« October 2007 | Main | December 2007 »

2007.11.30

The road curves ・・・

Nanka427

初めての土地で、初めての道を走るときには、やはり初めての曲がり道に出会う。
いつ出会っても、いつも同じように感じるのだ。曲がった先にはどんな景色が待っているのだろう。どんな道が続いているのだろう。それを想像しながら道を走っていると、なにげに走るときにはない発見をすることもある。

右へ左へ、山道なんかは登っていくときがもっとも高揚する。ガードレールの向こうが空なんかだと、心の靄が一瞬で晴れていくのを確かに感じる。ときには危険が待っていたり、枯れ葉が落ちていたり、アスファルトが砂利道になっていたり、常に変化するカーブの向こう側はとても面白い。見えないからこそ感じられる部分なのかもしれないけれど。

人生によく例えられたりするが、只々単純に道としてのカーブは僕にとってそんなおもしろみを持っている。

風呂入って、寝ましょう~。だんだん寒くなってきたよ(・∀・)

2007.11.29

老犬

こんばんは。

会社の向かいには一軒家があり、そこには雄の老犬がいます。彼は僕がバイトでやってきたときよりも昔、そこに移転してきたときからいたそうです。最初は日向の庭で飼われていましたが、近所の頭の悪いジジババの苦情(周りみんな苦情もらってますw)で裏の日陰生活が長いのです。

もう、おじいちゃんです。凛々しい顔も老いを感じさせるようになってからずいぶん経ちます。今は死期が近づいているのでしょう、表情もありません。ほぼ声を出すのがやっとという風なようですが、唸っています。「ぼけちゃった」とおかあさんはいってらっしゃいましたが、わかっているような感じです。腰砕けで立つのもやっとというところ、散歩はなんとかかんとかよちよち歩けていたようでした。

今日の夕方、立てませんでした。あとどれだけ命があるのでしょうか。わかりません。うちのチビを思い出しました。

命ってなんなんでしょうね。一生懸命に生きている姿は老犬でも美しく強さを感じます。やはり悲しいですよね。

はやく走り回りたいだろうなぁって。

2007.11.28

戯れ言ですわ

こんばんは、今から風呂入って寝るんです。

Nikonのオンラインアルバム活用してなかった。もったいないからいくつかあげました。
何か月食だかの写真もあげたままでした。いつあげたんだろう、覚えてないやい。チナミニ題名は気にせずよろしく。

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?un=137187&key=1145089&m=0

たまにはこういうのもいいかもと思いました。

2007.11.27

各メーカーのレンズ

来週は寒くなりそうな感じですね、こんばんはLaylackです。

昨日E-3なんて話題でしたが、ほんとに力はいってますねOLYMPUS(http://www.olympus.co.jp/jp/)。そこで、レンズみてたんですが、テレコンはおいといて(ノ゚д゚)ノ  他の新レンズ見てみたらなかなかですねー。

ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(124、950円)と、ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(147、000円)の二本ですね。どちらもお高いが開放も可変ながら2.8スタートなんですね。写りはサンプルを見るしかないのですが、AFスピードは相当速くなっているようですね。 フォーサーズなんで35mm換算は2倍です。

で、OLYMPUSのブランドであるこれらのZUIKO DIGITAL LENS(ズイコーデジタルレンズ)、ブルーのリングがカッコイイと思うんです。OLYMPUS Blueっていうのでしょうか。変ないいかたですが、SIGMAのようなしっとり系外観が大人っぽく見えるんですよね。そこで他のも見てみます。

TOKINA(http://www.tokina.co.jp/index_lens.html) レンズの外観はというと、NikonやTAMRONのようなゴールドなのですが、よりマニュアル感というかフィルム感がデザインに見えるんです。誤解を恐れずいうとマニアック度高しってところでしょうか。パッと見て僕は少しわかりにくいレンズ名ですね、コツがあるのかな覚え方に。

TAMRON(http://www.tamron.co.jp/)上にも書いたんですが、Nikkorに似た感じしますよね、ネ。ダメですか?写真を見たことしかないんです、カタログとかの。実物持ったら違うんでしょうね、でも似てるのは否定できないです。

Nikon(http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/index.htm)Nikkorっていうブランド名ですね、持ってるからなんですがすごいネームバリューじゃぁーないですか!ええ、奥さん!18-135からVR18-200に乗り換えました、いいっす、イイッス!!タカイッス!

Canon(http://www.canon-mj.co.jp/ef/index.html)EFレンズです。白玉は憧れの的だとか。プロ使用率(シェアっていうんかね)がダントツで高いのです。まぁ、そのライバルだと思ってるんです、勝手に。

Carl Zeiss(http://www.zeiss.com/photo)カール・ツァイスです。高級レンズでございます。T*ティースターでしたっけ?凄いですねーブランドって。やっぱり違うんでしょうかね。ツァイス・イコンとか触ってみたいです。そう、触れるだけでいいw。ハッセルとかSonyとかへの供給は有名ですね。っていうか、もともと超有名ですね。

PENTAX(http://www.digital.pentax.co.jp/ja/lens/) これ僕めっちゃ好きなんです。グリーンの帯が最高にカッコイイ。フィーリングですか?わかりません。ズイコーもそうですが、何か魅力的なんですよね。レンズそのものの外観が。

SIGMA(http://www.sigma-photo.co.jp/lens/index.htm)先輩の親友が持ってました。K10Dに装着していたなんとかMACROっぽかったですね。なんというかマットブラック名感じでオサレでした。ズームリングの回転方向がNikonやタムと逆なんです。そういう部分だけ違和感あったっけ。でもよかったなー。

そして、今日も寝るのです。ヽ( ´ー`)ノ ふー

2007.11.26

オリンパス E-3

こんばんは、Laylackです。今からこれ書いたら、風呂入って寝るのだ!

ついさっき、OLYMPUSのテレビコマーシャルをやっていた。なんとE-3の宣伝だ!!フラッグシップとはいえ、この時間にしっかりとした宣伝を行うなんて、力の入れようがよく分かる。フリーアングルライブビュー液晶を搭載したフォーサーズだけど、こいつは売れるんだろうなぁって思う。同じようなのがLUMIXだけど、こっちはそこまでいかないだろう、新聞にはでかい広告載っていたけれど。何本かレンズも発表してるし、今年は凄いねぇ本当にどこのメーカーも。

2007.11.25

真っ暗闇で養老の滝

用意周到という言葉がありますが、もう一度よく意味を理解しなくてはいけませんね。こんばんは、Laylackです。

養老の滝を見に行ってきました。http://www.usiwakamaru.or.jp/~yoro/ どこをどう見たのか、ライトアップしているというふうに思いこんでしまい昼ぐらいから向かいました。途中から最近なじみ深くなった“渋滞”にご対面。御在所ほどではなかったにせよ、結構な時間をかけて到着しました。ライトアップされるというので、まずは隣接している施設である養老天命反転地 http://www.yoro-park.com/j/rev/ へいきました。

HPを見ると随分凄そうな感じを受けるでしょう?いえいえ、どうしてどうして、つまらない芸術です。少なくとも僕にはその良さはわかりませんでした。大規模な作品なのでお金もかかったのでしょう、大人の入場料金は710円。それは期待も膨らむってものです。なんでも平衡感覚を失って転けたり、斜面で形成されているために怪我人が続出なのだとか・・・。ワクワクするじゃないか!

で、入ってみる。

んむぅーふ・・・。平衡感覚は研ぎ澄まされたままだ!さらに、斜面だから気をつければ問題ない。(子供が調子に乗って一人怪我していたのは目撃したけど^^;)

一度いってみるべし、ネタにはなるかも。ハイ。
Nanka426

芸術なのです、お金かけて作った。

さて、ライトアップされているはずの(←(゚O゚)\(--; ォィォィ)滝を見に行きます。

なんか、提灯みたいなのはあります。そこそこ紅葉も綺麗です。

Nanka425

でも、ライトアップってのはこのぐらいの薄明かりになってくると、煌々と照らしてあるもんです。なにかがおかしい・・・

滝に向かって歩くと、戻ってくる人々の列。登る人はそれに比べれば極端に少ない。むむぅ~、もしや。いや、まさか!そんなことを考えながら歩いていきました、三脚持って(・∀・)

そしたらですね、街灯さえなくなりました。提灯もですね。これは完全にミス。何かの見間違いだったのでしょうね。しかし、登っていく人もまだいます、少ないですがね。なので、せっかくだからとLaylack立ちも登っていきました。

到着するずいぶん前には日は暮れてしまい、街灯もないので降りてくる人は携帯電話の明かりを頼りに、足下を照らしながらきます。目を凝らせばなんとか段差は判別できます、ひるまずGOです。

さて、滝に到着しました。・・・、うっすら白く見えます。目をこらしても凝らさなくてもそうは違いはないです。最終的には近くまでいきましたが、肉眼でよりハッキリ確認できたぐらいでほぼ真っ暗。こんな勘違いじゃなければまず間違いなく気味が悪いのでここまできません。それほどまでに真っ暗です!それでも、何人かはすれ違ったり、まだ登ってきたりしているという具合。せっかくなので三脚をたてる僕。相方は撮ろう撮ろうと、いい返事をくれる。

当然のバルブ撮影。ブレなど気にせず指でシャッターを切る。腕時計の秒針がうっすら確認できたので、アバウトで切っていく。最初チャレンジしたISO100は完全に無理。記録という意味でISO1600固定で、絞り開放、マニュアルフォーカスにしてピントを向こうへ。空を入れたこともあり、都合5~6枚それぞれSSは15,20,25,30,35,40程度に振り分けて撮影しました。この写真は、星を綺麗にとらえた短時間のものと、暗部が起きている露光時間の長いものをレイヤーを重ねたふうに合成してあります。撮影時はRAWと寒さのため、留まることが出来なかったのでしょうがありません。今思えば多重露光っていうことにチャレンジしてみても良かったんですが、残念ですね。ま、同じようなもんなのでいいでしょう。

Nanka424

紅葉の色はでていますが、肉眼ではほぼわかりません。写真を見てから、実物を見て「あ、そういえばあの辺がソウカモ」ってな感じです。

ちなみに手前の緑の葉っぱも肉眼では色の判別は不可能でした。長秒露光って凄いですね~。面白い発見でした。難しいけどね^^;

今はどこでも日の暮れるのは早いのに、山の中で18時ってのは正直ありえんシチュエーションでしたね。ほんとなんにも見えないから。

僕も計画性について考えなきゃ。用意周到っていわれるようにね(・∀・);

2007.11.24

そろそろ躓いてきました

躓く(つまずく)ってこういう漢字なんですね、IME万歳! こんばんは、Laylackです。

タイプウェル国語Rですが、ここにきてつまずきはじめました。参考までに今現在の記録はこんな感じです。

【タイプウェル国語R】ver2.1.2
★総合ポイント : 915067 ☆総合レベル : SI
◇基本常用語 : 68.987秒 SG
◇カタカナ語 : 78.889秒 A
◇漢 字 : 75.232秒 SJ
◇慣用句・ことわざ : 72.838秒 SI

まぁ、結構早くはなってきたのです。正直Blogの記事を書いている手も、カタカタ小気味良く動いてくれるし、ほぼブラインドタッチが出来ているような感じなので、文字を打つのも嫌ではなくなってきました。ここまで、一時期中断はしていたものの、再びやる機会に恵まれて記録も伸び始めて順風満帆かと思いきや、またもや壁がきてしまったようなのです。

最近の傾向としては、「さぁ、やるかな」と初めて2~3回がかなりいいタイムが出るようになりました。記録を見てもらえばわかるとおり、基本常用語が中では一番早いのですが、だいたい74~76秒はでるようになってきたみたい。奇跡的にというか、やっとというか60秒台に突入して個人的にはうれしさ爆発なのですが、日本全国の方々はやはりレベルが高い。まだまだ練習あるのみのようです。

慣用句・ことわざ は、基本常用語に次いで成績がいいのですが、これは一目見て文章を暗記できるところにあるような気がします。ですので、不安な場合はキーを目視できてミスが少ないことが、結果滴にタイム短縮に繋がっている状態です。しかし、それは言い換えるとブラインドタッチができていないということに他ならず、これを完成すればさらなる飛躍が期待できるということなのではないかと、個人的には楽観視しているところです。

そのつぎに成績のいい感じについては、これはもう読めるか読めないかにかかっていると言っても過言ではありません。土地名なんかが出てくると非常に厳しいので、出てくる言葉に依存されるという部分も大いにあるわけです。まぁ、これは数をこなさねば何ともならんわけですね。しょうがないです。

それでもって、最重要課題はいつの日もカタカナであります。う~ん、どうしようというくらいにタイムが伸びない。この前おそるおそる久しぶりにやってみたら、なんとビックリ98秒とかでした!!さすがに、これにはビックリ・・・・orz  ちょっと頑張ってみなければなりませんね。前は基本常用語でさえ80秒台なんてどうやったらなんて思っていましたが、今は60秒台になっているのですから、続ければ少しは良くなるかもしれませんしね。

というわけで、今からカタカナ三昧といきます。

ザンマイザンマイ   (゜д゜)ウヴォァー!

2007.11.23

コンパクトデジカメのNikon

天気は最高ですが、今日はノンビリを決め込んだLaylackですこんにちは!!

少し前に売り上げが急速に落ち込んだコンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)市場も、買い換えサイクルや機能向上からか上向きになっているのだそう。そこで、久しぶりに今発売されているコンデジをちょっと見てみた。

好き嫌いと諸事情からSONYはちょっとナシ。メモリースティックという規格が弊害だ。最近のモデルを見るとタッチ方式を用いたイジクリ機能も搭載しているようだが、その分コストを下げて欲しい(今もここはタイマー搭載してるんですかねw)。もう一つあげるとxDピクチャーカード系統。オリンパスがそうで、FUJIの一部機種もそうみたい。最近のはSD対応になってるようだった。

簡単にいってしまうと、SDベースなLaylack的に選べる環境に限度がでるということ。フジの発色やオリンパスブルーは特色として掛け値なしの二重丸なのは間違いない。関係ないけど、Laylack初号機は130万画素のOLYMPUSだった。

とりあえず、デジタル一眼レフカメラ(以下、デジイチ)がNikonなのでNikonのコンデジ(http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/index.htm  11/23/2007現在)を見てみると、少し前に見たときとは違って随分スタイリッシュになっていることに驚いた。NikonはCanonとは違い、コンデジブランドはハイエンドからエントリーまで全てCOOLPIXとしている。スタイル優先のSシリーズ、パフォーマンス優先のPシリーズ、エントリーモデルであるLシリーズ(Life)の3タイプだ。

ここでも昨今の市場の要求からかSタイプが主流であり、スタイル優先としながらも高機能でPタイプがかすむほどの魅力を持っている。かつて名を馳せたスイバル機構、S10もSタイプに属している。もっとも機能面から、マニュアル操作を充実させPタイプとしてもいいのではないかと思うがどうだろう。

Laylackは広角28mmスタートが欲しいのだが、残念ながらNikonにはP50しかない。電子式、光学式双方のVR(Vibration Reduction:手ぶれ補正機能)をLineupしているが、Sタイプにこそ28mmスタートを是非持ってきて欲しい。今までの経験上、CCDの大きさから1000万画素を越えるのはコンデジには入らないので、それ以下の600~800万画素あたりの現主流モデルに、光学式VR、28mmスタートの3~4倍ズームがあるとLaylackにマッチするのだが。ISOはフジのように綺麗にはいかないだろうし400が常用できればOK。ネタ的に1600可能なら問題ないだろう。ファインダーはデジイチ持ってるので欲しいところだけど、液晶の制度と見やすさ、視野率が高ければなくてもいい。

S10が異色だが、一本のラインとしてグレードを増やしてやると面白いとは思う。が、購入するかと言われると、それ以外のSタイプになってしまうだろうことから、Nikonには見透かされているようでなんだか悔しい。Sタイプのデザインは秀逸で、双方選びがたいのが玉に瑕。思いきりスタイリッシュにS51とかも面白いかもしれない。三桁ならS510を選ぶことになるかな。いずれにせよ現行Nikonのコンデジなら先の機能さえ盛り込んでもらえれば、Sタイプ間違いナシだ。

Pタイプについては、レビューがいくつかあったのでリンクを載せておく。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2007/08/30/6939.html
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2007/10/31/7179.html

P5100悪くはないが、機能を考慮した際にはPowerShotG9に目がいってしまう。単体で見る分にはデジイチと変わらない操作系など、いいなと思わせる部分も多々あるがハイエンドコンパクトというのであればもう一つのこだわりが欲しい気もした。GR DIGITAL路線のカメラもあってもいいかなと思うが、中途半端になりそうな気もするのでPタイプをもっと育ててもらいたい。

他メーカーだとまた面白いんだよね、特色がわかりやすい分野だからコンデジっていうのは。CanonなんかやPanasonicだと、先の要望にこたえてくれてるのがあるしまた見てみるのも面白いかなと思ってみたり。

2007.11.21

飲んでますが、ほどほどに

誰が言ったか知らないが、お酒の写真を載せマスデス。

Nanka423    サントリーです。大手です。

買ったところの価格は980円ぐらいだっけカナ?甘めです、飲みやすいです。コストパフォーマンスよし!!

ちょっとしか飲まないから、コレでいいのです。

飲み過ぎはいかんです。

Nanka422   同時購入の新参者。上に挙げたのは前に買ってお気に入りだったので再購入。これはチャレンジングな初購入。

BACARDI  ORO  750ml

で、1100円ちょっと。これも結構安い。さっきのよりももう少し甘めかな。味的にはこっちの方が好きかも。

と、新しいの買ったらまた写真とるかもしいれないぞー。
眠いから寝ます。

2007.11.20

続 小原の草花

二回にわけただけですわー、こんばんはLaylackです。

Nanka421

ブドウみたいですね。

Nanka417

遭難したら食べたいですね、すっぱそうです。

Nanka418

大川栄作 山茶花の宿 おばあちゃんが好きでした。

Nanka420

あーざーみー
下向いてますね。でもきれいでしたよ。

2007.11.19

小原の草花

こんばんは、寒なりましたね、風邪引きそうですね、眠いです、Laylackです。

というわけで、羅列でGO!

Nanka415

花もきれいですが、つぼみがおもしろい。ちなみに我が家の似デンファレ(ではありませんでした)はまだ枯れきっておりません、どうなってるんだタイの花!

Nanka413

小さいけどかわいらしく鮮やかです。

Nanka414

タンポポは春専門職だとおもっとりました!

Nanka419

蝶々、そういえば多かったですよ!春の如く!!

ハイ、また明日!
寝るよ!

2007.11.18

小原村の四季桜 2

こんばんは、Laylackです!

土曜は久しぶりに会う先輩方と飲み屋さんにいきました。1時間くらい顔を出す予定でしたが、夜中までいましたw。久しぶりに外でお酒を飲むと気分が変わるものですね。相手がよいからというのももちろんありますが、お店という雰囲気でしょうか。

倹約を心がけている最近のLaylackにとって、久しぶりに見る飲み屋さんのメニューは結構衝撃的だったりと、いろんな発見をしてみたり^^。あとタバコをやめたので匂いだけはちょっとひさびさにキツかったです。帰ってくると上着はやはりダメです、洗濯せねば落ちません。こればかりはどうしようもないです、場所が場所ですから。そういう意味ではいろいろLaylack自身変化したところもありますね~。お店でたのは覚えてませんが12時ぐらいですか、さすがに遅いですw  そして、今日は起きられませんでした(・∀・)

今日は明治村に行ってきましたが、前回の続きです。ナゼナラバ、続きが二度とやってこない気がしたから・・・

はい、この前のお寺の後三十三観音を見ました。

Nanka410

思いの外小さくひっそりと、ガードレールの外に小屋がありました。パッと見た感じではならんでるだけですが、全部違う像が並んでいます。阿修羅だったり大日如来のようなのもありました。

Nanka411

そこからいっぱい歩いて戻って嶺運寺。銀杏がきれいでした、夕方の光もちょうど良かったかもしれませんね。

Nanka412

朝夕の斜光がちょっとした演出家になってくれます。撮影者がへたでも助かるというものです^^;

2007.11.16

カラメル・ショコラ

カラメル・ショコラ    なんじゃそりゃってなもんですが、食べ物です。月に一回のチョコレート教室で作ってきたようです、ええ、もちろん相方ですとも^^

Nanka409

以前紹介した猫の箸置きが、ひょっこりひょうたん島ですので、おおよそのscaleがわかっていただけるかと思います。下がチョコレートムース、黄色く見えるのがカラメルムース、上層がつや出しのナパージュ(果物のペクチンを抽出して作ったゼリーみたいなもの)だそうです。

チョコレートはそんなに好きな方ではないのですが、これはなかなかあっさりしていて美味しかったです。まだあるので、近い人は来てくださいw

オヤスミ  (´・_ゝ・`)

2007.11.15

寒くないね最近も

Nanka407

案山子。アンザンシと書いてかかし。リアリティーを極限まで追求したその頭部は、焼けただれていたような感じで威圧感がgood。キャベツを守ってるこいつはイカした帽子をかぶっている。

Nanka408

柿とナナカマドかピラカンサ。どっちかわかりません。

2007.11.14

小原村の四季桜

15日追記: 題名を付け忘れたので、付けました^^;

月曜日はゆっくりし、火曜日は少しだけアクティブにしていたLaylackです、こんばんは!
別にメモ帳でもいいのですが、せっかく持っている一太郎がかわいそうなので、一太郎2005で下書きしました。

ぞうさん(http://zoumasa.way-nifty.com/zou/)の11月11日付のエントリーを拝見したときに、Laylackは「あ!」っと思わず叫んでしまいました。そう、忘れていた小原村(http://www.kankou-obara.toyota.aichi.jp/)の四季桜を見に行かなくてはと。

  **四季桜
普通の桜とは違い、一年に2度、春と秋に花をつけます。その由来は、小原北町でお医者さんをしていた藤本玄碵氏が江戸時代に苗を植えたものが始まりといわれています。今では四季桜の保護、増殖に力を注いでいることから、その数も約8,000本を超えるほどになりました。
                                                  パンフレット 小原四季の回廊 より引用

小原は名古屋から一時間ぐらいでしょうか。そんなには遠くありません。猿投グリーンロード中山ICから419号を北上すると出てきます。この時期は小原ふれあい公園が駐車場になっています。今日は満開まではいきませんでしたが、結構咲いてましたよ。今週末か、来週には満開といった感じでしょうか。
今回は歩きました。ええ!歩きましたとも!小原のHPから四季の回廊をみるとMAPが出てきます。ここを今回は歩いてみました。泥打観音→西運寺→市場城趾→広円寺→市場三十三観音までは順路通り、そこからUターンする感じで北に向かい419号へ。ちょっと戻って泥打観音を左にみながら小原郷土館→嶺雲寺→へんび岩と巡り、駐車場へ帰ってきました。

ちょうど昼について、戻ってきたのが3時過ぎなので結構な時間歩いたことになります。この地図(HPにあるMAP)に書かれている距離は間違いないのですが、例えば市場城趾などはそこ自体かなりの階段と傾斜を登ったり降りたりと、場所場所で歩くことが多かったり、または道自体もかなりの急な坂だったりするので相当こたえます。革靴でいった僕はちょっと反省・・・orz。スニーカーか山登り靴だと疲れが少ないかもしれません。膝は痛くなるし、足先はしびれるし、歩くことの重要性も重ねて再認識といった具合ですか。

今日は前半部分の写真をいくつか紹介したいと思います。

Nanka400

小原ふれあい公園からの眺めです。見えているのは419号線で向こうは名古屋方面ですね。

Nanka401

泥打観音です。泥だらけです。建物も泥だらけです。

Nanka402   これは西運寺をしたからみたものです。この周りには結構桜があるのですが、まだ少し早かったようですね。以前きたときは満開ですが、今回はあまり咲いていませんでした。それでも美しい景観でしたよ。

Nanka403

咲いていたのをアップで撮ってみました。こうすると綺麗に見えるんですよね♪

Nanka404   こいつは西運寺の中庭のような場所(?)です。道へは三方から出入りできますが、真ん中の未舗装部分です。こいつは結構きれいでした。逆光でフレアが鮮明ですがご勘弁を^^;

Nanka405

市場城趾です。一番上まで登るにはちょっとばかり疲れますが、眺めはなかなかのものです。順路があり、降りる際にはいっぱいに植えられた四季桜を鑑賞することが出来ます。が、今回は満開でなかったのが残念。

Nanka406

市場城趾を後にして坂を下っていくと、左にきれいな舗装路があります。その先に隠れて見えないように広円寺があります。これはその広円寺での写真です。ここはきれいになってました!!

というわけで、またね~。
さて、タイピングやるかw

2007.11.11

NISSAN GT-R 0-100 3.6sec!

こんばんは、今日は仕事でしたLaylackです。

しかし、GT-Rはもとからそうですが、ますます手の届かないところにいってしまいましたね。名機といわれたRB26DETTに別れを告げ、新たなVR38DETTというV6ツインターボをひっさげて現れた。今までのモデルとは別物なので、比べるのはちょっと酷だ。何しろ全てが専用設計なのだから、費用の面でもたまったものではない。4輪に荷重をかけるため選択されたトランスアクスル方式、ニュルブルクリンクのラップタイム7分38秒(高速コーナーKesselchenがwet conditionで!!)、4本セットで約50万円の専用タイヤ。今までの日本車とはちょっと違うのがわかる。スカイラインの名を捨てた気概はいろいろな部分に見て取れる。

発表によると、最高速度は310km/h、0-1003.6秒、車重はちょっと重く1740kg(あの大きさを考えたら軽いけどサ)、最高出力は480ps、最大トルクは60kgm(←これが3200~5200で出し続けるところが凄い!)

Laylack的には加速が気に入った。車でいうとかなり衝撃的な加速だ。ハヤイ!!瞬発力がいいのはスカッとして好きだ。今の車だと、フェラーリF430で4秒、メルセデスSLRマクラーレンでも3.8秒だから、たかだか777万円の車にしちゃスンゲー速いのだ!今スペシャルサイトがあるから興味があったらみてみるのもおもしろいかもしれない。http://www2.nissan.co.jp/GT-R/R35/0710/index.html

100km/h制限だから、リミッターを100km/hにするのではなく、それだけしかでない車を作ればいいという投書なんかをたまに見かけるが、経済だけでなくあらゆる側面から見てその意見は実にセンスがない。日本は変な馬力規制に縛られていたために、足回りやボディー剛性、作り込みなんかに対して世界に置いてけぼりにされてきた。Laylackはいろんな事情からものすごい数の車に乗ったり接してきたた。それこそ、さっきあげたフェラーリF430、マセラティクアトロポルテ、ベントレーコンチネンタルGT、アストンマーチンDB7、BMW M5、ek-sport、NSX,GT-R・・・。挙げていたらきりがない。現在のところいろんな面から考えて結果的に日本車が良いとの考え方になっている。出せば売れた時代は、いろんな思惑もあったろうが酷いもんだ。今までのクラウンとかほんとに凄かったw(ゼロクラウン以前のクラウンの乗り心地がいいと思う方は、こういうことはどうでもいい話し。好みの問題もあるし)。今やっとお金のかかった車が出てきはじめているのは、世界を見始めたからなのは間違いがない。安くてもスイフトは凄いしね。アレがわかんないなら、パッソのってもBMWのっても変わんないでしょうしね。

って、批判ばっかりする人は、物事の一端しか見ていない人が多いので、損しますぜってこと。簡単にそういうこといっちゃう人は、電動アシスト自転車の爆発的普及による自転車事故の急増という実態をまるで知らないのと一緒だ。まぁ、Laylack自身もメリットとデメリットを相対的に総括的に論ぜられるようになりたいものだけど、なかなかうまいことまとめられないね。

そうそう、4輪はめり込むでしょう!シートに!インプレッサSTIとかLANCER evolutionとかの加速ったら凄いもの。アレより凄いんだから、0-100 3.6秒味わってみたいものですな。

しかし、二輪は0-100 2.6秒とかありますからw http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BBGSX1300R%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%96%E3%82%B5 グラマラスなボディーは嫌いじゃない。でもリッター越えのバイクは、運転ポジションからみるともの、どんなバイクもすごくぶっといんですよね。

ストック状態っていう部分で、特性の違いだけど驚愕的だよね。映像でみる分にはおもしろみがある。現実的にはこれこそナンセンスではあるけれど。

http://video.1st-game.net/index.php?s=10&q=hayabusa ターボとかある。いるんか?ってなぐらい暴力的だ。

と、たまには変わった話題も織り交ぜるLaylackの一側面でした。
(・∀・) ニャー

今日は雨が降っている

こんにちは、今日は出勤日です。当番なのでいつも忙しくはありません。静かですし、楽な場合が多いですね。

明日は代休、明後日も月一の選べる休日なので、今月もラッキーなことに連休です。今のところ、出掛ける予定はありません。いつも突然なので分かりませんがね( 。 )

2007.11.09

Invermereへの道中 前編

実に不定期!!そして思い出したかのように続けるのです。ヌハハ!
そして過去のエントリーも参照していただきますか!

http://layla.way-nifty.com/central/2007/08/post_c00d.html  1(便宜上数字で行きます)
http://layla.way-nifty.com/central/2007/08/canada1_a1f0.html  2
http://layla.way-nifty.com/central/2007/08/36_611c.html  3

Calgary →  Invermere へ移動です。そこで結婚式を挙げるのです妹は。

Nanka395

玄関を出て左の方を向くとこんな感じでした。もう、なんか、凄すぎるんですよね。聞けばこれが中流家庭の標準的なお家だそうです。それはもう、めったくたにnatureであります。

Nanka396

  これはほぼ正面見たところですね、玄関でて。奥の2台でInvermereへ移動することになりました。レンタカーです。グランドボイジャーとなんたらです。忘れました。

結構大きな車なんですが、その他全てが大きいためあまり大きく感じられないところがniceです。

織り交ぜていきますよ~♪

ルーのように!!

Nanka397

保険の都合から、妹の旦那様のご両親がそれぞれ運転してくださいました。4~5時間ぐらい、お疲れ様です。ハイウェイは直線ばっかりで、広大な景色が延々と続いています。トラックも大迫力ですね!制限速度は時速100kmでもちろん無料。いいですよねー。

Nanka398

途中でいくつかの写真スポットに止まってくれました!アリガトウ!おかーさん!この写真の奥から手前に向かっています。そんでもってですねー、後ろを向くとこんな感じです。

Nanka399

んー、もう最高!Invermere間での道のりはまだまだ遠い。不定期連載Canada編もまだまだ続く。

次回、”Invermereへの道中 後編” こうご期待!     期日は未定  ヨン  (・∀・) ムハー

2007.11.08

Danger!!

僕は新声優人になってからのドラえもんは、認めません。最初コミックの初期に戻ったとか行ってるけど、どうだかね~。一回だけみてみましたが、色もどぎついし歌もキモちわるいし、ありゃLaylackには無理です。初めてみるのがアレな子供なら違和感ナイカもしれませんがねー。

Nanka394

御在所に向かうまでの道のりです。ピンが後ろに行ってるので、アンシャープマスクかけまくりですがキケンです。いくつもありました。微妙寝曲線で描かれているところがミソです。非常にDangerです。口が開いてます。Laylackの読唇術ではこんな風に聞こえます。

「・・・んぁぁぁああああああががーーー!!(ニッコリしながら)」

危険が迫ってる感じですかね。

2007.11.07

テレビコマーシャルですが

詳しくはここをご覧アレhttp://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__jcast_13076.htm

こんなことは小学生の段階でわかっていたことなので、何を今更感がものすごく押し寄せます。反対にいうと今まで気がつかなかった関係者は、(っプ   (* ̄ー ̄) )って思っちゃいますね。

この結果を如実に反映しているようで、自分自身を笑ってしまいました。Laylackの場合ですと買おうと思っていた商品なんかだと、やめます。最近ですとCCレモン(あってる?)とポッキーはCMが商品と関係ないような、タダ若い人を使ったゴチャゴチャした(ウザイというのかな)煩雑な画面の垂れ流しなので、買わなくしました。

大体からして、番組内に無数に入るコマーシャルは迷惑ですね。頭に流したり、途中に眺めの流したり、終わってから流したりでいいんじゃないでしょうか。他の国でみたときは、番組の流れが止められる感じはしなかったんですよね。いろいろ考え方はあって当然ですが、Laylackはそう感じました。

しかし、このニュースの最後にあるTBSのコメントは、ありきたりでおもしろみのないコメントですね。亀田関連もそうでしたが、イタイですなぁ~。ま、利益最優先の民間企業ならではですのでしょうがないといえばそうですが。

2007.11.06

御在所はさむかったでゴワス

今日は少し眠いがまだ寝ちゃわないLaylackです、こんばんは!

昨日の続きでゴワス

Nanka388

これ、みての通り展望台らしいです。吹きっさらしの体感気温がいかに低いか、身を寄せ合う二人が物語っていますね。断じてアツアツだからではないと想像しました。

上がってみたらですね、もうそれは驚くほど寒いのです。思わず笑えてしまったほど寒いのです。

Nanka389

ただし、景色は格別でした。今から落ちていく日の光が、山並みを秋の陰影で彩ります。綺麗でした、寒いけど。

Nanka390

露出を空にあわせてるので、下はつぶれていますが気になさらずに(カッテダナァ=3)。上にいるなって感じでてますか?でてませんか、ソウデスカ・・・・orz

Nanka391

ヤッホゥメガホンが左に見えています。ヤッホゥはしませんでした。

Nanka392 

さすがに上は空気がきれいですね。風があったせいもあって、澄んでいるので寒くても気持ちいいものです。寒いけど。

雲がどんどん形を変えていくのです、寒いけど。

ちょっと駐車場に着いたときから頭が痛かったんですよね。だるかったし、疲れが出ていたのかもしれません。前日に寝過ぎたせいかも^^;   上に付いたときとさほど変わらない下り待ちの列に嫌気がさし、屋内である当日送った写真の場所で列が短くなるのを待つ戦法に切り替えました。名付けて ”泣かぬなら泣くまで待とうホーホケキョー♪作戦” です。待っても待っても短くならないのが辛かったですね。どのくらい短くなったかみてくると相方。戻ってくると夜景が凄いとか。早速行ってみた。

Nanka393

機能の最後の写真と同じ場所から撮りました。三脚持ってないので手すり(柵)においての撮影ですね。露光時間は1秒ちょっとだったかな。ん~、迫力ないなー。実際はものすごかったんですよ!オラ、こんなのみたことねぇーってぐらいでした!

帰りの疲れた僕らは、ほとんど最終時間に近かった。といっても延長しているわけなので、残っている人が少なくなってきたころに乗れたというわけですが・・・。ゴンドラからは絶景が広がっていました。今までみたこともない夜景が広がっていました。相方も今までみたことがないと。同乗していた他のお客さん達もみな同じようなことをひそひそ言っていました。津市、四日市市、伊勢湾、名古屋市・・・。

カメラ持ってたことを忘れるほどの夜景をはじめてみました。

疲れたけど、これ見ることができたのでよかったと思えました。

下りは普通にゆっくり着たのに駐車場からICまで20分弱でこれたのには、
さすがの僕もまいりましたがネ(・∀・) 

2007.11.05

御在所ロープウェイいってみた

    ”行楽地 平日行かずは 地獄見る”    松尾芭蕉
ちがいました?でも、思い知らされましたLaylackです、こんばんは!

まさかこんなに混んでいるとは思いませんでした。素直にリサーチ不足ですね。
昨日家を出発したのが、大体午前10時まわったぐらいでしょうか。名古屋からですので、そんなに距離があるわけではありません。伊勢湾岸自動車道で四日市ICを目指しました。

途中の掲示板には”四日市IC出口付近1km渋滞”とありましたが、まさかなって思う程度。四日市ICに到着したら、出口が渋滞中。原因は御在所ロープウェイ方面への渋滞です。さすがにバカバカしいので、左の空いているETCレーンで反対方向へ脱出し、国道477をちょうど良さそうなところで切り返して進みました。そのときふと横を見ると、出口で見たバスがまだちょっとしか進んでいませんでした。

普通に混雑しています。この方向は関ヶ原の方へもいけますし、鈴鹿スカイラインへも同じ方向のため、まさかみんながみんな同じ目的地ではないだろうと思っていたのですが、あまかったあまかった!

みんな同じ!!!!

すっごい渋滞!!!

土井たか子の牛歩思い出しましたよ、本当に。

笑い事ではなく、イライラ度数も急上昇↑。相方には少し嫌な気分にさせてしまったかもしれません。だめなLaylackです。あきらめる人もちらほら出てくるようになりました。片道一車線の道路は、Uターン場所もそう多くありません。人の家に入っていく車も多数、これはさすがに見ていて腹が立ちますね。いけませんよ~。

で、都合4時間ほどでしょうか、駐車場付近にやっときました。本来の駐車場は空き待ちの状態ですので、これまたなかなか進みません。電車で来る人が多いのもうなずけます。Laylackは800円払うことで、すぐ近くの料亭(?)の駐車場に止めることにしました。別に遠くないですから、そこは問題ありません。待っていたらさすがにあと30分はかかりそうでしたからね。

Nanka380

   

ロープウェイじゃないんですか、ロープウエイなんですね!おっされー!
本来の入り口は写真の右側の方からになります。Laylackはこの写真とった場所から階段を上って裏手から回ったことになります。近道みたいな感じかな。午前中の光を見たかったのに、何か光がかげってきた感じ・・・。

Nanka381

ここでチケットを購入したんですが、往復で2100円です。結構なもんでしょう。片道の人は登山で行く人みたいですね、僕たちのような軽装ではいけません。ちょっと厳しいですね。チケット売り場には”下り90分かかります”と紙が貼ってありました。すると係員が・・・、

「現在山頂へ登っていただいて、すぐに帰りのゴンドラの列に並んでいただいても、約90分かかることになりますのでご了承ください」

ですって。ナンジャソリャー。通常下り最終便は4時30分らしいのですが、往復チケット持っている人がいる限り運行するとのことでした。それでもって、のぼりも結構待って、やっとのことゴンドラに乗ることが出来ました。

乗ればはやいはやい、ぐんぐん登っていきます。車がちっちゃくなっていくのは気持ちいいですね。

Nanka382

ずんずん登っていきます。四日市市とかが遙か彼方に見えますね。あと、意外と揺れないのにも驚きました。ゴンドラは10人乗りで、約1分間隔で発車していました。ある程度の高さに来ると、紅葉も見受けられるようになってきました。あとは、気温もぐんぐん低下してます。最も高い支柱は61メートルもあり東洋一だそうです。全長は2161mで、12分間のぶらぶら旅ですw

Nanka383   こういった絶壁、奇岩等も見ることができます。とはいってもスケール感がでませんね。一応ゴンドラの窓枠を入れてはみましたが、もっと実際は迫力がありましたよ

このあたりだと、木の種類によっては赤く染まっていました。

Nanka384

到着してすぐに見る光景として、これほど嫌なものはありません。降りるゴンドラへ乗るための行列です。これはほんの一部。この部屋の中は蛇のように列が繋がり、通路を経て建物外に続き、かなり離れた場所にまで伸び続いていました。さすがにキツイ光景ですね。並んでいる人の”うんざり感”が漂っています。渋滞での疲れがあるので、さくっと素通りして人がほとんどいないところへ歩いていきました。

Nanka385

おお!絶景かな!
秋も深まりつつありますね。遠くの山々まで見通すことが出来たので、ちょっと一時的に疲れを忘れてしまいました^^v。

もう少し右へ視線をずらします。

Nanka386

少々わかりにくいですね。結構赤いのです。黄色いのです。紅葉ですね、もう少し時期をずらすと美しい景色を見ることができそうですね。この日はものすごく寒く、風もかなりでていました。結構着込んでいったつもりでしたが、山はあまくはないですね。温度だけでなく風の影響を考えるべきでした。このぐらいだとダウンジャケットぐらい着ていっても問題なかったのかもしれません。

さらに右へ視線を移します。

Nanka387

下界を見渡すとはこういうことを言うのでしょうか。澄み渡るとまではいきませんが、かなり向こうまで見ることができます。カナダへ行ったときもニュージーランドのときもそう思いましたが、地球って大きいようで実は小さいんだなって。汚い部分もここでは見えませんが、大事にして行かなくてはいけないんだなって、今一度考えさせられます。

しかし、耳と首が寒かったなぁ~。

続く。(前の記事も続くって書いたのに、リンダこまっちゃぅ)

2007.11.04

着いた

ご心配かけまして、着きまして、疲れました。コメントも携帯で見てました。またあした記事書くと共にお返事しますね。みんなありがとう。おやすみなさい。

今車に乗りました

今車に乗りました
今日は記事書く元気ないかも(^^;
家にはやく帰りたいですね。

か、帰れないじゃん

か、帰れないじゃん
人混み嫌いのLaylackが、こんなところに!!
列が途切れずさぶさで手が…。家にはいつ帰ることができるのか!!
気力があったら、また記事書きます。

2007.11.03

輪島塗の箸

かずなさんとこで、よく寝るっていう話題がありましたが、今日はまさに寝てばかりなLaylackでしたこんばんは!

機能の夜12時過ぎに寝まして、10時前に起きました。この時点で凄いんですが、その後二人でお昼食べまして・・・。なんだか眠くてお昼寝することにしました!目が覚めたらなんと7時!!今日はまだ寝られます、どうなってるんでしょうかね!?

で、お箸です。

Nanka378

相方は月曜から実家に行き、火・水と石川の方へ義理の母と旅行に行っておりました。木曜の夜にはこっちに帰ってきましたね。旅行のおみやげと、普通の食材とかのおみやげ(w )をいっぱい持って帰ってきました。いつも一緒なので、さすがに四日間一人というのはちょっと寂しいものですね。

そのおみやげの内の一つがこのお箸です。輪島塗の箸と、帯のようなのが箸置きです。綺麗に折ってありニス(?)のようなものでつや出して固めてあるようです。とっても可愛くて、ちょっと品がある箸置きですね。今使用している猫ちゃんの箸置きとは、気分で変えようかなと話しているところです。お箸は他にもいくつかあるので、とりあえず今使っているのが悪くなってからということに^^b

Nanka379

これは蛇足でしょうか、本文とは関係ありませんね。昨日の夕方の風景です。僕も仕事中でしたが、綺麗な夕日だなあって思っていました。仕事柄もそうですが、そのときの状況的にも携帯でさえ撮ることができなかったので、こんなときにデジイチ持っていればなぁなんて思っていたものです。

家に帰ってみると、相方さんがニコニコと「写真撮ってみたよ」といってました。見せてもらえば家のベランダからあの夕日を撮ってくれていたようでした。

凄く綺麗だったんですよ。空飛べるのなら、この中で泳ぎたいです。

2007.11.02

ちょっと距離ある中津川

Googleマップ使用しましたが、イマイチわからずコピーしてます。問題あるのかわからないので、あったらすぐ削除します。

行ってみたかったりするというコメントいただいたので、ちょっと書いてみました。

で、名古屋から高速でいくのがもっともわかりやすいのです、おもしろくありません。ですのでLaylackはいつも下道でいきます。バイクでもスクーターでも車でも。いろいろルートは選べますし、ほとんどのルートはいってみましたが。今回紹介するのは個人的最短距離です。何とも意味深な表現ですが、意味深長どころか浅はか極まりないルートですご容赦を^^;

Nanka372

これが大まかなルートとなります。

猿投グリーンロード中山IC→419号→363号

時間はどれくらいでしょうかね、車でもそんなにはかかりませんよ。もちろん時間にもよりますが、猿投グリーンロードを降りてしばらくすると、信号はほとんどなくなりますし交通量も少ないので、ほとんど止まらずに結構な距離を走れます。中山ICの手前の猿投ICで降りて、猿投神社を訪ねてみるのも悪くありませんね!

Nanka373

ひたすら山を登って進んでいきますと、トンネルが出てきます。でた途端に今度は一気に下ります。下りきったら上の図のように右折しますが、その脇には八王子神社がありそこには世界一の狛犬がいますよ。ここも、せっかくだから見てみてもいいかなと思います。

Nanka376_2  前にもこの写真使ったかもしれません。違うのかな。これが狛犬でかいやつ。

Laylackはこのあたり年に10回以上バイクとかで通るので、気が向いたときによります。人がいると緊張するので、いなさそうなときにこっそりいくのですw

Nanka374

地図の左下でバイパスがあるので左に曲がります。左に曲がってすぐ左側に橋があり、わたっていくと小里川ダムが出てきます。おばあちゃん市山岡(http://www.michi-club.jp/detail/station.php?stationid=000019)があるので、ここもよるといいですね。さっきの狛犬を右に曲がり、今回の場合はつぎのY字をみぎに曲がってきたわけですが、そのY字を左に曲がることでもいけます。ちょうどダムの放水路の上を通ることで二つの道は繋がっています。

脱線しました。岩村方面に行きます。このあたりにはセルフのスタンドもあるので、給油もよくここでします。

Nanka375

農村景観日本一を横目にずんずん登ってきて、根ノ上高原という看板(?)を目印に左へ行きます。先週の日曜日(10月25日時点)では、その先が工事で通行止めでした。そのため普通に赤線通りに誘導されます。現在中津川方面へは、上図の中津川キャンプ場あたりで左へ曲がり、つぎを右へ行きます。かなりの斜面と道の細さ、見通りの悪さですので大きい車でなれていない方は気をつけてくださいね。

綺麗ですきですが、期待すると後悔するかもしれません。

Nanka377   

  パッと見た感じはこんなところです。なんにもないでしょう?右の方に木が見えていますが、そこがちょうど前回のように車が通れるようになっているだけです。夕焼けだから綺麗に見えたかもしれませんよね、いままで何とも思わなかったので~^^;

とはいっても、ここまでの道のりには素朴な風景が数多くありますし、見所的部分もいーっぱいあります。だからこそバイクで走っている人も多いですし、僕もカメラ片手に何度も通っているのかもしれません。

っとまぁ、こんな感じでしょうか。この前は2時過ぎに日新あたりを出発したんですが、あまり寄り道せずにこのあたりで4時ぐらいでした。このあたりまでいって景色さがしたりって思うなら、名古屋からだと朝出発の方が無難ですね。

もっとうまく伝えたいんですが、難しいですね。今日、このエントリーをきっかけにツーリングレポートも書けなさそうだなって・・・。頭に描いていると簡単なのに、こうやって記載すると意外と時間かかるんですね、難しい~。
( ゜Д゜)ぁー、ちょっと眠くもありますね   

この前の続きは、今度

ネムイネムイ

ネムイネムイ
写真は本文と関係ありません。こんにちはLaylackです!

久しぶり(イツモジャナイカw)にねむくて昨日は我慢できませんでした。一回pcの電源入れて少しだけ巡回しましたが、数件見て断念〜
( 。 )

今凄く眠いんですが、あと半日で久しぶりの連休だし、起きていられるかなぁ。

w(゜o゜)wむぁぁああああー!とあくびして、ごごもがんばるか。

« October 2007 | Main | December 2007 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ