« ネムイネムイ | Main | 輪島塗の箸 »

2007.11.02

ちょっと距離ある中津川

Googleマップ使用しましたが、イマイチわからずコピーしてます。問題あるのかわからないので、あったらすぐ削除します。

行ってみたかったりするというコメントいただいたので、ちょっと書いてみました。

で、名古屋から高速でいくのがもっともわかりやすいのです、おもしろくありません。ですのでLaylackはいつも下道でいきます。バイクでもスクーターでも車でも。いろいろルートは選べますし、ほとんどのルートはいってみましたが。今回紹介するのは個人的最短距離です。何とも意味深な表現ですが、意味深長どころか浅はか極まりないルートですご容赦を^^;

Nanka372

これが大まかなルートとなります。

猿投グリーンロード中山IC→419号→363号

時間はどれくらいでしょうかね、車でもそんなにはかかりませんよ。もちろん時間にもよりますが、猿投グリーンロードを降りてしばらくすると、信号はほとんどなくなりますし交通量も少ないので、ほとんど止まらずに結構な距離を走れます。中山ICの手前の猿投ICで降りて、猿投神社を訪ねてみるのも悪くありませんね!

Nanka373

ひたすら山を登って進んでいきますと、トンネルが出てきます。でた途端に今度は一気に下ります。下りきったら上の図のように右折しますが、その脇には八王子神社がありそこには世界一の狛犬がいますよ。ここも、せっかくだから見てみてもいいかなと思います。

Nanka376_2  前にもこの写真使ったかもしれません。違うのかな。これが狛犬でかいやつ。

Laylackはこのあたり年に10回以上バイクとかで通るので、気が向いたときによります。人がいると緊張するので、いなさそうなときにこっそりいくのですw

Nanka374

地図の左下でバイパスがあるので左に曲がります。左に曲がってすぐ左側に橋があり、わたっていくと小里川ダムが出てきます。おばあちゃん市山岡(http://www.michi-club.jp/detail/station.php?stationid=000019)があるので、ここもよるといいですね。さっきの狛犬を右に曲がり、今回の場合はつぎのY字をみぎに曲がってきたわけですが、そのY字を左に曲がることでもいけます。ちょうどダムの放水路の上を通ることで二つの道は繋がっています。

脱線しました。岩村方面に行きます。このあたりにはセルフのスタンドもあるので、給油もよくここでします。

Nanka375

農村景観日本一を横目にずんずん登ってきて、根ノ上高原という看板(?)を目印に左へ行きます。先週の日曜日(10月25日時点)では、その先が工事で通行止めでした。そのため普通に赤線通りに誘導されます。現在中津川方面へは、上図の中津川キャンプ場あたりで左へ曲がり、つぎを右へ行きます。かなりの斜面と道の細さ、見通りの悪さですので大きい車でなれていない方は気をつけてくださいね。

綺麗ですきですが、期待すると後悔するかもしれません。

Nanka377   

  パッと見た感じはこんなところです。なんにもないでしょう?右の方に木が見えていますが、そこがちょうど前回のように車が通れるようになっているだけです。夕焼けだから綺麗に見えたかもしれませんよね、いままで何とも思わなかったので~^^;

とはいっても、ここまでの道のりには素朴な風景が数多くありますし、見所的部分もいーっぱいあります。だからこそバイクで走っている人も多いですし、僕もカメラ片手に何度も通っているのかもしれません。

っとまぁ、こんな感じでしょうか。この前は2時過ぎに日新あたりを出発したんですが、あまり寄り道せずにこのあたりで4時ぐらいでした。このあたりまでいって景色さがしたりって思うなら、名古屋からだと朝出発の方が無難ですね。

もっとうまく伝えたいんですが、難しいですね。今日、このエントリーをきっかけにツーリングレポートも書けなさそうだなって・・・。頭に描いていると簡単なのに、こうやって記載すると意外と時間かかるんですね、難しい~。
( ゜Д゜)ぁー、ちょっと眠くもありますね   

この前の続きは、今度

« ネムイネムイ | Main | 輪島塗の箸 »

写真」カテゴリの記事

Comments

  中津川かぁ。。行ったことないですねぇ。。
 行くとしたら 恵那岳?馬籠? 多治見まではあるんですけどね。。 長野は遠い σ(゜・゜*)・・・

ゆいなさん、こんばんは。

ここは正確には中津川のちょっと手前にあたりますね。恵那山は綺麗ですよ、眺めているぶんにはですが。
最初のころは香嵐渓でさえ遠くに感じていたんですが、バイクで走り回っているうちに近所のコンビニぐらいの距離感になってしまいました。

バイクですとこのあたりへのツーリングで、往復300ぐらいなら疲れなくなってしまいました。形式が好きですからw

主人の趣味の一つにバイクがあります。独身時代には日本を一周したことがあるそうです(ちなみに自転車でも日本一周したらしです)。
バイクに乗る妹や義弟と一緒に、三重県周辺を走り回っていたそうです。結婚後はバイクに乗る時間が極端に減り、今夏、引越し前に引き取ってもらいました。都会だとバイクで出かけるよりも公共交通機関を利用する方が便利なのです。駐輪場に止めるにも探す時間とお金がかかりますし。私を後ろに乗せて走るのも怖いとか。一回だけ乗せてもらいましたが、夏だったせいか気持ちが良かったです。でも、長袖長ズボン、靴下には参りました。
でも本当は乗りたいのだと感じています。いつかまた、バイクに乗ってほしいと思います。aylackさんのように素朴な風景に出会うために。

こんばんは、ぴろろさん。

日本一周は凄いですね~。僕は富士山の裾野へ言ったのが一番遠いところでしょうか。下道で行ったので、なかなかけわしいみちでおもしろかったです。

人が苦手なので公共交通機関はまず乗らないので、利便性とかを考えるとLaylackは特殊ですね。バイクと原付二種と軽自動車の三大体制ですが、通勤は原付でバイクは遊び道具になりはてています^^;

乗っているとやはり車とは違った楽しさがあります。と同時に乗り手のテクニックに依存する乗り物でもありますよね。かっこよいライディングとスポーツライディングと生き残るライディングは、接点もあるものの違う部分もまた多いです。好きな風景は、ひょんな場所で巡り会えるのですよ♪そのために乗っているようなものですね。
ただ、自制心が凄くいります。だって、250ccでもすぐに180km/hでてしまうのがバイクですから。生き残らなきゃ意味ないです。怖いと思うこともあります。でも、乗ってこそある部分もあるんです。

ごめんなさいね、変な話しになりましたね。
(・∀・)ノ

The comments to this entry are closed.

« ネムイネムイ | Main | 輪島塗の箸 »

My Photo
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ