« ムシムシ!あつあつ!海上の森! | Main | 海上の森折り返し地点 »

2008.06.25

壁の向こう

A235
IXY DIGITAL 50

壁の向こうの青空がきれいだった。壁を飛び越して向こうへ行きたいなぁ。でも、壁は高く延々立ちはだかる。いつか向こうへ行きたいなぁ。

今日は訳あってお休み。用事なので遊びに行けません。頂いているコメントは夜にお返事します。

« ムシムシ!あつあつ!海上の森! | Main | 海上の森折り返し地点 »

写真」カテゴリの記事

Comments

壁の向こう側に行きたいとか、この町を出て行きたいとか、なぜか唐突に思ったりします。
実際は生活に縛られてムリなんですけどね。。。苦笑。
今日のご用時は無事済まされたでしょうか?
梅雨の合間の青空。。。ですかね。。。
この壁の向こう側はどうなっているんでしょうね。。。
いつか確かめてください!!!

ときおり、かずなさんは僕を見透かしたように(いい意味で)言葉をくれます。
用事は済みました。
貴重な時間で、最初は個人的には辛かったのですが、
大変勉強になることでした。
いつのひか、お伝えできるとは思います。
笑っていられないほど、たまにしんどいです。
が、せめてBLOGでは踏ん張っていきたいです!
いえーい!!!!

「壁の向こうに行きたい」と囚人たちも思っているのでしょうね。

今の生活に満足しているはずでも、非日常の世界に足を踏み入れたいと思ってしまうのは、何故なんでしょうね。
ないものねだりなのか、束縛が苦しいのか、日常から逃避したいのか…。

大したコメントができないのに、コメントしている自分が嫌です。
最近ちょっとブルー。
こんなコメントですみません。

囚人・・・、たしかにそうかもしれません。
ここは高速道路の防護壁(防音壁)ですが、一応僕の気持ちというか、なにやらを表してみました。
僕はもしかしたら囚人のように、なにかにとらわれているのかなって。
逃避、そうかもしれません。
在るもの全てが現実ではありますが、目に見えているもの全てが真実ではありません。なんて、哲学的に考えると、僕もブルーになってきます(・∀・);
Blogを見てくださっている人は、僕に幸せな快活さをイメージしてくれてます。それは、うれしい!文章もなるべくそうしていくことで、稚拙ながらもLaylack本人が快活になっていければと思ってます。
現実は厳しいです。
ただ、いつもここでみんなに助けてもらっているので、みんなを助けたいとも思ってます。
ぴろろさん、ブルーなのにコメントありがとうございます。
結構刺さります。僕も逃げたいんでしょうね。
どうかな?、そうでなかったらいいのになって。
お話しできればいいですが、チャットや何やらの手段を考えるも、結局何もできないし、お話ししたとしても解決できないだろうとおもうと、ジレンマ感じます。
ゆっくりなさってください。

雨のしずくかと思ったら。。。アメンボさんだったのね☆(笑)
最近アメンボ見なくなったです。。。
どこに行っちゃったのかなぁ??
自然の方がアメンボさんも幸せですね!!

アメンボはひっそりとですが確実にいるようです。
が、やはり都市部では少なくなるのは仕方ないですね。
今でも、ちょと離れたところなんかには、たくさんいますよ。
そう、自然の中の方がいいでしょうね!

The comments to this entry are closed.

« ムシムシ!あつあつ!海上の森! | Main | 海上の森折り返し地点 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ