« 別視点からのの撮影 | Main | NISSAN アルティマにハイブリッド »

2006.11.01

事故の話を聞いた

知人、といっても話したことはあるがそんなに親しくはない人なのだが、バイクでの事故をしたらしい。

その話を聞いたときは、さすがに同じバイク乗りとしてショックだった。どんな規模なのかはしらないが、サーキットでのレースで優勝したことがあるなど、テクニック的にはLaylackよりも数段、むちゃくちゃ上なのだ。そんな人なのだがガードレールに刺さったらしい。

聞いた話なので断言は出来ないが、両手両足複雑骨折、あばら等もいってるらしい。一部内臓の損傷もあるということで、全治は数ヶ月。まー、事が事だけに半年ぐらいかかるかもしれないですねって、つまりは重傷です。ヘルメットをしっかりとしていたおかげで、東部は全くの無傷で当時の意識もハッキリとしていたということ。

噂は聞いていたけれども、結構なハイスピードツーリングらしかったです。いわゆる閉鎖された環境とは違い公道は路面も悪いですから、十二分の注意が必要です。アクセルを地震持ってあけられるのは、左右から絶対に進入できないような直線道路ぐらいでしょう。その方の同僚の人に聞いたことがあるんですが、ここ(その会社のバイク仲間)のツーリングは滅茶苦茶とばすからコワイと。

Laylackは適度なビビりです。無茶というのはしません。怖さっていうのは意外と大事で、生き残って走り抜いていくためには、怖さを克服・なくすのではなく、共存していくことだとおもってます。ツナギを来ていてもサーキットでの転倒(ハイサイドはヤダけど)は怖くないですが、公道はシャレになりません。リスクも桁外れに高いですしね。怖さを持っているって事は大事なんだと思います。テクニックを磨きたいですが、安全な場所で自分の力量と相談しながら、周りに流されずに自分なりのテクニックをものにしていきたいです。死なないのも、怪我をなるべくしないのもテクニックの一つだと思ってます。

でも、無事で良かったです。とりあえず治療すれば元気になれるのだから。バイク乗りのみなさん、乗り続けるためにも気をつけましょうね^^ノ

« 別視点からのの撮影 | Main | NISSAN アルティマにハイブリッド »

バイク関係」カテゴリの記事

Comments

Laylackさん こんばんは

知人の方、大丈夫でしょうか。
自分はバイク免許もないのですが、四輪に比べて二輪は覆われていない分、やはり怖いですよね。
Laylackさんは、しっかり認識されているので大丈夫だと思いますが、気をつけてください。

Laylackさんにとって、バイクとカメラは切り離せませんからね。(^^)

公道での走行での無茶は行けませんよね。きっとその人は自分のテクニックを過信していたのでしょうね。

サーキットは全開バリバリ、公道は安全運転がかっこいいですよね。

写真撮影は冒険しても大丈夫ですね。

怖いですね。。。バイクって。
車の運転でさえ、怖いのに、たまにバイクに二人乗りで走っているのを見ると、うわ~、大丈夫かな~?と不安になります。
って言ってる私は車の免許も無いので、専ら主人に運転して貰ってるだけなんですがね。苦笑。
自分を過信してはダメですね。
いくら走りに自信があっても、無茶しちゃイカンです。
Laylackさんはちゃんと認識してらっしゃるから大丈夫とは思いますが、向こうからぶつかってこないとも限りませんから、ホントに気をつけて運転されてくださいね!
。。。それにしても、両手両足複雑骨折は、痛そうですね~。。。くぅぅ。。。

よっちんさんこんばんは。
知人(知っているというぐらいですが)は無事ではないです。もっというと大丈夫ではないです;。
見た人はみんな即死だといっていたらしいので、それぐらいの事故だったということでしょう。
で、Laylackですが事故ったら写真撮れませんしね。
気をつけます。ハイ。

過信していた、そうかもですね。
事実そんな男臭いLaylackの職場でも、
「膝スリぐらい男なら行くでしょう」っていう事かもいますし、
そのままの勢いだと命が幾つあっても足りmせんしね。
幸い上記の子とは自分の方が幾分年が上ですので、うまいことかわしてますがw
絶対的な自分の技量を見極めるのも、また一つのポイントなんでしょうね。

たしかに写真撮影は冒険OKですね!しかし、かわはらさん、
うまいこといいますね ^^

かずなさん こんばはー^^
バイクってのは、剥き身なぶんリスクは高いです。が、車より事前を身近で感じる分、より一体感がある乗り物でもあります。それが醍醐味なんですが、自制心がないと場合によっては死ぬ可能性が高くなる乗り物でもあります。
ま、車でも同じではありますが、剥き身ですから^^;
車のスポーツ走行は、Laylack的にはボディーと一体になって走る感じですね(サーキット走行経験ほんの少し人の車で;)。バイクのスポーツ走行はエンジンと一体になるってイメージです。他の人に言わせたら違うんだろうなー、でもLaylackはそんな感じです。
節度あるならば、楽しめますよ。ぜひ免許とってみてください、
機会あらばツーリング行きましょう^^ノ

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15572/12516623

Listed below are links to weblogs that reference 事故の話を聞いた:

« 別視点からのの撮影 | Main | NISSAN アルティマにハイブリッド »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ