« Invermereへの道中 後編 | Main | まだこいつはこけてない »

2008.06.17

綿毛がぼわっと

そんなに綺麗な場所ではないのだけれど、ぼわっとぼやけて見えなくなると、ちょっと綺麗な感じに見えたり。

A216_2
D80  Ai AF Nikkor 35mm F2D

おもしろいからって何でもかんでも開放で撮ってるとダメだね。でも、こういう風にちょっぴりごまかせる(整理)かもしれない。

« Invermereへの道中 後編 | Main | まだこいつはこけてない »

写真」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

ぼわっという感じがいいですね!

おはようございます!
綿毛のフワフワ感出てますね☆
すごーい!
かわいいなぁ♪

Laylackさん、こんばんは!

面白い感じに仕上がっていますね!
綿のところがとても柔らかそう~!!

こういう写真って、どこにピント合わせるのか迷いますよね!
その場で判断できないことが多いです。

とりあえず何通りか撮ります~!

ぞうさん、こんばんは。

ぼわっという感じがやっぱりいいですよね!
ありがとうございます!
F2.0さまさまですよ~♪

みかんさん、こんばんは。

カワユイでしょう?新レンズのおかげです、僕の腕じゃぁありません^^;
でも、ふわふわです!
ふっわふわです!

こんばんは、かなもなさん。

たしかにその通りなんです。
とりあえず今回は後ボケを見てみたくて、左にピンをもってきたんです。
難しいですねー。
今度こういう場所撮るときは、段階露出みたいにピンを変えてってのもやってみます。

カメラ、詳しくないのですが、デジカメでポートレートのように写すことは可能なんですか?
料理の写真を撮る時に、いつもそう撮りたいと思うのですが、思うようには撮れず、
ぼかしたいところまでくっきり写るか、全体がピンボケ写真になってしまうかです。
どうしたらいいのかな~って、ちょっと悩んでいます。
シーン別のマクロモードで撮ってもピンボケ。
開放で撮るとはどういうこと?

ぴろろさん、フィルム一眼もってるって昔書いてませんでしたっけ?僕の勘違いかな?
まずですね、ポートレートというと、主要な被写体をクッキリシャッキリ、背景を微妙にぼかすという感じでしょうか?
コンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)は、焦点距離が短いのです。
焦点距離はレンズから通った光がフィルム面(デジタルなら撮像素子、CCDやCMOSです)で結像する距離です。
で、普通のフィルムカメラならあの135フィルム(35mmフィルムです)24×36mmの大きさなんですが、僕のもっているデジタルですとAPS-Cという規格でフィルムのそれよりもずいぶん小さく16.7mm×23.4mmぐらいらしいのです。

よくいう35mm版換算で何ミリとありますが、あれは比率換算した際の数値です。D80の場合は1.5倍するとなってますので、仮に50mmのレンズをつけた場合は、35mm版いうところの75mmのレンズをつけた場合と同じ画角になります。

ぴろろさんのもっているFX-33等のコンデジは、APS-Cサイズのデジタル一眼レフ(規格によって様々ですが)よりも更に小さいCCDのサイズで1/2.5型CCD(http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/qa/parts/20040805/109197/)を使用しています。単純に何倍かすれば画角はわかりますが、まずはそれだけコンデジの場合は小さいフィルムで撮っていると思ってもらえばいいと思います。

コンデジと一眼レフの"マクロ"は違うので一概に言えませんが、コンデジの場合は接写機能に優れたモードという意味合いです。広角端(もっともワイドで、ぴろろさんのなら28mmのとこ)がもっとも近くに寄ることができます。マクロモードは近くにあるものにピントが合う反面、その範囲を超えるとアウトフォーカスになります。つまりこれがボケとなります。
同じレンズ前距離にあるものでも、マクロモードから通常に切り替えるとピントから外れてしまいます。ここでは前景をぼかすことも一応できます。
コンデジは焦点距離が短いという特性上、ピントの合う範囲(被写界深度といいます)が広い事になります。いわゆるパンフォーカス、全体にピントが合うような感じのものが多いのが特徴なのです。風景などはこれが向いていますよね。そして、それは広角になればなるほど顕著です。
ですので、仮に人物ポートレートを撮るとしたとき、背景をぼかしたいのであれば、
・人をそこそこ近くに置くこと
・背景はなるべく離れたものを選ぶ
・望遠側で撮る
ことである程度はぼかすことができます。
ですので、APS-Cデジタル一眼の場合は同じ条件(後述する絞り等です)でそれよりも何倍も被写界深度が狭いため、つまりはピントが蛙不範囲が狭いために、それから外れた(ピンぼけしていく範囲)ところがボケとなって写ることになります。
35mm版フルサイズデジタル一眼レフや、35mmのフィルム一眼は更にもっと狭くなる(よりぼける範囲が多くなる)という具合です。

あと、開放ですが、絞りを開け放つという意味です。絞りとはレンズの光を調節する部分です(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%9E%E3%82%8A_(%E5%85%89%E5%AD%A6))とか
http://www5c.biglobe.ne.jp/~ky0408/siborisyatta.html)見てみてください。
僕の買った新しいレンズの場合。F値(F number)は2.0というやつです。F2.0と書きます。数字が小さい方が明るいです。明るいと被写界深度が狭くなります。つまりピントが合う範囲を極端に狭くした撮り方になります。コンデジの場合は通常絞りを変更できません、自動的に変わっている感じです。
なんとか書こうとしたんですが、わかりにくいですねゴメンナサイ。。。

ぴろろさんみたいな文才欲しいですよ。。。orz
いつかじっくりお話ししたいですねー。

The comments to this entry are closed.

« Invermereへの道中 後編 | Main | まだこいつはこけてない »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ