« 旅先のスペイシー | Main | 最初期のショット »

2008.08.06

There’s no going back now

BLIZZARDのDIABLO3のカラフルな色彩について、ファンから抗議が殺到していた兼についてコメントがでた。

陰惨、ゴシック調、極めて暗いイメージを持つDIABLOの歴代シリーズとは違い、WARCRAFT系のキャラクターや明るいグラフィックにファンが署名運動を行っている。その数は5万3000人を突破した。Jay Wilson氏はinterviewでこう答えた。

"There’s no going back now "

彼はDIABLO3のlead designer。ずいぶん前になるが退社してしまったErich Schaefer氏,Max Schaefer氏,David Brevik氏,Bill Roper氏。彼らがいたらなんて考えたり。いろいろありますな。

interviewはこちらから
http://multiplayerblog.mtv.com/2008/07/31/diablo-iii-designer-talks-colors/

« 旅先のスペイシー | Main | 最初期のショット »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

My Photo
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ