« July 2006 | Main | September 2006 »

2006.08.30

信用がた落ちですな

Nanka2_1   今日前を通りがかったものだから、ちょっと撮っておいた。

金さえ儲かりゃいいっていう考え、いい加減にしてもらいたいものだ。しがらみがあるのか何か知らんが、国会議員だって改革をちゃんとやれよなって。議員年金なんてその気がないのはよく分かる。それでも自民が第一党でいられるのは、我々国民が選んでいるから。

今の日本を作っているのは我々国民なのよ。ぐたぐたくだ巻いていないで、変えたきゃ自分たちで変えなきゃねぇ。

企業も同じ、隠してるっていうのはいかんです。三菱自動車もそうだったね、今は頑張ってるけど。んで、パロマ。もう無理ですね。最初の会見ですでに、消費者馬鹿にした感があったし、なんだかんだ口でごまかす国会議員みたいでしたが、民間企業は直撃なのでもはや無理というものでしょう。

よく通るんですがこの道、昨日は記者が撮影していたし。今日はいなかったなー。

2006.08.28

やり方なんて無いんだよね、ほんとは

Nanka1  Laylackの母は順調にパソコンを使えるようになっています。でも行き詰まることもしばしば・・・。仕方ないですよね、何かあれば電話がかかってきたり、メールが来ます。よく考えればメールは自由に使いこなせていますね。凄いものだ^^。

彼女は頭がいいです。勤勉で努力家です。でも、パソコンについては今のところ初心者です。概念というか、体系的に考えた方が理解しやすいのですが、Laylackもうまく説明してあげられないのがもどかしかったりします。

例えば”右クリック”は、デフォルトでは『現在の対象にその時点で行える動作の一覧』がでます。なので、状況によってあらわれる表示が異なるわけです。また、『コピー』は押した瞬間にその場に複製が生成されるのではなく、メモリー(クリップボード)に一時的に覚え込まれるだけです。貼り付けしなければ、複製の生成は行われませんしね。

写真をメールで送りたいとき。ここを押して、ここに入っているこのソフトで加工して、このソフトを使って、この順番で押して、こうする。

↑間違いではありません。でも、これは脊髄反射と同じで、ソフトが移動されたりするとこの方法は破綻してしまいますし、先の体系的に理解していないと他の方法を模索することすらできないでしょう。本来はここが問題なのですよね。

例えば、メール添付に適した画像ファイルにするために、画像サイズの調整や容量(圧縮率の調整)を変更したりする。ではどうやって変更する?

それに適したソフトを使用するわけ。オンラインソフトと呼ばれる中には、フリーでの使用が認められているものが多数あります。その中から、リサイズなどに適したものを探してみる。

窓の杜、Vectorナンカは有名ですね。Niftyのtopからダウンロードとたどっていくことでも探せます。そして一つ一つ見てみるのです。分からないに決まってますが、見ていくことで覚えていくのですから。

あるソフトが目にとまりました。フリーソフトです。ダウンロードして、インストールしてみましょう。使用方法なども作者のページを訪れたり、readmeを読んでみましょう。

例えば、この内容はリサイズするために手持ちにソフトがないとき、自分で探して手に入れる”流れ”です。これは画像に関してでしたが、他のことにも全て共通のことです。まずはやってみることですが、本当に押していいのか、壊しやしないかなんていう恐怖心があるようですね。

まー、現実問題壊れません^^。そんな人が、誤って大事な部分を触れないように、Windowsは設定されていますので、大事なところは見ることすらできません。

っと、ちょっと脱線;

いろんなプログラム(タスク)をユーザーが呼び出して使用するとき、通常Windowが立ち上がります。上の方にはだいたいファイルとか、表示とかツールなんてのがありますが、これも先のルールに則っております。

ファイルはそのプログラムが、任意のファイルに対してできることが集まってます。表示は表示方法に関してのこと、ツールはそのプログラム自体の設定なんかいじれます。

これって、多かれ少なかれ細かいところ以外は『どんなプログラムの場合でも共通』なんですよね。覚えておいてねおかーちゃん!^^

ま、使っているうち、ある時ひらめきのように理解できるでしょう。必ず来ます、使い続けていればですがね。メモをとることも大事だけど、仕組みを感覚で理解できればいいですね。(`・ω・´) 応援してますよ!

今日は母への激励Blogになってしまたよ

(・∀・)ノ

2006.08.27

D80予約しちゃったー!

今日は一人きり。体のリズムも大分良くなってきたんじゃないだろうか。まぁ、昔に比べて過敏になりすぎな感もあるけど、ちょっとした病気発見につながったりと、メリットもあることも分かったし、ポジティブに考えますかね。

さっき、夕方5時ぐらいですが、カメラのキタムラに行ってきまして予約して来ちゃいました!D80!

α100やペンタのK100Dもおいてありましてね、じーっと無言で眺めていたんですが、個人的にα100はなしでK100Dならアリかなーなんて思ってました。この二台に加えてKDNが触れるようになっていましたね。来月8日には次期型のKDXが加わることになりますが、外観はほぼ据え置きな感じです。この3っつから選んでもやはりペンタかな。あれは値段考えた場合、かなり”買い”な機種だと思いましたよ。システム構築を考えないなら、つまりはコンデジの延長で画質のステップアップのみとした場合限定ということならですが、親にでも勧められる価格帯です。機能的には欲しいくらいですが;

ガラスケース内には30DのほかにD50、D70s、D200、5Dが順番においてありました。価格順でしょうかね?D200の質感はさすがでしたね。そんなこんなと10分ほどショーケースの前を無言でいったり来たりしているLaylackは変な客だったかななんて思い始め、店員さんを呼んでみた。

当然というか、店頭表示価格(まだ店頭にはないですが)は159,800円。高いですね、もちろん18-135mのセットの方です。予約価格はゴニョゴニョと教えてもらいました。発売日は18-135mのセットに限り15日に延期されましたが、今なら予約状況から見て間に合うそう。カカクコム価格よりは当然高くなりますが、キタムラのインターネット店よりは安く買えました。ま、あっちは1GのSDがついてるからトントンかもしれませんが、アフターと気持ちの問題でしょうかね。

KDXも発表され、ラッシュとのことでお客も多かったように思いました。発表時から気になっていたカメラですしね。正直システム(構築するかしないかは別として)の部分からもCanonも迷いました。調べていくうちにペンタやソニーもね。外観を見た感じ、機能、触った感じ。いろんな要素がありますよね。ほんとに知れば知る程、悩む部分が増えていく感じです。

価格。非常に重要です。絶対的価格はもちろんのこと、コストパフォーマンスに優れているかも重要ですし、自分に対しての貨幣価値もポイントです。最初の設定は10~15万以内(レンズキット)。

大きさ。個人的にはかなりポイントおいています。質感では群を抜いているものの、現時点でのLaylackの使用における優位性はもう少し小さめ、それでも小さいから良いというわけではなく、しっかりホールドできるということが前提だ。ここまでで当然D200、30Dより下の価格帯で考える。

最初はIXY持っているからキスデジタルだと思っていたが、大きさ的に小さすぎる。Laylackが構えると小指が余ってしまい、なにかこう狭苦しい感じがした。ので、フィーリングが合わないのでこれも排除する。最新機種のKDXも同様の理由だ。発表までちょっと新機種の動向が気になり迷っていたが、内容が分かれば選択肢にはなり得なかった。(KDXはいいカメラです。爆発的に売れるのは間違いなく、好みに合わないというだけです)

外観ですが、質感とデザインの好みでNIkon機が、時点でペンタックス。α100のデザインはαsweetdigitalを踏襲、らしさでシナバーをイメージカラーにしたのは悪くないです。だから3番目かな。キヤノンのKDN,KDXは小さすぎるのとプラスチック感丸出しなのがイタイ。ネオ一眼というんでしたっけ?合ういう延長的なデザインなのも嫌でした。

機能面。画素数にがっつくようなわかりやすいお客ではないです。なので、先ほどいったようにK100Dにもぐらっといくわけです。なんといってもファインダーでしょうか。他機種と比べてD200は一線を越えるクオリティーです。それと同等のものが手にはいるので、ここは決定的でした。操作面においても、D50,D70sのNikon機はコンデジながらも一応のキヤノンユーザーの私も直感的に使用できた店は特筆すべきところでしょう。なぜかキスデジタルはうまいこと動かせなかった、いいか悪いかではなくて、そうだったのもNikon機に動いた理由の一つなのかもしれませんね。

しかし、あー、待ち遠しい!!早く触ってみたい!1日にはボディーが店頭に並ぶことになろうが、15日まで待ちますよ!!しかし、、、あー、、、、長いなー。。。。。

ヽ( ´ー`)ノ

2006.08.26

写真でつづる25日

Bike10   この前いったとおり同僚がVFR買ったので、いよいよ近しと思い、ざっくり迷わないように確認にいってきた。

矢作川。花が植えられていて綺麗。

Bike11  撮り方もいろいろ考えながら。でも、なかなか難しい。とりあえずコンデジなりに前をぼかしてみた。

Bike12 途中で向こう岸にわたる。午前中はこちら側がj順光になり、明るく綺麗に見える。ひょっこりと竹林が現れるところも良い。綺麗です。

Bike13 で、ここからいきなりグッと上る。矢作ダム入り口だ。ほんの少し広くなっていて、自動販売機もある。簡易地図看板(?)みたいなのもあるので、参考にするもよし。

Bike14 ずいぶん上ってきた。交通量は異常に少ないため、直線部分ならバイクぐらいなら邪魔にならないだろう。ただし、休日の早朝はかなりのペースで走っている方が多いので、真っ昼間に限られる。

Bike15 で、ダム。見た感じの迫力は小里川ダムより大きく、阿木川ダムと同等か。立地条件はこちらの方がひっそり感があるので、ワイルドに感じる。

Bike16  すぐ横に広場がある。ベンチもあって見晴らしも良い。反対側にはトイレもある。日曜の早朝はレプリカ系がたくさん止まってて、ツナギのライダーが談笑していることが多い。テクニック教えてください^^

Bike17 ベンチの上には日よけがある。この日は休憩にとても助かった。邪魔にならないなら、バイクも日陰が良いですね。

Bike18  ダム湖側。ときたまこういう場所がある。休みの日は車が止まってて、ジェットスキーや釣りしてる人がいますね。この日は平日なのでヒトリポッチです。

Bike19 風景を切り取るっていうことは、センスと慣れだと思います。どちらもまだまだ足りませんね。とりあえず、時間も考えなきゃいけないのに、道草がかりだ。

Bike20 いつもは道なりに進んでいるところだが、右折で長野県根羽村へのルートを発見。車幅の狭さと向こうに見えた連なった山々。怪しさ満点だが、とりあえず向かう。

Bike21

凄く細く、横にはまむし注意&落石注意。薄暗いし、対向車は無し。とりあえずガンガン進む。やっとの事で見慣れた道へ。途中亀甲岩なる看板発見。そこへ行ってみる。薄暗い山道を延々登る。誰ともすれ違わないところが気味悪い。一カ所だけ絵になる場所でパチリ。

Bike22  ガードレールの向こうを見て驚く!なんて高いところまで来たのだろうと!空気も澄んでいて気持ちいい。しかしここからまた延々と薄暗い道。熊注意が少しリアリティーを増してくる。三国山なるところへいけるらしいが、落石ひどく途中からは未舗装路に。暗さと薄気味悪さでちょっとビビり、Uターン!意気に気になったたった一つの奇岩をパシャリ。

Bike23  ボコボコです。この辺りの道をだいたい30分ぐらい走っていましたが、Laylackただ一人。キジがいたり、見たことがない野鳥がいたりと驚きもあるのですが、なんせ気味悪かったです。

Bike24 明るい場所に出て、雲が生き物のように動いていて大迫力でした。ちっちゃい時以来かもしれないな。

おわり

明日キタムラいってこよっと!

2006.08.25

EOS Kiss Digital Xを冷静に考える

Bike9  おそらく来月号の各カメラ関係誌は、こぞってKDXの特集を組むものと思われる。細かな変更点やランクアップした機能、また新たに加わった特徴などをわかりやすく見せてくれるだろう。

ただ、その号が発売される頃には、すでにKDXは市場に出回っているというところがおもしろいが・・・。

夜寝る前にでも今日のバイク行脚(^^;)の模様をお伝えするとして、今はちょっと冷静にKDXを考えてみることにした。

最初に個人的な話をしてしまうが、KDXの発表により詳細が明らかにされ、これでLaylackは迷うことなくNikon D80を買うことができる。その理由は、購入後にどうせなんかしらの記事にするんだろうし、お楽しみということにしておく。今考えるべきは一般的な話だからね、うん。

Laylackは素人だが、全くの初心者と呼ばれる人に比べれば幾分知識はあるかもしれない。そういった部分も踏まえてみると、仮にD80とKDX、K100Dにα100という最近の機種を見たときには、明らかにクラスが違うのである。SPECはあくまで重要であるが、根本はトータルであり、コストのかけどころである。発売発表時期における相違から、厳密なライバル機種というのが存在しない場合もある。では今の状態は?

エントリーモデルから見ていくと、D50・K100D・α100・KDX・D80と思っているわけだ。単純に価格差と見てもらっても、まあOKです。本来はD50とKDXがバッティングするわけなのですが、新旧対決と言っていいほど時期的にも機能的にも開きがあるので、これがあくまでも先述の”今の状態”ということになるでしょう。

各機の特色は、D50はKDに比べカメラとしての質感が高く、KD同様jpeg撮りっぱなし向け。K100Dは破格といっても良いほどの値段にもかかわらず、SR(ShakeReductionボディー内手ぶれ補正機構)搭載、安かろう悪かろうではないのは、調べればすぐ分かること。α100はSRのようなボディー内手ぶれ補正機構に加え、ゴミ対策もされているデザインも凄いね、SONYの力はやはり凄いということ。一般人にはコニカミノルタとほとんど同じという部分は、まったく関係ないからね。α100はSONYのαだということ。KDXは、ゴミ対策されて10Mへup、EOS Kissというブランドに一般からの支持はあつい。巨人Canonの攻勢は止まらない。D80は、D50に比較的近くなりjpegでのぱっと見た綺麗に変更された、特筆事項はファインダーか。的を射たコストのかけどころは、一般ユーザーには理解されないだろうな。

大まかに、初めて購入する人が目にするであろう部分である。なので、D50でのRAW撮影よりは、サッとできあがりのjpegが重要視されるということだ。それと、D70sはD80で生産が停止し、事実上D80が後継上位機種となるようなので、ここでは割愛しました。これらのユーザーの皆様、他意はないのであしからず。

企業の特色といえば大げさだが、SONYのサイトではαのページはSONYらしくかっこよく仕上げられている。Canonのスペシャルサイトも同様だ。Nikonは?・・・、う~ん、正直もう少しいろいろやっても良いんではないかなと思ってしまう。デジチューターはナイスアイデア!評価しますが、商品の特別サイトなんかも作って盛り上げて欲しいものです。

KDXのサイトを見て、「あー、訴えかけるのがうまいな」って正直思う。世のデジイチに興味を持ち始めている人は、共感する部分がたくさんあることにCanonのイメージを持つだろう。また、Printerとの連携にしても、よくよく考えればたいしたことはないのに、”安心感”が生まれる。色遣いや、子供の笑顔が多いのもそういった戦略だろう。

レンズを買い足していく人は、KDXのもっている良さと自分の欲しい部分を天秤にかけて購入するので、ここでは問題ないです。しかし、何も知らない人にとって、 ゴミ対策→一眼レフはゴミが大変らしいからこれで安心  であり、Canonだから綺麗   であったりする。じっさい無骨なD80とかと比べればオサレ系ですものね。例えば持ってみるとLaylackだとやはり小さいのがネックですが、女性なんかは持ちやすいと思います。これもメリットであります。

なんだかあらためて、Canonは凄いなと思ってしまいました。

間違いなくEOS Kiss Digital X は売れるでしょうね。

2006.08.24

Canonが、Nikonが!あ~;

まったくなんという日だろう!!関係している興味深い情報が今日という日に集中したようだ。それでは順番に。

その1 Canon EOS Kiss Digital X  発表!

Canon EOS Kiss Digital X(以下 KDX)が発表されました。発売はなんと9月8日。予約もへったくれもありゃしないですね。PentaxのK100DとSony のα100、さらにはNikon D80とここのところ立て続けですから、急いだのでしょうか。しかしながらリークも正しく、きっちり予想通りの24日に発表だから笑えました。

販売形態は、前回のEOS KISS Digital N(以下 KDN)と同様の3種類のLineup。ボディーのみ・レンズキット(ボディーとEF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMのセット)・ダブルズームキット(ボディーと、EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM、 EF55-200mm F4.5-5.6 II USM)となる。

価格は発表時の今日現在原稿執筆時(21:58)の価格コムでの価格は、ボディのみが89,800円。レンズキットは109,800円。Wズームレンズキットは132,800円となっている。一般消費者から見たD80からの価格差は大きく映るのではないだろうか。

気になる特徴を見てみよう。

やはりというか、Kissならではとしては小型軽量という部分。大きさはほぼKDNで、重量は本体のみで510g。かなり軽量のようだ。

1010万画素のCMOSセンサーを搭載。最廉価版であるKDが10Mとはやはり市場の要望だろうか。このカメラの購買層の多くは一眼レフ初心者と呼ばれる人だろう。メーカー側のターゲットもコンデジからのステップアップや、一眼レフデビュー者だと思うしね。

9点オートフォーカス。30Dと同様のものだそうだ。上位機からのフィードバックというヤツですね。中央はF2.8対応のセンサーだ。

情報表示の専用液晶が消え、大型化された2.5型液晶に表示されるように変更。場所的に考えて妥当な選択だろうと思う。LaylackはNikon機のような右肩にある方がカッコいいし、別表示の方が好ましい。しかし、KDXのメインターゲットに当てはまるユーザー(上記)にとって見れば、IXYやPowerShotと比較的似た仕様になるのでありがたい変更かもしれない。大型液晶というのも魅力の一つですものね。

ゴミ取り機能。振動でローパスフィルターのゴミを払い落としてくれる機能だ。こればかりは正直うらやましい。Nikonもいずれ搭載するはずだが、イツニナルコトヤラ。

高感度対応で手ぶれに強い。Canonはレンズ補正であるISを持っているので、よほどのことがない限りボディー内蔵は出してこないだろう。この辺はNikonも同じ。ただし、Canon機はノイズに比較的強くDIGIC2のパワーで暗所にも対応可能。見る人によればのっぺり感も機になるかもしれないが、普通一般的に見れば”綺麗”な画質には定評がある。

こんくらいかな?気になるのはやっぱりゴミ対策。無いよりあった方が絶対に良いに決まっているからね。それにあの価格設定だが、3社を強烈に意識した感もあって時期も考えるに意味深であると思う。発表から発売まで猶予がとられていないのも、邪推かもしれないがαに食われたCanonの戦略的な一面じゃないか?っなんて見るのもおもしろいではないか。(シェアについて参考に http://bcnranking.jp/flash/09-00009669.html

その2  Nikonからの残念な知らせΣ( ̄□ ̄)!

D80 AF-S DX 18-135G レンズキット発売日変更ですって!残念、明日にでもキタムラでいつまでにゲットできるか聞きに行こうと思っていたのに・・・。悩ましい期間がまた。つらい; http://www.nikon-image.com/jpn/news/info/info060824.htm

ここからは、カメラ関係ないんでその3とか付けるのよしました;

同僚、というか先輩ですが、VFR買いました!!800ではなく前にあった400です!今日納車のはずですが、事故っていなければ明日会社に乗っていく様子。おおぅ!Laylackは明日はおやすみだ、残念。見に行こうかな~。レプリカ乗ったこと無いので、一度乗せていただくことにします。たのしみ~♪(←これ打鍵するのに”おんぷ”っていれてますが、皆様はどのようにしているのだろうと、ふと思いました;)

もうひとつ、今日ek-sport君が車検で一泊しています。あー、お金かかるね。さ、明日までに納税証明書探さなくてはいけないな!ここまで書いてやっと思い出したよ、ヤバイねw

語尾のwは、ヤヴァイ印らしいとテレビで言っていた。流行だってさ、ナニソレ。電車男と2ちゃんでやってきた新人君らしい発言ですな。ま、それも文化よと分かったふりをしつつ、納税証明書を探しに行ってきます。アディオス!

2006.08.23

ハギワラシスコムのSDゲット!

Sd1  今日届いていました!玄関のドアについている、郵便受けに入っていたけど、こんな扱いなんかなー。わかんないけど、壊れるようなもんじゃないしね。

で、試しにIXY50に入れてみた。このカメラは400万画素機で、保存設定はS(スーパーファイン)のL(ラージ)、つまりはMax設定だ。今持っている256MBだと撮影可能枚数は122枚。それが2GBだと981枚だってさー!!約1000枚ですよ!凄いものですね。

HAGIWARA SYS-COM(ハギワラシスコム)のHPC-SD2GTです。型番最後がTで終わっているので、これは東芝のOEMですね。パナも確かあるんですよね、これって。

で、ハイスピードタイプっていうモデルではありません。転送速度が速いと連写時に影響あるのかもしれませんが、バッファだって無限にあるわけ無いですし、D80は3f/secで用途も限られ、個人的には必要ではない機能なので問題アリマセン。そりゃ、たまには連写するでしょうけど、初めてだしね。

価格は5980円。送料はなしですから、約6000円。Amazonで購入、他にも価格だけなら安いとこもありましたが、慣れているし購入しやすいってことで。注文入れてから2日で届きましたね。正確には3日かもしれないけれど、早いです。ちょっとびっくりしちゃいました。

近くのコジマで4980円(?たぶんこれぐらい)で80個限定で1Gが売ってましたが、HAGIWARAのが圧倒的にコストパフォーマンスに優れていたのでこっちにしました。ちなみにPanaの2Gは17800円ぐらいでした、あーこわやこわや!!

さて、あとはカメラですなー。っと、カテゴリ整理しつつ、今日はここまで~。。。

2006.08.22

雷鳴轟く!

Sky4 今日の夕方、時間にして1~2時間ほどだが、かなりの雨と雷が集中的に降った。音と光が凄まじく、ちょっとビックリしてしまった。

数は少ないものの全国で見れば落雷による死者もでている。用心にこしたことはない。

自分自身が考えていることや、思いこんでいること、ひいてはその人の中の常識や予測が完全に裏切られたとき、それが全く未知なものであればなおさら、人は恐怖する。他人は怖がっていることにおもしろがったりするが、恐怖は正常な反応だろう。恐怖は時に人の役にも立つ。あの巨人のうなり声のような雷鳴、地響き。人間は自分の力のかなわない自然に対して、無意識におそれを抱くものなのだなと思った。

2006.08.20

毎日暑いですね;

Zasi4 最近カテゴリなんかも整理しなきゃと思っているLaylackです。

突然ですが日本カメラっていう雑誌がお気に入りです。興味を持ち始めて書店に行き、アサヒカメラと日本カメラが並んでて迷いに迷ってました。ぺらぺらめくりながら中身をざっと見てみると、内容は分からずともアサヒカメラの方はどうもヌードが多い。あまり好きじゃないので日本カメラにしただけで、それから今回で3ヶ月目と続いております。

読み応えがあっていいですね。実におもしろいです。歴史や銀塩のことは全く知りませんが、知らない世界はとても興味深いものです。綺麗だとか、構図だとか、ぶれていないっていうことが絶対ではなく、それ自体が表現の手段であることもこの雑誌をとおして初めて知りました。確かに、自己表現の一つという側面も持ち合わせていますものね。

LEICA(ライカ)はよく分かんなくて、見た感じもピンとこないのですが、ZEISS(ツァイス)は知らないにもかかわらずかっこよさを感じました。そういうことも初めて知りましたしね、ROLLEIFLEX(ローライフレックス)やHASSELBLAD(ハッセルブラッド)も何でかはしりえませんが、どこかで名前だけ聞いたのかその”音”は覚えていました。まさかこんな形のカメラだったなんて思いもしなかったものですが。

で、いいですよ、興味持ったなら一度見てみてください。

さ、あと10日だ。二三日でNetでSDから準備しようか。ウヒヒ。。。

2006.08.18

D80の特集記事がいっぱいだった!

Zasi3 久しぶりの仕事は、体力的にどうってこと無くても眠いものである。昨日幾分打鍵したせいか、ノートパソコン特有のパンタグラフ構造の呪縛(?)から逃れ、Realforce101の心地よい打鍵音に酔いしれながらこの記事を書く。

明日20日は購入予定の雑誌の発売日。こういうものは大体一日前には発売されているものだ。仕事帰りに本屋に立ち寄る。

おぉ!あった!っと心の中で叫んでみた。やはりというか、両方とも注目記事はNikonD80。どちらもそれなりのページを割いているようでそそる特集が組まれている。今日は眠いが、ちと頑張って読んでみるか。

そういえば、最近エバークエスト2で遊べてないなー。イカンイカン。

2006.08.17

16日を写真で見る!

Daio1_1帰省は終わりました。というわけで最終日を少し。写真だらけでいきますw

この日いってきたのは大王崎。太平洋側に突き出たリアス式海岸と灯台で有名かな。あと、ガメラの幼少期の舞台としても脚光を浴びましたね。で、灯台へ向かいつつも西側の海をパシャリ。台風の影響か波がものすごいことになっていた。

Daio2_2 続いてこちらは、小公園といった感じ。絵描きの町として売り出している、大王町のシンボルということだろう。昔来たときは無かったような気がするが気にしない;

以外にも(失礼;)結構観光客はいた。とはいっても灯台へと続く道の両脇にある、土産物屋は閑散としていて活気が少なく感じるのもちと寂しかったり・・・。

Daio3  その絵描きがいったい何を見ながら書いているのか、と興味持って後ろに回ってみると。アー、なるほど灯台なんだねって。灯台には何人かの人影も見える。次はあそこかななんて思いながら、像にちょっと寄ってみる。

しばらく見ていても、いっこうに目をそらす気配がない・・・。立派なものではないか!一生懸命見続けている。で、Laylackももっとよく見てみようと思い、柵の方へよってみた。

Daio4  おぅ!これはなかなかの眺め。白い泡で覆われた波が印象的。荒々しい中でドシッと立っている灯台は美しい。

Daio5  その灯台に上った。地上付近でも風邪は比較的強めだったのに、螺旋階段を上がったその場所はまさに暴風域。360°の視界が爽快感を増す。上を見上げれば風速計がフル稼働。抜けるような青空と眩しい白が好対照で、Laylackには綺麗に見えた。

Daio6 きっと何かを感じたんだろう。ここのところカメラに敏感なLaylackは下を見る。

おおー、高いヤツです。コンパクトでないヤツです。だからパチリ。

Daio7_1  アーチ状になっている木の枝が見えるだろうか。左右から一本ずつ伸びてつながっている。不思議に思い下から覗いてみれば納得した。

波風によって変形し画面でいうところの、右から左へと不自然な形になっていた。なかなかおもしろい。

Daio8  アーチを通り過ぎ、塩の舞う堤防沿いをまっすぐ歩く。ふと視線が気になり、振り向くとヤツはいた。

林さんの表札の上にペンギン。ナンデダロウ・・・。

Daio9 そして見上げれば絵になる風景。絵描きが来るのもなっとくかな。小さいときは写生会できたことも思い出す。

Daio10 ちょっとおばちゃんチックな犬がいた。昔Layalckも犬を飼っていたので、やはりかわいく思う。トコトコと足が短く、歩き方もなんかいい。

Daio11 犬の向こうには急な階段か続き、波切神社があった。神社でお参りし、うっそうと茂る小道を抜けると展望台に出る。この景色は壮観だ。早朝の天気のいい日には、伊良子岬はもちろん富士山も見ることができる。小さな頃度胸試しでここでぶら下がったことがある;。そう、断崖絶壁なのだ。いつも思い出しては、これからの教訓にしてる。下を見れば通常でも荒い波なのに、台風でさらに力を増したうねりがよく分かる。防波堤の力もこの写真からも実感できるね。

Daio12 太平洋側というか、外海側は風も激しく波しぶきも凄い。しかし堤防内ではそれが嘘のようだった。うみどりが浮きに止まって休んでいた。拡大写真は用意してないが、写真中央やや左に5羽ほど止まっていた。

Daio13_1 天気はもともと悪い予報だったのだが、いい風にはずれてくれた。お昼ぐらいまでは曇っていて、時たま雨も降っていたけど、4時ぐらいまでは気持ちいい晴れといった具合だ。

この写真はやや白くくすんでいるように見えるが、これは画面に向かって後ろ側(太平洋側)から来る波しぶきのためだ。波しぶきは霧状に細かくなって、町の方に吹き荒れていた。町中まで来てしまえばその影響はないが、港の方は薄く白んでいたなあ。

故郷っていうのは、一度外へ出てから見るとより客観視できるもの。いい部分悪い部分も浮き出て見える。少しずつ人間にとって便利になっていく代償として、貨幣価値に換算できない豊かさが失われていく気がする。

でもこの日に見た景色は、あのころと変わらない気がした。

Daio14  父が当てたこの冷蔵庫。ファンがうるさくって、使い方を思案中。かわいいけどな!

 

2006.08.15

蝉の抜け殻が多い;

Jikka6_1  蝉の抜け殻がとても多いです。庭に目をこらせばたくさん発見することができます。

両親は多いときになると50とかあるなんていっていましたが、我が家の庭は貢献しているんだなと(多すぎだけど)思ったり。

 2時過ぎまでは快晴で、風もからっとしていて爽快な暑さでした。しかし、現在の時刻3時半では薄曇りが広がっている状態です。台風の影響なんでしょうか?いやですねぇ、せめて帰省中は気分爽快な晴れであってほしいのにな。

 D80どうしよっかなー、悩ましいなー。

ま、名古屋に戻ってから考えようか。今はほかごとにでも熱中しよかな。

そうそう、実家はDellのノート型パソコンInspiron6400があるんですが、有線LANでInternetしてるんです。それについては何ら問題ないんですが、主な使用者である母が使う場所としてあまり適当でないので、15mのLANケーブルを父と買いに行き、部屋の隅をはわせて場所移動としました。

目隠しも買ってきてね、できあがりはなんだかすっきり。ちょっと高めのテレビ台に正座で使用するよりは、いすで使用するスタイルに変更でかなり楽なはずです。

ちょっとしたDIYってかんじだな。DIYってことば、個人的にはかっこわるくてアレですが。あれだよ、日曜大工ってか、自作手作りっていうほうが好き!

まだ帰ってきてないけど、喜ぶんかなー^^

2006.08.14

庭の母

Jikka3 なにげにキタムラのインターネット会員登録をさくっと済ませ、値段をチェックしたら、結構安く買えるようだった!”ログインdeオトク”ってあったのでどのくらいかなと、おそらく消費税分やすくなるんだろうなとおもって、確認するために会員になっただけなんだけどなw

 よくあるポイントサービスは個人的に即効性のあるメリットではないので、ほとんどの場合敬遠していることが多い。「基本的にここのお店で買う!」っていうことはあまりないので、ポイント加算はあまりおいしくないことが多いのだ。インターネットが普及し始めてからは、より一層その傾向があるみたい^^;

 まだ決済してないが、気分は俄然盛り上がってきた。そこで、底力(?)をあげておくために庭でパシャパシャやってきたので、ダラダラにUP。

Jikka4  最初のはつぼみ。もう咲いているのが奥に少しだけ写ってるねぇ。あれがしっかり入った方が良かったかな?青い空が少しだけ入ってるけど、入ってなかったら味気ないかな、とかいろいろアフォな感じで考えてます。正解なんてないだろうけどね、考えているのがおもしろいからさ。

 で、この白い花。小さいです。すっごくすっごくちいさいの。小さいけど大きく伸びやかいなかんじが好きです。

あー、名前は全部知らんけどなw こういうのも知っておいた方がいいんかなー?

Jikka5  蝉の衣替え後の衣装があったので、撮ったよ。

小さいときは、この木によじ登ったりぶら下がったり、時には鎌なんかで傷つけたり・・・。ずぅーっとLaylackと一緒に育ってきました。見守られていたのかなーって、ちょっとsentimentalな事を言ってみる。

でも、生まれる前からいたしね、ここで蝉が何千匹と飛び立つのをお手伝いしていたんですよね。たぶんこれからもなんじゃないかなー。

枝からは新芽も出てきているし、なんかすごいなーって素直な気持ちになれます。かーちゃんっていう感じだなw

2006.08.13

初心者って言葉について

Jikka2  何にでも初心者っていうのはあります。自動車だって初心者運転期間っていうのが設けられているわけですから、知識のないものはどんなジャンルだって初心者なわけです。

 パソコン初心者、バイク初心者、つり初心者、、、この世にあるすべてのジャンルに対して初心者がいるわけです。そんな初心者ですが、当然厳密な線引きはありません。でも、最近気になってきたある事実に気がつきました。

 インターネット上のサイトなんかには、初心者と称したものの書き込みが多いことに気づきます。勘違いしないで頂きたいのは、初心者がだめだといっているわけではないということですから、あしからず。。。

 何もわからないものが初心者であることは、分かり切った事実です。しかし、そうでない”初心者”もいることもまた事実なのです。完全な初心者を対象にした板では、諸先輩達はほとんど神の手をさしのべているわけです。こういった初心者板や、初心者と自分でおっしゃっている場合は、答えてくれている人の優しく伝えているのが、端から見たときでもよくわかります。

 たまに見かけるんですが、PC初心者に対してですが、「過去ログ探してから質問しましょう」とかよく見ます。でもですね、Laylackの母なんてのはモロに初心者なんですが、そういったレベルはかなり高度なんだというばあいがあるんです。文字だけで相手がどの程度の知識なのか、それを判断するのは難しいとは思いますが、そういった配慮も必要だとちょっと思いました。

 あと、一歩引いて初心者だと書いている方。たとえばLaylackにとっては、ものすごく濃くて難しい内容であっても、「・・・・・・・なにぶん初心者なので、・・・・」とかかいてあると、初心者の段階分けが必要な気もしてしまいました。正直に「この人どこが初心者なんだろうw」ってね。いあ、いいんですよ!そのジャンルに対しての初心者っていう意味での書き込みかもしれませんからね。

さぁ!もうすぐLaylackもデジタル一眼カメラ初心者になろうとしています。知識は日ごとに増大していくのがわかります。ネット時代の恩恵ですね。でもこうやって頭でっかち(そうでもないけど)になっていく時間がないと、購入には踏み切れない性格でもあります^^;

いつもいつも、ほしい商品を購入する前には、数ヶ月間にもわたって情報収集。今回も悩める時間を有効活用しております。しかしながら、今回は発売前の予約をどうしようかというところ・・・。バイクと比べればあれですが、効果ですからねー。ケコーンを考えているLaylackには大きな問題であるわけです。

日本人らしく(←ナンダコレ)謙虚な姿勢で、初心期間を大事にし、脱初心者を目指して切磋琢磨していきたいですね。

あー、何を言っているのかわからなくなってきたゾ!w

カエル三兄弟♪

Jikka1  去年・・・一昨年か?このカエル三兄弟が我が家に鎮座してから、ずいぶんと年月がたつ。付いているBATH GELとかかれている。

 石鹸か何かなのかな?わからんが、このかわいらしいパッケージにしてやらてたんではないだろうかな。

 まぁ、Laylackも気になるものの使う気はさらさらないんだけどなw

あー、だらだら行こうぜ!実家生活!

D80ほんとにほしいぞ!どする!?

庭の花

Flw1  帰省中のLaylackです。

実家の庭にある花が綺麗だったので、ガンバレIXY50ということで、写真を撮ってみました。

名前何だったかなぁー?忘れましたが、なんでも切り取られた花(根っこがない)をもらったそうで、そのまま地面に植えとけばいいと聞き、母が庭に植えたものです。最初はつぼみだったらしいのですが、何ともタイミング良く帰省中に綺麗な花を咲かせてくれました!

なんかいいねぇ!

2006.08.12

ドコモダケと一緒に実家へGO!

Dcmdake  今日はお盆休みで実家へ帰省です。でも天気はあまり良くない様子、でも実家へ帰るということで心は晴れ晴れってな具合ですかね。

でだ!w

一人は寂しいので、名古屋の家の掃除中に出てきた(ナニ?w)ドコモダケと一緒に帰りました。

で、渋滞していたものの、無事帰ることができました!ゴールデンウィークの時におかーたまに買った、DellのInspironでさくさくインターネット環境。いやぁー、時代の進歩は田舎まで来ているのを実感した次第であります。

ウヒヒ

2006.08.11

NIkon D80 のカタログもろた!

D80ca1 今日この前合格した、大型自動二輪の免許に書き換えにいった帰り、カメラのキタムラにいってみた。

もともとの目的は、InternetStoreではいろいろ特典があったりするんだけど、テンポで予約した場合はどういった違いがあるのかを知るためです。

4~5年前に証明写真を撮ったときに入ったきり、随分久しぶりで緊張しました。入ると前は興味もなかったので気づかなかった、デジカメのコーナーが!wガラスケースには右端のCanonに続き、NikonのD50、D70s、D200が鎮座・・・・。う~ん、実物はやはり違うものですね。ますます欲しくなったやぃ!

で下の棚に目を移せば、なんとカタログが!右下には2006.8.9と書かれています。早いものでビックリしました。早速ゲットしつつ、店員さんに件のことを聞いてみた。すると、奥の人に何やら聞いているみたい。知らないってことは、やってないのかなーって思っていると、

「今のところそういったご案内はしていないようです、でも、もしよろしければまたいらしてくださいね!」

でした。うむーふぅ;残念。でも店員さんの印象は明るくてOK!カタログを頂いて帰りました。

D80ca2 カタログは表紙も含めて全16ページ。その中に納められている写真は、当然D50のファミリー路線でもなく、D70sのアクティブな雰囲気でもなく、しっとりとした大人っぽいものが多いものでした。

その内容はPDFでも配布されています。↓

http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d80/index.htm

書いてあることは、まぁ、当たり前になりますがWebにあるものと同じものです。でも、手元にあると購買意欲がわき上がるじゃないですか、どのタイミングでもみられる”紙の媒体”っていうのもいいものです。

D80ca3 そして気がつけば、三冊に。。。

いかにこのクラスで悩んでいるかが分かりますよね?w 精通されていらっしゃる方からは、α100の2万円高で、Nonゴミ取り$Non内蔵VRっていう部分や、1/8000から1/4000へのシャッタースピードの変更等、微妙な位置づけにNikonの販売戦略を疑問視している人も少なくないかもしれません

素人っぽくかつ一般的だと思われるのは、やはりD50からのステップアップや新規デジタル一眼レフ購入希望者なのかなとも思いましたが、ナンバリングから判断してもD70s直径だということ。

D50からのステップアップとして考えた場合、ファミリー向け(おかしいかも、でも意味分かると思います)ではない部分が多いと思いますし、価格も随分違うように感じます。

ではD70sからかといえば、スペックアップされた機能面に対して、そのユーザーから見た”有り難み”に大きく左右されると考えます。ファインダーや画素数とかは大きく違ってくる部分でもありますね。ただし、D50ユーザーからとは決定的な部分は、記憶メディアがCFからSDへと変わってしまうところでしょうか。

CFタイプのAdapterをしようしていたSD保持者ならNoProblemでしょうが、ほとんどそういう方はいないでしょう。二の足を踏んでしまう理由は、価格以外にも大きくあるものですね。

最後にLaylackのような、初めて一眼レフを購入しようとしているものですが、これは価格が一番の問題になります。D70sの場合ですと、ボディー単体での当初の価格は10万円前後、18-70mmのレンズキットで13万円前後でした。D80はといえばボディー単体では約2万円高の12万円前後です。そしてもちろん欲しいと思っている新レンズ18-135mmがセットになったのは16万前後。う~ん、高い。ちょっと待てば当然値段は下がるんですが、デジタル時代はPCなんかと同じで日進月歩。すぐに新型が出てきてしまいます。

普通手が出ませんよね、こんな値段。落ち着いて考えてみれば、そこそこのSpecのLaptopPCが買えますもの。でもKissDNだって、結構なお値段だしって考えると、ギリギリのギリでアリかなと; 実に腹をくくらなければならないっていうことはナシかもですがねw

キタムラのWebで予約すると1GのSDがついてきて、かつLogin割引もあるらしいです。保証もあるから、本体はこっちで買っておいて、近くの店があるので安心作戦が一番いいのかなー?それだけではないし、他にも揃えておいた方がいいものだってあるわけだし。  うーん。。。。

悩む。。。ナヤマスィ~。

皆さんは、初めて買ったときは何を揃えていったんでしょうかねー。お金かかるんだなーって、痛感しました;

でも カウケドナ!w   アーバイクガトオクヘ。。。

2006.08.10

レンズ情報ちょと間違ってたね;

気にしていたところが、間違ってました..orz

AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF)について何ですが、何を思ったか撮影距離を昨日の記事で1.5mって書いちゃってました。自分もそう思いこんでました、なんでだろう?;

正しくは、最短撮影距離 0.45m(Zoom全域)とのことです。ヤッターw。

でもこのセットを買うとするとですよ、お金がデスよ、160000円ぐらいになるんですよ、、、、

どうしよう。。。。

もう少し悩んでみる。。。うん、WEB見てくる。

2006.08.09

Nikon D80 ついに発表!!

Bike8 本当に暑い日が続きますね;、うだるようなっていう表現が今日理解できました、Laylackです。

さて!待ちに待っていた人も多いんではないでしょうか?そう、Nikon D80がついに発表されました!

Nikon のサイト http://www.nikon-image.com/jpn/

大方の予想通りの機能を備えての登場といった感じですね。Laylack的な予想はちょっと前に記事にしましたので、良ければみてください。ではでは、ざっとSpecからみてみますかー!

Nikon D80

APS-Cサイズのレンズ交換式一眼レフカメラ

有効画素数   10.2メガピクセル

11点測距AF(AutoFocus)    上位機種のD200と同じようになる

ISO感度が3200まで増感可能

撮影モードダイヤル   オートの他に、風景、クローズアップ、スポーツ、夜景、夜景ポートレート、の7種類の他今まで通りにP,S,A,Mがある。D50とは違うので子供スナップはやはり搭載されない。

カメラ内での簡易編集が新しく備わった! 「D-ライティング」「モノトーン」「スモールピクチャー」「トリミング」「フィルター効果」「赤目補正」「画像合成」の7つ。

画像処理エンジンが新開発。

0.18秒での起動で、シャッターチャンスに強い。

オートエリアAFモードが新たに加わる。

シャッタースピードは1/4000、連続撮影は3fps。

2.5型の23万画素の液晶モニタを搭載し、その視野角は全方位170°。

ファインダーはペンタミラーからガラスペンタプリズムへ!構図用の格子線も表示でき、D200と同等に。視野率は95%。

バッテリーは2700コマ。

縦位置バッテリーパックがオプションで!EN-EL3eを最大二個納めることができ、縦位置デのコマンドダイヤルとシャッターボタンを備える。

記録媒体はSDカード。

リモートコードにも対応。

ざっとこんな感じです。気になる部分をLaylack的にいろいろみていきまっす。

まずはみんなが気にしていた部分である記録媒体。これはやはり予想通りSDカードでした。このD80より上の機種に至っては、ほとんどがCFであるので、SDとCFあとの併用が望ましいという人が多かったのではないかなと。ただしCFが大きさの割に大容量化がいまいち進んでいないのに対して、SDカードの方はといえば、SDHCへ進化している最中。D80もSDHCに対応しています。流れはSDになっていくのでしょうか、それとも棲み分けを行っていくのでしょうか。

次に画素数。1020万画素ですね。随分とパワーアップしましたが、D200同様凝った絵作りをおこなうPhotographerは細部が気になるために、より高性能なレンズが欲しくなるかもしれません。高画素化に諸手を挙げる気にはなれませんが、新開発の画像エンジンとの相乗効果があれば、それは杞憂に終わるかも。

カメラ内の簡易編集機能の7つ。この中で注目は「D-ライティング」だ。この機能は逆行状態で撮影した場合の光量不足など、その不足している暗部だけを補正する機能のよう。発表された内容によると、その反対については書かれていないので、ハイライト側での補正はないのだろうか。イメージ的にCCD供給元のSonyのα100に搭載されている、「Dレンジオプティマイザー」に似た機能と考えて良いのだろうか?この辺はちょっと興味深い。ちなみに予想通り4チャンネルから2チャンネル読み出しのCCDのようだ。

BodyサイズはD50並で、ほんの気持ち程度重量があるみたい。ホールド感重視ということだろう。コレはOKカナと思いますね。前にも書いたとおり、EosKissDNはLaylackには小さすぎて頼りない。直感的な部分も「ビビッ!」とこなかったので、Nikonの方に気持ちは大きく揺れている事実は否定しませんが、持った際の感触というのも大事なように思います。

さて、同時に発表されたレンズもみていきますか!

AF-S DX ズームニッコール ED18-135mm F3.5-5.6G(IF)

35mm判換算で、27-202.5mm相当の広角側からかなりの望遠域までカバーするモデルです。こちらはレンズキットとして発売されるようですね。ウハウハ!たのしみー!キット販売では9月1日からで、レンズ単体としては12月とのことです。そしてもう一本発表されましたね、それが。。。

AF-S VR ズームニッコール ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

こちらは105-450mm相当の望遠レンズです。野鳥とか撮るとき使うんですかね。こちらの特徴はなんといってもVR!VirtualRealityにあらず、VibrationReductionです!公称4段分の補正効果が得られるとのこと、最近でこそちらほら聞きますが、18-200mmVRの異常な品薄高値安定状態とは違って、用途が微妙に違うため供給は潤沢にいくと思ってます。価格も思ったよりも安いかも。

で、今気づいたんですが、18-135mmのほうなんだけど、ワイド端で1.5mの距離っていうのは微妙ですねw

レンズはよく考えます、でもD80買うよ!デジタル一眼レフデビューにはもったいないぐらいの高機能。バッテリーの持ちと、ファインダーで文句なしだね。ボディー側のVR(ないけど)必要な場合は、三脚使う場合であろうしさ、野鳥なんかに興味が出てきたら、VRレンズ買うさw

8月24日(予想)にkissDNの後継機種が発表されるとの噂があります。ボディー側にISを搭載してくるかもしれません。わかりませんがね、もしそうだとしてもNikonを買うでしょう。Canon好きですけど、kissDNは小さすぎて形もなんかコンデジっぽくてLaylackにはしっくりきません。見た形なんかも重要です、5Dなんかかっこいいと思うもの。

さー、付属品とレンズ選びと、バッグと、アレトコレト。。。大型とったっていうのに、カメラ買ったらますますバイクが遠くに行ってしまう。。。でもこうやって考えて悩むのが、最高にいい時間ですよねー!

(・∀・)

ちなみに今日の写真は、この日曜に撮ったものです。綺麗なとこですよ!山岡町は。

2006.08.08

台風襲来!でも大型二輪合格!

Sky3  結局歯抜けな”大型自動二輪取得記”になってしまいました。

昨日はまさかの後輪ロックに、ビビり状態のLaylackでしたが、今日はもっともっと緊張してしまいました。

受験人数は5人。うち大型二名の中型三名でした。順番はなんとLaylackが最初^^;、中型の時は一番最後だったしなんだかなーw。

試験はこんな感じでした。

まずは乗車(採点範囲です)し、小さく一周して発着場所に停車します。この一週は採点されませんので、波状路やスラローム、ブレーキやクラッチの効き具合を確認したりしてもOKです。

発着場所で停車して、開始の合図を待ちます。このときはエンジンはかけたままで、降車する必要はないとのことでした。この辺りは各自動車学校によっても違ってくるでしょうね。

各課題の順番が違うだけの2種類のコースから、今回は二つめのものが適用されました。簡単にその内容をご紹介します。

スタートし右左折をしてスラロームへ。大型は7秒以内ですが、通常検定の場合は電光掲示板は消灯しているはずです。そのまま一本橋、波状路、S字、踏切、坂道、クランク、急制動、ゴール地点へ、エンジン停止後降車で終了。

さて、早速感想ですが、最初の小回りでわざと空ぶかしや半クラ、S字などを行ってバイクになれるとともに自分自身をリラックス状態へ。緊張したけどねw

いつもよりかなり遅くスラロームを通過、一本橋と波状路は問題なくOK。あとは急制動で緊張したけど意外とすんなりでした。降車後は内心「コレは絶対に受かったな!」と思いましたが、念のため不安げな顔を^^; 同じ大型の方に、「最初は緊張していたみたいですが途中からめちゃめちゃ普通に乗ってましたね」といわれたので安心しました、はぃ~!

結果的に、約一名中型の方がスラロームでパイロンを倒してしまい、不合格。あとはみんな合格でした。みていてガチガチだったし、メリハリがなかったのでやばそうだなと思ったら、こちらから見えなかった場所のパイロンを倒してしまったようです。Laylack同様に休みを取っての検定だったので、彼はかなりショックを受けておられました。

Laylackたちが事務処理待ちのために、教習所内のロビーで待っているときに、不合格の彼が「今日一時間のって自信を付けて、10日に検定受けますね」と教えてくれました。今日初めてあった方ですが、検定を受けた連帯感(?)からか、心底ガンバレといいたいです。お名前存じませんでしたが、リラックスして受かるといいですね!

で、昨日の夜から緊張しすぎて(←アフォ?)、朝ご飯も昼ご飯も抜きに加え、飲み水も撮っていなかったので夕方に具合が悪くw。その後の予定をキャンセルしてしまいました。いあー、何やってるんだろう;

もちろんご飯食べて、飲み物飲んだら復活ですがね、大事をとって早めに寝ますが。汗をかいての緊張のもと、炎天下と相まって体力が削られ・・・・、ナメタラアカンデス、自然はツオイデス。だって、唇乾いていたしな!w

そうそう、題名にも書きましたが台風が向かっているそうです。そんなに大きくないですが、空が変な色で気持ち悪かったですよう。暴風域はもう確認されないらしいので、たぶん雨ぐらいで大丈夫かと。とりあえずそのキモチワルイ色を写真に・・・;

話は変わって、明日!

変わりすぎ?w もう4時間ほどですが、いよいよNikonの新機種が発表されることになります!D80って名前が本当かどうか!?いやいや、それももうすぐ明らかになるのです!!

たぶんね、カウ!(・∀・)   購入意欲がもりもり上昇↑していきますのよ!

        あと少し。。。待ち遠しい。。。。

でも、今日はだるいので朝みるかなぁー

ハァー ヽ( ´ー`)ノ

2006.08.07

大型自動二輪、二段階見極め終了

普通に走っている限り問題ないです。が!今日は見極めということで、卒業検定用のバイクでの練習でした。

ぴっかぴかで、半クラもアクセルも全然いつもと違いました。Laylackのバイクも中古だったので、新しいものとの差を実感した感じです。もちろんブレーキの感じもちがうので、やってしまいましたw

急制動で、後輪ロック^^:  まさか・・・・orz

今までこんなことなかったんですがね、ナンデダロウ?緊張していたのかな?とりあえず残った時間は全て急制動に時間を費やしました。前輪のブレーキレバーが随分感触が違うのと、後輪ペダルがいつもより柔らかいので思っているより踏んでしまったようだった。

うーん、ヤバイヤバイ。試験でミスったら即アウトか、そうでなくてもちょっとパニックになるかもだしなー。まぁーどうしようもないので、頑張ってきます!

2006.08.06

走りに行ってきましたよ!

Bike4 せっかくなので(ナニガダ)、昨日と同じところから写真を撮るために、ここまで行ってきましたw。

中津川の少し手前です。山は遠くまで見えません、ものすごい熱気で空気も動いた感じがしません。スッキリとした晴れではありませんでした。

そうそう、今日はあまりガンガン走ったというわけではなく、何か絵になるところを探す練習がてらでしたので、いろんなところをウロウロしてしましました^^;。

気に入った場所が二カ所ほどあったんですが、そこだけでそれぞれ30分ほど滞在したぐらい。田んぼの近くや、変な土手に上がったり・・・。不審者にみられたかな?w でも、入っちゃ行けないような場所ではないと思うので、OKOK!

Bike5

人がいないのをよ~く確認してから、早速しゃがみ込んでマクロマクロ!(・∀・)

IXY50、手ぶれ補正なし、うん!頑張ってみたら意外と綺麗にぼけました!オリジナルもピントあってたみたいだし、いいんでない?

対人恐怖症ではないですが、やはりカナシイかな恥ずかしさがありんすです。なので、『田舎』と呼ばれるようなところを狙っているわけではないのですが、自然とそういう場所に行き着いてしまうものなのですね。しかし、おかげさまで凄く綺麗な景色を満喫&発見できましたよ、ハイ。

Bike6  で、電車オタク(←この表現はあまり嫌いですが、一般的にわかりやすくいうとそんな感じ)ではないものの、写真を撮っている方が多いもの。蛙やバッタやトンボなんかを、アフォみたいにはしゃぎ回りながら一人でパシャパシャやってるところに、運良く?ちょうど良くw?やってきました。

汽車になるのかな、電車ではないです。アケチ鉄道っていうらしいです、漢字は忘れた。一両で味があります。で、何となく撮ってみましたが、意外と難しいんですね。やってみて初めて分かるんですよね。フレーミングとかもそうでしょうし、ホワイトバランスなんかもね。”撮りに行く”人は、事前の準備がしっかりしているのだと痛感させられました。

Bike7  でだ!w

ぼーぅっとしていて、思わず通り過ぎてしまうところだったじゃないか!

うむぅーう・・・スゴイ!凄すぎる!センス100点!インパクト大!山岡町の看板に、鮮血生々しい印象を与える赤い軽自動車が、衝撃的角度で”グォザァンン!!”

タマラン(・∀・)

そして、交通死亡事故記録        日達成!

・・・・・って、1日も達成できてないじゃないか!w ワロタぞ!

今日は216キロ。結果的に昨日より少し走ったかな。朝6時に起きて、ウダウダ走って子供のごとく遊んで、パシャパシャやって、12時過ぎにかえってこの時間だから、まぁまぁOKでしょう。

※本日の収穫

凄くいいスポットを多数発見できたこと。こっち方面は道もだんだん覚えてきたし、時間配分ができるようになったこと、あとは・・・

山岡町では、一日辺り1人以上の人が亡くなる事故があると告げる看板の発見w

2006.08.05

明日も走りに行くぜ(・∀・)ノ

Bike3 さて、明日も早起きして走りにいくことにします。もちろん無事に無事故で帰ってくるのが一番の目標ですが、今度はIXYでももう少し綺麗な写真が撮れるように、行ってこようと思います。

今日の一枚は、一昨年の秋に撮ったものだったかな。「そういえば今までどんな写真を撮ってきているんだろう?」とおもって、HDDの中をごそごそあさっていたら出てきた一枚です。

この時期もはや寒くて、ボコボコのアスファルトに反射した夕日がとても綺麗だったのが、2年たった今でも鮮明に記憶の中にあります。あまりにも綺麗な画像で、IXYで十二分と思い切っていました。いあ、悪くはないんですがね。もちろんそれ以外なんて考えてもみませんでしたし。それがいまや・・・orz

そうそう!話は変わって、ここのところのアクセス数(アクセス解析できるようになったしね)が凄い感じで伸びています。別段変わったことしてないんですがねーって、ナンデダロウ?w

前まではそですねー、だいたい一日辺り10件程度だったんですよね。それが今は、一日辺り150~200人の訪問者がおられるそうです。アクセス数だと350くらい!いやぁー、ありがとうございます。なんだかんだ見ている人がいればこそですものね!

そしても一つ関係ないですが、今日の気温は気象庁発表で36.5度。ということで、体感は40度以上で暑すぎたけドナw

2006.08.04

あと5日!

Gr1  でもって、あと一時間弱で「あと4日」!

なにがって、もちろんNikonの最新機種の件ですよ。情報によりますと、Nikonの製品情報のアクセサリーページで、D80の表記が確認されたとのこと。

さらに、縦位置グリップ(バッテリーパック)も確認されたみたいです。おぉ!これはいいですねーぇー。

ちなみにこの写真は日曜日に撮ったものなんですが、IXY Digital50でデジタルズーム(あぁーヤダヤダ;)のテレ端です。オリジナルはソレはもう手ぶれぶれぶれで、見るも無惨。しかしながら、Web用途に至っては意外と良好に見栄えがするものですね。

さて。。。。買うか?w

#文字の大きさは試験運用中。”普通”と”大きい”をしばらく比べます。

2006.08.03

今さっき、ServerDown....ヽ( `Д´)ノ

Nya2  先週末もありましたが、またしてもServerDownです。う~ん残念。今日は確認したところ、SebilisのほかにルーカンとネクチュロスもDownしていましたね。

スクエニからSOEへ移管されてからというもの。凄まじいLagと前述のServerDownがありました。しかしながら、このところのLagは解消されて、目の前にKoS(Kill on Sight)がPOPして死亡というパターンはなくなりました。

しかし、突然サーバーがDownすることがよくあります。Laylackはやめませんがw、このままでは乖離してしますおそれもありますので、ちょっぴり過疎化が心配になったり・・・。

快適に遊べるようになればいいですねー。新人さんも一杯増えるようになって、ノーラスの住人としてあの世界観を味わいたいものです。だからSOEさん、ガンバッテくださいね!

ももっちさん←呼び方正しい? も大変ですよねー;同情します。

文字の大きさですがね・・・

Bike2  文字サイズの”普通”って小さいのかなって、昨日思ってさ~。大きいにしてみました。

見やすいのかな?どうなのかなー。とりあえず意味はないですが、この日曜日の写真でも載っけておく。

そういえばNikonの新機種もうすぐだねぃ。

楽しみ楽しみ (・∀・)

2006.08.02

オリンパスえらいぞ!

この前の大雨で被害にあった製品を半分保証だって!

いや、正確には半額の修理費で修理を受け付けるとのことだ。受け付けは10月いっぱいまで。時間はあるので、該当する人は確認してみてはいかがだろうか。

Laylackはオリンパスびいきではないですが、この心意気は拍手です!

http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/info/if20060802.cfm 告知ページ

« July 2006 | Main | September 2006 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ