« October 2004 | Main | January 2005 »

2004.11.23

日本語の難しさ

 私が持っている数少ない本の中に、”うまい!と言われる文章の技術”というものがある。著者の轡田隆史氏(くつわだ・たかふみ)は朝日新聞編集局顧問をしていらっしゃる方だそうなのだが、その仰々しい(失礼だな)肩書きとは裏腹に轡田氏の解説がわかりやすく何度と無く読み返してしまう。

 問題の文章だが、私は思うがままに書いてしまうタイプであるので、あとで読み返すと稚拙な表現のオンパレードで恥ずかしいと感ずることが多々ある。言い訳をさせてもらえば、Laylaは編集者でもなければ作家でもないのだから、ホームページやBLOGなら良いのではないかと、許して欲しいなと。しかし、いざネット上であらためてみてみれば、表現云々ではなく見立ての段階でわかりにくいということに気づいたりする。そんなときに、初心に返るつもりでこの本を読み返してみるのである。

 この本は様々な文章を書く上でのヒントや方法などをわかりやすく説いてくれるが、小論文なども含め、新聞という独特の世界とそれに類似した派生媒体に少し重きを置いている。もちろんそれが悪いとかいうのではない。反対にその中には書くということの基本から、読み手のことを考えた文章のノウハウまでが網羅されているので、困ったり悩んだりした時につい手に取ってしまうことからお薦めの教科書となっているほどだ。イメージ的には”堅い”という印象を持っていることは否めないが、書いてあることは実におもしろく、どこかやわらかいのだ。

 さて、なぜこんな事を急に取り上げたのかというと、ここのところのHPも含めた文章がやや煩雑に思えて仕方ないからだ。そこは、”気分で文体が変わる貧乏人”の通りどうしようもない。それでも念のためカテゴリー別・HP/BLOGによってと使い分けしているつもりだが、やはりこちらの意図していることが伝わっているかどうかという大きな不安がつきまとう。”CENTRAL”を始めてからというもの、ATOKの力を借りて自分にとっての思っていることを書いてきたつもりであったが、わかりやすい文ではなかったように感じる(つまり、力量不足なわけだ!)。荒削りな言葉のままで伝えたい部分はそのままに、これからはその辺りも意識して記事を書いていこうと思っている。

 HPは一応現状を維持として、場合によってコラムなどの読み物に相当する部分は気をつけるつもりだ。BLOG上においては、内容・文体によってタイトルを意識していこうと考えている。どんな文章がよいかどうかはわからないが、読み手のことも考えなければ本当に伝えることは難しいのかもしれない。文字では表現によっては誤解を受けることもあるかもしれない。そういった部分、つまりは単に書き手の技量不足を、この先少しでも改善していけたらなと感じた今日だった。

2004.11.17

KISS OF THE DRGON

 映画な話題も一つ。今日借りてきたDVD4本の中の内の”KISS OF THE DRAGON”を観た。

ストーリーはわかりやすく、ジェット・リーの美しさを際だたせる内容になっていて大満足。何を隠そう、Laylaはジェット・リーが大好きだ。他にも多くの作品を見てきている。少林寺からワンス・アポンナ・インタイム・インチャイナなど数多くの作品を見てきているが、毎回違った面を見せてくれるのでとても興味深い。いつも次回作が楽しみになるほどにね。

他にもジャッキー・チェンももちろん好きだし、ブルース・リーも好き。みんな好きさ^^。このKISS OF THE DRAGONは、燃え世ドラゴンとかぶるシーンが存在するように思えたりしたが、きっとそれはLaylaが思わず心の中で思い出してしまったからだろう。それくらいインパクトあったな。

2004.11.14

バイクで転けた!

 行っていたとおり写真に撮りに行こうと朝早めに起きたのだけど、確かに何か違和感感じていた。
信じてもらえないだろうけどこれが本当で、朝起きた感じや給油しているときに、「なんだかいつもと違うなあ」って。

虫の知らせってこういう事だったのかなあと。で、転倒しました。

 交差点右折時に、なんだか自分倒しすぎているなと思っていた。そのときはリーン・アウトといわれる、乗車姿勢で体の軸がバイクの傾きより起きている(オフ車みたいな)状態だった。「マズイ!!」と思ったのですぐにアクセル開けてバイクを起こそうとしたものの、突然グリップを失い一緒に滑走していった。気がつけば自分は7~8メートル滑りすぐ脇には今まで見たことのない角度になっているバイク・・・。エンジン音は空しく響き後輪は丘にあげられた魚のように喘いでいた。転倒した瞬間はイメージ的に氷の上を滑っているみたいだった。

 なんだかんだ言っても、大きな音がするわけだし、それこそ周りの視線を一斉に浴びることとなった^^;。Laylaの視界にあった歩道をいく人は皆立ち止まり、目をひんむいてました。恥ずかしさというのもかなりあったはずなのに、意外と冷静にむくっと起きあがり、バイクを起こしてすぐさま道路の端へいき壊れていないか調べた。内心はそう思われたくないという自分がいたので、「冷静さ!バイクに乗ってりゃこける事もあるよ!私はこんな事には慣れっこっさ!フッフッフー!」と心の中で言い聞かせながら淡々としてました(演じてたかも)。ハッと我に気づいてすぐさま自分の体をチェック。右足が痛かったが動く・・・、OK! 頭も地面に接触させていないので、ヘルメットもOK! そういえば右に転んだっけと、おそるおそるマフラーを覗くと・・・、

 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!大根みたいに削れていた!!買ったばかりなのに!

エンジンは難なくかかり、目的地に向かうもそんな気分でなくなってきたので、公園で止まりバイクを眺めてた。そうしたらスリップサイン出過ぎなほどのひび割れ前輪を見て、これも交換しなきゃと思ってみたり、そうこうしてたら上から鳩のうんちがタンクにぴちゃだったりと・・・。( TДT)  このあと気になっていた前輪は注文した。これだけが原因じゃないだろうけど、かなり危険な状態には違いないし。

 HPにも家に帰って早速書いてしまうほどのネタができました。あと傷も少々。
あのとき無意識に凄い力出してたみたいで(やっぱり恥ずかしかったんだろうか?)、殆ど左手だけでサクッと引っ張り起こした(ということは、教習所まるで無視(笑)倒れたシート側から腰を使えば力いらないのに・・・、よほど恥ずかしくさっさと済ませたかったか<Layla!)。永遠の二十歳であるLaylaは戸籍上の年齢よりパワーと見た目の若さがあるとはいえ、左腕はその後しばらくしないうちに凄い筋肉痛になった。昼過ぎには打ったであろう箇所はそれなりの痛みだが、左手はきつい!筋肉繊維がズタボロ状態の痛みだ。中学の頃調子に乗って腕立て伏せ500回やったときと同じ痛みだった。ということは・・・、凄い筋肉痛→よりパワフルな腕になる。 ラッキー!!

ポジティブに考えなきゃやってられません。そんな一日でした。了

2004.11.13

明日の天気は曇り空

明日は完全オフなので、せっかく買ったデジカメと共に以前携帯で撮った”栗きんとんツーリング”の写真差し替えのために、朝早くから出かけようと思っているのだが、どうやら曇り空らしい。

Laylaは季節感のない人間と人から言われるが(それは真冬でも寝るときはパンツとTシャツだから)、バイクの過酷な環境下においては、近い将来3シーズンメッシュジャケットも限界気温を向かえる予感。インナーまでユニクロで調達したというのに、何とか晴れてくれないかと願っているところ。 どうなりますかね~?

2004.11.12

ついさっきの招かざる訪問者

 この書き出しの30分ほど前に、人が来た。

誰か 「ピンポーン・・・、ピンポーン・・・、コンコンコン(ノックの音)」 しつこいのでインターホンにでた?
Layla 「・・・、何?」 Laylaは突然の訪問者には無愛想。
誰か 「ここ2、3日お伺いしたのですが、昼間にはお留守のようでしたので、今日お伺いいたしました。」
Layla 「・・・・・・・・、で?(それじゃわかんないでしょう?)」 Laylaは基本ができていない人には更に無愛想。
誰か 「水道の△☆◎▽★◇でお伺いしたのですが。」 交換だとか何とかいっていた。
Layla 「管理会社から聞いていない。もし必要なら管理会社の方へ連絡するから。」ぁゃιぃ!
誰か 「そ・・・、そうですか。わかりました。」彼は帰っていった。

 ちょっと不安になったので、アパートの掲示板をこっそり調べるもそんな連絡事項はない。インターネットで調べるとよく似た話がずらり。怪しい事例にピタリだったので、ほっとした(もしかしたらきちんとした業者かもという不安から解放)。

 ま、基本的にというかそういう事態に出くわしたとき他人からは以上に冷静だといわれるので、そういう不審点を何下に発見したということなのかな?自画自賛ですな。

* 通常、このような集合住宅では連絡事項が遅くとも1週間前には掲示されます。更にこちら(住居人)からの要請・連絡がない場合に直接訪問することはありません、とのことです。だいたい、時間にして九時半過ぎっていうのもおかしいでしょう!?当然といえば当然でしょうが、気の弱い方や女性の一人暮らしなんかは狙われやすいのかもしれませんね。

 話術もそうですが、そういったセールス・訪問販売のたぐいはプロが来るものです。しかし、あの独特のまくし立てる、マンシンガン、隙を与えないかのような一連の話し方はLaylaには通用しません。Laylaはそんなマニュアルトーク人を見ながら”愚の骨頂”、”血の巡りの悪い干からびた脳みそを持つ特別な人”、”自分は口が達者だと思い込む自意識過剰君”なんて事を考えながら見ています。ちょっと表現が強烈かもしれませんが、Laylaは凄く嫌いです。

 髪の毛金髪で、うさんくせぇーんだ! (#゚Д゚)ゴルァ!!

 P.S. もしちゃんとした業者さんで、こちらの見落としだったらすいません。でも、まず間違いないです。

2004.11.11

我が家のメインDVD機器PlayStation2氏逝く

 壊れてしまった。DVDのリッピングに支障が出ているようで、読み込むことができない。映画ソフトはもちろんのこと、普段しないけど試したゲームもだめ。CDはどうやらOKのようだが、クリーニングの成果もなく彼は天国へ召された。

 結果的に、メインPCと最近手に入れたサブPC(殆ど触っていなく、動作確認した程度のペンティアム600機。部屋の片隅に転がっている800に差し替えるのも面倒くさい有様)の両機にDVD-ROMがあるので、視聴に関しての問題というものは特にないのだが、リラックスできる環境というには少し縁遠い気もする。

 再生専用のDVDplayerも7~8000円程度のものもチラホラ見かけるようになったわけだし、購入したいのはやまやまなのであるが、如何せんバイク購入以降の金銭消費率が非常に高い数字を示しており、現状況においてのパワーバランスは節制の神に大きく傾いている。

ううぅ~ん・・・、我慢するか・・・ (T_T)

2004.11.07

秋晴れが続いている

もちろん御結構なことだが、風があまり吹いていない極めて穏やかな天気なので、空気の動きが少なくなり、澱んでいる。

 台風は悪いことばかりが取り上げられがちだが、その風によりよどみを吹き飛ばしてくれる。事実、台風の過ぎ去った日は、目に見える景色がいつもと違う鮮やかさを持ったものに変えられている。これが本来の色なのだろうが、普段特に感じたことのない何でもない風景の美しさをかいま見る。

 ここのところ続く穏やかな気候は、大きなよどみを生み出している。都市部ではより顕著に表れ、見通しの良い長い直線道路は見通しが悪くなる(笑)。

 最高によい天気とはふとなんだろうか?と今日は考えてしまった。

2004.11.03

休日だ

 文化の日である。といっても普段文化というものに特に注意したことがないので、ゆっくりと過ごした。

 先週末よりバイクを動かしていなかったので、ご機嫌をお伺いしてみるとセル一発「ブルルン!」と応えてくれた。特に今日はどこへ行くなんて事は考えていなかったので、その辺をぶらぶら走りつつデジカメ練習。

 お!こんな場所があったのかと、小さな川沿いの道へと繰り出し花や風景なんかを撮影。だんだん慣れてきたようだ。マクロ撮影で花にとまった虫なんかを写したりと、ちょっと大人な事をしているようだ^^。

 熊野古道のツーリングレポートもHPの方で完成したので、また見てあげてくださいな。
 http://homepage3.nifty.com/lead-ring/index.html

« October 2004 | Main | January 2005 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ