« タダパケ代タダ | Main | HP作ってみたよ »

2007.07.25

TripperV きた、トリッパー!

遊んでお金が手に入らないか思わず考えてしまいます。こんばんは、Laylackです。

昨日はコメントの返事を書こうとしたら、メンテナンスだったんですね。結構長かったから、せっかくの時事性ネタ(あ、個人的にですがw)かけなかったやぃ。プンスカ!

で、昨日注文の品が届きました。Nanka171 何かは後述ヨン。

値段の割には随分と簡素な作りの箱です。ちょっと拍子抜けしてしまいましたね。そこで、よくあるレビューのように”ブファサァーッ!”って広げてみました。
Nanka172

  おおぅ!”っぽい” ですね、これはかなり ”っぽい”です。こういう写真よく見ますものね。本体の大きさは、手前のCDから何となく分かるかと思います。冊子はクイックマニュアルで、とりあえずの使い方が載っているだけ。あとはバンドルソフトの登録用葉書が入ってました。

いまは、マニュアルはほとんど電子化されているんですねー。これぐらいの機器なら何とも思わないけど、ちょっとした機能のあるソフトウェアとかだと読みにくいんだよなー。

で、早速充電なのだ!

Nanka173

ずしっと重いわけではありませんが、スルッと滑りそうで怖いです。ストラップ通すところも付いていましたから、念のため付けておくのが吉かもしれませんね。

ざっくりいってしまうとデスネ。これは株式会社飛鳥より発売されている、Tripper Vというポータブルフォトストレージ(portable photo storage)です。これは一番小さな容量を持つ限定モデルで40GBタイプで、この中に写真をため込んで保存ができるもの。これのいい点は、その場で確認したりできるってことでしょうかね。旅行なんかで役に立つわけです。

んだば、ONだにぃ!

Nanka174

ONにしたばかりのところです。起動画面というやつですな。最初の起動時に時刻合わせをすれば準備OK。非常に簡単ですね。 左のパイロットランプは上から順に、電源、HDDアクセス、チャージランプとなっています。

右側は上から、カーソル、OK、MENU、CANCEL、COPY、HOMEとなってます。ここで、OKとCANCELはそれぞれ進むと戻る、拡大縮小などで、MENUは選択時の可能作業を示し、HOMEはいうところのトップへ戻るって感じです。

クリック感はしっかりありますが、反応はやや遅いかなという感じ。ワンテンポずれるイメージですが、使用頻度や用途を考えた場合十二分でしょう。また操作音(”ピッ”っという電子音)は消すこともできます。液晶はかなり見やすく、輝度も調節できるために高評価です!色味云々わエプソンのアヤツコに負けますが、この値段を考えればまったく問題にはなりません。

もちろん、値段なりだなぁと感じる部分も、そりゃ当然あるわけですよ。例えばサイドの端子カバーとかです。SDカード・CFの蓋部分、DC・INやAV/OUTとかの蓋も今までみたこと内ほどの安っぽさです。SUZUKIのアルトみたいなもんです(コレはコレでいいけど^^;)。ペらっぺらの、ファソッファソな具合です。あと、ボタンの質感ですかね、押し込み具合や跳ね返りとか。こんなとこは高級機であるエプソンには遠く及ばないことあたりまえ。気にしなくても良いのです。

Nanka175

でですね、昨日ココログにログインできなかったので、一通りいじくってました。ちっちゃな緑地に行った時のSDカードを差し込みますと、勝手にSDを認識してくれました。画面の右上あたり、右からバッテリーインジケーター、メモリーデバイスインジケーターとなってます。SDカードを挿すとそこが光るようになってます。

入れた状態ではTripperVには保存されません。ただしこの状態でも、HOMEメニューよりメモリーカード内にアクセスができ、スライドショーや拡大縮小といったことは出来るようになってます。んでもって、とりあえずコピー作業に写るわけですが、これが至極簡単でありました。

COPY押すだけ~♪

コピーが始まります。巷ではかなりの高速コピーだということですが、Laylackには比較対象がありませんので、こういっておくことにします。「遅くはないよぅ~」と。
枚数にもよりますが、コピー中に他事をすればよいわけですよ。Laylack同様、どっか長期写真いっぱい撮るよー旅行に行く人は、複数枚のメディアを持っていると思うので、入れ替えれば続行できますものね。これによって、今まではJPEGだったのがRAW+JPEGなんていう、じっくり撮って保険もあるよ的な使い方が可能になりますね。それだけ撮るかどうかですが・・・^^;

いじくっている時間が丸見えですね(・∀・)、2/7というのは2ページ目ですよってことです。一画面に表示できるサムネイルの数は変えることができないみたいですね。サムネイルと違って、ファイル名で管理することもできます。これはHOMEから設定の中で変更が可能です。また、通常の輝度変更の他に、今見ている写真の輝度を一時的に変更する機能も含まれています。飛行機の中でチェックする際に一時的に使えそうですね。

Nanka176

一枚の写真の情報を表示させているところです。実際に細かい撮影データはここで確認する必要はありませんから、これで十分であると思います。また、右のボタンは今行えるものだけが光っておりまして、非常にわかりやすいです。blueなのが、Laylackの好みにマッチングして最高なのでありんす。

このTripper Vには音楽・映像再生機能もあり、USBで接続することで充電もでき、外部ストレージとしても使えます。今度、っていうか今月末から来月ちょっとまでカナダに(妹の結婚式)行ってくるんですが、 そこで活躍してくれそうですね。夏休みにもPCから離れる際には便利でしょう。なにせニュージーランドではD80の設定を、Normal JPEGにしてましたんで。気にしながら最後の方はもっと撮るために画質を落としてた状態は、どうやら今回は免れそうです。それでも1200枚撮りましたがネ!

さて、使いますぞ!

« タダパケ代タダ | Main | HP作ってみたよ »

写真」カテゴリの記事

Comments

旅行で大量に撮影する時などは良いかもしれないですね。まさにそのためというような商品名ですね。注文してすぐに届くのもうれしいですよね。

私ならこの値段(4万円)だったら中古のノートパソコンを買ってしまうと思います。

かわはらさん こんばんは!

実は最初の発売時、
このモデルは今回と同様に限定だったのですが、
生産が追いつかずにニュージーランドに間に合いませんでした。今回やっとということです^^;

この値段でのノートといいますと、Win2000とかでしょうか?
個人的には今、WindowsMobile6かそのあたりのノート買ったならLinux動かしたいですね。
一時興味があったのに、ちょっと触っただけでした。

ちょっとヤフーオークションをチェックしてみたら私の使っているのと同じモデルでメモリは256Mですが、XPのノートが4万円程度でした。http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c153424909

これは個人出品ではないですが、上手に個人出品されているのを探せばメモリ512MでXPモデルが4万円くらいでゲットできると思います。

持ち運び用だともう少し小さいのがいいかもしれないですね。

くわぁ~!オークションみたことなかったんですが、凄いですね。P4の1.6Gで4万円なんですねー。Linuxは余裕ですね!時代なんでしょうかね。

Laylackは力仕事なんで、シスアド(初級だっけ^^;)持ってますがパソコン使わない仕事なんですよ。お恥ずかしい^^; 社内では特殊な人種ですね。そこで、http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/011sh/index.html
が可能性としてありかなと思ってます。勤務中隙見てBlog更新作戦が夢なだけですが・・・(笑)

ものがあっても時間がないのが辛いですね~。

そうなんです。数年前、最強スペックで30万円くらい出して新品同様のを購入したのですが、それがお約束通り10分の1の値段になってしまい複雑な気分です。

ウィルコムの端末は持ち運びできて、それだけでウェブに簡単にアクセスできて優れものですよね。こういうのがあると出先でブログ更新したくなりますよね。

The comments to this entry are closed.

« タダパケ代タダ | Main | HP作ってみたよ »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ