« April 2008 | Main | June 2008 »

2008.05.31

常滑やきもの散歩道 終わり

一見すると何があるのかなという、薄暗い小道を上がっていく。

A188

煙突が10本並ぶ様子は不思議な感じ。写真は9本だけど、右にもう一本隠れている。微妙に異なる長さのわけは?

A189

なるほど反対側から見ればわかった、答えは登り窯。初めて見たので、ちょっとばかり「おぉー」っと思った。ちゃんと考えられているのだなと。さすがに規模が大きい、運用も大変だろうなと。

A190

最後に渡る橋。この橋は地面に橋を架けて、下をくりぬいて作られたと書いてあった。子供が海辺でよくやるトンネルの作り方に似ているな。右側よりきて手前に降りてくる。そこでAコースは元の会館に戻って終了となる。ちなみにBコースはここからいって左に行くそうだ。

案内にはAコースはいいとこ取りのコース。Bコースはゆっくり歩くことも楽しむ長時間コースらしい。Aコースは1時間ぐらいだったが、歩けばそんなに長くない距離だ。今度はBコースもチャレンジしてみたくなった。午前中の方が何かといいかもしれないな。

2008.05.30

常滑やきもの散歩道3

廻船問屋瀧田家である。300円支払い入場する。受け付けのおねえさんが人柄のよい感じの人で、軽く説明してくれた。古文書以外は撮影OKで、自由に見学してくださいとのことだった。

A185

こういった座敷は、昔は友達の家とかこんなのだったなと思ったりした。ここまで大きくはないか。居心地が良さそうな感じだ。昔の家屋はやはりくらいのであるが、商事や畳の調湿機能のおかげでジメジメとはしていない。

A186

二階で見ていたら、何やら外が騒がしい。受け付けの人が「先生」と呼ぶ脂のこってりのったおじさんを先頭に、男女2名が入ってきた。説明は要らないですね、先生に聞いてくださいと笑顔で話してる。二階から降りるLaylackは外へと出ようと靴を履く、そのときにかち合ったので軽く会釈して挨拶する。すると"なんだねチミィワ?"的な怪訝な顔をされてしまったw。
(´-`).。oO( あー、先に生まれただけの先生か 、( ´,_ゝ`)プッ・・  )
挨拶は大事ですぞー。裏手に回って、もう一つの建物を見学していたら、偉そうな講釈が聞こえてきた。ああはなりたくないものだ。ちょっと(・A・)イクナイ!って感じがしたので出てきた。

A187

そこから結構てくてく歩いて、公園に出た。そこまでの間は距離にして僅かだけれど、お店はいっぱいあった。どれもこれも入ってみたいが、入れないな。もう少しなんだけど、難しい。公園で一休みして、綺麗だったから撮ったのだけれど、歩いていったら双方ギャラリー兼お店でした。今度きたときは、何か買ってみようと思った。

きれい

きれい
疲れてくたびれて、どうしようかって思っていたけど、この空みて少し元気出た。今お昼ご飯たべたから、それでつかれてたかな?よし、もう少しだ!

2008.05.29

常滑やきもの散歩道2

IEのエラーでほとんど書き終えた記事が消えた。まともなもの作ってくれMSよ。

で、さっきのような勢いはないので簡単にいく。

A182_2

土管坂。右側は思いの外気持ちが悪い。左は前回と同じような感じ、下は破片が埋められているようだった。意外と短く、カメラ位置から、上のハイライト部分ぐらいで終わってしまう。それでも、土管坂と名付けられている。

そのハイライトを左にはいると人の家のような場所がある。休憩所だ。その名も海の見える休憩所。

A183_2

あまりいい景色とはいえないが、たしかに海は見えているなと。気になっていた爆音の正体は常滑ボートだったことと、200mmの望遠では中部国際空港はたしかに見えること。

A184_2

廻船問屋の瀧田家前。昔のお金持ちってわけだ。その前はこのような感じ、土管がないだけで、その大きさ、長さといった規模は土管坂をゆうにしのぐ。Aコースを順路通りに行くと、このあと土管坂が現れるのだが、がっかりするかもしれない。いうなればこちらはイボイボ坂?人がいないので、じっくり歩いた坂道だ。空も気持ちがいい。

2008.05.28

常滑やきもの散歩道いってきたー

一人でスペイシー100で行ってきたのは愛知県常滑市。平日の昼間はさすがに混雑していなくって、いい感じ。

常滑焼きで有名らしいこの常滑は、そのまんま焼き物の町としてうっているよう。AとBの二コースが散歩道として設置されていて、MAPも作られているしっかりとしたものだった。Aコースは1.5kmで約1時間、Bコースは4kmで2時間半とのこと。初回のこの日は出かけた時間が昼の2時過ぎであったため、到着が3時。手始めにAコースを歩くことにした。

陶磁器会館というのがあり、そこが各コース共通の出発点となっていた。トイレもあり駐車場は無料。おみやげ物もあった。ここにMAP他刊行物があるので、必要なものはいただく。日曜祝日はたぶん混雑するのだろうなというのが印象。二輪は場所をとらないのでこういうときはいいなと思った。

で、歩き始める。実際にMAPがいるかというと、案内標識がしっかりとしているので実は必要なかったりする。歩くだけなら迷わずにコースをたどることができるはずだ。ただし、おもしろそうな小ネタがちりばめてあるようなので、じっくり歩くには見ながらの方がいいかもしれない。Laylackは都合ポケットに入れっぱなしだった(見たかったマンホールを見逃したけどw)。

A180

上天の坂と名付けられている道沿いにある管。結構太いのが埋め込まれている。へぇーっと声が出る。こんな名前が付いているが、その坂道はちょっとだけ。地図で見るよりも実際に歩くとかなり短いと思うだろう。普通に歩いていくとたぶん一週1時間もかからない。階段はたしかほとんどなかったが、坂はあるので歩きやすい格好の方がいいかも。

A181

MAPによるとこのあたりにあるマンホールがいい感じらしい。何でも常滑市の花である山茶花があしらわれているのだそう。そういえば大正村にあったマンホールは団子杉がモチーフになっていたっけ。

いろいろととりたい場所、物はたくさんあったのだが、なかなか思うようには撮れないものだった。時間を気にしていたのも、まぁ一つだけれども。
ここまでの道のりは4分の1程度、しかしすでにギャラリー・お店が結構あった。Laylack、出歩けるようにはなったけど、そういうお店に入っていく勇気がないのである。すれ違う人に挨拶はできるけど、はいったら買わなきゃいけないなーっておもうので入れない。つらいなぁと、我ながら損をしているようだ。

でも、この写真の感じはすき。このあと、向こう側へ下って歩いていった。

2008.05.27

大鷲院から岩村城趾へ

昨日の続き。今日は結局ひとりで出かけたのだけれど、それはまたの機会に。

大鷲院の緑は本当に美しい。この日の空は、晴天ではあったものの深い青空ではなかった。それでも風は強くて空気は動いている感じがした。日差しも強く、緑で濾過された柔らかい光は人にとても優しいようだった。

A177
全て D80 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

車で移動して岩村へ向かった。いつだったか夕方の熊出没注意に恐れをなしたLaylackは、今回はバイクではなくて車で来たために無敵だ。城跡へと向かう。

A179

ちょっと荒々しく白黒にしてノイズを加えてみた。この岩村城は日本三大山城の一つで、もっとも高い標高にあるのだという。霧が多いという土地からか別名を"霧ヶ城"とも呼ばれ、険しい地形と石垣などによって堅固な要塞として堕ちることはなかった。明治時代に廃城令により壊されることとなった。

スズメバチがいたが、熊はいなかった。

A178

本丸からの北側にある農村景観地区方面を見渡す。 結構きれいなのだが、広々と見渡してとはいかない。木々が遮っているからだ。それでも、その木々もまたきれいなので、文句も出なかったりする。ここからはその景観地区の上の方へ抜ける道もあるので、帰りはそちらから岩村内を通り抜けて帰ってきた。

2008.05.26

ちょこっと180㎞ほど

お昼前から夕方まで180㎞ほど車で走ってきた。久しぶりで、気持ちよかった!!

A174
D80  AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

いつもは猿投グリーンロードから降りるのは、猿投インターか中山インターだったのだけれど、新しくトンネルが開通したと聞いたので最後の力石まで行く。車で300円の有料道路。香嵐渓のある足助方面へと続く道。普段は足助の街中を抜けていくのだが、トンネルでバイパスができあがっていた。距離的にはそんなに変わらないけれど、時間の短縮はけっこうあるようで、紅葉の時期の渋滞には地元の人たちは楽になるのだろうか。

いつもは通り過ぎていた道の途中に何やらお寺さんを発見。そこをちらっとのぞきに行った。が、一番上まではやめておく、けっこうきれいになっていたので、好みの問題か。そのお寺の名前は "大鷲院(ダイジュイン)"(地図 http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&q=%E5%A4%A7%E9%B7%B2%E9%99%A2&ll=35.164933,137.349315&spn=0.024032,0.031371&z=15&iwloc=A )という。新緑のこの時期最高にきれいだった。紅葉も楽しみだなと、また訪れようかなと。

A176

お地蔵さんも優しそうな感じ。地蔵菩薩は行く末を見守る仏様なのだそう。

A175

この時期の木漏れ日は、明暗がきちっと出ていてとても美しい。上は新緑眩しく目が休まり、下を見ればほっとするこの色がたまらなかった。

明日も個人的に休みだったりして、いぇーい(゚ρ゚)ノ

2008.05.25

夏っていってもいいくらい

今日は昼から晴れまして、空気がとてもクリアでいい感じでした。明日もこのままだといいのにな!

A173
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

初夏らしい、明るい太陽をいっぱい受けて元気な花たち。こういう植物を見ることで、最近は精神が落ち着く身体になりました。むかし、じいちゃんばあちゃんがよく話してくれたこと、それが今はわかるような気がします。

2008.05.24

うにゅうぅぅぅぅぅ~って

ベゴニア(Begonia)です。うにゅーってクチを尖らせているように見えませんか?ひょっとこみたいに。今の時代ひょっとこって言いませんか?ダメですか?

A172
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

ブチューって感じでしょうか?そっちの方がいいかな?

明日も仕事頑張ろう~!
そうそう、いつの間にか50000HITしてました(遅いジャマイカ!w)。いつも見てくださっている方、パッと来られた方、ありがとうございます。

アリノママ

アリノママ
カッコいいキャッチをつければそれなりに見えてしまうも、包み隠さず「あー、行きたくないなぁ」と朝のアリノママ。

(・ω・;)

2008.05.23

柵を撮った写真で

茶を濁す・・・、にごすな!とつっこまれるでしょうね。他意はありません。こんばんは、Laylackです。

A171
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

山の上にはチイチャナちいちゃな公園があります。で、その周りにちょっとした歩道があります。そう、こんな感じで。初めて見たときは何がこの先にあるのだろうと、正直けっこうドキドキ感があったんですが・・・。すぐ向こうで道は終了、ハイお終いよです。でも、この手すりに塗ってあるペンキの感じが何か昭和を感じさせてくれるのですよね。平成ではないのです、塗られたのが平成であっても、です。

そうそう、おかーさまの誕生日プレゼント、掃除機ですw
シュモクザメの頭のような先端部分がですね、エイが泳ぐかの如く反り返っていたためにですね、これがもう!

おもしろいほど吸わない!!

ので、買ってあげました。さっき携帯にメールが来て、けっこう喜んでてよかったなと。あと、一周年に相方に送った記念DVD(作ってるといってたやつです)をあまりにかっこよくできたので一緒に送りました。それも感動したとかで、こっちもうれしいですね。

いいですね、うれしい事って。

あつい…

あつい…
やな場所で、汚い車のなかですが、おいしい弁当を食べています。お昼休憩です、イェ〜イ(^-^)v
あと少し頑張るのだ。なんといったって、昨日は九時にねて朝は七時半起きと、体が軽い!たまにはたくさん寝ようかなと思いました。

2008.05.20

赤ちゃん生まれた!!

妹に赤ちゃんが生まれました。男の子です。旦那様はカナダ人の男前なので、やはりカッコイイ子になるんでしょうね、いいなー^^

あれです、おにいちゃんとしてうれしいです。なんだか不思議な気分ですねー。

A170
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

相方様がBaby Bearを作ってるんです、完成まではもう少しかかるそうです。部品が足らないとかで、手芸屋さんに買い物に行かなくてはといっていました。早く渡せるといいですね。

今日はやはり、いいことがありましたね!!
びっくりだ!

なんか膝痛いけど

なんか膝痛いけど
晴れました!

2008.05.19

今日は大雨だ

今も窓を殴りつけるような雨が降り続いている。明日の夕方には、天気は晴れとなっているらしいので一安心か。

A169
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

ここ半年ほど空を観察していたのだけれど、やはり雨が降ったあとの風が吹いた次の日、よいときはその次の日までが空気が澄んだ状態のようだ。それ以降は残念ながら澱みが出てくる。田舎で見る空はたしかに青かった。町で見る青い空は、取り払われた汚い空気が再び溜まるまでの僅かなときしか見られない。残念だけど、日本の都市とその近郊ではこういう感じらしい。

きっと明日の夕方はきれいな空を見ることができそうだ。いいことあるといいな。
そういえば日本カメラの発売日だ。
いいこと一個みっけた。

2008.05.18

よし、干してみた

カテゴリーを写真にするのはどうかな、まあいいかと。

A168
D80     VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm 

鯉のぼりのように風に乗って泳いでいる洗濯物。青空ならいいけれど、ちょっと白んでいる。風も強い。そうそう、昨日の記事のコメントお返事にも書いたのだけれど、例のものは買ってきた。もうすぐなので郵送するかなと。最近彼女はみていないので書いてもいいけれど、たまにみるらしいので書かないでおく。

天気がいいのも名古屋では今日まで、明日から天気は下り坂だと。

2008.05.17

いい天気なのに仕事やね

いい天気なのに仕事やね
昨日は自分の記事をかこうと思っていて、関係無いところをnetでみていたら、あらら眠たくなりました
┐('〜`;)┌

今日までもそうでしたが、明日も天気はもってくれそうです!電器屋さんいって、布団干しをする予定です
(o^-')b

2008.05.15

湿度の低いヨイココチ

特に何もなく、気持ちいい肌触りの風がよい心持ちにさせてくれる、そんな天気の今日でした。

A167
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

けっこうきれいに撮れていた、桜の木。デジタルでもこういったふうにとれるといいのに。難しいのがまたおもしろくって、考えて撮るD80もやっぱり最高なのだと思った。生々しい気の精気が写っているのはさすがなのかな。

そうそう、スペイシー100最近忘れてたけど燃費報告。
走行距離197.74km、給油量5.52L。
燃費   35.82km/L

まずまずの高燃費。いいぞ経済的通勤快足!

2008.05.14

いつか海の向こうへ

さっき携帯が鳴り響いた。非通知でこの時間、なかなか切れない。普段は出ないのだけれど、今回は何となく出てみたら驚いたことに知人からの電話だった。

彼は日本でいうところのハーフ。お母さんがフランス人だ。もっとも海外ではハーフだらけで、そんなものは重要でないけど、島国日本的にみたわかりやすい表現でいかせていただく。で、僕が会社の取引先(こういうとかっこいいね)の倍とをしていて仲良くなったE君だ。電話はオーストラリアのメルボルンからかかってきていた!いやぁ、びっくりしゃっくり!

彼の母親のおばさんがオーストラリアに住んでいるので、半年ほど行くといっていてお金を貯めていた。そこに日本でたまたまであった同じ高校の同級生の女の子(彼女はインド人とのハーフ)と付き合うことになって、晴れてハッピーターンな感じなのだが、今はオーストラリアのメルボルンの大学に通っているらしい。そう、たまたま日本に来ていたときに付き合い始めたのだった。

で、E君はおばさんとこに2週間ほどいて、ネットで探したシェアルームに今はいるらしい。やるじゃないか!英語も少しだけわかるようになってきたらしい。やるじゃないか!で、嬉しいことにその倍と時代にしゃべっていたくだらない話題、ジョジョの奇妙な冒険や寄生獸といったマンガの話題とかに関して、たまたま現地の図書館で見つけたためにLaylackを思い出して電話をかけてくれたのだとか。なんとうれしいことか!くだらないけど、年も8才くらい離れているけど、嬉しいもんです。

電話代が気になったので聞いてみたら、スカイプですって。なるほどその手があったか!妹の旦那様も、カナダのご両親とかオーストラリアのお兄さんとかと話しをするときはスカイプを使用しているっていってましたね。

A166
F-601M  AF Zoom-NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5  SUPERIA Venus 400

左のグレープフルーツのボトル。ボディーシャンプーでカナダのスーパーで買ったやつ。これ最高にいい香りがするので、大好きなのだけれどもったいなくてまだこんなに残っている。普段は二人とも固形石けんで身体を洗うのだ。でも、たまに落ち着きたいときにはこれを使う。記憶が蘇るから。

諸問題を抱えているわけで、なかなか難しい。仕事を変えるよりも、田舎に帰るよりも、高いものを買うよりも難しいことだらけだ。でも、いつかはあんな場所で生活をしたい。夢でもいいじゃないか、夢を見ないおもしろくない人生よりはマシだ。

あー、フィルムの味ってこんな感じなのね。いいね、こりゃハマルかなー。
おやすみ!

2008.05.13

大野町の続き 最後でふ

何はともあれ最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

で、最後は城。大野城。山の上にあるので町からも見えるが、撮ってなかった・・・。

すぐしたに駐車場があり、階段をのぼっていく。

A161

新緑眩しい!気持ちのいい緑の匂い!最高だ!もう少しすると、いや、もうすでに蚊が発生してるだろうけど、対策万全にいきたい。
蚊は大嫌いだ、ほんとに(´・д・`)ヤタ!

A162

ふぅ、ちかれたー!
トイレもあって、公園になっている。人がいなければ登ってみたい滑り台もあった。
もうすこし登る。頑張って登る。

A163

門が見えてきた。それとなく立派。期待もするというものだ。

A164

まぁ、仮のお城がある。展望台になっているが、5時に閉じられる。?ということは誰かが登ってくる?あの階段を?毎日?違う場所に来るまでこれる場所があるかもしれない、今書いていてふと思った。道あるのかな?向かって左は展望所になってる、眺めは最高。この日はくすんでいて、クッキリシャッキリではなかったので、締めくくりに天守閣からこの写真でいうと右側の眺めをお届けする。

A165

海側もきれいだけど、写真には写らない、裸眼でも眩しくて白んでいて見えにくかった。中部国際空港はなんとか目視できた。でも、こっちの方が綺麗に見えたから、結局こちら側にいた時間が長かったりした。登った甲斐があったなぁと、一緒に来た同僚と足をモミながら話していましたっけ。

大野町、是非もう一度いきたいところです。最高におもしろかった、まだ通っていない路地はたくさんあるし、じっくり見たい場所もあった。近くにもう一つ城跡があるのですが、そこはいったものの時間の都合ですぐに立ち去りました。どうもそこは展望台は形だけらしいのですが、堀が残っているようで探索してみたいですね。虫対策も考えねばならないですが・・・。

機会があれば大野町散策してみてはいかがかなと思います。僕はもう一度必ずここへ行きます。半田には新美南吉の記念館もあるし、知多半島は結構おもしろそうな場所ですね。

朝晩はまだまだ冷えますね

昨日は相方が買ってきた、まるとくCDを聴いてました。
内容はほとんどクラシックですが複数枚に分かれていて、1枚目はオーケストラ、二枚目はピアノのみといった具合になっています。オルゴール版もあり、それを聴いていました。家にあるクラシックのCDはホルンのための曲とか、まんべんなくではないので、こういうのもありかなと思いました。もちろん普通のCDも何枚かありますよ(^-^)v
カラヤンとかヴィヴァルディとかも。ただ、ききいっていると時間が経つのが早いのでこまりもの。

きいてるわりには、どこまでが第一楽章なのか曲の終わりなのかはしらないのです。いいの、すきならね。好きな指揮者はシャルル・デュトアさんです。

さ、遅めの昼ご飯タイムも終了だい。朝晩寒いのに今はあちぃーでごんす。

2008.05.11

フィルムを現像しにいってきました!!

カメラは人のものでして、レンズも然り。フィルムはこの前買いましたSUPERIA Venus 400です。これを、初めての一眼レフカメラで初めて自分で撮って、現像に出してきました。小一時間でできるのですね、素晴らしい。そんでもってCDにしてもらって取りに行ってきました。キタムラへ!

けっこう高かったです、36枚撮り2本分(34枚、37枚)のL版プリントに現像代とCD代で税込み5000円ちょっと。おお!恐ろしく高かった!!もう2~3回こういう感じで一度に数本のフィルムを現像してみて、ランニングコストを考慮してみます。場合によってはフィルムスキャナーでなくとも、エプソンとかのスキャナー上位機種を購入した方が、プリントは一応できるので数を考えれば安上がりになる可能性が出てくるので・・・。

さて、初めての感想ですが、実におもしろかったと!D80で撮るのとはまた全然違うんだなと思い知らされました。思わずシャッターを押してしまっても、しっかり記録されていますから困りもの。なにせお金がかかっています。シャッタースピードそのままにして撮影してしまったりと、ミスも何枚かありましたが総じて楽しく撮影できました。

それと、段階露出も試みていたのですが、そんなに変わらない感じ。これはやはりネガフィルムでキタムラプリントで?1段変わっているのに露出変化が弱い気もします。まだまだ新米なので、こんなものなのかもしれませんが、機械の癖もあるのでしょうね。多分割測光もF-601Mにはあるのですが、来るべき(まだですがw)Nikon New FM2に備えて全て中央部重点測光にて撮ってます。

で、そんな今の僕にとっては貴重な71枚から本日は2枚!!太っ腹だ!

A159
Nikon F-601M   SUPERIA Venus 400

桜の時に撮ったやつです。L版のプリントは暗部がもう少し起こしてありました。
この記事の写真は、フジカラーCDからJPEG保存したものをIrfanViewにて横幅660にリサイズしたものです。

あの日撮った感じそのもので、思いの外満足です!ただ、プリントすると左右(上下も?)トリミングされてしまうのですね。この写真は意図的にもOKです。写真によってはギリギリにハイした人が半分消えていました。画像ファイル的には残っているのでこういう使い方なら問題ないですが、プリントするなら意識してファインダー内で配置しなければならないなと思いました。

A160
Nikon F-601M   SUPERIA Venus 400

これってこのフィルムの特性でしょうか?Nikonのピクチャーコントロールでいうところのビビットぐらいの鮮やかさです。だったらカラーリバーサルのベルビアはもっと凄いのだろうか、なんて思ったりおもしろい。以前廃線を探しにいって、梅をちょろっととった場所にもこいつを持って行ったのだけれど、デジタルとは何かが違うようだ。どっちがいいとか悪いとかではないよ。さすがに36枚撮り3本1860円は僕には大変なので、今回は1000円少々の同じフジのSUPERIA X-TRA 400 36枚撮り3本を買ってきた。比べてみるのもおもしろそうだなと。

金額の問題もあるので、バシバシとは難しいですので、一枚一枚慎重にならざるを得ません。ネガ現像ってプリントなしでもやってくれるのかな?CDにするだけとかもOK?できるなら、本当にスキャナー買ってやった方が家でプリントできるのでいいかもしれないなぁ。自家現像は、さすがにちょっとね。多趣味だけどお金持ちではないのが・・・。

初めてにしてはおもしろかった!!
まだ何枚もフィルムバージョンがあるので、困ったときにちらほら出そう。

大野町の続き その5

今日は雨の予定だったのが、朝にはあがって昼からは気持ちのいい空になった。1700円の調髪をしてから昼ご飯を食べて、2時過ぎから二人で農業センターに行った。Nikon F-601Mと残りのフィルムだけ持って。今日は現像してきたので、気力があれば夜にでも伝えてみたいと思う。

で、大野町である。

A155

恐るべきクマバチの巣くう藤棚を庭に持つ、ものすごいりっぱなお家を尻目に海へと向かう。その路地に面した扉が二枚。
表札がある。きれいな水道メーターが二つ。ノブは手で磨かれてきれいな銀色をしていた。
ああ、りっぱに使用されているのかと、変に納得するLaylack。扉はあるものの、隙間がたくさんある。entranceという意味合いでは正しいのかもしれない。門戸?そのようなものだろう。奥には空間がありそこに本玄関があるような気配がした。
実は最初右側は色があまりにも周りとどうかしていたので、そこに扉があるとは気がつかなかった、というちっちゃな秘密を後悔しておこう。

A156

大きなお寺があって、門を少しくぐると左に祠のようなものがあった。何も考えず目をこらして身を前に乗り出した途端、すぐ目の前で黒い影が左から右へと横切った。
心臓がバクバクする、血流量が増加して体温が上がり、とっさの状況に対応するからだが作られていくのがわかる。
・・・
・・・・・
影の主は猫だった。

いやぁ、実に驚いた!距離にして50cmも離れてはいなかったにもかかわらず、まったく気配に気がつかなかった。戦場なら死んでいたな、なんてアフォな事を考えていた間も、猫はこちらを視線から外さない。こういうとき動物としての本能の優位性が、この場合人間にはないということがよく分かる。
もう一度大野町に行ったとき、彼は覚えているだろうか。
あれだけ凝視されたのだから、きっと覚えているに違いない。

A157

御飯を食べる時間だった。Laylack一人旅ならなんてことはない、おにぎりやパンですますだろうけど今回は二人だ。歩いていて見つけた”和食・仕出し 、季節魚料理 まるけん”というお店に入った。ちょうど3人ほどと入れ違いで僕ら二人だけ、ところがどっこい食べ始めてまもなく店は満員になった。

今思えば刺身定食なるものを注文すればよかったのだけれども、なぜかナスのみそ炒め定食を注文した。付け合わされていた小鉢は、どれも絶品で最高にうまかった。お腹も満腹で、たしか790円だったかな?最高でした。お店のおかみさん(おねえさん?)もきれいな方ですごいなーと思ったり(何が凄いのか?w)、おかあさんもきれいでやさしくて感じよくてすごいなーと思ったり、またいきたいと思いました。まぁ、黙々とただ食べていただけで、会話も何もない静かな客の一人でしたけど。

そのあと少し歩いてお寺を発見、境内へ。
クマバチと藤棚のセットに、なんとちっちゃな公園が入っているお寺。遊具は何ともあった神のあるもので、都会のきれいに整備された公園とはベクトルのちがうきれいさでした。僕はこちらの方がいいなぁと。

A158

上を見上げると松の枝には無数の袋が置かれていた。これはなんのためだろうか?重石の意味合いがあるのか?枝振りをよくするための処置なのか?よく分からないけど、どの松の枝にもこういう白い袋が固定されていたっけなぁ。

大野町編。さて、お次は城でラストといくか。

2008.05.10

ぬぁーんと、雨なのだ

ぬぁーんと、雨なのだ
車の窓ガラスには生まれては消えて行く水滴。
明日も名古屋はこんな天気だとか。家の掃除とか頑張っちゃうかな。

2008.05.09

大野町の続き その4

線路を越えて、てくてく歩く。町は神様からみれば縦長、東西はそんなに大きくない。ましてや線路から西はすぐに海だ。

A152

タマネギを干している家。やわらかくっておいしそうだ、あまい唐子の時期の新タマネギは難にでもあう。ナックルウォーマーのついた自転車もある。もう暑くないのだろうか?乗ってないようには見えないのだけれど。そして奥へと進む

A154

よく見る赤い蓋のついた消火ホース箱ではない。が、しっかりと収納されている。ちゃんと使っているんだとおもうのだけれど、そう見えているだけかもしれないし。しばし立ち止まって考えてみる。花がいっぱいのテーマパークももちろんそうだけれど、黒いトタンのバックに強い黄色、優しいオレンジとこっちも負けていないと。

A153

飼い主はすぐ近くで、玄関の前で何やら作業をしておられた。その横から僕らを見つけてトコトコと歩いてきた。この子(年とってるから、この方)は凄くチビに似ている。Laylackの家で飼っていた雑種の女の子だった。眩しい日差しを右目でわからせてくれる。近くに来てこっちをじっと見る様は掛け値なしに可愛いなと思った。生物的により環境に強くなっているこの子達は雑種と呼ばれ、お金のかかった子はミックスだとか。最近のペットショップは価格保証という制度もあるらしいと聞いた。一年以内なら交換可・・・だとさ。世も末だ。

この子のかわいさは、他のカワイイ動物たちと同じだけかわいいとおもう。

2008.05.08

大野町の続き その3

いきなりでなんだけれども、句碑がある。

「青柳の 泥にしたる々 汐干哉」  松尾芭蕉

である。

A149

当日そこで目をこらしてみたり、家に帰ってきてから等倍でいろいろみてみたりしたものの、僕には読めなかった。

さて、昨日の場所からまたてくてく歩く。

A150

最近になって大野町をGoogleで検索してみると、この写真撮ってる人っておおいようだった。たしかに撮りたくなるよなと思ったり。さらには腕の違いを見せつけられて、あぁーと思ったり。

A151

電車には詳しくないけれど、これは青い色をしていてかなりカッコイイとおもう。セントレアへいっちょくせーんなのである。ここはけっこう本数があるようで、踏切は昼間でも大忙しなようだった。

2008.05.07

大野町の続き その2

実家の写真もまだあるのだけれど、大野町から。そう、写真を撮ってあると、みただけでそのときの記憶が蘇る。これはとりあえず撮っておくことがいかに大事か教えてくれる。

A147

右は小学校。奥から手前にやってきて、細い道を求めて鋭角に曲がってまた奥へ歩いた。曲がるまではまさかこのトタンの建物がこんな形だとは思わなかったので、少々驚いた。一緒にいた彼も驚いた。これは土地の有効利用というのかな。色もきれいで塀と連なってあるトタンが何ともいえない。側溝の穴に鉄の蓋が逐一してあるのが、歩く人の安全を考えた細かい配慮だと思った。

A148

こういった出窓(なんという名前だろう)に家によっては違うのだけれど、素晴らしい遊び心がたくさんちりばめられている。タヌキの親子にカエルさん。タヌキの娘はオシャレにリボンをしている。のぞき込むと、向こうはこちらをきょろりとみているように見えるのがおもしろかった。

2008.05.06

GWおわりだけど

気分は実家においてきたまま。当然というか、当たり前に明日から仕事いきたくありまっせーんcoldsweats01

A146

親子ではありません、カタツムリとナメクジさん。実家にはちょっと目起こらすと数十匹見えました、そこまで行くと少し気持ち悪い気もします。黒いうんちも一杯でした!

A145

こうしてみると、ちょっときれいな感じがしたり。彼らも一生懸命生きてますね。僕もやはり頑張らなくてはね^^;

2008.05.05

雨が降りました

GWもあと二日ですが、雨が降りました。小雨ですが、あさからずっと降っています。

Dsc_5474

これは三日の様子

Dsc_5525

雨が降ってちょっと薄暗いですが、右の方はしっかり咲きました。左ももう少しかな。花はいいです、おどろきです。

Dsc_5568

これは、今一番我が家で咲いているバラです。撮影はLaylackの相方です。バックが黒くて浮き上がり、いい感じ。日の丸構図もなんのその、花が活き活きです♪

2008.05.04

わんわんとよく吠えます

今日もすこぶるいい天気!気分もさわやかで、ご飯もおいしく、よく寝られるGWもいいですね。

うちも昔はチビという名前の犬がいました。かわいかったです。
近所には2匹の犬がいます。

Dsg_5504

写っている彼はちょっと暖かくて眠そうですが、顔立ちからもちょっとかしこそう。なるほど、彼はおとなしい。左にの見えない場所にいるもう一匹は、これがわんわんとよく吠える。知った顔でも見え始めから見えなくなるまで、延々とわんわんと吠えている。

ちょっとうるさいかなw。

2008.05.03

見つけた見つけた

庭には二羽鶏はいない。

でも、こいつはいた。かたつむり。解放では3.5といえども無理な姿勢はピントが甘くなりがち。蜂に注意がいっていたとしておく。

Dsc_5476

うーん、ちょっと前ピン。来るべき35mmF2Dはもっときびしいぞと。

Dsc_5479

F8ならば、くっきりかっきり。庭のエデン。

まぁ、いろいろありんすが

金ちゃんの仮装大賞がやってる。

これはつなぎがおもしろくないけど、今では珍しい視聴者参加型の番組だ。ここは凄く評価している。最近はタイムショックやなんだのとタレントが出てタレントが賞金をもらったのを見るという、なんともくだらない番組が多かった。ほとんどテレビを見ない僕が言うのだから、実際は乱立状態なのだろうなと。

この仮装大賞80回なのだそうだ。僕個人としては今までの作品のみを見たいなと思う。今回からではないのだろうけど、香取慎吾さんが司会に参加しているのだね。知らなかった。しかし、それはいいとして、芸能人と一般的にはいうタレントがやたらと出てくる。選手(?)というか、挑戦者として結構出てくるようで、おもしろくない。タレントがでて泣いて(←イタイ)。過去の作品のダイジェストだけでなく、全作品が見てみたいね。

こういう事って多い。過去の映画をまとめてみたいとか、シリーズ物の本を読んでみたいとか、いろいろある。が、ビデオ屋にあったとしてもネットに転がっていたとしても、見るかというとそうではなく、その時間は個人的に別のことに使いたかったりする。いやぁ、僕って自分勝手なのだねーと思うところでした。

で、今日は暑かったが気持ちがいい天気だった。明日もこんな天気だといいな。

実家の柿の木

昨日までは雨だった様子、帰り道も場所によっては大雨だった。今日は快晴!すこぶるいい天気だ。この辺りでは珍しいバイクツーリングの音もきこえることから、こんな田舎にもGWがやってきたなぁと感じる。

大野町の写真は名古屋の家においてあるので、GWはこちらから発信していこうと思う。

Dsc_5427

柿の木も青々としており、目に優しい青と緑。日向は暑いけれど、日陰は気持ちのよい温度。風もやわらかい。

でも、でも、

Dsc_5425_2

くだんの罠に引っかかっておりました。6~7cmほどのスズメバチが中に・・・。恐ろしく大きく、ものすごく大きい羽音がしておりました。怖かった。しばし見ていると、もがき苦しむ姿が少しかわいそうにもなってきた。何とも人間とは非情なりや。

聞けば柿の木にこの時期集まってくるそうで、やはり危ないのでこうしているらしい。中には蜂蜜が入っていて、一度入った虫は2カ所ある穴から入れば出てくることはできない。

2008.05.02

明日から休みだ

明日から休みだ
昨日は気がついたら今日だった。コメントは携帯で見ました。返事はまっててくださいな。

今日は仕事終わってから、用意して実家にいくので、もしできなかったらゴメンなCHINA!

« April 2008 | Main | June 2008 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ