« May 2008 | Main | July 2008 »

2008.06.30

Diablo3キタコレ!

ヨーロッパ時刻で6月27日に、パリでなんと発表されていたとは!!

細かい説明はなし、斜め見下ろしという俯瞰始点のAction Role Play タイプ。ARPGとかカテゴリー分けしてあるところもあるね。いずれにしても、DIABLOタイプなんていわれるぐらいだから、初代の及ぼした影響は言うに及ばずである。

ちなみにLaylackは最初のDiabloは友達に借りてやった記憶がある。3キャラクターから任意の1キャラを選択してダンジョンへ潜るタイプ。最後の結末には参ったが、"洋ゲー"(この表現はいやだけど)らしくじつにダークな雰囲気だった。いやぁ、後味悪かったなー・・・。ArcherとFighterでクリアしたっけか。

英語版しかなかったが、アイテムは複雑なのはないし、magic系もゲームに慣れ親しんだ人なら想像が付く程度の単語が多い。PCゲームには多いもの、例えば盾を使った「バッシュ:吹っ飛ばして相手を大抵stunさせるやつ」などコンシューマー機には少ない技もあるが、技名称の他に効果(reult なり effect)が表記されているのでわかりやすい。ストーリーさえ知ってれば、最後まで英語がいるような感じではなかったりする。

で、Diblo2 は英語版を購入した。手元にないのは誰かに貸したからだっけ。この前久しぶりに思い出して急にやりたくなり、DEMO版の1と2をDLしてやったりしてた。2の方はLoad of Destruction(破壊) という拡張パックが発売されたけど、そっちは手を出してない。なぜならば、2はコンプリートしていないから・・・。Diabloは結局3大魔王のうちのTerror(恐怖)担当のやつなわけ。だからLoad of Terror 。で、たぶん2でコンプリートすると、拡張で続きのBaal(ググるとでてくるよ、ゴエティアにも登場する超メジャークラスな悪魔、宗派によっては天使・神様でもある)がBossになるって話しらしい。

ただ、ここは英語がネックになってきて、オープニングは字幕なしのムービーなんだけど正直6割ぐらいしか解らない。いや、クエストにはLogもついてて、簡単なんだけど思いきり楽しめなかったからね。今は有志によって日本語パッチが作られていて日本語で理解しながらできるらしい。これは拡張セットのやつも含めて買うか!?なんておもってたりね。1はいいや、もうやりまくったから。2だよ、2。アレまたやりたいなぁ。

でだ!!!時代も経ったからってのもあるが、もうスゴスギ!Diabloちんだんじゃないの?オラァ、ワクワクしてきただぁー!

公式(英語)ムービーとか公開されてるヨン

http://www.blizzard.com/diablo3/index.xml

2008.06.27

ほぼ腹の中ですが

実家から送られてきた、かぼちゃ、玉ねぎ君達はほとんどお腹の中。

A246

おばあちゃんが作ってくれたかぼちゃは、それはもうあまくておいしかった。何故にあれほど違うのかな、味が。スーパーマーケットで買ったやつとは、まったく別物だからただただ驚く。品種?が違うのかもしれないけれども、それにしてもうまみ自体が別物だ。

都会でいくら生鮮食料品が買えると、手にはいるといっても。なんというか、次元が違うっていうのはこういう事なのだと実感。

2008.06.26

帰り & 番外編

当たり前だと思っている人は、どうでもいい話題。PLフィルターについて。

僕はノーブランド品をかったわけで、Kenkoやmarumiといった一流製品じゃないC-PLフィルターをもっている。薄暗い感じになるから(光量不足から)、シャッタースピードは落ちることになる。その代わり、円偏光特性によって反射光の抑制なんかをしてくれる。

で、試してあるので、こんな感じということで。

A242
装着して効きがもっとも弱い風にして撮影。

先端をくるくる回すような構造になっていて、90°で特性が一巡する。一応目印も付いているが、ファインダーでも確認できるのでわかりやすい。

A243
装着してもっとも効果がある状態で撮影。

水面における反射光がずいぶん抑制されているのがハッキリわかる。また草や木々の色も、反射光が取り除かれて、本来の緑色が見えている。

これ、効かせすぎは難ありかな。何でも適量がいいと思った。といっても、そのときの表現したい方向によっていろいろ変えていけばいいと思う。正解はないしね。

あと、空が青くなるらしいけど、青空ではまだ試していない。また今度晴れたらやってみたいな。

さて、帰りは足取りも軽い。やはり雨は降っているものの何かいい気分。とりあえず、ちょっとした達成感があるからかな。

A244
あえて反射光を少なめにしてみた、画像加工はしていない。鮮やかに映るのは僕の帰りの足取りの軽さからだ。僕にはこう見えていたな。雨はやだけどね。

A245

もうすぐ駐車場というまさにそのとき、雨が上がった。上見たら、綺麗だったよ。

ただ、雨やむタイミングが、うぉいぃ( ゜Д゜)!だったけど・・・。

これにて終了~。海上の森はおもしろいところでした。
筋肉痛は昨日で終了。

2008.06.25

海上の森折り返し地点

いくつかある内分岐点のうち、ここみたいなという場所があったのでそちらに行く。
ここみたら、すぐに帰ろうと決心していた。

A236

進んできた道を鋭角に左にまがり下っていく。道は、よりぼろっちくなってきた。あまりにきちゃなくてぬかるんでいるので撮さない。下っているから、周りの木々がよけいに高く見える。薄暗さ爆発だ。

A237

お!見えた!
なんか、かっこええー!!

A241

雨はうっすら写ってるかな?水面に。アメンボの異常なほどの数と共に・・・。薄暗いけど誰もいないので独り占め。ちょっと見ては先のトンネル部分に避難の繰り返し。

A238

海上の砂防池みたいな名前だった。ちなみに目測だけど水平はでてます、岸が斜めに見えるから。見た感じはこんなくらいの明るさといいたいのだけど、以前実家で自分の写真見たときの“見た目”の違いがあったので、何ともいえないなぁ。LaylackのCRTだと適正な明るさだけど・・・。色合いとかもチガウかもしれんですし。

ちなみに色温度は5000Kに設定して、nVIDIAのGeForceに付いてた手動キャリブレーションは一応してあります。皆さんやってるかな?それでも僕の使ってるCRTは10年以上経っていますので、ヤバイ気配も。うむーぅふ~、モニター欲しい。欲を言えばナナオのカラーエッジ、欲を言わなければフレックススキャンの24インチワイド!あ、関係ないですか、ソウデスカ・・・・。

A239

写真で伝わるかどうかわからない。でも、一人で雨の中だけど立っていると、ぞくっと来るものを感じた。

ん?何にも出てこないよ。そうじゃなくて、すごいなーってね。水面は雨で脈動しているはずなのに、結構映ってくれている背景。静かな水面だったら鏡面のようかもしれないねって。朝早く晴れた日に・・・、ん~、起きられないじゃん→オレ!

周りが木々に囲まれているせいか、朽ち果てたはずの木がなかなか倒れていないみたい。ものによっては下が削れていたりしているのに。

雨が強くなったら木々の下へ避難。すると同じように避難した蚊やアブみたいな飛行部隊が襲いかかってくるので、すぐさま途中で飼った虫除けミストを露出部分に散布!

これがまた強力のようで、虫は寄ってこないのだ!もう、すごい!キンチョウやるじゃないか!で、調子に乗ってかけまくっていたら顔中ひりひりしてものすごくいたい!

ウギャ!

外へ戻り(?)雨で手を濡らして顔をゴシゴシして落ち着く。で、雨脚が強くなったら非難し、顔に集中砲火を食らうのでやむを得ず秘匿兵器を使用して悪循環。

以下、繰り返し。

Oh No! ザマス

A240

ちょっとやんだ瞬間に撮影。雨粒ではなく水面にミエルはアメンボ軍団。こうしてみると岸辺に近いところしかいないようだった。深いところは魚とかにおそわれる確率が増えるからかな?なので水辺を歩くとまるでソナーのように僕の動きの応じてアメンボが波紋を作っていた。

近くにこんな綺麗なところがあるかと思うと、ちょっぴりうれしくなった。車で30分ぐらいかな。ただだし、虫対策すれば、天気よければ、装備考えればかなりナイスなところのよう!

そして、来た道を折り返す。帰りはここを見たせいか心なしか足が軽い。だから、帰りの写真はまた明日!

そうそう、虫除けミストですが、後ろ見たら顔など粘膜やデリケートな部分には使用してはいけないと書いてありました!
( ゜Д゜)うわー!
やむを得ず使うときは手にとって、薄く塗ってね♪と書いてあった。
( ゜Д゜)うわー!うわー!
顔の皮膚を鍛えなきゃいかん!
、と一瞬思ってしまったLaylackはやっぱり子供かもしれません。。。orz

壁の向こう

A235
IXY DIGITAL 50

壁の向こうの青空がきれいだった。壁を飛び越して向こうへ行きたいなぁ。でも、壁は高く延々立ちはだかる。いつか向こうへ行きたいなぁ。

今日は訳あってお休み。用事なので遊びに行けません。頂いているコメントは夜にお返事します。

2008.06.24

ムシムシ!あつあつ!海上の森!

で、ですね、その畑みたいなところは入れないけど、虫見つけました。蒸し暑いさなかに虫・・・。

A229

食べているのかな?わからないのだけれど、帰り道にここを通ったときにもまだひっついていました。ギロリと見ていますね、バッタ系の刺客か!!コワイじゃないの!!

A230

ユリみたいなわけのワカラン花が綺麗でした。ぽつんと一輪。近寄れないのもまた一興ですな。

A231

今年の初の紫陽花撮影。相方様はこのエントリー作成時を見て「ポストカードみたいでキレー」といってくれました。
ヤホホイ!(・∀・)!
実際無茶苦茶青かったです、大丈夫かっていうぐらいに青い紫陽花でした。こういうのもあるんですね。それとも雨のせいかもしれませんね。

A232

水たまりに映った上?空?木?です。それだけだとアレなので、ロゴを画像とsymmetryな具合にちょっと変更。泥水だといわなければ、結構いけるかも!・・・いや、無理かw

A233

曲がり道はドキドキ、いつもドキドキ。曲がり道を曲がると・・・。

A234

めっちゃ薄暗い道・・・orz
というか、ずっとこんな感じですよ。

写真説明すると、なんかいい感じだけれど。アツアツで、ゼイゼイで、足は重たく、カメラぶら下げたままの首は折れそう、雨はやまないし額から汗は垂れるしで、画面より遙かに過酷な感じ。でも、写真だけ見ると涼しげですね~。

ここからもう少しだけ、ホントニモウ少しだけ歩いて引き返しました。ですので、もうすこし続きます。

2008.06.23

雨なのに海上の森へ行く

というわけで、海上の森(http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&q=%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%A3%AE+%E5%9C%B0%E5%9B%B3&ll=35.199051,137.114069&spn=0.002898,0.00596&t=h&z=18)に行くことにした。目的地はリンク先の駐車場。

シトシトから結構な雨に切り替わったが、せっかく来たので合羽を着込む。リュックを背負いいざ出発。ちなみにこの駐車場は30台ほど止められるらしいが、結構広い。トイレもあって散策する人が利用しやすいようになっているみたいだ。

で、舗装路に出ててくてく歩く・・・。

A224

駐車場を出てすぐ左に向かって歩き始めたところだ。雨は写ってないが、もうそれはすごいくらいに降っている(・∀・);  左の川は轟音響かせながらの濁流と化している。音がちょっとコワイかも。そして、リュックもぼろいので早くも重さが身にしみる。いつでも撮れるように、D80+VR18-200を首から下げるがこれまた首が痛い。

A225

後で考えればたいした距離ではないのだが、雨と歩きにくいブーツにバイク用(ライディングポーズで一番動きやすい)の合羽は、思っていたよりも相当きつかったため、まだ舗装路にもかかわらず引き返そうかと考えはじめる。

やっと砂利道に変わり、足下がやわらかく感じるようになった。なんにも「おー!」がないのだが、キョロキョロ見回すと"The forest"って感じがあったので撮ってみる。木々は美しい。雨に濡れてもなお生き生きしている。名も知らぬ植物たちのコラボだ。

ちなみに、このあたりではかなりつゆだく汗だく状態。データ撮りにはもってこいだ(自暴自棄だなこりゃw)

A226

ほとんどこんな感じ・・・。右方向には川が流れているみたい。緩やかな登りだが、晴れていたらどんなに楽だろうと思い始める。New FM2だけとか、D80だけとかといった潔さもプロでない僕には必要かもしれないな。

前にも書いたっけ?曲がり道はドキドキするって。何があるかなってね。

A227

登りが少しだけ強くなる。対して急でないけれど、やはり右側に川が現れた。先ほど写っていたところとは違い、ちょっと下を流れている。雨の生でグォーってながれているのだ。誰もいないし、うすぐらいのでちょっと気持ち悪い。

川のある方向、進行方向右側を向くとグリーンがいい雰囲気で広がっていた。こういう森、林といった被写体ってどう切り取っていいかわからない。いつもながら試行錯誤するのだけれど、いつもながらにあくせく撮って、いつもながらに家で失望する感じ。ま、これは個人的に綺麗かなと思ったカット。

四隅がケラレているのは、VR18-200につけっぱなしの保護フィルターにそのままPLフィルターをねじ込んだため。広角端だとケラレが発生するみたい。途中で気がついて保護フィルター外したけど、そのとき気がつくようになりたいものだ。ファインダー見てない証拠だなぁ。

A228

やっと広がる景色にでた。今までの閉塞感からかちょっと「おぉっ」と思えた。この時点でシャツがかなり重く感じ、顔は汗だく、ズボンも張り付く有様。来た人ならわかるが、実は全然たいした距離じゃない。

荷物選びやカバン、靴、天候、まるでメディアミックスのごとく持ちすぎた、慣れなさすぎた僕のミス。しかし、いいデータ撮りになるよ、ほんとうに。。。

もうちょっといって折り返しただけだけど、まだ続きます。
さ、今日は寝るかー。 

2008.06.22

とりあえず出陣した報告

装備重量は服装含めると8kgになりますか・・・。

A223
IXY DIDITAL 50 でピンぼけ

この汚いリュックに詰め込んでいった。SLIKの三脚はいわゆるお荷物ではなく、まったく使わなかったただの荷物だったことを付け加えて・・・。

これにごつい防水バイク用ブーツを履き、普通の綿パン長袖Tシャツにバイク用の合羽を重ね着して出撃。次回の予行演習の如くである。

大雨とか降ったり、木々の葉っぱからの水がものすごかったり、人はほとんどいなかったり(アタリマエカw)。詳細は小出しに今週書いていこうと思ってる所存でゴザル。

防水グッズとか、山屋の装備とかカメラ用とかって商品の"存在意義"を痛感したことをまずはじめに述べて、今日は寝ます。

おーやすみぃ。(;´Д`)…ネムゥ

しとしとシトシトshitoshito…やまない!

さぁ、どうするか考えあぐねてアグネス・ラムだ!

このしとしとのまま降り続くというのなら、頑張っていってみるか。時折激しく降るのならちょっと厳しいし。行きたいのは海上の森(かいしょのもり)。ぞうさん のところで見ていらい行きたくってしょうがない。

今日は車が使えるので、そこまでは濡れずにすみそうであるし、そこからはバイク用の合羽で散策するか傘を差していくか…。そんなにあまくないかな?相生山でさえ場所によっては歩きにくいし、もっと規模は大きいので楽な格好の方がいいかもしれないな。雨降りではない日まで我慢するか?んー、迷う。迷いながらこれを書いている。

A222

カメラ君「雨でもいいからそとにいきたいよぅ」

・・・・・・・、どうすっかなぁ・・・・・ヽ( ;´Д`)ノ

カメラバッグはショルダータイプで防水でない。ミルフォードサウンドでも大丈夫だったけど、歩きやすさを考慮してユニクロのボロボロ弁当入れリュックにナイロン袋で武装するか。

今日は夕方には相方様実家へ行くので本日のエントリー間に合わないかもしれません、というか、行かない可能性が8割!なにせ、雨だしね~・・・。

Realforce101 を 久方ぶりに考える

僕のもっているいくつかのキーボードのうち、最高の逸品がこれRealforce101だ。最近というか、検索ワードには毎日必ずこれがHITする。つまりは、買いたい人が調べているって事でしょう。買ってからずいぶん経ったので、それなりに感想とか。   あ、感想でいいんかな?

A221

101っていう名前が付いているぐらいだから、いや、検索してるくらいだから英語キーボードが欲しいはず。
実際英語キーボードはいい!いいことずくめだ!

このキーボードの特徴をあらためてみていきたい。

最高の品質はTopreの製品であるということで異論なし!
理にかなった配列であるASCII配列。
鬼の耐久性と静電容量無接点方式で、安いよくあるメンブレン方式とはわけが違う。
考え抜かれたステップスカルプチャーは高効率で低負担を実現。
チャタリングが発生しない作りのため、途中うちで二重入力されない。
たしか10個(忘れた~!)の同時入力を記憶。普通は3~4こらしいのだ。
30g、45g、55gと指と使用頻度に対して考え配された押下特性。
リニアな変化のソフトタクタイルフィーリングで、底打ちせずとも入力可能!
1.4Kgでずれたりしない!!これ重要!
かな表記がないためにデザイン的に美しい。

個人的不満点。。。、不満点はなぁーい!!
がしかし、少しばかり値段がするのだ。安いのは数百円でキーボードが買える時代だが、これは2万円でお釣りが数千円来る程度の値段だ。なので、ちょっと高いが、そんなのはぜぇーんぜん気にならないくらいに素晴らしいものなのだ!Topreに就職したいくらいだ!デキンケドw

あとは101でなくなってしまうのであれだけど、テンキーレスもあれば欲しいなぁと思うことが何度かあった。

101キーボードは英語キーボードだから、日本語には特化してないのは当たり前なので使えるようにPCに教えてやらねばならない。でも、コントロールパネルのキーボードからhardware プロパティー覗けば解決しますよ。設定とかたぶん見れば分かると思う。PS/2版だから、Natural PS/2キーボード選べばいいよ。

あと、配列が日本語版とちょっと違う。使い始めれば慣れるし、ハッキリ言って日本語版はダメダ~。でも違いがあるから、101に乗り換えたときは気をつけなきゃいかんですヨン。例えば、

日本語入力するためのIM(Input Method、Win標準で使っている人はMicrosoft IMEってやつです)の切り替えをどうするか。日本語IMをONにするときは日本語キーボードを使っている場合だと半角カナキーを押したっけ?たしかそんなんだった。でも101の場合は違う。

「ALT」 + 「`」を押すのだ。ALTはわかるでしょ?Alternative(どれか選ぶって意味)でスペースバーの左右にあるやつ。で`はバッククォートが書いてあるやつで、1の左にあってチルダ→~ があるやつ。 この同時押しでIMがonになる。

他には0(数字のゼロ)の右にアンダーバー →  _ これがある。エンターキーの上に\がある。Win キーや Menuキーがなくなったので非常にスッキリしていて、スペースキーが昔ながらのスペースバーになっているところも見逃せない。Enterキーが小さくなることで、¥を押すことによる確定作業に打ち間違いが増えることになると思うが、慣れることで問題にすらならない。@や( )など、微妙にずれたり変更になっているけどもこれも本来の姿。慣れれば本当に快適で、日本語キーボードを見ると雑多な週刊誌のような騒がしさを感じることになるだろう。

打鍵音を表現するのは難しいものだが、「ストトトトトッ!」というのが一番しっくりくるかもしれない。打鍵するときの押下力が強い打ち方をする人は、常に底打ちすることになるのでもう少し大きい音に聞こえるかもしれないが、慣れてくると上を滑らすような感じで打つことができるのがRealforce101の特徴かもしれない。それほどまでに打ちやすくてたまらない逸品ナノダ!!

そんなことをいっておきながら、パンタグラフタイプのキーボードも一つは欲しいなぁなんて思っていたりするが、結局は帰ってきてしまうんだろうなぁ、なんて思わせるのがこのRealforce101だと思えてならない。

高速タイパー御用達なのは有名で、全然ダメだったLaylackがこれに変えただけで打ち損じが少なくなったのは本当の話。もちろんそこからは慣れとかあるんだろうけど、触るのが楽しくなるに違いないキーボード。いつも使うものだからいいものを選んでもいいんじゃないかと思うよ、ムァジデ!最近やってないけど、タイプウェル国語Rで頑張ってます。最近やってないけどね、基本用語は最高69秒台。この前数ヶ月ぶりにやったら79秒台。衰えてるけど、そこそこはやいですやん!

ウヒヒ・・・Realforce101 買って損はしないよ・・・、ウヒヒ・・・。

2008.06.20

しかし、いっぱいふるあめ~

雨。明日も雨。

A219
D80 Ai AF Nikkor 35mm F2D

あぁ、お外にいきたいです・・・。   って題かな?w

A220
D80  AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

あぁ~、ぼくも早くいきたいです。。。の図  かな?

湿気は嫌い、エアコンのドライをつけました(・∀・)イイ!!

CBR1000RRフルモデルチェンジ!

免許はあるが、金と時間はありません!

http://www.honda.co.jp/news/2008/2080620-cbr1000rr.html Honda Press Info

見た目はモーターショーのまんま。顔は今までと違って愛嬌がある感じ。でもほら、1000ccエンジンをあんな軽い車体に積んでいるのだから、化け物には違いありません。

マフラーはテールから下へ移動して、SUZUKIのGSX-R(http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/moto/supersport/gsx-r600/spec.html SUZUKIのglobal site)やYAMAHAのYZF-R6(http://www.yamaha-motor.ca/products/products.php?model=2422&class=79&group=M|&LANG=en カナダのサイト内の詳細)みたいな感じになったね。R6の方がよりそれっぽいけど、CBRもまぁまぁかな。

それよりもスリッパークラッチが採用されたのが、今までのユーザーにとっては朗報?かな。ま、僕は膝すりもできないし、サーキット走ったこともないし、もうすぐスペイシーオンリーですが・・・。

トリコロールはVFRの方が好きかも。実物見てみないと何ともいえないんですがね~。

2008.06.19

ふわふわのゆりかご

一つの赤ちゃんが真ん中でしがみついてる見たい。
行きたくないのかな?と思ってみたり。

A218
D80 Ai AF Nikkor 35mm F2D

ずっと雨だとか。
ちょっとぐらい晴れて欲しいなぁ。

2008.06.18

814Tのイヤホンだけどね

よく検索ワードに引っかかってくるのが"814t  イヤホン"なんだけど、何が知りたいのかなと。ただ、どんなんあるの?って事だろうか?

・814Tのイヤホンは汎用製品が使えない。
・2パーツに別れていて、本体側はどうしようもなく固定(これしか使えない)
・earphone側、つまり耳に付ける側は汎用製品と交換できる。

これが特徴かな、というかこれぐらいしか特徴はないかもしんない。
本体側への接続は、電源供給コネクタ兼用タイプという特殊性のために、専用品を買わなくてはいけないのですわ。
こればっかりは残念ですがしょうがない。
ただイヤホン側は壊れても市販品のイヤホン端子に使えるやつ(携帯用平型ではなく、丸形ジャックのね)なら差し替え可能なので一応壊れても平気。
マイク部分はその接続部分にあるので気にしなくてもいいかな。
気をつけるのはケータイ本体との接点部。電源兼用なので壊すとヤバイ・・・。一気に面倒なことになるから、充電もイヤホンも抜き差しは慎重にしておいた方が吉だなと。

それぐらいしか情報ありませんですん。

まだこいつはこけてない

バイク関係ってカテゴリーあったんだ。もうなくなっちまうかもしれないけれどね、250cc直列四気筒君は・・・。

で、スペイシー100は元気に走り回っております。通勤に、遊びに、低燃費で最高です。おっさんチックな格好がまた何ともいえませんな。
後のトップボックスがおっさん度を上げてます。
でも、荷物詰めるからいいのです、実を取るのです。
格好の方はベルーガに似ていると思えば愛嬌があって愛着がわくってものです。

A217

後の白い風景が昨日のあげてあった写真の場所。なんてことない場所ですね、ほんとうに。とりあえずこけずに綺麗なままで、もうすぐ4000kmを迎えることができそう。

毎日乗ってるとはいえ、往復10kmじゃあんまり増えないものだね。

そうそう、コメントですがしなきゃいけないと思わないでくださいね^^
お、コメントしようかなって思ったらコメントすればいいし、僕もそうしてますし。
知ってる人がそんなこといってました。僕のとこではなくて、まったく関係ない話題からでしたが、ふと、ちょっと気になって。
義務感がちょっとでも出てきちゃうと、つらくなりますからね。
されたからといって、その方のところでしなきゃいけないこともないし、
気楽に行けばいいと思ってます。なんつうか、た・の・C・く♪でしょうかね。

僕はRSSを基準に巡回してますが、新着なくても見に行く場所は結構あります。昔の記事あさってたり(←キチャナイイイカタダナw)いろいろですが、いってみれば気分ですね。
PC起動しないときもあるし^^; 新着見ておおーっておもって、いっぱい読んでコメントしないときだってあります。時間ないっていう言い方はチガウケド、なんとなくしなかったってときもあるでしょう?だから、深く考えないでいいと思います。わからないことは、コメントしにくいしねぇ。でも読んでたりするので、ないからいって気にしたりはしてません。

僕は1年ぐらい毎日でないけれど、たまーに読んでたりしてましたがコメントしない場所があって、ひょんなことからするようになりました。いっぱいネットの友達(でいいかな?)いると大変ですが、縛りがあったら疲れちゃいますから、やわらかい気持ちでいればいいと思ってます。

文章は表情が見えないので、印象を伝えるのはなかなかむずかしいです。読み手の脳内の音読しだいで印象が変わりますから、書く方も注意がいるし読み手も然り。注意っていうより良いふうに勝手に解釈(←オイw)がいちばんいいかなと。

こけてないってのにはまったく関係ない話しをしてしまったね~・・・、僕は文才ないっス。
ヽ( ´ー`)ノ  =3
とりあえず、こけてないってことで!!

2008.06.17

綿毛がぼわっと

そんなに綺麗な場所ではないのだけれど、ぼわっとぼやけて見えなくなると、ちょっと綺麗な感じに見えたり。

A216_2
D80  Ai AF Nikkor 35mm F2D

おもしろいからって何でもかんでも開放で撮ってるとダメだね。でも、こういう風にちょっぴりごまかせる(整理)かもしれない。

2008.06.16

Invermereへの道中 後編

実に不定期!!そして忘れたころに書くのです。ヌヒヒヒヒ!
そして過去のエントリーは、カテゴリーCanada編からどうぞぅ!

面倒くさいからではないけれど、道中はこんな感じだったね。

A211

うーっすら前方の山に滝が見えるんです。が、近づかないとわからないなぁ。ハンドル握ってくれているのは旦那様になったかたのおかーさま。ガラス越しにも綺麗な空気で奥の山までクッキリざんす!

A212

全部というか、カナダへはVR18-200しかもっていなかったので、これは200mmで(35mm版で300mm)撮影。キャッスルマウンテンと呼ばれている山。なるほどお城みたいだね。

A214

河原で休憩。妹の友達を迎えに空港まで行った車の方との時間調整&連絡も兼ねて、パインとニンジン、バナナ、レーズンのマフィンをいただく!なんと、運転してくれたおかーさまが作ってくれました。これがまた無茶苦茶うまい!!忘れられません、レシピも後日もらいました。ちなみにこの写真は来た方向。それでもって・・・、

A213

これが進む方向。どこを見ても空気が澄んでいます。名古屋の感覚でいうと、澄みすぎているんじゃないかというぐらいにぃ、澄んでます。(゚ρ゚)ノぁぃ
なのでというか、なんというか、遠近感が狂うほどなのですよね。雄大とか広大とか、そういう言葉しか出てきません。ただただ唖然でありました。

そして、Invermereへ到着~♪

見た目の時間は夕方4時ぐらい?であるのだが、緯度があるのでもっともっと遅い時間だった。旦那様(面倒なので以下Kさん)のおねーさんの家に行き、ごちそうになりました。そこで後発組も到着。僕たちも初めて合う顔に挨拶などしました。ここで全員集合かな。

僕たち夫婦、僕の両親、妹の実家の同級生二人、おかーさま、おとーさま、妹、Kさん、妹の学生時代とかの友人4名が合流し、おねーさん家族のおねーさん、その旦那様のDさん、息子のPくん、次男のNくん、末っ子のZちゃん。結構な人数も大きな家では余裕でした。

日本人チームは、ヽ( ´ー`)ノ いいなぁ、すっごいなーの連発です。そりゃそうだ、何もかも違うものね。

で、僕たち家族と妹の友達の女4人組は、大きな一軒家を借りて数日一緒に過ごすことになりました。んでもって、そこについてキッチンの写真を載せて今回は終了ー。

A215

見ため以上に広いです、一個一個が大きかったです。高さがあるので使いやすかったね。
次の日の朝食は各自作って食べます。パンやフルーツ、野菜に飲み物は満載でした。何もかもありがとうございますと思いながらも、眠い眠い。シャワーは一気にみんなが入って水になって大変でしたが、機転を利かせてバラバラにずらして(夜中とか、朝とか)とりあえずOKでした。

また不定期で続き書くよ ムッハー(・∀・)v

(2007年の夏妹が結婚して、カナダいったときのお話です。)

2008.06.15

35mm F2Dで出かけてみたが;

イマイチ曇り空、気温低し&時間なしの三重苦でションボリなLaylackです、こんばんは!

A209

これは全てD80 と Ai AF Nikkor 35mm F2Dの組み合わせ。珍しくVR18-200を置き去りにして、New FM2ボディーを携えてで歩いてみた。場所は適当、気の向くままに人のいない近場へ。なかなかオシャレに咲きかけていたので撮ってあげた。ちとトリミングしてアップに。

A208

かなり近づいたのだが、やはり相手は小さかった。かなりのトリミング^^; こういうときは画素数があると何とかなるものだと実感。知らない人は高画素=高画質って思いこんでるらしいね、企業戦略としては数字で売り上げが伸ばしやすいんだとか。知らない人は数字に弱いのかな。

やはりバッタはすごい造形をしている・・・。僕と同じ大きさだと考えるとぞっとする。外骨格はある意味地上では最強の生物形態かも。こわいなぁ、ほんと。複眼で様子をうかがってやがる、こわいなぁ。

A210

せっかく購入したフィルターを忘れていったのは最大の痛手か・・・。いろいろ試したいことがあったのに、今思えば失敗したなと残念無念だ。撮っているとあー、200mmあれば撮れるのにっていうシチュエーションが結構あったりする。しかし、もっていないので撮れないわけで、そういう意味では潔く35mmの画角に集中できる。D80では50mm程度なわけだが、とっさにレンズ交換してNew FM2を出せば35mmの広角(準標準、僕は標準の範疇に入ります)もいけるぞと。

New FM2にはFUJIのSUPERIA X-TRA 400を詰め込んだ。記念すべき一枚目は数日前の自宅で相方様。今日は本格的に外での撮影となるわけであったが、撮ったのは7枚くらい。撮りたいのがあんまりなかったけど、感覚を十分味わえたのがよかった。ブラックアウトの瞬間に訪れる期待と不安がたまらないね。現像は撮り終わってからにするが、なかなか出かけられないのが辛いところだ。そのあたり、D80で標準画角で修行を積むのもありだなぁなんて思ったり。

外での感触もいい35mmF2D。やはりどこでも色乗りがいいし、クッキリ画質はたまらない。D80でのお手軽スナップ仕様も、軽い!よれる!明るい!と三拍子のレンズと相まってますます魅力がアップである。

SPACY100な今日の記事

ココログのアクセス解析を見ていると、いろんな人がどういう経路を通ってきたのか、どういう検索ワードを入力したのか、ページビューの時間や、ipなんかがざっくり見ることができる。なので、仮に変な記事に変なコメントしたりして、滞在時間と人数や検索ワードから何を知りたくて、何が気になってなんてこともある程度類推することが可能なわけだ。

深く調べてしかるべきソフトで篩(ふるい)を掛ければ、実はかなりのところまで情報(個人特定はキビシイケレド)がわかってしまうのだが、そこはほら!単純にいろんな人がいろんな事に興味を持っているのだなって思うとおもしろい。

そこで、いろんな検索ワードをひろって、逆にそのネタでより掘り下げてみたいと思う。Laylackも含めて、ネット検索で情報を得るのは簡単だが膨大なものから自分の必要なものを選ぶのは意外と面倒くさい。できないことはないが、効率や許される時間を考慮するとさっきもいったとおり"面倒"な作業だったりする。ここはどこでも書いてあるのだけれど、あれはみんな書いてないんだよなっていう部分は多いはず。それで、たまにこういうワードを拾い上げて以前触れていないところまで見てみようというのがこのカテゴリーの趣旨だ。付け焼き刃かもしれないけれど、個人的にもおもしろそうなのでやってみる、( ゜Д゜)、懐古主義ではないけど。

一週間以内の検索に的を絞るけれども、いつもながら比較的多いなぁと思う検索ワードの一つに「スペイシー(スペーシー) SPACY100 燃費 ツーリング オイル交換」がある。Laylackとしても、大切で好きなスクーターなので目にとまるのかもしれないけれど、いつも上位に食い込んでいたりする。なので、記念すべき第一回としてこれについて考えてみる。

まずは意外と気にしている人が多いエンジンスタート方法。セルばっかりだとバッテリーに負担がと思う人は多いのだそう。気持ちはわかる。セルモーターってやりすぎると上がるらしいし。電気食うのですな。ではLaylackはどうか?基本的には毎日通勤(往復10km程度の短距離)に使っている手前セルオンリーである。たまーに、興味本位でキックスタートというぐらい。実家帰省中なんかの1週間とか動かさないときはぐずるので、キックだとまず問題なくかかる。

で、運転スタンスは普通。普通っていう表現は人それぞれだけど、全開加速はまずしないかな。幹線道路はあまり通らないということもあるけれど、60kmまでの加速で通勤ルートには支障がないという部分もある。すり抜けはたまにするけど、意外と車の列に並ぶことの割合が多いこと。後続車や流れを見てのことになるけれど、アレにも迷惑かからなければ40~50km/hですーっと流していることが多いというのもある。あと、信号が長い場所で、切り替わりが確認できるような場所に自分がいるときは「アイドリングストップ」してることもある。

毎回ではなくするときもあるという程度。ただ、夜は危険だしその辺は臨機応変に。
こういった運転方法での燃費だけれども、買ってから通算では計っていない。ただし、過去最近3回はたまたまあるので書いておこうと思う。

古い方から順に、35.82km/l、34.19km/l、33.98km/lと、こんな具合だ。

これはアタマから少し遠出しましたよ、ちょっとだけ走ったよ、通勤オンリーだよの感じで捉えて欲しい。端数はメータ目測読みによる誤差も多分に含んでいると思われるので、概算は整数値で判断してもらった方がいいかもしれないけれど、感覚的にも通算データは33~34km/Lが妥当か。結構は知るのだスペイシー君は。タンクは6.5Lが公表値。細かい誤差を気にする人も多いけれど、どうでもいいなと。普通のバイクはそうだけど最近は燃費計があるから、残量に神経質になる傾向があるけど、走っていれば開土や距離といった走り方でわかってくるものだから杞憂に終わると。Laylackの場合カメラと三脚になんやかんや積んで遠出したときが一番のびて38km/L。通勤時は33ぐらいで落ち着いている。

ガソリン給油は燃料系でいうとEに差し掛かってから。あとは気分次第のタイミングで入れる。セルフで横棒(それ以上いれられないあの棒ね)の数㎜上までが上限。あとはお釣りあわせという入れ方。ま、ほぼいつも同じって事かな。で、距離にして200km越えたらということがほとんどだ。ガソリンが上がってきて大変な時期、この前の給油は980円もしたのでちょっと驚く。が、車に比べればこの上なく高燃費なので、一人の通勤では家計に与える影響は恐ろしいほど大きくなる。バイク用の合羽で雨の日も通勤し、基本的には買ってから一年以上経過したが、車で行くのは月に1回もなくなってきた。自分が慣れればいいことずくめだと思う。

メンテナンスはHONDAに持って行くのがスジだろうけど、オイル交換程度は時間と処理との関係で汎用店にいっている。Laylackの場合は2りんかんだ。1000円ぐらいでほんとにすぐ終わるし、点検もしてくれるので最高である。普段乗っていると異常にも敏感になるので、そういうとき自分で判断できなければ見てもらえばいいと思う。普段のることが一番いいかなと。しかし、オイル交換とかは好きで場所があれば誰でもできるので、やってみてもいいんだろうな。

加速とかはヤマハのAXIS100とかSUZUKIのアドレス100とかとは比べてはいけない。比較対象に排気量でする気もわかるけど、SPACY100に鋭い加速を期待するならやめておけばいい。自分でなんやかんやと交換してみるなら関係ないけれど、Laylackのように素でのるのが好きな人は期待してはダメ。免許あるなら250のVTRとかの方がメリットあるように思う。SPACY100の加速感は50cc2stに及ばない。

すぅ~っと発進して、ふぅ~っと加速して、平地では90km/hまででまっせ~という感じのスクーターだ。40~60km/hの加速感が何ともいえない浮遊感でいいぐあい。好みが違えばのろーっとした印象はぬぐえないとも思う。なので、先頭で一般的良識のある人間の車の加速と比べると、あたりまえにかるいスクーターなので何事もなかったように前を走ることができる。が、鋭い加速ができないためにいきなり踏み込むような車とかち合うようなシチュエーションでは、スタートダッシュはあきらめておかなくてはいけない。スタートダッシュといっても普通に加速するだけで車から見ればサッと遠くに行ってしまうように見えるアレですから誤解なきよう。

これで何が不足なのかっていう風に思う人は間違いなく買い。他に比べるとほんの少しだけど大柄なので、名古屋から山道で恵那や中津川へいったりしてもLaylackは平気だった。通勤に使うなら最適な一台かな。第一50CCの足かせがなくなること(二段階右折や法定速度)、第二に維持費が安いこと(税金、任意保険の特約への組み込み、燃費等)、第三に航続距離によるツーリングも可能(自動車専用道路は走れないけどSPACY100なら200kmをGS基点に考えられる)といいことずくめ。後に箱(僕はキャンペーンでついてたやつ)があれば思いの外積み込み可能な積載能力と問題になることの方が少ない。

敬遠される部分は、前についている小物入れの使い勝手の悪さ、シート下の容量、おじさんちっくなでざいんか。運転に関してはほわっとした加速、固く手持ちがいいがやや滑りやすいタイヤ、固いグリップ。ま、グリップはグローブすると思うので、手のひらあてがついているタイプだとそんなに問題にはならないからいいか。タイヤは雨は気をつけるべし。慣れたころに調子に乗ると思うので、そのころには要注意。普段からタイヤの感触を意識する運転をすると安全度も増すと思う。スポーツ走行には向いてないけども、本人なりのスポーツ走行は可能。タイヤの端まで使わないとかっこわるいと思うなら、アブナイかもなとおもう。が、ステップするくらいの倒しこみはできる。ただ、他に比べるとつるっと行きやすいので調子に乗ってはあぶない。こけては修理もあるし、燃費を気にするようならこけないのも省燃費。

個人的には合同ツーリングには参加できていないけど、ソロツーリング(と呼べるかな?半分写真撮りに好きな奥三河へ)はよくいく。大型免許あるけれど場所やお金の問題で250ccも手放す予定。となると、これからはSPACY100で行くことにならざるを得ないと。そんなときはツーリングの話題はのせていこうかな。写真の話題になりそう・・・。

読み返すと、けど、けれど、って表現多いなぁ、稚拙だw 誤字脱字はおもしろいので直さない。

2008.06.14

最高にかっこいいのか、すっごい冷たいのか

こんばんは、記念すべき明日は日曜日。休みですね、やったー。

たぶんよく冷えますよっていう意味だろうハイクール。

A207
Nikon D80   35mm F/2D
絞り値: F/3.3
シャッタースピード: 1/30秒

絞っているからだけれども、恐ろしくクッキリ写るんだなって。
今日みたいなカラッとした日は、最高の風を届けてくれるハイクールも、真夏には力不足。去年はエアコン買いましたから!!!
でも、扇風機って埃だけ気をつければずいぶん昔のでも問題ないね。

2008.06.13

パウンドケーキ

猛烈な暑さだったけれど、空気の乾燥によってベタベテジトジトではなかったのが救いの今日。外で仕事をしているみなさん、日焼け止め対策は?Laylackは去年より"No! UltraViolet!"campaignにつき日焼け止めを塗っていたりする。

A206
D80  Ai AF Nikkor 35mm F2D

パウンドケーキを作ってもらったのは実は昨日。ケーキを開放で撮るなといわれそうだけど、撮ってみたw
甘ったるいのは好きじゃないけど、orange peelを投入してあるためにことのほかサッパリ味だ。うまい!今日も御飯食べたあとに2切れ食べてしまった・・・。すぐ後ならよかったけど、9時まわってたしちょっとダメかな。一切れにしておけばよかったかも。

Ai AF Nikkor 35mm F2Dで開放で撮るとボケがかなりすごいのだけど、キチャナイ部屋もスッキリ見えるという事に気がついた。
・・・・・・・・・lucky!

2008.06.12

Ai AF Nikkor 35mm F2D FIRST CONTACT

Ai AF Nikkor 35mm F2D が新たに加わったわけだけども、最初の印象はすごくいい!である。

A203

これがLaylack認定神玉Nikkorである35mmF2D。勝手に認定して申し訳ないが、初対面にもかかわらず本気をずんずん醸し出してくれるフォルムだ。
焦点距離は窓から見えるようなタイプで、じつに今っぽい。50mm1.4DなんかがD3についてる写真は見たことある人も多いだろう。11~22までのピントがあって見える範囲も記されている。黒一色のボディーが新しさを感じさせるような気がする。

主なスペックは。
画角 62°
絞り羽根  7枚
構成は 5群6枚
最短撮影距離は0.25m

長さは4センチちょっとなので、ワーキングディスタンスは20センチぐらいと、思いの外よれるのがいい。簡易マクロといっても差し支えないほどに"よる"事ができる。

A205

そして、VR18-200と比べる僕は馬鹿だろうが、やはり小さくて軽いのが特徴か。D80につけてみた。前にも書いたけど、マウント面の圧着感があるので固い感触を受けた。特に問題はないけれど、軽いVR18-200との違いの一つ。VR18-200装着時はハッキリ言って格好良く、攻撃的なフォルムがたまらないものだったけれど、35mmF2D装着時は玄人っぽさがちょっと出てくれる感じ。

ネット上でよくいうところの、ピントリングのトルク感のなさ。これは個人的な感覚や好みがあるので難しいのだけれど、Laylackに関しては“思っていたほどではなくってよかった”という感想になるか。

借りているAF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5は、本当にすっかすかのスッカスカで、AFで是非とも使ってねという意思がひしひしと感じられるほどだった。それに比べるとしっとりとしたトルク感があり、フォーカシングも意外と楽。リングの停止具合も何ら問題ないレベルだと判断する。MFレンズならこの上をいくわけかっていう部分が残るぐらいだ。

D80に装着するときは、絞りを22(最小絞り)にセットしなければエラー表示がでる。これはリングで操作するのではなく、ボディー側で絞りを操作するためだ。ロックがあるのでセットしておくと不用意に動いてしまうこともない。これはどのレンズでも基本的には同じ。

A204

F2で、玉ねぎにピンを置く。15分の1秒での手持ち撮影。1.4なんかのカミソリのような切れ味ではないものの、開放での描写は決してあまくなく好感触!F2という明るさだけあって被写界深度の狭さを感じられる写真となった。ボケはなだらかで気持ちいい。開放3.5しか知らないLaylackには、それはもうたまらない事になるに決まってる。

玉ねぎ君がほぼ最短撮影距離に当たる位置だ。なので結構よれている。そして色乗りがいいわりに嫌みじゃない。D80にはトリミングされるので画角は約50㎜ちょっとという標準レンズに相当する。よれて明るいので、室内でもISOをあげれば何とかなる使いやすいレンズだ。

操作感に関しては、可もなく不可もなく。IF(インナーフォーカス)でない部分もさほど欠点とは思わない。AF時の音もうるさいと感じることもなく、スナップで困るような部分は皆無だと思った。

開放でこの絵を吐き出すのだから、絞り込んでいくと最高なんだろう。早く持ち歩きたいレンズだ。New FM2メインだけれどD80との共用できるものをと考えていたが、どちらにしても最高の相性をもたらす気がしてならない。

ちなみに、このトマトは塩、オリーブオイル、パセリ、お酢で味付け。んまかったよv

2008.06.11

Nikon New FM2 と神玉Nikkor キタコレ!

ずっと悩んでいたこと、何にしようかって調べまくっていた。で、結果こいつに決めたわけで、それが家に届いたわけで、ウルトラハイテンションなわけで!!!!!!

A200
D80  Ai AF Nikkor 35mm F2D

Nikon New FM2が我が家にやってきた!色はクロームのフィルム一眼レフ。
いろんなところにいろんな説明があるけれど、やはり買った手前さっくり説明・・・、させてくだされ(・∀・);

今では珍しい、完全フルマニュアル一眼レフで、巻き上げも手動。露出計は内蔵していて、TTL中央部重点測光なナイスガイ。4000分の1秒までの高速シャッター。詳細はまた今度ー。

A201

1984年に発売なので、ちょろっと時代が経過している。今からさっくり24年前か。だから当然中古品で、程度はそこそこのものを選んだけど、届いてビックリ無茶苦茶綺麗で笑ってしまうほどだ。ファインダーにほんの少し埃ありだといってるけど、FM3Aのものが交換できるし、だいたいからして気になるほどのものでもない・・・。

フィルムはまだ装填していないけれど、シャッターは数回切ってみた。手で巻き上げて押す動作がいいものだなと。音はnetでmp3が落ちてるけども、実際はバチャンっていうイメージかな。バネや機械達が一斉にジャンプしているような、騒がしい音。ただ、巻き上げようのもーたードライブがないために、潔い簡潔なシャッター音には魅了される。

A202
D80 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

で、同時に購入した単玉を装着!おいおい、AFジャマイカって声が聞こえてきそうだけれど、D80での兼用のために考えた結果こいつにした。Ai AF Nikkor 35mm F2Dはインナーフォーカスではないし、SWM(超音波モーター)モデルでもないけれど、なーんにも問題ない。噂で時期モデルがでるなんて聞くが、もしかしたら絞り環がないGタイプかもしれないし何ともいえない。

VR18-200と比べ装着時にあたりが固い気もするが、気にしない(・∀・)。カニ爪がついたマニュアルレンズの方がそりゃ相性はいいだろうけど、つけた感じは思っていた異常に悪くない。結構カッコイイかもである。詳しくはこれもまた別にネタにするのでまわすけど、色乗りがいい感じ。D80の標準だと少々こってり感がするほど。1.8や1.4ほどではないけれどFナンバーは2.0なので、被写界深度は二枚目を見れば分かると思う。神玉Nikkorだとおもうのですよ、この単玉は!!

HAKUBAの黒い20mmの革製ストラップをつけて、万端でっせー!そして、写真はないけど52mmと72mmのC-PLフィルターも買った。普通に買うとスンゴイ高いのだが、いわゆるノーブランドものにしたので半額以下で新品だ。だいたいからして高いやつをもったことないので比較のしようがない→つまり安いのでOKというわけだ。ちょっと使ったけど、使うからOK。 

これからデジタルもフィルムも楽しみが増えた。
ウラウラタンタンウラウラタンタンウラー!

2008.06.10

梅雨ですよ、つゆ

久しぶりに持って行ったキヤノン機

A199
IXY DIGITAL 50

いわゆるコンデジや携帯電話のマクロは、撮像素子への高倍率撮影とは違うわけで接写な感じだが、よれるものはよれるんだよね。だから、コンデジでぼかしたいならマクロ機能使うってのも手だ。

梅雨の雫を大事に抱える雑草も、綺麗に見えたりする。この辺の鮮やかな発色はDIGICならでは。キヤノンのDIGICは破綻がないのがすごいと思う。5DとKISS X2は素人には違いがワカランらしい・・・。
やり過ぎジャマイカ! フンガーヽ( `Д´)ノ

ちなみにNikonだけがマクロレンズではなくマイクロと呼ぶ理由は、さすがNikonだとおもえる。やっぱりゴメン、Nikonが好きです。せっかくだから、みてみまふか?マイクロって呼ぶ理由(http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/n25j.htm)いやぁ、みると何かロマン感じる。
マイクロって呼びたくなったそこのあなた!
Nikonを英語圏の人のようにナァイコンって呼びたいあなた!
戦艦大和に搭載されていた光学兵器15m測距儀に感動したあなた!
お仲間になりませんか?w

でも、写真はCanonで撮ったやつだったりするのだ。
キヤノンもすごいはすごいのだよね。
そして、眠たいので寝るのだよね。

2008.06.09

おしりがみえてますよー

いやね、なにげにカレンダーを見ていたら、カレンダーの後がふと気になったの。後には小物入れの紙製のカゴがあって、横には同じ紙で作られたクマがくっついているのだけど、ちょうど顔が隠れている格好。

違う角度から見たら、たまたま壁際にある鏡がばっちり隠れているクマ君を映しているじゃないの!

A198

ア~タマ隠しておしり隠さず~♪
ちょっとかわいいかんじがしたので、10.2Mピクセルのデジタル一眼レフNikon D80に、レンズシフト式で光学手ぶれ補正機構付きレンズであるAF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF) で撮影!!

・・・って、なんて仰々しい(・∀・);
しかし、なんかかわいいねー。発見したLaylackに拍手♪
おやすみなさいーノシ

2008.06.08

向こうは明るい

そう思って生きて行かなくては、やってくるはずの幸せも来ないかもしれない。

A197

いろんな事があってブレブレな人生でも、きっと向こうに明るい未来がって・・・、ただそれだけが救いになるかもしれない。こういうこと、普段いうと茶化される文化が日本。かっこわるいかな?そんなことないと思う。思春期じゃあるまいて^^;

無差別テロと何も変わらない。自由には責任が伴う。自分勝手とは違う。他の人のことを考えるという、こうしたらあの子はどう思うかなっていう幼稚園や小学生が先生や親に教えてもらうこと、今の大人できてない人が多すぎるんじゃないかな。ポイ捨てもそう、ちっちゃいことでも、倫理的にはその他へ大きな影響があると思う。

他人よりもまず自分はどうかなって、今一度自身を再点検してみるのもいいかもしれない。
みんなが笑顔で暮らせる世の中が待ち遠しい。

2008.06.07

好きな道

最大幅が標識に書いてある。
だから狭いと、そう大々的ににアピールしている

A196

大きな車は通りづらいだろう、全幅1750越えの車はきっと冷や冷やモノだ。なにせ枝の張り出しが半端ではないから。昨今の肥大化した車にはやさしくない道だけど、僕は好きみたいだ。ある大きな道路からもう一つの大きな道に接続している岐阜県にある山の道。ともすれば、抜け出るまでに一度も他の車に出会わないこともある。雨の日にバイクで通るとちょっぴりスリリング。

でも、このみちが僕は好き。

2008.06.06

我が家のクマタンの今

前にも違う写真はのせていたみたい。我が家のクマタン。

今は玄関におわすでごわす!

A195

しゃらくせー(・∀・);
スポット入れマスタ。名前消しマスタ。でも、こういう風にポーズ撮らせているのは普段からです。クマも仲良く、僕らも仲良くということで行きましょうと。お話をしているみたいでしょ?

僕クマ「くまくーま、くっまくまくま?」
相方クマ「・・・。くまー!くまくまくくーま」 てなかんじでしょうね。

どんなんだ!w

ネタ提供 ぴろろさん。ありがとうございました。この場を借りてお礼をば!

2008.06.05

くまたん、デキアーガリ!

この前作っているといっていた、あかちゃんようのBaby Bareが完成した。

A194

これー!

前掛け?よだれかけ?汚さないようエプロン?もしていたりするのだ。
けっこうかわいいかもですな。

そう、なんかみんなのとか見るとこうやって写真にはめ込んであってね、かっちょいいなーとおもったので、Laylackもやってみました。

かっちょいいねー!

関係ないけど、通販でかいものしたんですが、商品総数5個。うち一個はメーカー在庫ありで取り寄せ、3つは在庫あり、肝心のモノが売れちゃっていて残念メールがさっき来ていたのです。で、他のにカエルヨーメール送ってみたけど、Laylackは夜PCのメール見るのでまた売れちゃったらどうしような感じです。

でも、まぁ、くまがかわいいのでよしとするか。気長に待とう!
きたときには報告します。

サァ!ネルヨ!w

2008.06.04

外は梅雨、内は晴れ!

今日はなんとか持った天気だったけれど、明日は昼から下り坂だとか。雨も降ってくれなきゃ植物もたまらない。降りすぎは困るけれども。

A193

この前の天気のいい日曜日に撮ったベランダ。相方様のパジャマなのだけど、この花柄をみて僕はこう思いました。

ゆにりーば  って。全然知らないし、イメージです。だからそれ以来このパジャマはゆにりーばとよんでたりするのだわさ。最近はちょっと気温が下がり気味で、肌寒かったりする日が続く。3時ぐらいはむしばむ暑さだったりと、気温の乱高下は身体にキツイ。

みんな体調こわさんようにしてください。

追記;なんか、みんなやっててかっこいいのでやってみた。

2008.06.03

Capture NX2ですって!?

NIkonのRAW現像ソフトのCapture NXが2に進化した。http://www.nikon-image.com/jpn/products/software/capturenx2/index.htm?cid=IJC86RJZnx

まぁ、ばらまきはじめていたので何らかの事件が起こるとは思ったけれど、そうかもうすでに2がリリースか・・・。D80購入したのが2006年の9月だからもうすぐ二年。それはソフトのアップデートのみならずバージョンが上がってもおかしくないわなと。

使っているけれど、ゴミ取り機能は使いづらいので、PhotoShopelementsを使用していたりする。かなり早くなってそんなにいやではなくなったけれど、ゴミ取りだけの機能のためにPhotoShopelementsを使用していることもあったほどなので、今回のゴミ取り機能搭載はすっごくうれしいのだ。しかし、バージョンアップで1万ぐらいいるというので無理。

特別何かなければ、買い換える気はないなぁ。何年かたってデジイチを新たに購入なんて事になればタイミングできにあり得る話しだけど。なんだか悔しい。Nikonさん、ファームアップでゴミ取りだけでもください!

雨だが休み

雨だが休み
買い物に出撃。いつものごとくスーパーマーケットにいくだけだけど。

関係無いけどLaylackの携帯814T(今これで車から書いてるけど)のカメラに異常が(>_<)
レンズ内かな、シミがありんす。まるで指で触ったみたいになってる。左中ほどだけど被写体によっては目立たないな。この写真は目立たないのを選んで撮影した。すこしがっかりだけど、かえたばかりだし気にしないことにした。古い拾ったレンズを使ってると思うとするか。

2008.06.02

そりゃやはり、ニコンすきだから

神話とか不変のとかいろいろ前置詞がつくNikon。

A192

読んだら、やっぱりすごいなと思った。ますます引き込まれていくね。いい感じだね。お金はないね。

2008.06.01

時間を味わう一日に

今日は写真の日。1951年に制定されている写真の日は、この日が初めて日本で写真撮影されたからだとか。しかし、研究者によってそれ以前の撮影もわかっているが、今日は写真の日だ。

A191
D80    AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5

普段このVR18-200一本で、どこに行くにもすましている。フィルムに興味が出てきて、銀塩ボディーもD80のも使えるレンズも購入する予定だ。使用頻度という意味で、VR18-200は最高に使えるやつであり、これからも旅のお供になることは間違いない。DXフォーマットレンズなので、135カメラには使えないけれども、これからも大いに活躍してもらいたいなとおもう。

今日は普通に起きて、御飯を食べて、相方が寝ている間に好きな掃除をさくっとしてみた。風も気持ちよく、明日雨が降るとは思えない天気だ。普段なかなかできないガラステーブルの内側も綺麗にして、スッキリした天板の上でカメラを磨くのがたまらない。使用している道具は安いけれど、ドリップコーヒーを飲みながら椅子に座るこの時間は格別だなと。

今から買い物に行かなくてはいけない。何でも2Lの水6本入りが¥398らしい。と、まぁ、都合3件のはしごになる予定。さて、夕方から一働きだ!

« May 2008 | Main | July 2008 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ