« 蝉の抜け殻が多い; | Main | D80の特集記事がいっぱいだった! »

2006.08.17

16日を写真で見る!

Daio1_1帰省は終わりました。というわけで最終日を少し。写真だらけでいきますw

この日いってきたのは大王崎。太平洋側に突き出たリアス式海岸と灯台で有名かな。あと、ガメラの幼少期の舞台としても脚光を浴びましたね。で、灯台へ向かいつつも西側の海をパシャリ。台風の影響か波がものすごいことになっていた。

Daio2_2 続いてこちらは、小公園といった感じ。絵描きの町として売り出している、大王町のシンボルということだろう。昔来たときは無かったような気がするが気にしない;

以外にも(失礼;)結構観光客はいた。とはいっても灯台へと続く道の両脇にある、土産物屋は閑散としていて活気が少なく感じるのもちと寂しかったり・・・。

Daio3  その絵描きがいったい何を見ながら書いているのか、と興味持って後ろに回ってみると。アー、なるほど灯台なんだねって。灯台には何人かの人影も見える。次はあそこかななんて思いながら、像にちょっと寄ってみる。

しばらく見ていても、いっこうに目をそらす気配がない・・・。立派なものではないか!一生懸命見続けている。で、Laylackももっとよく見てみようと思い、柵の方へよってみた。

Daio4  おぅ!これはなかなかの眺め。白い泡で覆われた波が印象的。荒々しい中でドシッと立っている灯台は美しい。

Daio5  その灯台に上った。地上付近でも風邪は比較的強めだったのに、螺旋階段を上がったその場所はまさに暴風域。360°の視界が爽快感を増す。上を見上げれば風速計がフル稼働。抜けるような青空と眩しい白が好対照で、Laylackには綺麗に見えた。

Daio6 きっと何かを感じたんだろう。ここのところカメラに敏感なLaylackは下を見る。

おおー、高いヤツです。コンパクトでないヤツです。だからパチリ。

Daio7_1  アーチ状になっている木の枝が見えるだろうか。左右から一本ずつ伸びてつながっている。不思議に思い下から覗いてみれば納得した。

波風によって変形し画面でいうところの、右から左へと不自然な形になっていた。なかなかおもしろい。

Daio8  アーチを通り過ぎ、塩の舞う堤防沿いをまっすぐ歩く。ふと視線が気になり、振り向くとヤツはいた。

林さんの表札の上にペンギン。ナンデダロウ・・・。

Daio9 そして見上げれば絵になる風景。絵描きが来るのもなっとくかな。小さいときは写生会できたことも思い出す。

Daio10 ちょっとおばちゃんチックな犬がいた。昔Layalckも犬を飼っていたので、やはりかわいく思う。トコトコと足が短く、歩き方もなんかいい。

Daio11 犬の向こうには急な階段か続き、波切神社があった。神社でお参りし、うっそうと茂る小道を抜けると展望台に出る。この景色は壮観だ。早朝の天気のいい日には、伊良子岬はもちろん富士山も見ることができる。小さな頃度胸試しでここでぶら下がったことがある;。そう、断崖絶壁なのだ。いつも思い出しては、これからの教訓にしてる。下を見れば通常でも荒い波なのに、台風でさらに力を増したうねりがよく分かる。防波堤の力もこの写真からも実感できるね。

Daio12 太平洋側というか、外海側は風も激しく波しぶきも凄い。しかし堤防内ではそれが嘘のようだった。うみどりが浮きに止まって休んでいた。拡大写真は用意してないが、写真中央やや左に5羽ほど止まっていた。

Daio13_1 天気はもともと悪い予報だったのだが、いい風にはずれてくれた。お昼ぐらいまでは曇っていて、時たま雨も降っていたけど、4時ぐらいまでは気持ちいい晴れといった具合だ。

この写真はやや白くくすんでいるように見えるが、これは画面に向かって後ろ側(太平洋側)から来る波しぶきのためだ。波しぶきは霧状に細かくなって、町の方に吹き荒れていた。町中まで来てしまえばその影響はないが、港の方は薄く白んでいたなあ。

故郷っていうのは、一度外へ出てから見るとより客観視できるもの。いい部分悪い部分も浮き出て見える。少しずつ人間にとって便利になっていく代償として、貨幣価値に換算できない豊かさが失われていく気がする。

でもこの日に見た景色は、あのころと変わらない気がした。

Daio14  父が当てたこの冷蔵庫。ファンがうるさくって、使い方を思案中。かわいいけどな!

 

« 蝉の抜け殻が多い; | Main | D80の特集記事がいっぱいだった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15572/11481962

Listed below are links to weblogs that reference 16日を写真で見る!:

« 蝉の抜け殻が多い; | Main | D80の特集記事がいっぱいだった! »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ