« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.29

テイクオフ!

明日は仕事が終わったら家に帰って用意をして、実家へ一人で行ってきます。用事です。はいこんばんは!Laylackです。

日曜日に撮った写真です。

A92

青い宝石を落としながら颯爽とテイクオフ。

颯爽と?んー、パタパタとてーくおふ。「んたたたた、とぶぞーううぅぅぅぅ」っていってるみたいです。

2008.02.28

あ、梅咲いてたやつもあったのよ

なぜに枝のアップなのかは推して量るべし。こんばんはLaylackです。

A91

VR18-200ってのは、意外ときれいにボケが丸いのですね。春はもうすぐです。

ん!ということは花粉ももうすぐか・・・orz

2008.02.27

農業センターのひつじ

農業センターへ行ってみたってのは日曜日。で羊がいました。

A84

こういうどうぶつがちょっと飼われているのですが、こやつはLaylackのことをじぃぃぃーっと見据えておりました。で、じぃぃぃーっと見返してやりました。1分以上かもしれません。にらめっこの敗者はLaylack。悔しいです。

で、家に帰ってきてから写真見て気がついたのですが、目の前に毛がぶら下がってました。

「ちくしょう、あいつめ見えていなかったのか!!」

・・・。

2008.02.26

ご要望にお応えして

鳥の巣の状態を今日の朝撮ってみました。寝起き直後です。画像云々はご勘弁を。

A89

爆発状態ですね。これは今までの経験上ですが70%状態です。MAXですと相方曰く「石川五右衛門だー」なのです。立ち上がり方が極端なイメージですね。

A90

これが微妙に残したという奇跡の御技でございます。これが二択でいうところのバイク通勤仕様となるわけです、あい。グチャクチャボサボサの頭が、ぬらしすぎてしっかり押さえてしまうと座敷童といいましたが、見てのと下りイメージは女の子のおかっぱではなく比較的○な印象をインプットお願いします。ここまで僅か1~2分の出来事です。

すいませんでした、お見苦しいものをお見せしまして。
お休みなさいませ。

2008.02.25

ちょっとつくってみた

小一時間かかってしまったかな。ま、最初だしのめり込みます、ハイ。

まずは昨日いってきた農業センターですが、梅はもうすぐでした。今度の日曜は実家へいかねばならぬので、見られるかどうかは微妙なところですね。

A88

切れに見えそうなとこだけですがー;。

で今度は例のBambooで遊んでみたやつ。元画像はこちら。

A87

東山植物園のちょっとした展望台みたいなとこの写真。

で、こちらは水彩LITEという付属ソフトでトレースして適当に彩色してみたやつです。

A86

上下に余白がありますが、気にしない気にしない。ちょっと面倒くさいけれども、やり始めるとおもしろいかも。写実能力に欠けるので、勉強になるかもしれないね。ならないかな;

ペイント系のソフトもついていたので、そっちの方が本格的に遊べそうですが、時間もいるんですね。まぁ、おもしろそうでしょう。

おやすみ!

Bamboo Art Master 買いました

lovelyペンタブレットというものを購入しましたgood

買ったものはタイトルにもあるとおりの、WACOM製のBamboo Art Masterというものです。ペンタブレットはinterface機器類の類でいうと、トラックボールぐらいの少数派でしょうね。使っている人は随分たくさんいるとは思いますが、割合からいえば極小であるはずですsweat02

A85

詳しくはhttp://tablet.wacom.co.jp/ 公式ページで見ていただくとして、せっかくなのでサラッと紹介します。
Line upは4シリーズになります。各シリーズに対して数種類のグレードが用意されていますね。

CintiQシリーズはタブレットの表面が液晶になっており、直接見ながら書くようになっているプロ向けのモデル。値段も高ーいのであります。
intuos3はプロ及びハイアマチュア向けモデルと思います。映画用DVDとかの特別編とかでCG作成の様子が写されていることがありますが、そういった現場で良く目にすることがあります。最初は知りませんでしたが、これか!って感じです。
Bambooシリーズは買ったやつ。初心者向けっていうカテゴリーに当たると思います。
DTシリーズも液晶タイプ。見てませんので知りませんw

Laylackの主な用途はといいますと、主にレタッチですpen。最近写真さわるのもおもしろくなってきました。あえてさわって作品にしたり、遊んでみたりといろいろです。が、マウスでの作業はちょっと窮屈なこともあります。細かい部分はやはりペンの方が使いやすそうだなーって。そこでけっこう調べましたら、以前のFAVOと呼ばれていたモデルが代替わりしてBambooとしてでたと。で、別に問題なく使えるよという噂。

比較対象は現実的にintuos3とBamboo。そしてサイズ。あ、この時点で購入の決意をしたって事ね・・・。バンドルソフトのことも考えました、単純にいっぱいあれば嬉しい。あと、価格。購入した方々のレビューを拝見するに、Bambooでも特に問題ないとのことだった。わかりやすい違いは高級感のあるデザインと、筆圧検知機能の細かさ、ペンの重さとデザインが主な感じでしょうか。

私ことLaylackはプロでもありませんので、Bambooシリーズに決定。そんでもってソフトのいっぱいついている最上級モデル(中身は一緒だけど)であるBamboo Art Masterにしました。例えばついているソフトは廉価版とかだったりするので、本格的にやるならゴミだとかっていう話しもありますが、そうなれば買えばいいしまだそんな段階ではないのでコレでいいのです、はい。

Vistaだと書いた字を認識する機能があるらしく(当分買う気がないので調べないけど)かなり便利に使えるらしいのですが、XPでも意外と問題なく使えますね。もともとキーボードでも字打つことには億劫ではないので、マウス代わりとして非常に使いやすいです。

タブレット面はモニタに対して1:1に対応しています。ですのでWindows機ですと左下に持ってくればスタートが押せるわけです。ペンは5mmほど浮かして滑らすようにすることでマウスと同じようにカーソルを走らせることが出来ます。最初離れなかったのですが、30分もすれば自由自在になりますrun

ペンはプラスティックで出来た安っぽいものですが、それがなんの問題もなく使えるので、軽くて非常によいと評価します。ボタンが二つついているのですが、持ち方の問題からか意識しないとうまく押せません。これは用練習ですね。

サイズはA5ワイドサイズのものなのですが、モニタが19インチCRTだからといって別に困りゃしません。そんなのは慣れてしまうものですからご心配なく。ただ、外枠というか本体サイズはそこそこな大きさなので、自分のデスク環境に大きく左右されるのは間違いないでしょう。僕のパソコンデスクはキーを置く場所が引き出しタイプの横長です。ちょっと大きめですね。それでもRealforce置いてBamboo置いたらギリギリです。ですのでキーボードの方はちょっと斜めにしています。特に問題ないですのでこのままで行く予定。

本体にはスクロールのタッチパッドと、割り当て可能な4つのボタンがありますので使い勝手はかなりいいと思います。

いやぁ、ほんとにいい買い物しました。

昨日ちょっと触ってみただけですが、非常にいい!!購入して良かったと思わせることが出来るだけのものでしたnote

2008.02.23

鳥の巣を意図的に作成

ものぐさ太郎のLaylackです、こんばんは。

僕の髪の毛は一直線に生えています。そんでもってつむじも人と違って二つあり、なおかつ一個は前の方にあるんです。こまったことって特にないですが、自由自在な髪型には出来ないですね。丸坊主に近ければ近いほどくせっけのようになるので、そういう系統の髪型は出来ません。

んじゃ、今どんな髪型かというと、伸ばしているだけ。というか、伸びているだけ。昔は普通の値段がするところへいってましたが、なんだかばからしくなってきたので、今では20分でできあがる1700円ぐらいの場所に行ってます。で、適当にきってもらうわけです。

髪を切った直後は、大抵お坊ちゃま状態ですので、大人として外出時にはさすがに困るわけです。仕事中なら“仕事中であるという自分の中での体裁”の後ろ盾で平気でPONなのですが、私事ともなればそうもいかないわけで大変です。おまけに帽子をかぶると恐ろしくぶさいくになるので困りもの。

普段は髪を夜洗った後しばらくすると乾きますね。すると座敷童のようにキューティクルが現れると共にまっすぐ下へと垂れます。この状態で寝てしまうと、翌朝は座敷童で過ごすことになります。そこで編み出したのが(←アフォだw)鳥の巣大作戦であります。

すなわち、意図的に寝癖を作成→朝爆発状態にある博士な髪型をお湯でちょっとだけ(ここがポイント)落ち着かせる。

ここまでの準備段階がうまくいくには、夜寝る前に完全に乾いていない髪のまま寝ることが必要です。何故ならぐちゃぐちゃにならないからtyphoon。成功するには寝相の悪さが必要不可欠です。

朝落ち着かせるところまでいったらここからは二択となります。出勤時間は車かスクーターか。スクーターならパーマ効果が期待できるので、このままの状態でok。ただしヘルメットをかぶるとき真上からかぶらないと、脱いだときには恐ろしいことになります。ただし15分~20分程度かぶっているだけなので、会社で水をかぶってキャンセルすることも可能です。もちろんこの行為によって、座敷童化してしまうのですがしようがないでしょう。

車の場合、この少々の落ち着かせ方では抑えが効かないために、乾燥と同時にハネが蘇ってくるおそれがあります。それを見越してより押さえておくことが肝心です。やり過ぎは即座敷童です。髪の伸びた量によって、寝癖や押さえ方も変わってきますので、毎朝が戦場なのです。

だから僕の寝癖は意図的に作っているのです。
おやすみ。

2008.02.22

植物園は楽しい

楽しさに気がついて良かったと思えた植物園。

A81

のぞき込まないと見えない場所にあった小さな小さな植物この名前は最後にわかる。

ライブビューは凄いのだろうさ、でもなくっても、ノーファインダーでもおもしろい世界は撮れる。

A83

地面すれすれから見上げないと見ることができなかった。こうなってたのね。

A80_2

我が相方にも登場してもらう。これは園内にある白川村から移築した合掌造りの家。

最初の植物の名前はこれだった。

A82

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きむなっきー・・・・・・。

2008.02.21

南の植物でごんす

植物の名前が一つ判明しましたよclover

フィリピン原産
クマツヅラ科
クレロデンドルムクアドリロクラレ
・・・
・・・
・・・

A78

大きな木に花がたくさん。小さいの一つ一つが花なのか、ひとかたまりなのかわかりません。ただ、名前がインパクト大bomb。インパクトの割には暗記できませんでした。

あと、パピルスもありましたよ。パピルス(papyrus;ラテン語)は紙の名称だけでなく植物の名称でもあります。そこは調べました。なのにその写真撮らなかった・・・。

で、その横にあったのがこれ。

A79

この場所の長(おさ)っぽい。上の幹に至っては目玉がいっぱいついているかのようで怖い。背丈も高くて、オーって感じです。

2008.02.20

なにせ名前がわからないのだ

さっきチキンラーメンを食べてしまいました、ちょっぴり不安なLaylackですこんばんはbleah

なにせ花の名前がわかりません。

A77

握り拳ほどあるこの花。たれーっと、しべ(蘂ってかくらしいが、書けませんw)が垂れ下がっております。花びらも反り返っていて何とも珍妙。しかし可憐な花です。ドレスをなびかせてまるで舞踏のよう。ただ名前はわからないのだ。

A76

これは見たことがある花のはずですが、名前はわかりません。きれいですきれいです、幻想的です!背景を恥ずかしくも考えながら撮ってみましたscissors。VR18-200望遠端で最短距離での撮影ですとこれぐらいぼけます。絞り開放ですfullmoon

両方ともちこーっとだけトリミングしました。
植物園はとりあえず撮っておけば後で見ておもしろいのもあるねsmile

2008.02.19

東山植物園いってみた

小出しに出来るように細々と。あ、こっちの話しですね。こんばんは、Laylackです。

自宅からはそう遠く離れていないので、平日ならば車で30分かかりません。もう一つ考えていた農業センターは、梅のフェスティバルみたいなやつがまだ開催されていませんでした。で、植物園へ直行です。都合13:30分ぐらいにでて、門にたどり着いたのが14時過ぎといったところです。

平日はさすがに気持ちのいい交通状態。渋滞もなくサクサクたどり着けました。切符売り場では一年パスポートが2000円で売り出されていましたが、手持ちと何となくということで今回は見送りです。

こんな寒い時期ですが、温室もあって見所は十分。暖かくなるにつれて(花粉の恐怖もありますが)おもしろさは倍増していくのだろうなと思います。

A74

温室。この時期は暖かくって気持ちいい!花も綺麗に咲き誇っていますねtulip。今回は全てVR18-200の手持ち撮影。気軽にお花をパシャパシャ巡りです。

A75

この温室にあるどれかの花coldsweats01。nameplateチェックすべきでした。いくつかは突端ですが、これはないです; 温室の写真の中程花壇のピンクのやつだと思うのです。花が下向いてるので、下からのぞき見してみましたupwardright 形がおもしろい!

こういうところ来ると、もっと寄りたくなるのですよね。

2008.02.18

トムヤムクンで轟沈

今日は代休、明日は月一休みで個人的連休なLaylackです、こんばんミ!

体調も完全復調ではありませんが、結構良くなってきたようでさすが僕であります。で、お昼御飯にオムライスchickだったのですが、ちょうどかずなさんvirgoのBlog拝見していましたらトムヤムクンのことをいっていて、そういえば食べたことないなぁっていったらなんとレトルトの頂き物が一つあったということで、オムライスにトムヤムクンというランチタイムになったわけです。

なんなのかわかりませんが、酸味があるのだとか。で、それがこれ。

A72

Thailand製でございます~♪
で、レンジでチンしてできあがり!

A73

では初体験!なのですが、ものすごく辛い。あとすっごくすっぱい。香辛料?それがパクチー?shallotとherbが書いてあったけどこんなに凄いのですか~。

最近辛いものから随分遠ざかっており、もはやあまり食べたくないまでになってしまいました。ちなみに今日の夕食はカレーライスだったのですが、バーモンドカレーの辛口は僕にとって結構辛いと感じるほどに弱くなっています。台湾ラーメンだとか、鍋でもキムチ鍋とかはいただきません。キムチ単体を少々ならOKですが。

そんなわけで、ものすごく辛かったです。相方は一口飲んだだけ。前に書いたタイから来た花のと気にいただいたようで、相方のおかーちゃんゴメンねステタヨrunと、ここで告白しておきます。明日イタリアご旅行から戻ってくるそうで、羨ましい限りですな。

そんなわけで、トムヤムクン全てがこんなのかどうかわかりませんが、この系統の味なら苦手だなって思いました。舌もおこちゃまなのか、僕は・・・。むぅぅー。

休みがきたのだ!

ずぅっと体調が悪かったのですが、なんとか休みまできました。
昨日は出勤で寒買ったのですが、空気がきれいですんでいたので、知り合いに教えてもらった団地の公園に会社の帰りに行ってみました。

A71

IXYで撮ったのですが、暗かったのでCapture NXでレベル補正かましてありんす。意外と高台のようで名古屋市の中心部が見渡せます。遠目に見ると綺麗ですが、街中には行きませんrun

不思議なことにこういった場所では昼間はやや凡庸な景観なのです。夜のみ「きれいですにゃー」といった見た目になるのです。ちょっとおもしろいけど、さすがに寒かった。

だから過、昨日はダウンdown。御飯食べてお風呂入ってすぐ寝ました。九時ぐらいにgood

2008.02.16

新旧仲良く

新旧仲良く
共存共栄。ま、絵的な話ですが、実社会だとひしめき合っていてどちらもあまり好きではありません。何にしても間をとって中庸かと言えばそういうわけでもなく、いつかどこか遠いところに何かを求めてしまうのに、ふと気が付くことがあります。

日本の都会ではこの環境が 普通 なのですから、田舎育ちの僕にとってはいささか息苦しいのものです。だからこその発見ってのは確かにあるもので、小さいながらも毎日面白いものはみているわけだけど。

と、お昼ご飯タイムはそろそろ終了。仕事頑張ろう。明日も。

2008.02.14

昨日風邪引いた

昨日風邪引いた
記事書こうと思ったのにダウンだった。せめてパソコンさわりたかったのにぃー。なんだか気持ち悪くて、頭いたいです。ルルをちょっとのんで寝ました。今日は寝たから頑張りが効きます。しかし、寒い。手足の感覚ないですね。しかし、そんなのには負けん!午後も頑張るのだ!

2008.02.12

毛細血管ブギウギ

相生山ちょっと飽きてきましたが、いけば発見がまだまだあるのですよね。近隣におもしろい人のいない場所があればいいのですが~。

A70
AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)
焦点距離: 20mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: マルチパターン測光
1/320 秒 - F/5
露出補正: -0.7 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: 晴天

上を見たら寝不足のときの眼球を走る毛細血管のようだった。ちょっとカッコイイ!冬の感じそのものですな。常用樹林だとこうはいきますまい。ビバ!落葉樹club

もうちょっと情緒的表現の方がいいでしょうか、たまにはいいよね。感じたままってのも大事です(言い訳sweat02

2008.02.11

木とメジロ

相生山は入り口が何カ所かあるのですが、一番東側からいくとこんな木があります。

A69
AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF)

まるで大きくのびをしているように出迎えてくれるこの木は、最初の曲がり角の脇に生えています。巨木とはいえませんが、立派に両の手を広げて気持ちよさそうに見えるので僕は好きです。

そしてこの時期はどこに行ってもメジロがたくさんいるのをよく見かけます。この前伊良湖岬に行った際にも、写真に納めることはかなわなかったものの何十羽というメジロの群れを見つけました。木の陰に隠れてしまうと目をこらしてもなかなか見つからないのですが、ぼうっとまるでパンフォーカスのように見ていると何故か見つかるのですよね。

A68
SIGMA ZOOM AF-APO 75-300 1:4.5-5.6

ちょっと離れすぎていたので、トリミングしてあります。結構ノイズのってるけどそこそこ見ることができますね。他の鳥も撮ることは出来たのですが、マニュアルフォーカスはやはり難しく、ほとんどがピンぼけでした。家の近所でも見ることができるのですが、カメラ持ってうろつくにはちょっと妖しいので・・・coldsweats01

撮り比べ

こんにちはcat Laylackです cat

昨日言っていた撮り比べ。探してみたら、数枚しか撮ってなかったのですね。現地ではレンズ変えてなんやかんやと時間ばかり過ぎ去った気がしたのですが・・・sweat02

SIGMA ZOOM AF-APO 75-300 1:4.5-5.6 です。

A66_2

レンズ: 75-300mm F/4.5-5.6
焦点距離: 75mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: マルチパターン測光
1/80 秒 - F/5.6
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: 晴天

今流行の超音波モーターなどではないため、ギャーっというギアの音がたまりません。が、遅いです; AFの迷いがあればいったりきたりを繰り返し、鳥をターゲットにしようものならすぐさま飛んでいってしまいます。ただ、300mmはDXフォーマットですと450mmですから、ちょっと慣れない望遠には個人的に嬉しい気分にさせてくれます。

見てのとおりですが、靄がかかったようなこれはなんでしょう?カビが生えているのですかsign02 なんなのかはわかりませんが、まったくもってクリアな感じがいたしません。望遠端だけが魅力ですねーsad

AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)

A67

レンズ: VR 18-200mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 75mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: マルチパターン測光
1/60 秒 - F/5.6
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: 晴天

比べるとカリカリしてます。念のためにですが、双方RAW'で撮影してJPEGにて保存。Irfanviewにて画像解像度横440に変更、画質90%で保存です。いつものBlog仕様です。クリアな感じは置いておいたとしても、霞が買った黄色はやっぱり問題ありじゃないかなと思っていますthink。借り物だからおもしろければいいのであって、欲しくなったときに望遠買うのだろうし、個人的な問題ではありませんが撮り比べるんなら35-70にしておけば良かったと今更ながらに後悔です。でもほら、シャープさは判別できるでしょう・・・(苦しい言い訳かな~weep

DVDーRとかの寿命

http://www.asahi.com/business/update/0209/TKY200802090125.html

まぁ、詳しくはasahi.comを見ていただくとして、50枚格安スピンドル品を買っている僕は戦々恐々としているわけです。そんなに大げさではないけれどgawk
早いもので数年と書かれていれば、今あるHDD内の画像データの消去は躊躇せざるを得ないわけで、念のためのDVDへのバックアップと共にTB単位でのHDDの追加を考えるのも現実問題となるわけか。

1TBだと3万円程度で出回っているので、これを画像専門としてRAID1でミラーリングするのがもっとも手堅いかなぁという今の判断。500GBあれば現在の使い方なら数年は持つと思われるし、とりあえずRAWで撮っておけというのをやめればDISK圧迫も幾分避けられるだろうし。

しかし、10枚千何百円もするような高級メディアはなかなか手が出せないわけで・・・。メーカーブランド名が公表されていないので何とも出来ないし。プロの人たちはHDDに保管が原則なのだろうか?高い信頼性のあるDVDに保管なのかな。うむーふぅぅぅぅ。

2008.02.10

雪はやんでしまった

前にいった荒池にいってみたものの、chickさんたちは奥にいた。よいしょと担いで歩くも、奥には白玉を三脚にセットされた方がいらっしゃいまして、なんとなくやめました。小心者だw

で、相生山しかなかった・・・orz

A65

VR18-200

シィーンと静まりか帰った森の中は、何となく気持ちいいものでしたよ。すれ違ったおばさんは、すがすがしいですよねって仰っていました。なるほどその通り。今日は一人で散策ですわ。

そうそう、ちょっとだけ撮り比べてみましたが、35-70とではなく75-300の方とだけです。それではまた~paper

2008.02.09

雪の二輪はちとコワイネ

IXY DIGITAL 50にて撮影A64_2 

右に見えるのが相生山です。なんとか映っていたのでCaptureNXでおこしました。みんな大通りを走るんですね。でもあちらはいろいろ混在していますし、踏み固められて危ないのでこっちの方が意外といいのです。ほとんどいませんよ~。でも、それでも滑るのは滑るのですね。手強いです。

そうそう、コメントの携帯への転送を停止したので安くなっているようです、電話代。あと、ネット見るときも画像表示をカットしましたからかなと。3000円いかないので、ドコモのときよりも月々の気分が楽ですよ♪

ゆっきだー

ゆっきだー
すごいぞー
名古屋も降ったぞー
昨日は九時半には寝ていたからげんきだぞー
でもおそとでしごとなのだー
積もれー
まっしろになれー
帰りのスクーターはちょっと怖いけど( 。 ;

2008.02.07

今日は眠たいので

今日も・・・でしょうか?こんばんは、Laylackです。

借りたレンズAF Zoom NIKKOR 35~70mm F3.3-4.5(NEW)での作例。作例とはいっても、実は根本から上を見上げた感じのノーファインダーものです。構図は勘弁してください。

A63_2

RAW撮影後CaptureNXでPictureControlでニュートラルに、その後jpeg保存したものをいつもの如くirfanviewで画質90にて保存です。ただし今回はサイズを縦横比固定で横660です。アフォな事に同じ構図でレンズでの撮り比べとかすればおもしろいんですが、まったくそんなことしてません。レンズの感じを見てもらうってだけですね。デジタル専用レンズではないので、カリカリ感がありません。ぼやっとしているわけでは決してありませんが、柔らかい味ですね。アンシャープマスクかければカリッと出来るけど、レンズ本来の絵ってやつですねこれが。

うーん、やっぱり機会を作って撮り比べてみたいですね。僕自身も興味あるし。いつの日か、暇があればチャレンジしてみるかもしれません。

2008.02.06

最近変換がさぁ

僕はjustsystemのATOKというInput Method(以下IM)を使用しているのですが、最近日本語の変換効率がイマイチでこまりっこちゃんです。IMで有名なのはWIndows IMEですが、あれは個人的に使い物にならないのでまったく使っておりません。

長文での連文節変換だと、恐ろしいほどの変換精度なのですが、その場合には"Laylack"などのように普段良く打鍵するキーワードに関して、予測変換機能が働きません。もしかしたらそうさせることも出来るかもしれないのですが、最近はタイピングスピードも上がってきているので(タイプウェルヤスンデルケド)、それほど困ることもないからほっといてある感じ。

誤字脱字は日常茶飯事ではありますが、読み返してみると変換ミスも多々あるのでどうしたものかと考え中。もうちょっと長文での変換するような意識付けが必要なのかもしれませんね。頭にさえ文言を思い描くことさえ出来れば、早口でない口頭でのスピードで打鍵することが出来るので、その方が誤字に関してはミスが少なくなるのかなぁと思ったり。

そうそう、日本語IMEっていう言葉にあまりに慣れ親しんでいるわけですが、あれはWindows用語なので、他のプラットフォームに関してはIMと呼ぶのがsmartかな。でも、ついつい言ってしまいがちですよね。

2008.02.04

さてさて

一週間が始まった。土曜日になれば、もう明日は休みなんだと思うものだけれど、不思議なことに月曜から見た週末は砂漠のように果てしなく遠い気がする。特になんてことはないのだけれど、週の始まりは何故か憂鬱になりがちだ。

最近知人がノートパソコンを手に入れて光り環境の元でネットを楽しんでいる。OSは2000のプロフェッショナルと少々マニアックだけれど、本人はスタートから終了することを知らない初心者だ。彼とのメールのやりとりが最近は意外とおもしろかったりする。

僕はVistaを導入していないが、メイリオフォントはちょっと気になっていた。なのでなんとか無料で手に入れる方法がないかと思っていたら、マイクロソフトから開発者向けプログラムのセットをダウンロードすることでフォントもついてくることがわかり、まったく使用しようにも出来ないVisual C#をDL。IEとタイトルバーなどのフォントに対応させてみた。どうも大きなフォントしかだめなようであったが、意外と見やすかったので変更した。実は2000プロフェッショナルライクな仕様だったデスクトップも、XPの標準に戻してみたのだが、なんというか華美なまでにいろいろ動いてちょっと電気屋さんにきている感じになってしまった。おもしろいから少しこのままにしてやろうかと・・・。
で、サイドバーみたいなやつもフリーであるので入れといた。天気やシステムパフォーマンスとかもあってわかりやすいね。メールチェッカーもあるので意外とイイネ。1600*1200への解像度への変更もしてみたものの、19インチではいささか見にくい。これはモニタが壊れたときに24インチワイドぐらいの凄いのを買ってた召してみたいね。

さっきみたら、HDDの残りがかなりきつくなっている。写真撮り始めてからというもの、圧迫スピードが著しく早い。一応500GBのHDDがついているマウスコンピューターのパソコンを購入したのだが、こんなに早くなくなるとはね。頭のドライブをパーティションで区切ってC:が14ちょっとD:が17ぐらい、もう一個の250GB一括のE:が43GBとピンチ状態である。1TBモデルの後付買わなければいけないかもしれないね~。その前に整理整頓してDVDに焼きまくってみるのがいいかも。消去すればいいんだが、いちいち昔のものを参照したくなるので使い勝手に支障が発生しそうな予感がしなくもないし。うむーふぅ・・・、難しい。

その焦燥感をなんとか表せるかなと、撮った写真を差がしていたらあったから載せてしまおう。



AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

2008.02.03

節分祭とやらにいった

寒くなったけど雪は降らない名古屋にコンチクショー。こんばんは、Laylackです。

 なんとまぁ、夫婦仲良くひるまで寝ていました。半日休みがなくなったのは残念ですが、相方の実家近くにある神社で節分祭というのがあるので参加してきました。

夕方の四時までだそうで、最後の方になってきましたがなんとか間に合い。相方と、そのお母さんと僕の3人でてくてく歩いていきました。厄よけのお払いもあるそうで、よくは分かりませんが登録名簿に書くとお払いしてくれるそうです。相方の弟と相方二人が記載してありお晴らししてもらうんだそうで、神職の方が読み上げられる祝詞の最後の方で名前をいってもらってました。

その横では雅楽が生演奏で、これはなかなか儀式っぽく(儀式ですよね、失礼な;)てかっこよかったです。笙(ショウ)っていうフペヒャァァァァ~って音の楽器も生で見たのも聞いたのも初めてで、短い時間ではありましたが神聖な空間ができあがっていました。
厄払いに、会社名や代表取締役とかっていう肩書きが出てくるのは正直興ざめですが、それ以外は参加できてとても良かったですね。写真はナインヨネー。

その後もらった豆もまく神事があり、愚生大人になったからの初豆まきをやらせていただきました。小声で「おにはーそとぅ」とちゃんといいました。はい。

相方の実家に戻り恵方巻きを作成・・・したのは相方で、僕は食べただけ^^;
吉報を向いて云々は個人的にはやらずにむしゃむしゃです♪ちょっと寝過ぎて食べ過ぎたけど、いい節分でした。




食卓が、食べ始めると寂しいので買いました。寂しいといっても会話は弾む方だし、御飯を食べるのだから寂しいというには少々変な話しなのですが、テレビはつけないので二人が食べると途端に静かになるのですよね。なので、音作りのためにラジオが欲しくなり、ポイント併用1600円ぐらいで購入したFM/AMラジオつきさらにCDも聞けるやつです。

低音質なFMがまたいいのです。小さなスピーカーからざらついた洒落たジャズが聞こえたら、御飯もうまさ倍増ですよ。名古屋だとZIP FMが有名ですがあそこは今風にいえばウザイ。Radio Iはオサレで選曲が好みなのでかけてます。

いいです、これ。

2008.02.01

仲間に借りたレンズとか

おねむです。昨日は10時に寝ていました。今日はなんとか大丈夫そう。こんばんは、Laylackです。

会社の仲間が学生時代にカメラ部(?)だったらしく、聞けばNIKONだったので持ってきてもらった。ずぅっと使用していないらしく、埃かぶっているもののなんかいい。無期限仕様okとのことなのでそのまま借りてきた。昔の一眼レフなのだが、気になる
マウントは頑固なFマウントとか不屈のFマウントと呼ばれるように、今もなおFマウントである。まぁ、だからこそ借りてきたのだけれども。


せっかくだから並べてみた。機種はF601Mというマニュアル機。MがついていないものはAF対応機となっているみたい。ネットで調べてみたが情報が少ないようで、珍機とかマニア機種との評価が多いみたい。売れなかったけれども、機能的には中級機にあたるようなカメラらしい。

D80に比べて一周り大きい感じがする。構えると、これぞカメラ的な幅広に時代を感じる。左肩にはISO変更などのボタンがあり、右肩のコマンドダイヤルと併用するところはNikon機共通のようであった。わからない機能も多々あるけれど、直感的にさわれるかなというイメージ。当然Filmカメラなので、液晶モニターは搭載されていない。彼はモノクロオンリーだったようで、借り受けたカバンの中にはキットレンズと望遠が一緒に入っていた。



D80にAF Zoom-NIKKOR 35~70mm F3.3~4.5(改良版)を装着してみました。これはこれでカッコイイじゃないの!IF(インナーフォーカス)でないので、ピントを合わせるときにぐりぐりと出っ張りが生じますが、そんなの関係ないぐらいおもしろいですね。新しいものはおもしろい。

つけてみてまず、”軽い” です!18-200と比較するのは問題外ですが、これは単焦点欲しくなりますね~。これは画角がちょっと変化しますが、変化の度合いが少ないので足で画角を調整しなくてはならず、これがまたおもしろい。単焦点ならもっとそうですものね。絞りリングあるのも初めて見たので、最近はこれつけてます。というより、平日は仕事なのでどこにも行けませんが・・・orz

IXY DIGITAL50で撮影。アンシャープマスクですわ、ぼけぼけなんで;
ふぃ~、Nikkorの35mm F2.0 が欲しくなった。

風呂入ろう、そして寝よう、明日も仕事だべいべー

« January 2008 | Main | March 2008 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ