« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.30

情緒不安定だぃ!

あい、こんばんは!Laylackです。

タイトル通り情緒不安定みたい・・・、といってもLaylackは昔からそんな”気”があるので、今更どうだこうだと言うわけではないけれど、まぁ、情緒不安定なのだと。うん。プライベートにおいては上向き傾向で非常によろしい。なんというか花粉が舞い踊る頃には、一人暮らしからの脱却が現実のものとなるわけでして、いやいや贈り物は結構ですよ(←ナンテコトヲw)。

田舎から出てきているわけで、いつかは戻ってって考えながらもう随分になる。若くないのはいうまでもない。Partnerにいたっては、それはもう多謝の厚謝に御礼の万謝である^^。おじさんながら平日に会わないという変則的スタイルで、約5年が流れようとしているのだけども、果たして長いのか短いのかわからない。洗濯機を物色したり、冷蔵庫の冷媒位置に一喜一憂(オイラ変かもナ)したりとそっち系は問題ない。

さぁー!お客さん!ここからが本題だよぅ~!

情緒不安定なんだよね(あー、たまに親見てるからあえていっとくけど、大丈夫だから^^)。何がってそりゃもう将来の不安に決まってらぁーよ。Laylackはダンテでもカントでもないわけです。つまりは詩人でもないし哲学者でもないからさー、着飾ってるわけではないっていいたいのだよ。関係ないけど、カントって批判哲学っていわれてるけど、本人は批判集を哲学と称されるのが嫌だったらしいね。ホント関係ないなw

ジレンマ{dilemma}ってのあるじゃないですか(この言い方幼稚でやだけど)、普通は二者択一の場合に用いる言葉ですが、矛盾に対しての自己欲求の度合いのせめぎ合いってことですよね。両極とは限らないものの、そこには物語の伏線のように複雑に様々な要因が絡み合ってます。例えば先に挙げた”実家へ帰る”という願望と、今の現実との狭間とか。

”実家に帰る”という一つの決定を下すためには、今現在でいうと多大な先についてのリスクが生じる事実があるわけですよ。まず単純に就職先、家族が増えた場合はより大きな困難となるでしょうしね。収入が減ることによる生活水準の低下。ま、低下するだけならましなんですが、まともに生活できるかどうかの保障すらないというのがホントのところ。

会社関係でいえば、どかなー?今の会社はハッキリいって楽だと思ってます。大体は6時過ぎには終わるし、体力仕事といってもコツや段取りしだいで随分こなせることも事実です。どちらかといえば上司や部下というしがらみがあまりない小さな会社ですので、そういった部分においては”よい”といえるかもしれませんね。給料に至ってはボーナスは出してくれますし、なんだかんだ安定しています(今のところはですが)。同年代と比べてどうなんだろう?みんなが思い浮かべる”会社組織”みたいなところに勤めている人と比べると、保証制度があまり充実しているとはいえないという点、年額総支給額においてはちょっと少ない程度、休みが週休1+月給1、長期休みは直前にならないと決まらないとかが違うところでしょうか。

いい意味でも悪い意味でもお山の大将がトップです。出資者と経営者が同一ってタイプですね。意気投合している社長とかとはため口(礼儀はもってですよ、もちろん)でもOKな具合です。専務はそうはいきませんが、なんというかちゃんとしたところに勤めている人から見れば、Laylackの話す敬語はため口に聞こえているかもしれないです。言い換えると、そこが初めての会社であったからこそ一般常識に疎い部分も持っているということです。コレ、結構怖いです。これからのことを考えるようになって、怖いです。

閑話休題、歯車である自分との決別と、先の保証されない現状の安定。コレが総括といえるのかもしんないですね。なんていうか、結構真剣に悩んでるんですよ。動かなきゃ答えなんて無いのは知ってます。きっかけなんでしょうかねー。会社の人間関係やその他諸々で悩み、ストレスから喉がおかしくなって初めての病院通い。体調おかしくなるなんて今まで無かったのになって、急に臆病になったりもしました。そういった意味では去年は大変でしたね。今年はなんかプライベート関係は充実した感もあるし問題ないけど、絡む諸問題がってところでしょうか。

以前”脱却”を計るために資格にチャレンジしたことがありました。なんの知識のないLaylackが初級システムアドミニストレータっていうのに挑戦したんです。数ヶ月前に問題集みたいな本を買ってきて、本腰入れたのは一週間前っていう馬鹿げた受験勉強なのに何故か合格。正直かなり嬉しかったけど、難解なものじゃないので受かったってふうにもとれるわけで、殻を破るには至りませんでした。目標が合格であったから、その先に見えるものがない。

ちょっと考えてみる、もう少しね。もう後戻りできないし。中途半端はいけないし。このままもヤダ(´・д・`)ヤダ。ここまで書いたら少し楽になった、ありがとう。んー、誰にお礼言ってるんだろう?w

もう少ししたら寝るとしよう。

2007.01.26

凄いねー

デトロイトショーが閉幕しましたが、結構日本車も頑張ってるなぁと素直に感じました。

ランサーは、OUTLANDER、i 、DELICA D:5(今月末デビューだね)と勢いが増してきている三菱にとって、重要な車種の追加となるわけですわね。正直evolutionモデルはさておき、ベースがいただけなかったのは事実。まぁ、それはインプレッサについても同様のことが言えるわけで、WRX・STI以外はイマイチっていう図式が三菱も同様であるわけ。GSR:GT以外は実用考えたらちょっとってね。祖声来て9月のデビューを控えた次期型はランクアップを果たして帰ってくる。

エンジンは4B11型にバトンタッチ、全幅はナント1800らしいから相当ワイドな印象。何年も前に後悔されていた予想スケッチやコンセプトモデルそのままといったエクステリアデザインだ。好感持てるね。穿ったモノの見方をするとフロントはAudiグリルっぽくて、リアはISとかalfaromeoな感じ。まー、個人的にはどちらよりも好きだけど。心機一転した三菱だから、作り込みに不満無し。以前より売れてくれると良いなと思ってる。

で、もう一つ気になった車があるわけで、それがレクサスのIS-F。自動車雑誌各社の予想CGを見ていた段階においては「結構迫力あって、トヨタにしちゃまともになったかな」と思っていたんだけど、撤回します!^^; ヤリイカのようなスープラ後継のコンセプトは論外にしても、ぬめっとしたフロント周りが最悪であります。マークXに5リッターのV8を押し込んだものだから、不評なマークX(オーナーの人ごめんなさい)同様ドルフィンヘッドが特徴的。225/40/R19・255/35R19なタイヤなもんだから当然ワイドフェンダー。それはいいとしてもBBSの専用ホイールがとっても下品(巷のVIPナンタラっぽい)、トヨタはホイールデザインが伝説的にアウトなのでここはしょうがないかも。

さて整流しなくちゃいけない上に、デザインの帳尻もあわせなくてはいけないジレンマ。膨らんだおでこ、エラ張ったほお骨、しょうがなくバンパーの形状がこーなったんだろう。残念だ。再度に目を移せば迫力のディフューザーが装備されるわけだが、個人的にはディアブロやフェラーリで見慣れているし、機能上あって当たり前なのでまー驚かない。リアは面白いね。斜めに配された異形4本出しマフラーはいい感じだ。走りに関してはあまり文句はないかなー。ニュル(ニュルブルクリンクね)で8分20秒前後って事だからかなりのパフォーマンス。

700万円台かな?値段は知らないけど、日本で売るにはちょっと高いかな。だったらケイマンとか射程に入っちゃうし、っつーか、アレだよ奥さん!!GT-Rが660万らしいから文句なくそっち買いますね。にしてもなんであんなに下品に仕立てるんだろう?トヨタはアフォですかぁ?デトロイトショーだし、向こう好みにしたカモですがね、アレではVIPとかいわれてるのと変わらんと思いますよん。個人的にはイタイデスw、VIP系。

ちなみにVIPはVery Important Peopleの略で正式にはビップではなくヴィーアイピーと読みます。VIPCarとは要人を乗せるためのくるまって事ですね、本来は。アイ。

2007.01.17

Nanka96_1 先々週になるんでしょうか。名古屋に雪が降ったのですが、せっかくスタッドレス履いたので、積もってそうなツーリングルートに行ってみた。凄かったよー。止まる止まる!当たり前だけどw

Nanka97 前に撮った水車のところも全然違った景色になっててビックリ。たまにはこういうのもいいなぁって思ったですわ。

2007.01.13

土曜日だす

パソコン触ってなかった珍しい一週間でしたが、今日の夜は少しかまってあげるかね(^^ゞ
そういえば新年会らしいんです。会社のね。焼き肉みたいだけど、野菜好きなLaylackには面倒なイベントでごわす。外では酒も飲まないし、タバコはやめたので、正直な話苦痛なことこの上ないわけだったりしちゃうのだ(T^T)

関係ないけどドコモ以外は折りたたみ式の小さなキーボードに対応しているの知ってました?お尻にプスッと差し込んで使う、浣腸のようなやつですw。 shopU でググるとそん中にあります。ちゃんとしたQWRTY配列なんでこのくらいの文章だと雲泥の差ができますからね、この点に関してのみFOMAを恨みますo-_-)=○☆

たぶんもうすぐFOMA703シリーズが発表されるはずですね。なんだっけか通信関連?電気機器?だかの審査みたいな団体(激しくワカリニクイナw)を何機種か通過したってきいたから、安けりゃ変えようかなぁ。電池のもち悪くなってきたしねー。画像とかメモリ買って移行しようにもたぶんマイクロらしいし、この際パソコンに送るか?つうか春に向かいそんな暇は無いんだがね(=゜ω゜)ノ
あー昼休憩なくなってきた。やだけど仕事するわいな。 にゃー(・∀・)ノ

2007.01.04

お正月も終わりですねー;

スズメたちももう少し休みが欲しいと嘆いていました。

Nanka95  寒そうでしょ。都会のスズメは人になれていて、近づいたりしてもなかなか逃げませんが、田舎のスズメは少し離れたところの気配をも察知してしまします。これもまた、人間の自然界への僅かながらの影響というものを感じたしだいです。

ヨーロッパのとある国は、このような長期休暇が数週間~1ヶ月もあるそうです。正直羨ましいなと思ってみたり・・・。単純にそれを聞いたときに、「生活はどうやっていくのだろう?」と思いました。

でもなんのことはない、社会のシステムがそのようになっているだから問題ないわけ。日本のばかげたゆとり教育と、愚かな詰め込み型教育で、右往左往するエリート官僚と政治家達。豊かな人間育成なんて実現できないのは自明の理。ここ最近はそれにもまして愚鈍な親が増えてきているので、行く末が恐ろしいというものです。

そんな世の中でも立派に誠実に生きている人がいる。何事もまっすぐにいきたいです。我を押し通すのではない。協調と共存でき、そのために考えることが出きる人間なんですからね。

今年一年、世の中がいい風に変わっていくことを祈りながら、

今日はお風呂入ってねるぅ!   (・∀・)フロフッロー♪

2007.01.01

おめでとうございます!

Nanka93 あけましておめでとうございます。

2007年が始まりましたね。といっても人間が生活する上で作った(便宜上でもあるし必然でもあろう事ですが)ものだけれども、やはりウキウキ気分には違いありません。ちょっぴり曇り空の下で、昨日の蝋梅を見てみました。

(゚O゚); ォィォィ!!

薄黄色ではありませぬか!昨日白いなんていってたのは、近くにある街灯の光の影響であったのであります。

というわけで、我が家の蝋梅も黄色でありました。明るいところで見れば、幾分葉も残っているようで・・・。

Nanka94  あれです、そんなに大きくはないですが、漏れる青空に透かしてみるといっそう綺麗に見えましたよん。カメラとか持ってきた甲斐があったというものでござんすよ。うん^^

« December 2006 | Main | February 2007 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ