« ATOK17使い始めて数時間後の感想 | Main | 遅延だって、不便だね »

2004.02.28

新手の宗教なのか・・・?

 久しくあっていなかった友達から連絡があり、突拍子もないことをいわれた。

 彼(以下A君)曰く「久しぶりに話でもしたい」と。電話じゃだめなのか?もしかして結婚話か?と聞き返すと、重要な真実を伝えたいのだという。幼い頃から知っているLaylaとしては、A君がそのような言葉を使うはずがないことは知っていたので、直感的に”何かおかしい・・・”と感じていた。軽く様子をうかがおうとしたら、案の定次のような言葉が返ってきた。

 A君 「日本にこれから起こることを伝えたい、それは世界的に見ても危機的状況だ。Layla本人にも大変なことが起こる。それは必ず訪れるから、仲のよい君にはあらかじめ教えてあげるよ。」要約すればこうだった。

 顔面蒼白とはこのことか!仲がよかった友人の一人としてショックは大きかった。挙げ句の果てにA君は「ゴジョレイって知ってる?」と聞いてきた。もちろんその”音”を聞いた瞬間には、頭の中で『御除霊』と漢字に変換されていた。Layla本人は宗教的なものは持ち合わせていないごく一般的な日本人の一人だと思っている。正月・お盆にクリスマスを楽しむ人間だ。テレビゲームの『女神転生』やコミックの『孔雀王』とかも好きなので、薄く広く知識があったのが影響しているのかどうかは知らないが、Laylaはそう感じていた。

 例に漏れず、A君は会う約束を取り付けようとしていた。当然こちらとしては、あって無いような理由で断ることになる。こちらの空気を察知したのだろう、「突然こんな話をしたら、驚くかもしれない。現に何人かは、『あいつはおかしくなった』といっていた。」と自分は気が違ってなどいないし、あくまでも自分の意志としてだと主張していた。そんな言葉を聞くのさえ、こちらとしてはショックなのだ。赤の他人であれば、滑稽に見えたことだろう。しかし旧知の仲であるLaylaとしては、悲しい。すごく悲しい。それとともにある種の”怖さ”をおぼえた。

 仕事中ではあったが、すぐさま共通の仲間(B君とする)に連絡を取ってみると。「そうか、やっぱりおまえのところにも連絡が来たか」と。B君は、2003年の12月の時点で実際に友達も含めて三人で会い、その際に件の話が出たそうだ。もう一人は話を聞いてからというものの、A君と険悪なムードになりつつあったため、B君はとりあえずその場を落ち着かせるために冷静な立場で話の内容を聞いていたのだという。もちろんその内容とは、LAYLAが聞いていたものとほぼ一致していたのは言うまでもないだろう。
 2004年のお正月に、滅多にあうことのない気の合う仲間同士で、ご飯を食べながら近況報告などあれやこれやと騒ぐ機会に恵まれたのだが、A君は仕事の都合上との理由で欠席していた。そのときにB君は、その場にいる全員に今回の件を話すべきかどうか迷っていたらしいが、そのことを聞いたものがA君を遠ざけてしまうことを懸念してやめたと聞いた。B君は彼が孤独になってしまうのを可哀想だと考えてのことだったらしい。
 B君は去年の暮れにA君と話をしたときに、一通り話を聞いてあげた上で「A君の言うようなことを仲間内に話せば、おかしくなったというレッテルを貼られてしまうばかりか、その行為によって自ら孤独になっていってしまうよ。それを理解した上でも話したいのなら止めはしない。」と伝えてその日は別れたというのだ。B君にとってはある種望みを持っていたかったのだろう。そんなB君と話していて、また哀しくなった。

 B君によれば(Layla本人は実際にA君と話をしていないので)、怪しげな宗教らしい。急な電話だったので、詳しく内容を聞いていないので、そこにお金が絡んできたりするかどうかはわからない。問題はA君の話し方やボキャブラリーの以前との著しい相違である。なんと言ったらいいのか・・・、吹き込まれた内容をそのまま吐き出すテープレコーダーのような感じだった。これがマインドコントロールなのだろう。従って、A君には”Why?”は通用しない。B君によれば『なぜ日本がとんでもないことになるのか?』『なぜLaylaだけでなくB君などにも大変な事態が待ち受けているのか?』『なぜそれがわかるのか?』『なぜ確信を持てるのか?』すべてに明確な返答は得られなかったらしい。信じ切っているのだ。A君のなかでは本心から”真実を伝えたい・救ってやりたい”と思ってのことだろう。しかし、それがやっかいなのだ。
 マインドコントロール下にあるものは、つまり精神を制御されている状態と言うことになる。いくら外部のものが必死になっても、彼はコントロールする人間を否定しない。専門のカウンセラーであれば引き戻せるのだろうが、現実問題私たちはどうしてよいのかわからない。
 今まで述べてきたことが100%だとは言い切れないが、95%以上は間違いないと皆は言っている。A君については、もう少し様子を見てみることにしておこうという結論に至ったわけだが、その事実を今日知ったLaylaには、気持ちの整理に少しの時間が必要だ。


 彼は、同じ社会に生きていながら、私たちとは違う世界に住んでいるのだ。

 この先はどうなっていくのだろうか?不安だ・・・。

« ATOK17使い始めて数時間後の感想 | Main | 遅延だって、不便だね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15572/243872

Listed below are links to weblogs that reference 新手の宗教なのか・・・?:

« ATOK17使い始めて数時間後の感想 | Main | 遅延だって、不便だね »

My Photo
December 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター


Fine List

管理者のHP

無料ブログはココログ