« 老犬 | Main | 師走の相生山 »

2007.11.30

The road curves ・・・

Nanka427

初めての土地で、初めての道を走るときには、やはり初めての曲がり道に出会う。
いつ出会っても、いつも同じように感じるのだ。曲がった先にはどんな景色が待っているのだろう。どんな道が続いているのだろう。それを想像しながら道を走っていると、なにげに走るときにはない発見をすることもある。

右へ左へ、山道なんかは登っていくときがもっとも高揚する。ガードレールの向こうが空なんかだと、心の靄が一瞬で晴れていくのを確かに感じる。ときには危険が待っていたり、枯れ葉が落ちていたり、アスファルトが砂利道になっていたり、常に変化するカーブの向こう側はとても面白い。見えないからこそ感じられる部分なのかもしれないけれど。

人生によく例えられたりするが、只々単純に道としてのカーブは僕にとってそんなおもしろみを持っている。

風呂入って、寝ましょう~。だんだん寒くなってきたよ(・∀・)

« 老犬 | Main | 師走の相生山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

観点がさすが、Laylackさん!!!って感じです~。
だって、普通の人はただの曲がり道としかとらえないものを、こうしてカメラの題材として捉えている。。。
人とはちょっと違った観点を持ってらっしゃって、そういうところが、スゴイです!!!
本気でカメラをやられてみてはどうかな?って思ってしまうくらい。。。
モノクロのカーブの道。。。
なにかものを言いたげに見えてしまいます。。。

いや~、照れるじゃないですかぁ^^;
しかし、ありがとうございますん。
うんと、僕の趣味はですね。
パソコン触っていること。
バイク乗ったりすること。
カメラで撮ったりなこと。

どうなんでしょうね、意識すると面白いかもしれませんね。そんなこと考えてるっていう記事を書いてみたり。あ!ネタ出来たですねー。
白黒に変えてます。アイー ^^ノ

バイクは乗りませんが、曲がり角の先に何が待っているのか、どのドキドキ感が伝わって来ます。写真で、人間の気持ちをも表現できるとはすごいですね。
いつもと違う文体に惹きつけられました。一つの作品になっていると思います。

ぴろろさん!褒めてもらって照れますよ~。
たまには、まじめぶって思いを記事にしてみたりしてます。
が、評価されるとくすぐったいですね!
と同時に、また機会があればそんなものも書いてみたいです。
ぴろろさん、あんがとーです!!!!

The comments to this entry are closed.

« 老犬 | Main | 師走の相生山 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ