« March 2006 | Main | May 2006 »

2006.04.28

いい天気です!

会社が自宅から異常に近いので^^;ギリギリまでいつもこんな感じなんです。

で、朝はやっぱりスムーズにココログの接続ができていると実感できますね。クリックしてPONといったか具合でしょうか。これぐらいのレスポンスがあれば問題ないんですがね、夜はちょっとイタイですね。

さて、軽く朝風呂は行ってきまして今ほんの少しだけ時間があったので、何か書こうかなと。えと、そうですねぇ。国語Rの更新はできません、タイピングも行き詰まりで、タッチタイプできなくては話しにならないといった感じでしょうかね。

あとは、車のインテグラとセリカが絶版になるという話がショックです。セリカは最初の車でST180系でしたが、格好も良くFF型になって2代目に当たる形式ですが、GT-fourもオーラを持っていましたし好きでした。現行になってデザインの先鋭さはちらほら見えたものの、ぐっと来るような魅力は無くしてしまった様子。それは販売台数を見ればわかるというものです。

インテグラの方はバイクのみならず車までも消滅。HONDAとしてはアキュラブランドでの盛り返しとしての、”一端の終止符”のような扱いなのだろうかな?実際に北米のHPを観るとしっかりラインアップされているので、整理統合の過程としてとらえるべき何でしょうかねぇ。

クイントから見ればその歴史は浅くはないでしょう。先代タイプRのヒットはHONDAに何を与えたんでしょうか。先代はいわば特別でした。余った時間を費やした開発者の夢の産物ですものね。それはユーザーサイドにしっかりと届きました。マイナーチェンジ後のNOT手作業モデルはもとより、現行の完全なるタイプRありきのインテグラはその魅力を失っていました。早いだけじゃダメなんですよ。質感が高いだけでもダメなんです。現行には先代の持っていた魅力がない、”しっかり作られた工業製品”になりはててしまったようです。トヨタ的というべきか・・・。

おっと、時間がやばくなってきました^^; 会社へ行かねば!では!

負荷が大きいんですってよ

とりあえず何の負荷かというと、ココログの11時~翌1時ぐらいかけてのこと。何せレスポンスが悪い。一旦クリックしてから反応するまでの時間がものすごく長いので記事を書くのをためらうほどだ。

せっかく記事を書いても、反映されるまでに相当の時間がかかっている今の状態では、ちょっとばかり使い勝手が悪いといわざるをえない。@nifty は一生懸命原因を究明中のようだが、ここのところこんな感じが続いている。はやくなおるといいなぁー。うん。

で、エバークエスト2のJPServerもDownした。というか、この記事を書いている今現在もDown中だw。

Sebilis 、Antonia Bayle 、Lucan DLere、Befallen、Blackburrow、Butcherblock、Crushbone、Everfrost、Guk、Kithicor、Mistmoore、Najena、Nektulos、Oasis、Permafrost、Unrest、TheBazaar

が現在Down中だ。このうち日本語サーバーはSebilisとVekserで、はじめはVekserもDownしていたけど、今は復帰したらしい。

Downした場合は強制的にキャラクター選択画面になるわけですが、ココで6キャラ中2キャラが表示されていなかった。ギルドメンバーに聞いてみたところ皆同じような現象になっているということです。その後サーバーロックがかかったということなので、おそらく位置情報等に巻き戻しが行われる可能性が高いとのこと。

随分前にもこういう巻き戻しがあったんですよねー、特に問題ないですが。復帰はいつのことやら、今日はとりあえずおとなしくすることに・・・ヽ( ´ー`)ノ

なんだかんだで、サーバーダウン。何にもできなくなるんだねーって、痛感しましたw

追伸、トラックバックに迷惑系がきたw。すぐに消しますがね、ウザイっていうんでしょうか?どこにでもいるんですねー、迷惑なことするやつってばw

2006.04.26

INspiron6400 ;)

まぁ、アタイことLaylackはおっさんなんですがね、親孝行もかねてお母さんにプレゼントしたんですよ。ラップトップパソコンをさ~。

どうやらノートパソコンといった方がいいらしいw。誕生日兼母の日兼っていうことで、Inspiron6400ていうノートPCを買ってあげましたん。さっき電話があって今日届いたらしい。早速使用できるように電話で教えながら・・・・、ってADSLも頼んどいたんだが開通は1日午後からみたい。

ゴールデンウィークには実家に帰ろうと思っているので、そんときにでもセットアップも含めて使えるようにしてこようかなという算段。オンラインとメッセンジャーの設定が済めば、あとはRemoteっていうてもあるわけだし。これは過去友人のHelpで実証済み、問題ないでしょう。

さて、ATOK2005持ってるから前のバージョンの17をあげようかな。これから楽しみでしょうね、わからないことだらけだが、がんばってよ!お母さん!

^^ ノシ

2006.04.16

風邪引いた・・・

花粉で鼻水だらだらなのも手伝って、喉がすっごく腫れている。

やだなぁ~、早めに寝ることを心がけよう。

国語R変わらず・・・

早く元気にならねば!^^

2006.04.12

鼻うがい専用品

薬局に売っていたので買ってきました。鼻うがい専用品。痛くないというのが売りですが、正直ビビりながら購入し夜に試してみました。

うまくはいきませんでしたが、痛くありませんでした。ヽ( ´ー`)ノ

これが一番の心配事だったんですがね、その点に関しては100手あげてもいいですね。口へ通すのがうまくいかなかったんですが、最初はこんなものでしょうね。徐々に慣れていきますみたいなことが書かれていましたし、毎日やって慣れていこうと思っています。

国語R更新できず・・・、ここからが辛いんでしょうね。ガンバロット~!

2006.04.11

今年は黄砂の当たり年!?

Laylackは現在名古屋に住んでいる肉体労働者なのだが、外で体を使用している人間としては近年の異常気象にはちょっとばかり参っている。

政治の世界では小沢氏が新たに民主党の代表になり、さてさてお手並み拝見といこうかねなんて思っているさなか、8日土曜日は黄色い悪魔が西日本を中心に舞い降りた。その悪魔は中国大陸のゴビ砂漠周辺からやってくる黄砂だ。

車はもちろんのこと、住居の窓ガラスも真っ黄色になっており道路も気持ちうっすらと黄色くなっていた。2時とか3時とか・・・きっとそれぐらいだったかと思うのだが、曇天模様に見える空の霞はすべて黄砂だった。天気予報は当時晴れ、風が強いものの晴れだったのだ。しかしその時間の視界はかなり悪く、遠くの山々は黄色く見えず、近いところさえ薄黄色にもやがかかって見えるような具合だった。

中国大陸の急速な砂漠化が進んでいると聞くが、その黄砂が日本に飛来してきている現状はいかにその急速度が異常かを表しているような気がしてならない。そう、正直怖いとおもった。花粉症への影響は無いらしいが、黄砂が舞うような風の強い日は埃が飛ぶわけで下の花粉も舞い上がるわけだから、影響がないわけではないだろう。しかしそんなことも忘れてしまうほど、この前の黄砂は凄く、そしてちょっと恐ろしい感じがした。

話は変わるがタッチタイプというのがいいらしい、ブラインドタッチとは盲目という意味合いを含むようなので。ま、底まで神経質に並んでもいいと思うがね。いちおうそうしとくか。

全国ランキング4月8日付 ファイル

総合 4517位

基本常用 4995位 86.153秒!

やった!!89秒台突入から数日伸び悩み突如出た86秒台!集中力の問題もあるし、タッチタイプできてないときはおおよそ+10秒。すなわち94~95秒が平均値になってきた。打ち間違えても気にせず、慣れることを先決にして練習していく方針に変更した。よし風呂入って仕事行ってきます! ^^

2006.04.05

管・小沢氏の両候補出馬表明

Laylackは普段あまりテレビは見ないが、最低限のニュースは取り込んでいるつもり。このニュースも順当といえば全く持ってその通りだといえる、つまりは予想通りの結果であったわけだ。

民主党の代表選挙ではあるものの、今回の選挙は岡田克也元代表の後釜である前原という若手の、さらにその任期満了までの特殊な党代表である。事実としては間違いないが、もちろん実質的な意味合いとしては非常に重要なことがあるのは間違いなく、マスコミもこぞってそのことを取り上げていることからもわかるだろう。

そういった話は、その他のBlogでも書いてあることだろうしそちらで読んでいただくとして、ココではLaylack敵独断と偏見な記事を書かせていただこうと思う。

小沢氏について信用できないのである。

民主党員でないが、以前から小沢氏の言動には一貫性がないように感じられるので、この人のいうことには信用できないのだ。政治家のいうことを真に受けているようなアホではないが、その中においてもなおという風に理解してもらった方がいいかもしれないかな。

新政党のときもそう、無所属から民主への動きもそう、"一貫性"が感じられない言動は、予想できない次の動きを感じさせるために、重要なポストではその組織全体を薄っぺらいものへと変えてしまうような気がしてならないわけ。それが民主党であってもその他の組織であっても何ら変わらない。

いろいろな番組で彼をいい風にとらえていたりするのを見受けるが、正直理解できない。あまりにもその風潮が多いように感じるので、自分に自信がなくなってきてしまったほどですよ^^;

そう、気になっていたからこそ一挙手一投足見てきたわけですが、そのたびに考えが違うとか何とかといって巻き込んだ人間を裏切るような行為、または自分だけが離脱するといった行動をとっている。だから信用できないのだ。

Laylackは嘘が大嫌いである。もちろんいい嘘と悪い嘘があるので、悪い嘘の方だが。鍵をかけ忘れて車をとられた人へ、警察官がこういう。「ロックしていなかったあなたも少しはわるいですよ」と。

悪いわけがないでしょう!こんな警察官はいらないよ。ロックしていようがしてなからろうが、とったヤツが盗んだヤツが間違いなく悪いのだ。100%わるい。ロックしていなかった被害者は自らの反省として、善人ばかりと油断していたこと、泥棒が闊歩している街に住んでいることを忘れていたことを再認識すればよいのだ。そんな論理が通じる世の中ってナンダロウ。田舎では大丈夫だったが、最近実家の方でも外出するときは鍵をかけないと危ないらしいようだ。のどかな田舎にも汚い人間が流れ込んでくる時代ということか。

おっと!話がそれてしまった。ともかく二転三転する小沢氏に賛成できる部分がないわけで、有能無能にかかわらず、もっといえば良い政策かどうかにかかわらず、次の瞬間には反対のことをしそうな気がしてともかく信用にあたいしないと思っているのだ。

朝のニュースでみたから、いつもながら思っていることをぶちまけてみた。

いったい何を思っているのやら・・・、小沢氏も自分も^^;

単なる愚痴になってしまったね。

念願の80秒台へ突入!

やったやったやりました!タイプウェル国語Rの基本常用語で89.9秒が出ました。たったの10分の1秒ですが、80秒台に変わりありません。 短時間の間にちょっと成果が出てきたなっていう感じがしていました。

その成果というのはもちろんタイムもそうなんですが、苦手としている部分がより明確にわかるようになってきたということです。昨日にひい続いて運指ですが、これにはまだ迷いがあるものの、現時点での運指はといいますと・・・。

一般的にいわれているホームポジションというヤツ。ココに指をおいていることは確かです。左手はほとんど規則通りかなと思いきや、"B"は右人差し指で打つ場合も多いような気もしますし、"D"も左の人差し指で打っているときが多々あるようです。あと、"F"ですが何故か打つのに確認してしまうことがあるのは何故でしょうか?

さて右手君はといいますと、こっちもイロイロですね^^;

まずは"U"を中指で打っていることが多いこと。それに伴って全体が左にずれてしまうことがあるため、"M"を打つつもりが"N"になっていることがしばしばある模様。右手小指の"P"や"ー"を早打ち時には自然と右中指を使用している。タイム的にはこのようなある意味慣れ親しんだ打鍵方法で最高タイムをマークしているのだが、当然ミス打鍵も多いという風になる。ほんの少し触れていたりするようなミスだね。

現時点で分析をしてみると、左手はあまり動いていない気がするということ、右手のミスが比較的多いということがわかってきた。左手のミスはBの打ち損じ、R,Tの打ち間違い、連続したW,E,Rの場合の指のもつれが主な原因であるようだ。

これに対して右手の場合は、小指パートの打ち間違いでおもにP。N,Mの打ち間違い。POIと続く場合の指のもつれ具合等で大きくタイムが遅れているようです。小指を使うことを意識した場合は、タイムは後れるもののミスは少なくなる傾向にある。しかしながら、ブラインドタッチにはほど遠い感があるのも事実。ちょっとした単語や、普段よく打鍵する慣れきった文章のような場合は、一区切りまでは問題なくブラインドタッチが可能。しかしながら、一度でも間違えると、つじつまが合わなくなった指が途端に動かなくなってしまう。

"慣れ"が解決してくれんでしょうか?こういうのって自分で結果を時間するわけだから、どれが正解だったかはそのときになってみないと判断できないのが辛いですね。こういう風にBlogを書いていくことでも一応の訓練になってはいるようで、打鍵スピードも以前に増して早くなっていることは実感できているのですが、いかんせん手元をついつい見てしまいがち。こういう部分って皆さんどうしてらっしゃるんでしょうかね~?

101型英語キーボードに変えてから特に多くなってしまった、打鍵ミスである"¥"も今ではほとんど見なくなっていることからも、きっとこういうところもいずれ気にならなくなっていくんでしょうけど、今のところの一番大きな不安材料ですね。動画で見ることのできた早打ちの方(それはもう別次元ですが;)の運指を拝見するに小指は全く使っておらず、薬指の使用頻度もあまり高くない様子でした。っということは、効率的な運指があるにせよ、それは通常一般的にいわれているものとは違う場合もあるということでしょうね。ブラインドタッチを完全にマスタ-できれば、右薬指を多用した打鍵でも問題ない気もしますし。

一度小指を意識的に使うようにしてみようかどうか、迷っているところです。う~ん・・・。

総合4529位   基本常用5113位 89.9秒!

2006.04.04

SO902i発売されてるじゃないか

Laylackは結局F902を買って今は満足しているわけだけど、調子が悪くなりかけていた当時欲しかった携帯電話はSO端末だった。デザインもそうだが、知人がプレミニ2Sていうのを持っていてさわらしてもらったところ、文字入力に関係する部分以外では十分使いやすかったように思えたからだった。FのATOKは優秀なので、そういう意味ではSOのなんと勝手言うのは及ばない気がするから。

当時各端末が出始めたのは、去年のこと。一斉発売というわけではないが、各メーカーとも順次発売といった具合だったように覚えている。ところがいっこうに出てこない端末があるではないか!?

SOだった・・・。

自分の携帯は次第におかしくなっていく、気に入っていたのだが壊れているようではもはやどうしようもない。D901はスライドタイプであったため、構造上の問題からヒンジタイプのものと比べて耐久性が劣っていたのかもしれない。だからこそシンプルな形状か、採用例の多いある意味それが保険ともいえる”折りたたみタイプ”を考えていたのだった。

待てど暮らせどいっこうにSOの発売予定日のアナウンスは聞こえてこない。902シリーズの最初の端末が発売されてから、すでに数ヶ月がたっているではないか。これではSOの発売数ヶ月語には”is機”の発売アナウンスがありそうな気もする。そしてSOはその数ヶ月遅れとなることだろう。

これではちょっと問題ありでしょう。各社を比較選択することができないわけだから。大幅にあとから出てくれば、それぞれの機能にその分の差異が生じるわけですからね。ストリームに対するウィッシュみたいなものだ。車の開発時間で見れば短いものの、TOYOTAのそれは異常に早いことで有名。後出しじゃんけんの優位性は見劣りするっていう意味でね。

しかし、なるほど使いやすそうに思える機能がたくさんあった。大きさには未だにあこがれるし、操作性の違いが大きいので使用感を味わってみたかったような気もする。でもね、遅すぎるのよ。ちょっとその部分残念に感じるなぁ。許容範囲を超えているからね、”is機”の登場が他社にそんなに遅れないようなら、今のFが問題あるような次の機会には考えてもいいかもと思ったりするわけだが、いかんせん”F気に入っていたりする”のでね。

うん、遅すぎるのだよ。デザイン云々も大切だけど、タイミングも大事だと思われるんだ。ちなみにあの薄っぺらいCMは購買意欲をなくすね。NGだ。

タイピング、前回と変わらず ToT

2006.04.03

早く上達したいという欲望が・・・

タイプウェル国語Rですが、きっとこれが第一段階のつまづきなんでしょうね。え!?何故かって?なかなかタイムがあがらなくなってきたからですよ、はい。

最初はね、126秒ぐらいでしょうか、基本用語のパートしか主にやっていませんので他は何ともいえませんが、だいたい平均したらそれぐらいだったんですよ。そしてやり始めて僅か数日なんですが、念願の二桁に到達できるようになりました!

この二桁ってのがかなりのくせ者だったんですがね、今では平均というか、コンスタントに96~97秒台が出ているようです。思いの外タッチタイプ、ブラインドタッチともいいますが、それが少しずつできているように感じ始めました。やり始めてわかるこの難しさ、自分のミスタイプの特性なんかもわかってしまうんですね。いやぁ~コワイコワイ。

Laylackのミスタイプの特性は現在のところ判明したものを書いてみましょうか。って、もちろんこれもタイピングを兼ねているので、最近急に記事を書くのが多いんですが、それはご愛敬ということで(゚ρ゚)ノ

左手小指の使い方は、ほぼ運指の原則に従っているつもりなんですが、連続したようになってくると途端に精度が落ちてくるのがわかります。例をあげてみますと、

「われわれ・ざらざら・さわぐな・ばらばら」

こういう感じでしょうか。ホームポジションにおいた場合に、左手小指が ”A”の母音であるという致命的な事象があるにせよ、これをまず克服しなければなりません。さらには人差し指のミスタイプが著しいのも気になります。今のところ、国語Rを行っているときに限り、意識して画面を見るようにしているのですが(キーボードをみないように)ミスタイプの際に出る音を消去してあるために、気づくのが遅れてしまう場合があります。

反対に音を出したままでやってみるも、その音にパニックになってしまって指が一瞬止まってしまうのも問題です。最初jのころのようにキーボードをみていることによって、何所でミスしたか気づかないということもあります。まぁ、これは画面を注視することを意識しているようになってからは、ミスタイプ時の復帰までの時間が短くなってきているのでよしとします。ただ、一差し指の運指の問題を抱えているので、現段階では最善でないような気もします。

ミスをなくすために、一字一字着実に打っていけばいいのか?それともひたすら打っていくことで慣れていくことが先決なのか?いったいどっちなんでしょうね。それがわかれば少しは光明が見えてくるというものなのに・・・。

さて、これからちょっとの間はもっとも順位が低い、基本用語に絞って勧めていきたいと思っています。そこでとりあえずのブラインドタッチに慣れ親しんでから、漢字、カタカナ、ことわざ・慣用句へと手を伸ばそうという考えです。そうすれば、純粋にタイプに専念できるような気がしたんで。

で、今までこの記事を書いてきてふと気づいたことが一つありました。そこそこの文章を書いているんですよね、ここまで。でも、タイピングにハマっている成果がものすごく出ているんです、濃厚に!つまりは、異常に早くこの記事が打ち込まれているという事実に、自分で驚いているということです。いやぁー、タイピング上達しているなあっていうふうに実感できてますね。

よしこの調子でがんばろうZe!

基本5255  94秒 これが前回

基本用語 5239位   93.770秒へと少し上達

最近コメントナイナー、って見てくれているだけでもありがたく思わなきゃね!

ハイ、おやすみなしぃー ^^ノ

2006.04.02

スチームボーイを観た

大友克洋監督の最新作であるスチームボーイ。ちょっと時季はずれかもしれないが、今日みました。

すごいじゃないですか!公開されてから、あまりメディアでの露出が少ないように感じていたものの、みれば納得。安心しました。映像美もさることながら、世界観と緻密な小道具の設定など、おもわず唸らされるところばかりですね。あまり事前情報を入れていなかったこともあり、頭にある予備知識は予告編のみという状態。それだけに二転三転する展開には、いい意味で次々と裏切られてきたように感じました。

AKIRA当時とは違い、作画等には時代の進歩が影響しているかと思いましたが、どうしてどうして! 大友克洋ココにありといった部分が随所にちりばめられていました。大砲の街(あってたっけ?)で見せた、フル3Dのようなあの見せ方も出てきて、独特の世界が広がっています。もっと早くみておけば良かったなと思いつつも、勢いで評価しえないこの時期が結果的に正解だったこと、そして期待以上だったことが今の感想ですね!

Niftyのトップページの広告にあったエヴァンゲリオン。一時期凄い社会現象にもなりましたっけ。ヲタク文化というものをある意味一気に推し進めたこと、ヤマトやガンダムといったアニメーションの衝撃的転機の第三期だといえることは知っていました。話の内容なんて全く知らなかったものの、初代ガンダムは自分に大きな影響を与えている事実。それをふと思い出し、せっかくだから一度みてみるかとビデオ屋さんにいくもすべて貸し出し中・・・。90年代でしょうに^^;

その横にはガンダムコーナーがあり、ゴッドなんとかとか以外にも正式な続編みたいなのもあるようでした。コーナーおかれていたものは凄い量でしたが、新しいものになるにつれて顔が不自然な感じに思え、みたくないなーって・・・。あ、横にあるじゃん、大友ファミリーが!

甲殻機動隊(映画は観た)、大友関連作品群(老人Zやスプリガン何かも含まれる)が同じ規模でコーナーを持つ。”大友関連作品群”とは言い過ぎかもしれないが、いいたいことはわかっていただけるだろう。

スチームボーイの興行収入はどうだったんだろう?貢献できていないLaylackはつらい立場だが、世界中でもファンはみてくれただろうし、良かったんだろうな。いやぁ、おもしろかった!よかった。みてない人、是非みてください!

国語R近況 順位 基本のみ時間

総合4678

基本5255  94秒

カタカナ4700

漢字4642

慣用4788

2006.04.01

タイプウェル国語R

昨日お伝えしていたソフト名わかりましたので、報告を。

タイトル通り 「タイプウェル国語R」です。このほかにもいろいろな週類があるみたいですが、Laylackはローマ字打鍵の国語Rを使用しています。これで何日目、3日目かな?

上達の度合いは全国の人との比較してくれて、様々な情報がグラフ化されたりと実に機能も多彩です。やってておもしろいかな、うん。たぶん途中でつまづくであろう打鍵スピードもわかるし、やりがいが出ますね。

で、いい考えが浮かびました。毎日とはいいませんが、せめてBlogの更新する日には最低一度はやってみようと。。。結果が変動した場合には、それものせてみようと思います。

さ、記念すべき第一回目の結果はこちら

総合評価   4704位

基本          5301位

カタカナ     4745位

漢字         4642位

ことわざ     4791位

点数の方がいいのかな?どだろ、っまいっか! とりあえずですしね。ちなみにさっき基本(これが基本だと思うから)で97秒出ました!やったぁー!

では、お休みなさい^^ノ

« March 2006 | Main | May 2006 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ