« June 2005 | Main | August 2005 »

2005.07.25

LEXUSの秘密

実際にLEXUSに勤務することになる、とある営業マンのそばにいる知人からの情報であるので、確定的なものではない、と言うことをあらかじめ伝えておきます。

その方のつとめる某ディーラーにおいてはISかGSかは忘れたが、すでに年内納車は無理とのことらしい。発表は26日ですが、予約端末稼働と同時に優先的に入力されていく優良顧客の数が、すでにその店舗の割り当てを上回っているというわけだ。

恐ろしい・・・、見ないで買う人っていったいどんな人なんだろうか?


そして第二の情報。コレも不確定だが、基本的に駐車場は広いわけで、そこに販売したお客の車が入ってくるとする。どこかに埋め込まれているチップなのか何なのか、とにかくゲートを通過した際に車両情報から、担当の営業マンに(携帯なのか、メールになるのか)すぐさま連絡がいくようになっているらしい。

これがホントなら恐ろしい。どこまで信頼できる情報なのだろうか?

私はわからない。

2005.07.07

Newの ステップワゴンとBMW 320i

Laylaは前からもさんざん書いているように、車に接する仕事をしている。
ふれた車を挙げればきりがないが、価格でいって上はRolls-Royce Phantomからスズキの一番安い軽までだ。トヨタとマツダに関しては、そのほかのメーカーと比べれば弱いもののふつうの方とは比べものにならないほど乗っていることは確か。

そんな今日だが、新しいステップワゴンとBMW320iを運転する機会に恵まれたので、少し感想をば・・・。


ステップワゴン

現行型、いわゆる低床のプラットフォームに切り替わった新しいステップワゴンは、数値以上にエクステリアが小さく見えるのに驚かされた。実際全高は先代に比べてかなり低くなっており、単純にダウンサイジングしたと思ったほどだ。いや、実際にサイズは小さくはなってはいるが先代と比較しても同じ質内向を維持しながらの全高75㎜減。全く驚かされる。さらに追加での事実だが、エンジンルームがかなりコンパクト!これにより十分な衝突安全性能を確保しつつ全長をも短くしている。う~ん、あっぱれです(゚ρ゚)ノ。

写真で何度も見ていたエクステリアデザインも、実物を目にすれば想像していたよりもソフトな印象を与えるのは、ボディーサイズの影響ではないだろうか?ま、好みできっぱり別れるデザインであることには違いないかも。個人的な意見としては、「思っていたほど悪くはないか」だ。これは ”素”テップワゴンより、おとなしいエアロの付いた方がまとまりとしてはいいかも、という程度の感想である。

そしてインテリア。これは写真で見るよりもずっとよいものに感じた。いろいろな雑誌で、「今回の内装はなかなかよい!などと行った文言には騙されないぞ!」っなんて思っていたものだが、そんなことなく実物も非常に上品に仕上げられている。インテリア前面、横長に各種情報が機能的に集約されたメーターパネルは、高級感こそないものの運転していると実は見やすい的なイメージ。知りたいことが一目で把握できるといった具合だ。以前のプレリュードにあった”未来感”漂う横長メーターとは違った、”役割”と”主張しすぎていない点”に好感が持てる。その両端についているスリットは意味がわからんが、デザイン上のワンポイントのつもりだろう。乗車したエンジンは2Lモデル。床は残念ながらカーペット仕様だったが(=゚ρ゚=)、エンジンノイズも5ナンバーサイズミニバンとしては抑えられており、ひとまず合格点。

初代から2代目で大きく質感がアップしたわけだが、さらに倍アップした感じだ。ドアの閉まる際の音もよくなっている。運転席からみた視界はオデッセイとエリシオンの中間といった具合で、ココでもドライバーズカーとしての魅力度が高い。気持ち、左右の空間的な広さが若干少なくなってる気がしないでもないが、より運転を楽しむことができるという点でそれらがデメリットであるというには感じられなかった。前側の席でおもしろいと思ったのは、サングラス入れ(あってますかね?)。室内灯・マップランプ近くにあるポケットだが、開いたときの下側に曲面ミラーが取り付けられている点がおもしろい。サッと視線を移すと全席がまんべんなく見えるのは、家族思いのお父さんのためだろうか?意外に周りの車外の景色も見えるのが便利だと思ってみたり・・・。遊び心もあるおもしろいギミックだな。

後席に目をやれば、やはり気になるのは今回初採用された両側スライドドアだろう。その分、部屋的な感覚は薄れることになるが、やはり便利だ。これがなかったおかげでノア・ヴォクシーやセレナに行った人も少なからずいるはずだ。最初に書いたが、低床プラットフォーム採用のため室内高はしっかりと確保されているため、座ったときの圧迫感などはない。全長が切りつめながらも実用的に全く問題ないスライド量を持つ2列目および3列目シートは、座り心地もずいぶん良くなっていた。いいところばかり書いてきたが、少し狭くなっている感は否めないのも事実。BOXタイプミニバンは広さだと考えている人には、マイナスに映る気がしてならない。しかし、実際に恒常的にフル乗車なんてことはまずないだろうし、ほとんどの人は一人で運転するのが多いことだと思う。そういう部分を客観的にみれば、今回のパッケージングは非常に魅力的に見えてくるのではないだろうか?

走りに関しては、オデッセイには及ばぬものの現行を含めて、他のミニバンと比べれば、これはもう抜きん出ていると言っても過言ではない。低床低重心が効いている!ハンドリングが数段良くなっているのは間違いない。抑えられたロール感、ドライバーズポジションが低い位置に来るのも手伝って、ステップワゴンの粘る足がよく感じられる。かといって、家族の車である本来の役割、”乗り心地”がスポイルされるようなことは全くないのだから立派。エンジンはホンダらしくよどみなく高回転まで回ってくれるし、運転手にとっても気持ちよくなっている。難をいうなら4速ATだということだろうか。セレナなどはCVTを採用しており燃費の面でも有利。この部分が家族の車であるステップワゴンにとって、ちっと不利な点だろうなぁ。

で、BMW320i。

17インチのアルミホイールをはいていたので、おそらくナンタラパッケージをつけてものと思われる。個人的にBMWはかなり乗っている。M1や2002(これはちょっとあるけどー)M5、Z8以外なら殆ど乗ってるのだー。飽きてくるほどー。
好みがいっぱい入った意見になってしまうが、ベンツよりBMWが好き。コストダウンむき出しだが高級感満点の高価なベンツより、高級感的センスの低い代わりに一級品の走りの質感のBMWを推します。走りの質感をみればAMG SL55よりも遙かにM5の方が満足度高いです、ハイ。そんなBMWも、大胆なイメージチェンジを敢行。好みという点で、Laylaから遠ざかっていきました。迷いのみられる(ガラッと変わったから)7、インテリアとエクステリアのアンバランスさが光る5(バックミラー越しにみる暗がりのシルバーはかなりいけてる!)、新規参入カテゴリーでに詰め切れてないデザインの1など、統一感はあるもののイマイチ感もある現行シリーズ。そんな中でデビューしたのが3シリーズだ。
保守的というか、一連の流れをくむものの、こればっかりははずしてなるものかと、メーカーの気張り方が出ています。正直悪くないです。拡大された全幅も、上部のエッジの効いたラインにより大きく見えないのは立派。他のシリーズと比べても、なじみやすいものとなっています。インテリアは5の流れを踏襲されており、高級感という部分はE46の頃と比べて少々減少したようにおもえるが、潔い走りを連想させるあっさりめとしたのは悪くはない。しかし、悪い部分もしっかりと受け継がれており、i-driveという集中コントロールがこれに当たる。NAVI・AC・TEL等が一元管理できるようになっているものだが、操作性は後発のホンダに大きく劣る。応答操作性はおしなべて低く、乗車中に許容できる範囲を超えるものだ。コンセプトは悪くないが、ベンツ共々新規技術投入は煮詰めてからにしてほしい。
シートは座った瞬間に「あ!BMWだね」という安心感があるのはうれしい部分。通常使用を考えたときMスポーツ(現行もいうのか?)のセミバケットタイプは使い勝手の上でちょっとつらい。普通に街乗りだけの乗用車として考えた場合は、普通のシートで十分だ。んで肝心の走りだが・・・。

驚いた!いいのだ!

乗ったのは6気筒モデルではないものの、気持ちよく回る。それに伴って高まっていく高揚感はベーシックグレードでも十分に味わうことができた。E46(先代)と比べて堅めに感じた足回りは、なじむ前の部分を差し引いても悪くない。高速域ではいかんなくその能力を発揮してくれるだろう。ハンドリングも言うに及ばず、走りに関しては一級品だということを断言する。うーん、買えないががほしくなる^^;。
じゃ、ココだけの話、悪いことも洗いざらいいっとこうー。いっちゃおー。

3ではなく、BMWの車種全体についてだが、塗装の状態?管理かな?が劣悪だ。下手するとゴミの混入は数十カ所に及び、グリスの垂れは国産車ではまず考えられないほどだ。これはMINIにもいえる。ま、国産車に比べればベンツもボルボもフェラーリ(これは工業製品というよりブランドなので、そういった品質を求めてはなりませんですね)もうんち同然なわけで、ある意味日本人の車への価値観からきているのかもしれないが、輸入車はひどい。車が趣味的な人とがんばって買った小金持ち(といっても私より立派な方たちですが^^;)は、そういった点もシビアになる。そこをクリアできないのが多すぎるのだ。3でいえば、リアトランクダンパー部分や、各ドアのヒンジ近くの一番下内側なんかは、黄色のグリスがドアの内側からたれてますToT。水が抜けるトコなんですが、一緒に油も落ちてきて、大抵のサイドステップにはうっすら2本線が見えるはず。あれ気になります、でも構造上仕方ないらしいです。そういうところ日本のメーカーはきっちり抑えてますから見習うべきだと思うぞ。せっかくだからついでに、ガラスもOUT。輸入車でトータルコンディションが比較的いいのって、Porscheとか良い方に感じます。

でも、いい車です。6発じゃなきゃって人もいるでしょうが、330にいたっては700万コース・・・。320でも500万コースです。320でもBMWしてます。評論家もかなりベストバイは320だっていってます。足回りの寿命は国産に比べてとても短いのも事実ですし、ビルシュタインよりも部品代だけで純正の方が高価です。でも、その分の仕事はしっかりとこなすとってもいい足です。Laylaのように貧乏人でも試乗はできるから、是非一度乗ってみることをおすすめします。

この二台全然違うが、とってもいい車たちでした。

2005.07.04

リンクしてみたが・・・よいのか?

えーっと、トラックバック(逆リンクみたいなもの?)をしてもらったところへリンクしてみたのだが、これって断りを入れる方がよいのだろうか?わかんないが、トラックバックしてあることだしたぶん大丈夫だと勝手に判断し、リンクしてみた。

もし問題あったら、おせーてくらさい。

« June 2005 | Main | August 2005 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ