« 大王岬散策2 | Main | 大王岬散策4 »

2008.01.06

大王岬散策3

明日から仕事。いやだなぁ、ほんとに行きたくない。長かったのは週休二日でないからで、週休二日の方がいいに決まってる。こんばんは、Laylackです!

さて、“ちびっこ広場”の横にある“いの坂”の話しはしました。急斜面というのが伝わるかどうか。

A27

この右に斜面がいの坂。ガードレールは錆びきっていて、皆外側に倒れ込んでいる。これはそうしないと車両が通過できないためだ。ガードレールの寸法から道の狭さはわかってもらえると思う。それと同じくらいの幅を持つ石段。石段と石垣は、ここ大王町波切(ナキリ)地区のシンボルである。高低差が常につきまとうので、至る所に石垣が見える。そしてそれをつなぐ迷路のような道と石段がとても綺麗だった。大人になって初めてわかる"よさ"かもしれない。

そのまま下りて通りに出る。するとすぐ近くに汗かき地蔵尊という場所がある。いいことが起こるとき白い汗をかき、悪いことがあるときは黒い汗を流すという仏様がまつってある。

A26 それを撮そうと思ったが、何故かやめた。何がそうさせたかわからないが、気が引けた気持ちになった。

なのでというわけではないけれど、横の一段高いところにあった四天王を写す。持国天、増長天、広目天、多目天であり、小さいながらも迫力がある。

汗かき地蔵尊の方を向いて四天王が見守るなか、前を歩き上への石段を登る。見晴らしのよい高台には、厄よけの鳥居があり、奥にも祀られていた。神社の分詞なのだろうか。そこはちょうど行き止まり、また通りに出て行くことになる。下りてきたときに、バックパックを背負った男性が一人、熱心に説明書きを読んでいた。きっと地元の人ではないだろう、軽く会釈をしてお寺の方へと向かって歩いていった。

« 大王岬散策2 | Main | 大王岬散策4 »

写真」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。

見上げるような坂ですね。

登るのもたいへんだけど、降りるのも怖いような坂ですね。

こんばんは♪

短いのですが、凄く急坂です。軽トラックは1stで下っていきました。
それをあざ笑うかの如く、小学生が自転車で下っていくのがおもしろいです^^/

Laylackさん、こんばんは!

ガードレールが倒れている細い道。
すごいなぁ~!
倒れてても通れそうにないなぁ~!
どんな車が行くんだろ??

汗かき地蔵尊、ちょっと、こわいですねぇ~。
ほんとに汗かいたことあるのかなぁ~?

かなもなさん、こんばんは!

ここを地元民は普通に走っていきます。
イメージ的には軽トラックがギリギリなのですが、オデッセイが通っていくと拍手をしたくなるのです。
汗かき地蔵ですが、汗をかいたことはありそうです。放送のようなもので、そういったときには町民の人たちに行政が知らせるとのことでした。

The comments to this entry are closed.

« 大王岬散策2 | Main | 大王岬散策4 »

My Photo
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ