)
公開できないのが残念です。
たまに、人に見せたくなります、これ作ったんよって。
組み合わせっていわれればそれまでですが、さすがに曲作るとか、CGI作成とかはむりですが、ここまでできるのかって思うとまた作りたくなります。

スクーターの同じスペイシーで動画とってる人は、30fsだったかもしれません。
VGAだときれいだけれどもそれなりに処理も大変でしょうし、
僕がやったみたいなのは特別にして、
いくら小さいファイルサイズだったとしても頻繁ならやはりマシンパワーが欲しくなるかもしれません。

あー、何らかの方法でうまく雰囲気だけでも伝えたいほど、ちょっと見て欲しいです。
っていうくらい、なかなか手間がかかったやつでしたので ^^; ヘヘ
名前隠したり、顔全部隠したりして、画像サイズを無茶苦茶ちっさくして(オリジナルは普通のテレビで見ることを前提にしてたのです。)
やればどっかで公開できるかもですが、THXのとか思い切りぱくってつかってるので、マズいかもです。
まぁ、遊びですしMADとかある位なのでOKでしょうが、意外と手間が大変そうです。
新しいマシン買ったり、時間あればおもしろそうですけどね^^
すいません、長くなりました。

The comments to this entry are closed.

« GeForce 6600GT もうすぐ死にます | Main | スペイシー100で久しぶりにツーリング2 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ