« 壁の向こう | Main | 帰り & 番外編 »

2008.06.25

海上の森折り返し地点

いくつかある内分岐点のうち、ここみたいなという場所があったのでそちらに行く。
ここみたら、すぐに帰ろうと決心していた。

A236

進んできた道を鋭角に左にまがり下っていく。道は、よりぼろっちくなってきた。あまりにきちゃなくてぬかるんでいるので撮さない。下っているから、周りの木々がよけいに高く見える。薄暗さ爆発だ。

A237

お!見えた!
なんか、かっこええー!!

A241

雨はうっすら写ってるかな?水面に。アメンボの異常なほどの数と共に・・・。薄暗いけど誰もいないので独り占め。ちょっと見ては先のトンネル部分に避難の繰り返し。

A238

海上の砂防池みたいな名前だった。ちなみに目測だけど水平はでてます、岸が斜めに見えるから。見た感じはこんなくらいの明るさといいたいのだけど、以前実家で自分の写真見たときの“見た目”の違いがあったので、何ともいえないなぁ。LaylackのCRTだと適正な明るさだけど・・・。色合いとかもチガウかもしれんですし。

ちなみに色温度は5000Kに設定して、nVIDIAのGeForceに付いてた手動キャリブレーションは一応してあります。皆さんやってるかな?それでも僕の使ってるCRTは10年以上経っていますので、ヤバイ気配も。うむーぅふ~、モニター欲しい。欲を言えばナナオのカラーエッジ、欲を言わなければフレックススキャンの24インチワイド!あ、関係ないですか、ソウデスカ・・・・。

A239

写真で伝わるかどうかわからない。でも、一人で雨の中だけど立っていると、ぞくっと来るものを感じた。

ん?何にも出てこないよ。そうじゃなくて、すごいなーってね。水面は雨で脈動しているはずなのに、結構映ってくれている背景。静かな水面だったら鏡面のようかもしれないねって。朝早く晴れた日に・・・、ん~、起きられないじゃん→オレ!

周りが木々に囲まれているせいか、朽ち果てたはずの木がなかなか倒れていないみたい。ものによっては下が削れていたりしているのに。

雨が強くなったら木々の下へ避難。すると同じように避難した蚊やアブみたいな飛行部隊が襲いかかってくるので、すぐさま途中で飼った虫除けミストを露出部分に散布!

これがまた強力のようで、虫は寄ってこないのだ!もう、すごい!キンチョウやるじゃないか!で、調子に乗ってかけまくっていたら顔中ひりひりしてものすごくいたい!

ウギャ!

外へ戻り(?)雨で手を濡らして顔をゴシゴシして落ち着く。で、雨脚が強くなったら非難し、顔に集中砲火を食らうのでやむを得ず秘匿兵器を使用して悪循環。

以下、繰り返し。

Oh No! ザマス

A240

ちょっとやんだ瞬間に撮影。雨粒ではなく水面にミエルはアメンボ軍団。こうしてみると岸辺に近いところしかいないようだった。深いところは魚とかにおそわれる確率が増えるからかな?なので水辺を歩くとまるでソナーのように僕の動きの応じてアメンボが波紋を作っていた。

近くにこんな綺麗なところがあるかと思うと、ちょっぴりうれしくなった。車で30分ぐらいかな。ただだし、虫対策すれば、天気よければ、装備考えればかなりナイスなところのよう!

そして、来た道を折り返す。帰りはここを見たせいか心なしか足が軽い。だから、帰りの写真はまた明日!

そうそう、虫除けミストですが、後ろ見たら顔など粘膜やデリケートな部分には使用してはいけないと書いてありました!
( ゜Д゜)うわー!
やむを得ず使うときは手にとって、薄く塗ってね♪と書いてあった。
( ゜Д゜)うわー!うわー!
顔の皮膚を鍛えなきゃいかん!
、と一瞬思ってしまったLaylackはやっぱり子供かもしれません。。。orz

« 壁の向こう | Main | 帰り & 番外編 »

写真」カテゴリの記事

Comments

ブログの記事、精力的に作成されていますね。
すごいエネルギー。今の私にはちょっと羨ましいです。

海上の森のお写真の数々、心が休まりますね。
緑色が好きなので、額に入れて、部屋に飾りたい感じです。
ホント、鏡面ですね。
こんな光景は、実際には見たことがないです。おそらく…。
人のいない湖沼散策、憧れますね。

はぁ~、また大したコメントができないのに、コメントしている…。
もう休んだ方がいいのかな?おやすみさない。

僕はPCが好きです。
いやなことがあれば座ってます、逃げみたいな部分あるかもしれません。
何をやるでもなく、キーボードの匂いとかも好きです。
触っていたいので、自分が疲れていなければ、写真やなにかネタがあれば、時間があればこうやって何かしら触っているだけです。

少しでも心によい風に見えてくださるのなら、この写真を撮ってよかったと思います。
緑はきれいです。パワーくれる感じですか。
ただ、その後は必ず灰色を見る時間が長くなります。
たまに見るからいいのはわかるんですが、恒常的に見えている環境の方がいいですよね。

近くに住んでいたら(晴れの日に^^;)ご一緒したいですね。
リフレッシュは必ずできます!

>大したコメント
がどういうものかはわかりませんが、ぴろろさんの気持ちは届きます。ありがとうございます。

いい夢見てください♪明日は気分が優れているといいですね。

おはようございます。

ついに、目的地の池に到着ですね!

帰り道は、今まで来た道がまた違ってみえたことだと思います。

なんか。。。殺伐とした雰囲気を感じたのは私だけでしょうか。。。苦笑。
池の中の木が朽ちているのはどうしてこうなったのでしょうか。。。
もともと木が生えていたところに水が溜まって池が出来た?
それにしても、Laylackさん、顔の皮膚丈夫過ぎ!!!
大丈夫でしたか?!
まったく~。
注意書きはちゃんと読まないと、ですね!!!

ぞうさん、こんばんは。

お察しの通り、帰りは少々気が楽に感じられました。
不思議なものですね。
今までの道が近く、綺麗に見えましたよ!

かずなさん、こんばんは。

えーっと、砂防ダムの小さい版です。
通常の貯水池とは違って、土石流や土砂の移動の防止、災害の防止のための人工池です。
ですので、この木は以前そこにあったという事でしょう。
治水事業の一環ではあります。下流の地域を守るためですね。
ダムほどの大規模ではないので、そういった周り絵の影響も少ないということらしいです。
でも、殺伐とたしかにいわれてみれば見えますね。
モノクロだとよけいそう感じるかもしれません。

あ、あと、注意書きは見るようにします(・∀・);
丈夫でよかったです、ほんとに。
ご心配ありがとうです!

Laylackさん、こんにちは!

雰囲気がすごく伝わってきましたよ!

特に2枚目の写真、好きだなぁ~!
池もひっそりとしていて、趣がありますよね。

池のなkの朽ち果てた木が、ぞくっとしましたよ~。

お!?マジですか?
うれしいです、ありがとうございます!
笑われたかいがあるってもんです (・∀・)イヒ!

二枚目はちょうど木々のトンネルになってました。
朝早い時間で、誰もいないようなシチュエーションだと湖面も静かかもしれません。

ぞくっとしましたか!
僕の写真ででもそう感じてもらえたなら、ちょっとばかりうれしくて飛び跳ねちゃいます!

The comments to this entry are closed.

« 壁の向こう | Main | 帰り & 番外編 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ