« 小原村の四季桜 | Main | カラメル・ショコラ »

2007.11.15

寒くないね最近も

Nanka407

案山子。アンザンシと書いてかかし。リアリティーを極限まで追求したその頭部は、焼けただれていたような感じで威圧感がgood。キャベツを守ってるこいつはイカした帽子をかぶっている。

Nanka408

柿とナナカマドかピラカンサ。どっちかわかりません。

« 小原村の四季桜 | Main | カラメル・ショコラ »

写真」カテゴリの記事

Comments

Laylackさん こんばんは
よっちんです こぶさたしています。

案山子ってさだまさしの歌がありましたねぇ。
よく覚えていませんが...

千葉は最近寒いです。
明日からはもっと寒くなるそうで、風邪を引かないように用心です。

柿の写真、これは渋柿かなぁ。
なんだが食べたくなってきちゃいました。
早く出回らないかな〜

  明け方は寒いですよ σ(゜・゜*)・・・
 しかも、明日から 昼間も冬に近くなる予定です。東海地方も紅葉が進みますわね~~

 明け方寒いですよ σ(゜・゜*)・・・
 しかも、明日からは 昼間もぐんと寒くなりますよ
 東海地方も 紅葉が進みますわね~ ♬

 明け方寒いですよ σ(゜・゜*)・・・
 しかも、明日からは 昼間もぐんと寒くなりますよ
 東海地方も 紅葉が進みますわね~ ♬

 (ノ∀`)アチャー 3つも打っちゃった 『問題が発生しました』とか出たんで。。
 これこそが 問題ですd(^-^)ネ♪ アラシじゃありませ~ん♬ クスクス

案山子の写真。。。ちょっぴり怖いですね~。
白黒なのが余計に怖さを増長させていますね~。
これはねらいですか?!苦笑。
私が恐がりなだけですね!!!
柿のシーズンですね~。
自然になってる柿を見ると、つい手を伸ばしたくなっちゃいます。。。苦笑。
渋柿だったらやですね!!!

おはようございます。

最近、朝晩冷えます。歩いていると暖かくなりますが。
冷えることで、木々の色づきが進みますね。

また、これからの季節、通勤時北向き斜面なので、風が身にしみる時期になります。

Laylackさん、こんばんは!

かかし君、すごい迫力ですねぇ~~!
モノクロで撮られたのがすごく成功してると思いました。
なんか、怖い雰囲気伝わってきました(笑)

よっちんさん、こんばんは^^

秋の夜長にさだまさし 見ました?
今度は年の初めにさだまさし です。1月1日かな、おもしろいです。
名古屋も明日あさってと寒くなるそうです。全国的にかな。
実家にも柿の木があるのですが、渋柿かどうかとかわかりません。スンマセン
スーパーでちらほらみますよ、ご賞味アレ~


ゆいなさん、こんばんは!

原付二種通勤のLaylackもどこまで耐えられるかってところです。今週末、晴れれば明治村いってみようとたくらんでます♪

かずなさん、こんばんは~。

狙いです、ネライ。
このあたりにあった柿の木は、それもこれも大きくって驚きます。屋根より高い木がほとんどですから、柿も驚くほどなっているんですよ。

ぞうさん、こんばんは!

朝晩の冷え込み、こたえますよね。
木々が色づくので、どっこいどっこいでしょうか^^;
北向き斜面という文面から、顔を引っ込めて歩いているぞうさんを想像しました(・∀・)


かなもなさん、こんばんは!

要所要所(そんなに要所ではないですが)で、白黒にしてみたり、RAWで撮ってみたりと試してます。
だってー、追いつきたいんだもん♪
(怖いのが伝わっただけで、ほっとしました^^;)

母が生まれ育った新潟の家には、柿の木があります。渋柿です。それを家人がもぎ、さわして私の実家に毎年送ってくれます。渋柿は焼酎でさわしているので、10日もすれば甘くなります。甘柿と違って種もありませんから、とても食べやすいです。
柿の実がなっている光景が大好きです。母の田舎を思い出すからでしょう。田んぼのある風景と一位二位を争うほど。私にとって、郷愁を誘う光景の一つです。
果樹栽培の中で、柿はもっとも歴史が古く、縄文時代の遺跡からもその種が出土しているそうです。卑弥呼や聖徳太子らも食べていたのでしょうか?

ぴろろさん、こんばんは!

Laylack's fatherがいっていたのを聞いたことがあります。父親が言うには、”へた”の部分を焼酎で触ってあげると、甘みが出てくると聞きました。
実家には3本の柿の木がありまして、そんなに大きくはないのですがいつも200個ほどの実を付けます。だからというわけではないですが、一個で十分なLaylackです。

お父様がおっしゃる通りです。渋を取るには、渋柿のへたに焼酎をつけます。そして、へたを下にしてしばらく置きます。みんな、それを「さわす」と言っていました。方言なのかと思い、辞書を引いたら「柿の実の渋を取ること」とありました。
水でも渋を取ることができるそうなのですが、渋を取る温度というのがあるそうで、その温度でないと渋が取れないそうです。焼酎なら、温度は関係ないでの簡単です。
ご実家の柿の木はすごいのですね。200個もなるなんて。

お!ではウソではなかったのですね^^;
調べてくださってありがとうございました!
浅学な僕の脳みその肥やしになるというものです。
温度に依存するところがおもしろいですね、そういうの、好きです。
200個ほどできるので、当然消費しきれずにご近所に配ると言うことになるんですよね。
鳥たちがついばんでくれるので、秋は春と違った賑やかさです

The comments to this entry are closed.

« 小原村の四季桜 | Main | カラメル・ショコラ »

My Photo
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ