« 大野町の続き その2 | Main | 大野町の続き その4 »

2008.05.08

大野町の続き その3

いきなりでなんだけれども、句碑がある。

「青柳の 泥にしたる々 汐干哉」  松尾芭蕉

である。

A149

当日そこで目をこらしてみたり、家に帰ってきてから等倍でいろいろみてみたりしたものの、僕には読めなかった。

さて、昨日の場所からまたてくてく歩く。

A150

最近になって大野町をGoogleで検索してみると、この写真撮ってる人っておおいようだった。たしかに撮りたくなるよなと思ったり。さらには腕の違いを見せつけられて、あぁーと思ったり。

A151

電車には詳しくないけれど、これは青い色をしていてかなりカッコイイとおもう。セントレアへいっちょくせーんなのである。ここはけっこう本数があるようで、踏切は昼間でも大忙しなようだった。

« 大野町の続き その2 | Main | 大野町の続き その4 »

写真」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。

句碑は、ネット検索結果によると「青柳の泥にしたるる汐干哉」のようです。

電車は、愛称「μ(ミュー)特別車名鉄2000系」です。僕は残念ながら、現時点で乗ったことはありません。いつも週末帰宅時に目の前で見てはいますが。


道路に書かれた交通標識、珍しいですね。
初めて見ました。
消えにくいのかな?
都会では渋滞が多いので、道路に書かれた標識は車のかげになってしまって、見えないことも…。
数車線ある道路では、進路方向を間違えて並んでしまうことが、しばしばあります。

最近、鉄道マニアが喜びそうな電車が増えていますねtrain
新幹線も、車体がかなり変貌してきましたしbullettrain
最近、列車の旅が少なくなりました。
車窓の景色を楽しみながらの旅も、いいものですよね。

大人と子供の白い絵。。。道路の。。。
ちょっと私には怖く感じました。。。coldsweats01
むか~し書かれたものかな?
こういうのを被写体にするカメラマンさんが多いんですかぁ。。。
感性が違いますね~。。。
電車は、夫が見たら喜びそう。。。!!!苦笑。

ぞうさん、こんばんは。

この立て札に書いてありました。ネットで僕もみましたがるるでしたね。
芭蕉さんもよくあるきますねー。
この電車、乗ったことがありますが、何でも振り子運動を用いた最先端らしいです。
中は広くて静かで快適でした、金山から20分少々で中部国際空港です、恐ろしく早いです。

ぴろろさん、こんばんは。

これ、何となくわかるかもしれませんが、けっこう厚塗りというか、盛り上がっているようになっていました。
すり減って、すり減って、今に至る・・・なのかなぁと。
電車を利用しても良さそうですね、車窓から見る景色もいいのかもしれません。
まず人が苦手なので、僕にはなかなかできないことです。
電車をのらねばならないときは、指定席の特急を選んでいるのはそのためです。

かずなさん、こんばんは。

皆さんのページでは「連れ去り注意!」と表現されていましたcoldsweats01
たしかに、見えますねそういうふうにも。そう考えると怖いなぁと。
電車好きですか!旦那様!
よっちんさんも好きだし、ぞうさんもすきです。
僕が思っていたよりも、けっこうみんな好きなんですね。
僕は青い電車は好きです。

The comments to this entry are closed.

« 大野町の続き その2 | Main | 大野町の続き その4 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ