« 一月三日の庭 | Main | 大王岬散策2 »

2008.01.04

大王岬散策1

やっとカメラを持ち出したLaylackです、こんにちは。

前にも行った大王岬散策のリベンジです。別に復習ってわけではないですが、18-135から18-200に変わって、カメラを一年触って少しは成長したのか・・・。その命題の答えが今ここに!(大げさだw)

Dsc_3507_2 この辺りの町は、総じて狭い路地によって形成されている。前回はメジャーな場所を回ったようだったし、せっかく新レンズだっていうことで小道へと足を運んだ。

こういう部分をモノクロで切り取ってもおもしろい。RAWデータも残っているので、また名古屋に帰ってから整理してみようか。この廃屋のように見える左の建物も、立派な現役の住居だ。顔をのぞかせると暖かみのある色があちこちに見受けられる。動かされている暖かみがそこにある。本当の空き屋とは、そこに色がない。その昔に時が止まった建物には、その瞬間までの時間しか残っていないのだ。

枚数はずいぶんある。小出しにできるね。

« 一月三日の庭 | Main | 大王岬散策2 »

写真」カテゴリの記事

Comments

確かに、モノクロで切り取っても面白そうですね。
廃屋のように見えますが、ちゃんとした住居なのかな?
中を見れば、あたたかい色が見えてくるのでしょうか。。。

おはようございます。

地の利、土地勘を生かした作品ですね。

シリーズ楽しみにしています。

かずなさん、おはようございます。

ちゃんとした住居ですよぅ~!^^;
おじいちゃんやおばあちゃんが住んでいることが多いです。横を通ると、知らぬ顔は警戒するようですね。町民皆隣人とまではいかなくても、それに近いものがあるはずですから。
このような住居が多かったですね。
人のぬくもりは、おうちじゃないのが見るとわかります。

おはようございます。

たまには負けじと散策してみました(笑
3~4時間ほど歩いたので、ネタはあります。
何日引っ張れるか・・・、あぁ、僕ってものぐさだなぁ^^/
情景をなるべく伝えることができればいいです。

The comments to this entry are closed.

« 一月三日の庭 | Main | 大王岬散策2 »

My Photo
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ