« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.27

BMW1シリーズ

 今日ほんの少しだが、BMWに新たに加わった1シリーズにふれることができたので、少し話しでも。

デザインに関しては何度も書くようだが人によって感想が違うのだが、私にいわせれば”NO!”だった。雑誌などに載せられている写真と比べると、全体的にもっさりとしておりずいぶんチープに見える。あれをどう捉えるかにもよるが、日本人が思い描く高級輸入車の一翼を担うメルセデス・ベンツに比べ、今回の新シリーズ(7,6,5,1。Z4、X5,X3はまだキャラ的にOKか?)は見劣りしてしまうのは否めない。思い切って言ってしまえば、5は最悪であると思っている。

 それで1なのだが、今回さわったのは”120”というもの。グレードは定かではないが、17インチアルミホイールを履いていた。15とはいわないまでも16インチで十二分なのにと思ってしまう。もちろん例によって足は若干堅めの印象。なじんでくる頃にはBMWらしい走りを予感させてくれた。そしてイグニッションシステムは、キー差し込み方式のスターターボタン仕様となっている。右ハンドル使用にもかかわらずハンドル左に付いているのには、メーカーの何らかの意図であろうが、TVRなんかを除けば特殊性ってそんなに必要かなと思ってしまう(TVRは独特の儀式(?)が必要だし、ポルシェは伝統的に左側)。

 また、新型すべてに言えるが、乗降性を全く無視したドアの開度にも閉口してしまう。確か2段階程度しかなかったと思うが、そのあいだの反力が強いために小さな子供なんかは危ないかもと思うほど。1のリアシートは軽自動車並みなのにもまいった。使いにくいだけの丸いスティック(7とか5とかにあるもの)なんてやめて、そのぶん人間工学勉強した方がいい。

価格は300万を超えるそうだが、同じ金を出してああいう車が欲しいなら味のあるアルファ147の方が満足度高いと思ってしまう。本国ではなかなか好調なようだが、向こうのように廉価版を出したところで見栄っ張りの日本人あいてには売れないのだろうか?足とハンドリングだけはやっぱりBMWしていて文句ないのだけれど。価格に釣り合わないことを見抜ける自動車好きには、今回のパッケージはとても受け入れられるものじゃない。本国とは違い、消費者はさすがに見抜いているようで、新型5(ちょっと小耳に挟みました^^)の売れ行きはかなり悪いらしい。ディーラーでは営業たちが上からの「売ってこい会議」に忙しい様子。あんなのをカタログと資料からの情報を武器に売り込むってのは大変だろう。

幸い1シリーズにおいては、大きさとアルファ147の価格帯から考えてみれば”売り”にすべき点はあるので、余ったお金がある人や感性にあった人などの顧客数は5に比べてずいぶん多いと推測される。ただ、X3も思ったけど無意味に高すぎる気がしませんか?

 Laylaの凄く個人的な意見でした。

2004.10.25

デ、デジカメを・・・

 なんたることか!私は物欲の神のご神託を真に受け、ついに禁断のデジカメを購入してしまった!

負けた、惨敗だ。欲求の恐ろしいこと恐ろしいこと。ついに”IXY Digital 50”を買ってしまった。PowerShotS60とかなり迷ったのだが、バイクと共に行くことになることが多いだろうし、荷物にしたくないという理由でIXYにした。

実は22,23と有給休暇を取り日曜も含めて、お盆休み以来の3連休を熊野古道ツーリングと銘打って出かけることにした。・・・が、せっかくの世界遺産も写真に納めることができないのは寂しい。

で、買った・・・^^;

ツーレポや、カメラの使用感など(どちらか一方かもしれないが)は今週中には、HPの方にでも書きたいと思っている。いろいろあったが、世界遺産に登録されることだけはあるなと思ったのが正直なところ。神々の軌跡というには大げさかもしれないが、Laylaにとってはそんな所だった。

もし、いけるなら・・・、是非いってもらいたい。

2004.10.18

日曜日に行ってきた

 予告(?)通り、17日日曜日ツーリングに行ってきた。

 天気は晴れ!すべてにおいて最高!今までで一番の走行距離となったが、慣れてきたせいか疲れ方が少なくなってきた。詳しくはHP(Layla's Page)にかいたので、お暇な方は見てあげてください。

 で、またも必要なもの(欲しいもの!?)が出てきて困っている。それは防寒具とタイヤ。タイヤは中古で買ったせいか、ズタボロ。防寒具は暑がりのLaylaでもさすがにきついというのが乗ってわかったから。

 う~ん・・・、どうしよう。


最近、文章がガキっぽいのは気のせいだろうか?

2004.10.16

またも買い物をしてしまう

 ハマルと恐ろしいものだ。次々と物を買ってしまう。今回は、シューズ(防水透湿機能のあるライディングシューズ)にツーリングネット、カッパとチェーンメンテのもの(クリーナーとグリス)。

結構な出費であるにもかかわらず、打ち込める”趣味”というものが新たにできた事へのうれしさと、「必要だから」という”言い訳”を武器に買い込んでしまった。

 この前のびしょ濡れ事件を教訓に、微妙な天気にはカッパ持参は定石だと知人に言われたのを思い出し、店から戻ってみるといろんな品物が手元にあった、ただそれだけ。

 明日は快晴らしいので、今は出かける算段をとっている。実はこの時間が一番楽しかったりして・・・。 

2004.10.06

画面スタイルを変更しました

 かねてから友人などには不評であったため、さわやかな感じに変えてみた。

 色が変わるだけで、気分もさわやかになったかも・・・。

 Layla は 透き通るようなBLUEが好きなのだ。

2004.10.05

初めての雨はつらかった

 10月3日、朝4時に起きて会社の友人とひとっ走りしてきた。待ち合わせはとあるインターに6時。家からはそう時間がかかるわけではないのだが、何かと準備したために4時の起床となった。

 友人と走りに行ったといっても、バイク二台というわけではない。彼の愛車は車だ。アルファ・ロメオ 1300ジュリア。それが彼の車の名前だ。名前の通り、イタ車である。”段付き”という言葉に聞き覚えがある方はご存じだろうが(彼のは段付きではない)、旧車と呼ぶにふさわしい、ずいぶんと昔の車だ。その彼が、よく休日の早朝に走りに行くポイントに連れて行ってもらったわけだが、路面は濡れて途中から雨は降り出すわで、結構大変だった。

 馬鹿にしていたわけではないのだが、まさかあれほどのスピードが出ているとは思わなかった。旧車といっても侮れない。直線ならば、気持ちアクセルをひねるだけで、いとも簡単に追いつくことができるのだが、コーナーに至っては4輪と比べてはお話にもならない。

もちろんLaylaは初心者で、それほどバンクさせることもままならないので、彼が気を遣って走ってくれているのは後ろから見ていても、その挙動からよくわかる。言い訳をさせていただきますと、40キロ制限を90で突き抜けることがおかしいのよ!ってなもん。

 あまりの雨と気温の低さに、予定を変更して戻ることに。道の駅でしばし休息をとっていたら、おじさま二人組に話しかけられた。「バイク乗りはいいねぇ~」。まるでどこかで見たような台詞だが、彼は最近車の免許を取ったばかり。それまで36年間バイク一筋なのだそうだ。その方はかなり饒舌で、自らの日本一周や北海道一周のことを楽しそうに語ってくれた。

雨具を用意していなかったビタビタLaylaを見て、常備品の重要性を教えていただき、道の駅の人に頼んでゴミ袋をもらい、ナンと即席ポンチョを作ってくれた。着てみた感想は想像以上に暖かい。帰りも泣きそうなほど寒かったが、もしこれがないかと思うとぞっとするほど。ま、慣れていないLaylaには何もかもが初めての経験。勉強になる。今回は手足の先が紫に変色するほどの寒さだったが、去り際のおじさまの言葉は一番暖かかった。

「バイク乗りってだけで、何でも話し合えるっていいよなぁ。ありがとう」だってさ。

お腹も出ていて、ちょっぴり鼻毛もでていたけど、俺にはかっこよく見えた。

« September 2004 | Main | November 2004 »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ